Search

検索したいワードを入力してください

「僅か」の意味と使い方・類義語・対義語・含む言葉|僅かな差

初回公開日:2018年05月28日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年05月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「僅か」という言葉は少しという言葉と同じ意味になります。僅かという言葉は在庫の数をおおよその数で表す場合もあったり、人を急かす言葉でもあります。「僅か」という言葉だけでなく、言葉のそもそもの意味を知る事で、自分の世界を広げる事も可能です。

「僅か」の言葉の意味と使い方とは

僅かという言葉は数量や度合い、価値などが少ない場合などに僅かと表現します。少ないという言葉をあえて使わないのは、数を少しと表現するよりももっと数がない場合や、かしこまった場で、少しの量を僅かと表現して、少しと表現するより丁寧な言葉となっています。

少しは小さな子供でも使えますが、僅かと言う言葉は大人にしか使えないので、在庫などを取引先や顧客に教える場合に少しという言葉よりも、数が少ない場合で丁寧な言葉となるのでビジネスシーンで使われています。

使い方は「在庫が僅かしかございませんので、ご購入される方はお急ぎください。」などと使います。それでは僅かについて述べていきましょう。

「僅か」という言葉の類義語や言い換えの言葉

「僅か」の意味と使い方・類義語・対義語・含む言葉|僅かな差
※画像はイメージです

僅かの類義語や言い換えの言葉は「心なし」「幾分」「多少」となっています。数値的に表せないような少なさを表す際に使われます。

アフリカの原住民などは自分の指で数えられなくなると、あとはいっぱいという言葉でその後の数を表します。日本でも僅かという言葉の類義語が「幾分」「多少」となっていて具体的な数値は示されていません。幾分や多少という言葉に変えても、人により僅かという数値はどう捉えるかが変わるので、僅かと言われても人によりイメージが違います。

「僅か」の対義語って何?

僅かの対義語は少ないという言葉の逆を考えればいいので、「たくさん」「数多」「いっぱい」という言葉になります。もともと数を表す言葉なので、対義語は思いつきやすいです。

明るいという対義語で暗いという対義語を連想するように、僅かという言葉の対義語は考えやすいです。僅かという言葉を使う際もビジネスシーンでは、対義語をたくさんとは使わずに在庫ありや、「余裕がございます。」と使いましょう。

対象となる言葉の対義語は見つけやすいですが、丁寧な言葉にするとなかなか出てこないこともあるので、普段の仕事から言葉を見つけるようにしましょう。

「僅か」を使った言葉の使い方とは?

僅かは数が明確でない場合の少しを示しています。少しという言葉よりも丁寧な言葉となり、数で表現できる言葉と組み合わせて使う事が出来ます。

僅かはビジネスシーンで使われる事が多く、ショッピングサイトでの買い物際も在庫が僅かと表示されていたり、書き込みで僅かな差でチケットがとれなかったなどと言葉が使われる事があるので、身近な言葉となりつつあります。

成人して知識を身につければ、自然に覚えていく言葉がありますが、僅かという言葉もそのうちの一つと言えます。

「僅かな差」の場合

僅かな差と表現される場合は他者と争っている場合や、数値で計りきれない差を表す場合があります。使い方としては徒競走やマラソン、ダイエットなどで使われる事が多いでしょう。

たとえば「今日の運動会の徒競走で一位の人との僅かな差で二位になってしまった。」という使い方や「その僅かな差が、今までの積み重ねから来ている。」などと表現します。差を表現する場合は実際に数値を計っていなかったり、おおよその差を表す時が多いでしょう。

「僅かな時間」の場合

僅かな時間も僅かな差と同じです。時間は数値で表せますが、すぐに他人へ時間がない事を伝える場合は、僅かという言葉を使って、今の状況を表しています。

使い方は「テスト終了までの僅かな時間しかありません。」という使い方をしたり、「僅かな時間(期間)の付き合いですがよろしくお願いします。」などと使います。僅かという言葉はある意味、一期一会を大切にしている言葉になります。人との出会いだけでなく、時間を大切にする事は一瞬一瞬を丁寧に生きているという意味もあります。

「僅かな謝礼」の場合

僅かな謝礼という言葉を使う場合は、必ずお金の金額が少ない事を示している訳ではないです。時には菓子折りを送る事もあるので、相手を敬って僅かな謝礼という言葉を使う事もあるので、数値的に計れない物も表す場合もあるので、先ほどから述べている通り、数値で計れない物を表す総称となっていることもあります。

たいしたものであっても、僅かな謝礼と言う言葉をつけることで、その後の人間関係を円滑にする事も可能です。

僅かながらと使う場合

見積もりなどで、割引をしたり、自分の気持ちを表す場合に僅かながらという言葉を使います。僅かながらという言葉を使っても、気持ちが相手に伝われば、僅かな気持ちでも相手に取っては大きな意味を持つことにもなるので、僅かという言葉は数で表せない言葉であるとともに、使い方次第では礼儀作法を表す言葉となります。

「僅か」の敬語の表現とは

僅かという言葉の敬語は「心ばかり」という言葉になります。僅かという言葉をそのまま敬語として使っても良いですが、時と場合により、心ばかりという言葉を使う事で今の自分の気持ちや、心境や相手に対する誠意を表す事が出来ます。

「心ばかり」という言葉も数値では計れない言葉となり、相手の気持ちを考えての言葉となるので、ある意味計り知れない意味とも捉えられます。僅かという言葉を使うのが慣れて来たら、心ばかりという言葉も使うようにしましょう。

謙譲語を使う場合はどうなるのか?

僅かの謙譲語は「微力ながら」という言葉になります。謙譲語も敬語と変わらないので、場面に合わせて、微力ながらと心ばかりという言葉を使いましょう。言葉のスキルは学ぼうとして、上がるものではないので、経験や実際に話して知識を積み重ねるしかないのです。

僅かという言葉から、色々な言葉の表現があることを知ると、言葉の奥深さを感じる事が出来ます。日本語ほど、一つの言葉で色々な意味を持つのは外国語でもあまりないでしょう。

時間を表す時に「僅か」を使う場合

Latests