Search

検索したいワードを入力してください

リスティング広告の代行でおすすめの業者14選!選ぶ時のポイントも解説

更新日:2022年05月09日

リスティング広告の運用を代行業者に依頼すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。本記事では依頼するメリットと、おすすめの業者、リスティング広告の代行業者を選ぶポイント7つを紹介しているため、リスティング広告の運用を外注する際に参考にしてください。

リスティング広告の代行業者を利用する4つのメリット

Webで検索した結果に合わせて広告が表示される「リスティング広告」は、Web検索した顧客がその内容に興味を持っている可能性が高く、購買意欲がある顧客に絞って広告を表示できるため、売上に貢献しやすいという特性があります。

しかしながら、リスティング広告で結果を出すには、キーワードの選択や広告の調整などに時間がかかるため、知識や人的リソースが必要となるでしょう。

そこで検討したいのが、リスティング広告の運用代行です。リスティング広告の代行業者を利用することで、知識がなくても効果的なリスティング広告の運用が可能となります。

1:広告運用の知識がなくても対応してもらえる

リスティング広告の運用には、ターゲットユーザーをどのように設定するか、キーワードの費用設定はどうするか、キーワードはどうするかといった知識が必要です。

広告の代行業者に運用を依頼することで、広告運用の専門家として豊富なノウハウを元に、成果が出やすい施策を実施してくれます。

2:社内リソースを費やす必要がない

リスティング広告代行業者に外注することで、社内のリソースをリスティング広告の運用に費やす必要がなくなるというのもメリットと言えるでしょう。

リスティング広告代行業者に依頼すると、運用については、ほぼ任せることができます。そのため、リスティング広告の運用に手を取られ、社内の業務に支障が出るということがなくなるでしょう。

3:最新の手法を取り入れた運用が可能である

リスティング広告を行う先のGoogle広告では、定期的に最適化案の追加が行われる傾向があります。

最適化案は、Googleの広告アカウントのこれまでの配信データなどに基づき、広告の成果改善につながる設定案が生成されるものです。

このような、Google側のアップデートなどを取り入れた最新手法も、リスティング広告代行業者では研究しており、その手法を取り入れた運用が可能となるでしょう。

4:認定代行業者のみ優先的に共有されている情報がある

リスティング広告のサービスを行う先であるGoogleやYahoo!は、Google PartnersやYahoo!マーケティングソリューションパートナーといった認定制度を設けています。

認定を受けた認定代行業者には、GoogleやYahoo!から、機能のベータ版のテストや、最新情報の共有が行われており、認定代行業者にリスティング広告の運用代行を依頼することで、これらの活用が期待できます。

リスティング広告の代行業者の費用相場とは?

リスティング広告の運用代行費用は、広告運営代行業者や広告代理店ごとに異なるものの、リスティング広告にかかった費用の20%程度が目安とされています。

また、コンバージョンに対する成果報酬型としてする契約する場合もあり、この場合はコンバージョン数に比例して支払う料金が増えるというものです。

また、運営代行業者によっては、最低手数料を決めている場合もあります。運用実績に関わらず、最低手数料が請求されるケースもあるため、注意しましょう。

リスティング広告の代行でおすすめの業者14選

リスティング広告の運用代行を外注する場合、どのような運用代行業者を選べばいいのでしょうか。

ここからは、リスティング広告の運用代行の運用実績が豊富な大手広告代理店を中心とした、おすすめの業者14選を紹介するため、ぜひ参考にしてください。

1:株式会社デジタルトレンズ

株式会社デジタルトレンズは累計500社の広告運用実績を持つ、インターネット広告代理業者です。東京、大阪、福岡に拠点があります。

Yahoo!、Googleの正規代理店であるため、リスティング広告に関する最新の情報をすぐキャッチアップし、クライアントに提供してくれるでしょう。

広告運用においては、専任の担当者がアカウントを毎日チェック、現状の無料診断や毎月のレポートによる運用改善の提案、分析ツールを使用してのサイト最適化についても協力してくれます。

初期費用0円の料金体系で、広告費の20%を運用手数料としており、契約期間1カ月から運用代行の依頼が可能とされています。

次のページ:2:株式会社サイバーエージェント

初回公開日:2022年03月25日

記載されている内容は2022年03月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests