Search

検索したいワードを入力してください

勉強での付箋の使い方・ノート/本の付箋の使い方・アイデア例

初回公開日:2017年08月15日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

あなたは、付箋を使うとがビジネススキルを向上させるのにとても大きな役割を持つということをご存知でしょうか。実は、付箋は使い方次第で勉強はもちろんビジネスにも大きく役立てることができるのです。そこで今回は、仕事をはかどらせるための付箋の使い方についてお話します。

付箋を使って大事な情報をデザインしよう!

今回は、実際に付箋を使う場面にあった時に有効な付箋の使い方についてお話ししました。主な付箋の使い方として挙げられるのは、ページをマークする、ポイントを押さえる時、そして暗記をする時です。ページをマークするということに関しては、あなたが本を読んだりノートをまとめたりする時に使われるということをご紹介しました。

おそらくほとんどの方は、このようにページをマークする時に付箋を使用しているのではないでしょうか。しかしこのような方法以外にも、ポイントを押さえるためにも付箋は活用することができます。

ポイントを押さえる付箋の使い方に関しては、勉強だけでなく仕事にもフル活用することができます。「勉強をはかどらせたい」「仕事場での情報を整理したい」と思っている方は、ぜひ今回紹介した付箋の使い方を試してみてはいかがでしょうか。

Latests