Search

検索したいワードを入力してください

通勤距離の測り方・計算方法・平均・ロードバイクや車での限度

更新日:2020年08月20日

通勤距離というのは働く人にとって非常に重要な要素であり、この長さによっては転職を考えてしまう人も出てしまいます。そこで、今回はこの通勤距離について調べ上げ、現代日本における測り方はどうなっているのか、どのような考え方をされているのかを記載します。

通勤距離の測り方・計算方法

仕事をする上で必ず会社に報告する必要があるのが、交通ルートと通勤距離です。ルートに関しては、会社によってどのレベルまで記載するのかは別れますが、通勤距離の考え方は共通であり、ごまかしてしまったりミスをしてしまった場合は会社からの警告がもたらされるでしょう。いったい、この距離はどのように計算するのでしょうか。

直線で計算しない方が多い

最もシンプルな通勤距離の測り方が、地図の距離尺度に当てはめつつ直線で会社から自宅までの距離を測定して記入してしまうやり方です。しかし、その距離は最短なものであり実際はそれよりも多くの距離を走ることになります。地図ではどんなに直線であったとしても高低差もありますし、間借り道や小道までありますので直線距離よりも圧倒的に長くなります。

ただし、会社によっては直線距離で測られることもありますので注意してください。元々交通費というのは会社側に負っている義務ではないので、支給なしでも実質的に問題はないです。それでも、実際の手取りに差が出る部分ではありますので、交通費がどうなっているのかは入社前に確認しておくべきでしょう。

地図を使うのも古い?

地図を使っての距離測定も昔ではよくありましたが、車通勤の場合は取り付けてあるナビを使って距離を測定する人も増えておりますし、ナビがない人でもメーターを見て判断することができますので、そちらを用いる人も多いでしょう。

しかし、この通勤距離というのはどのようなルートを通るのかで変わってきますし、近道だけど信号が多すぎて遅いというルートは使わないで、ちょっと遠回りだけど信号が少なくて空いているルートを選ぶ人も多くいます。そのため、距離で費用を計算するのはナンセンスであるという意見も出ています。

地図を使う場合でも、スマートフォンのマップで測るという人が多くなり、それ以外にもスマホのアプリを使ってはかるという人もいます。やり方が多種多様となっており法律で決まっているわけでもないので、会社によって大きく異なることも多々あります。

通勤距離を検索するのに測定サイト

会社の規定によって決まることも多いのが通勤距離なので、仮に会社で指定されている測定方法があった場合はそちらに従う必要がありますが、あくまで自主的な診断でもかまわないということであれば、ヤフーやグーグルの地図機能を使えば簡単に測定することが可能です。

例えば、グーグルマップの場合は「ルート・乗り換え案内」という機能を使えば、簡単に距離やかかる費用まで出せるようになっております。車の場合も簡単に距離が出せるようになっておりますが、ルートが異なる場合表示されているルートをマウスでドラッグして変えることも可能なので、自分が使っているルートにすることも可能です。

ヤフーの地図でも同じように道案内のタブから通勤距離などを出すことができますので、パソコンを使って簡易的に調べたいという人は、こちらの2つのサイトが使い勝手のいいものとなっております。

ロードバイクの通勤距離の限界

ロードバイクは、通勤距離がかなり長い人にお勧めする自転車です。具体的な数字として10km以上はロードバイクにしたほうがいいでしょう。クロスバイクでもある程度の距離も移動できますが、クロスバイクを選択する人は信号待ちが多いとか右左折が多いという人の選択肢として捉えて、通勤距離が長いという人はロードバイクで考えてください。

それでも20kmもあれば、かなりつらいと感じるでしょう。ロードバイクは時速30kmくらいなら出せますが、ある程度のス有数アンドゴーや右左折があると考えれば20kmの通勤距離となると1時間はかかってしまいます。自転車で片道1時間となると、残業が終わったぼろぼろの体ではかなりつらくなってしまうのでここが限界です。

車での通勤距離の限界

車の場合の通勤距離は、道路状況次第で考え方が大きく変わってきます。たとえ10km程度の距離であっても、非常に混んでいる場所を通る必要があるのなら、簡単に1時間程度はかかってしまいますので、かなりのストレスになります。たとえ、片道30kmもある人でも高速道路を使うことができるのなら、かなり早く移動することが可能となるでしょう。

そのため、通勤距離で考えるのではなく、時間やその中身も考慮する必要があります。混雑しているような道路で1時間もかかってしまうと、ついつい居眠り運転をしてしまって事故を引き起こすケースも非常に多いですし、高速道路を毎日使って移動する必要がある人はそれだけで体にかなりのストレスを与えてしまいます。

色々な意見がありましたが、やはり1時間以上の運転はかなりきついという意見が多かったので、理想は1時間以内でしょう。2時間を超えるような通勤距離になるのならアウトと考えてください。

平均通勤距離はどうなっている?

日本においては、先ほど記載したように通勤距離よりも通勤時間の方を優先して考える傾向にあるので、そちらのデータの方が充実しております。その中でも、車を使って通勤している人の通勤時間平均は30分から1時間といったところです。平均通勤距離に関してのデータはかなり探りましたが、はっきりとしたものは見つかりませんでした。

車での通勤距離を測定する方法

車で通勤距離を測定する方法については、会社によって異なるのでまずは会社にどのような方法でもいいのかを確認しましょう。ここで、地図上の直線距離といわれた場合は、そのように記載する必要があります。

そこで、経済的かつ合理的な経路であれば、自由に計測して良いと言われた場合は自分で測定する必要があります。それが車で会ったのなら、車のメーターやカーナビを使って測定するのが最もシンプルですし、スマホのナビを行えるアプリで測定するのもいい方法でしょう。

初回公開日:2017年11月05日

記載されている内容は2017年11月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests