Search

検索したいワードを入力してください

新人教育方法(新入社員/アルバイト)教育係が目指すべき目標

更新日:2020年08月28日

新人教育を速やかに効果的に行える方法をもつ企業は強いです。現場で使える人材を育成する方法を確立している新人教育係の存在は、今後はもっと必要になってくるかも知れません。新人教育に役立つ方法を、王道ともいえる考え方から紹介していきます。

人材育成が求められる世代になりつつある今

日本は少子高齢化社会の国として、世界から位置付けられ少ない若者が多くの高齢者を支えていかねばならないという状況になりつつあります。しかし、近年は定職に就くというよりはフリーターやアルバイトとを選ぶ状況が増えてきているのも事実です。

いまの私たちの環境は大幅な変革が必要とされています。未曽有の自然災害や、団塊の世代と言われた多くの経験や方法を知るベテラン世代が卒業および退職していて技術を受け継ぐ者が不足しているとまで言われています。

職場では新人教育をしている場合ではなく即戦力をもとめる状況が目立ちますが、人材を育成することは避けて通れません。短く分かりやすくを意識したトレーニングで、速やかに会社の戦略を支える新人教育を行い、会社運営を滞らせない方法が今こそ必要です。

新人社員を効率よく教育していくベストな方法とは?

多くの会社やビジネス産業は、まだ経験が浅いスタッフを戦力に変えていく新人教育が速やかに実行でき、かつ効果がある方法を模索しています。そのため、新人教育に関連する方法はむしろあり過ぎていると言えるかもしれません。新人教育を任されている教育係からしても、どの方法を選択すると新人教育は成功するのか、かえって迷うところでしょう。

ここで改めて、ビジネスという分野で行われてきた新人教育の基本を押さえておく必要があります。すべての人に同じ方法が使えるわけでもありません。各職種や職場に合わせたトレーニング方法があります。新人教育をしていくうえでの考え方や取り入れ方を考えていきたいと思います。まずはトレーニングしていく人材についてです。

トレーニーが新人社員かアルバイトによって方法は異なる

新人教育を行っていく方法を考える中で一番のポイントともいえることは、トレーニーが新人社員なのか新人アルバイトなのかという違いを意識することと言えます。ともに会社や職場で頑張ってほしいスタッフには違いがありません。しかし、会社で保証を与えられている新人社員と時給で働いてもらっているアルバイトには、会社を代表するものとしての責任の度合いが違ってきます。

会社として期待する部分というものが、新人社員と新人アルバイトでは時が経つにつれて明らかに変わってきます。その違いを新人スタッフに認識してもらってから、共通の方法でトレーニングをスタートすることが大前提になります。その上で、仮に指示することに違いが生じても問題にはなりにくいです。

新入社員

新入社員とは文字通り、新しく会社に入ってきた社員のことを指します。多くの社員の殆どが学生上がりで経験不足の集団と言い換えることが出来ます。インターネット上において、新入社員が引き起こす失敗や珍事件にふれる声は少なくありません。微笑ましくもあり、笑いのネタにもなっている事実もありますが、会社からすればいつまでも笑顔ではいられない対象こそ新入社員です。

会社の運営を行っていくうえで、責任ある立場へと成長していくことが社員の使命です。そのためハプニングが起きた時には、臨機応変に対応できる判断力や方法を身につけていく必要があります。また、そういうとっさの行動をとれる責任感というものを兼ね備えた新人教育が重要になるでしょう。

アルバイト

最近では責任ある立場にいるパートやアルバイトも存在していますが、アルバイトとは時間給で働いている人のことを差します。もともとは商売をしているものが人材が不足している時間帯にアルバイトを雇うことが多いです。そのため任される仕事というものは分野が限られていたり、社会保険などの保証が少ないのも事実でした。

しかし近年では労働基準や労災保険そのものが見直され、アルバイトやパートであっても社員に対する保証と差が少なくなっています。しかし労働内容に関しては、社員とは異なり、マニュアルを確実にこなしていくことが大前提です。さらに何か問題となることが発生した場合に、責任ある立場へスピーディーに連絡する迅速さがアルバイトには求められます。

新人スタッフの教育係が目指していくべき目標

新人教育を円滑に進めていくうえで最大の目的は、使える人材を多く生み出すことです。戦力となる人材が多くなれば、企業や会社として行えることは計り知れません。ただしここで考えておくべきことは、新人教育を施す方法を熟知し、実践できるリーダーも求められているということです。

新人教育を任せられた者の最大目標は、自分自身がいてくれたら助かるという人材を自分なりの方法で達成することです。また、新人教育がおこないやすいルーティンを方法として見出すことが重要です。新人教育が行える確かな方法を確立させたものとして、会社や周囲から大きく評価される人材となるのは言うまでもありません。

マニュアルは最低限の教育方法

新人教育を行うベーシックな方法といえば、マニュアル作成をしてマニュアル通りに行動してもらうことです。そのためトレーニングを行うハウツー本や理論に関する書籍は数えきれないほど存在しています。マニュアルを重視する新人教育方法は、一定水準の仕事をこなすのに効果的です。

アルバイトに対してマニュアルを基とした新人教育を行っていくことが、一番ポピュラーになっています。トレーニーだけではなく、トレーナーもまたマニュアル通りに行動を進めていくだけですので、誰が行っても一定レベルになるという成果が期待できます。ただしマニュアルを用いた新人教育方法は、トレーニングの初期に行うべきであり、次のステップへと移行していく必要があります。

とっさに動ける方法を教えていくことが新人教育に不可欠

マニュアルを基としての新人教育をクリアした人間の欠点ともいうべき点は、ハプニングに弱い可能性があることです。人対人が基本となるビジネスにおいて、全てが同じ結果につながるとは考えにくいです。そのため、毎回毎回同じ反応や動作しか出来ないということは、職種によってはデメリットにつながります。

マニュアルを用いた方法は通常時の仕事をこなすには問題がありませんが、変化が求められるときの対処の方法を教え込んでいくことが新人教育係の最終ステップになることが多いはずです。迅速な機転の利いた対応というのは、マニュアルを超えたところにあります。責任やルールを天秤にかけた上で、最優先を考えた行動がとれるような指導方法に注目する企業は多いです。

OJTは新人教育に地味に大事

従来から取り入れられている新人に対する教育法として「OJT」があります。正式名称は英語でOn The Job Traing(仕事上でのトレーニング)というもので、頭文字をとって「オージェイティー」と呼ばれています。

サービス業に用いられているもので、新人社員でも新人アルバイトにも取り入れることが出来、各ポジションに合わせた仕事を身に着けてもらうことが可能です。教える立場にあるトレーニーにしても、マニュアル重視ではなく現場での動きを体験し、実際に注意を受けながら学んでいくことが理想と考えて指導するケースが多いです。

新人教育を実現する注意点

接客やサービス産業など人と関わることでは、円滑なコミュニケーションがビジネスにも不可欠です。新人教育が常に求められる現場では、多くの顧客のニーズに合わせて動ける新人を育成する新人教育の方法を模索しています。

マニュアルを覚えていくことも仕事には必要です。しかし、もっと重要になってくるのはお客様に応じて対応するべきシチュエーションというものが変動してしまうことです。ビジネスで求められている新人教育と教育担当に求められていることは、変化に合わせて行動することや優先すべきことを切り替えていくことが出来る人材育成につきます。

初回公開日:2017年07月28日

記載されている内容は2017年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests