Search

検索したいワードを入力してください

取り急ぎは正しくない?敬語「ご連絡」「ご連絡ください」の正しい使い方

初回公開日:2017年09月20日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年09月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

敬語だと思って使っていても、よく間違われて使われている敬語もたくさんあります。今回は、よく間違って使われる敬語の中の「ご連絡」「ご連絡ください」の言葉を中心に、どういった使い方なら正しいのか、またはどういう風に使ったら間違いなのかなどをご紹介していきます。

敬語の「ご連絡」「ご連絡ください」の正しい使い方

ビジネスや日常の中でもよく使われる敬語の「ご連絡」「ご連絡ください」という言葉がありますが、実は間違って使っている方が多い敬語でもあります。そこで今回は「ご連絡」「ご連絡ください」の敬語の正しい使い方などについて詳しくご紹介していきます。

「ご連絡」の正しい使い方は?

「ご連絡」は、敬語としては正しい表現になります。「ご連絡」という言葉は、相手から連絡をいただいたときに返事をするときに使う「ご連絡をいただき~」などと使う場合と、自分から連絡する時に「ご連絡いたします」などと使う場合場合があります。

自分から連絡するのに「ご」をつけるのは可笑しいのではと思ったりする方がいらっしゃいますが、その連絡を受けとるのは相手になるので、自分から連絡する場合にも「ご連絡」という言葉を使うのが正しいです。

「ご連絡ください」は敬語として使うのは間違い?

「ご連絡ください」という敬語を使われる方が多いですが、「ご連絡ください」という敬語は「ください」と言葉を断定しているため、少々相手が強引な印象を受けてしまいます。

「ご連絡ください」という言葉は敬語としては間違いではありませんが、相手にやわらかい印象をもっていただくには「ご連絡ください」よりも「ご連絡お待ちしております」などの相手への連絡を強要していない表現がいいでしょう。

「ご連絡」を含めたよく使う表現

ここで、「ご連絡」を含めたよく使う表現の例文をご紹介します。

「後ほどご連絡申し上げます」(自分から相手に対して連絡を約束する謙譲語になります)

「ご連絡いただければ幸いです」(相手から自分に対して返事や回答をお願いするやわらかい表現になります)

「ご連絡が遅くなり申し訳ありません」(自分が相手に対して連絡しないといけないことがあったにも関わらず相手に伝えることが遅くなってしまったときに使う表現です)

この3つの例文は、仕事でメールを使う人ならかなりの頻度で使うこともあるので覚えておくといいでしょう。

「ご連絡ありがとうございます」「ご連絡お待ちしております」は敬語表現として適切?

「ご連絡」という言葉が入ったメールや電話を受けとったときによく「ご連絡ありがとうございます」「ご連絡お待ちしております」と使う人が多いですが、この2つの表現は敬語として使うのは適切なのでしょうか。今からこの2つの表現について、敬語としてはどうなのかなどを説明します。

「ご連絡ありがとうございます」は敬語?

ビジネスの世界では頻繁に使われる「ご連絡ありがとうございます」という言葉は敬語になります。使い方としては、相手の都合がいいタイミングで返事をいただいたりしたときに使います。電話や返信メールの冒頭で、自分の名前を名乗った後で「ご連絡ありがとうございます」と続けるスタイルが一般的になります。

また、もう少し丁寧な敬語になると「ご連絡いただきありがとうございます」や「ご連絡下さいましてありがとうございます」になります。

ビジネスでは多少変化した表現が使われる

「ご連絡ありがとうございます」という敬語の表現は、ビジネスでは多少変化したものが使われたりもします。例えば「お忙しい中ご連絡ありがとうございます」という表現などもよく使われます。この表現は、相手がよく離席していたり、外出をしていたりする環境にいると推測して使います。

また、この他に「早速のご連絡ありがとうございます」などもよく使います。この表現は自分がすぐにほしかった回答などをすぐにくれたりしたときに使います。

「ご連絡お待ちしております」は敬語?

「ご連絡お待ちしております」という表現は誰にでも使うことができる正しい敬語になります。但し必ず「ご連絡」と冒頭につけましょう。「連絡お待ちしております」という表現になると目上の人などには敬語とならずに反対に失礼になってしまいます。

「取り急ぎご連絡~」は敬語ではない?

ビジネスのメールのやり取りでよく使われている「取り急ぎご連絡~」という一文がありますが、実は「取り急ぎご連絡」という一文も間違った敬語で使っている方が多いです。

それでは、どういう風に使うと間違いになるのでしょうか。そして、「取り急ぎご連絡~」の正しい敬語の使い方はどういったものでしょうか。今から「取り急ぎご連絡~」の間違った使い方と正しい使い方を説明します。

「取り急ぎご連絡~」の正しい使い方と間違った使い方

「取り急ぎご連絡~」という言葉は使ってはいけない表現ではありませんが、この表現を使う場合は至急連絡が必要な時のみになります。

但し「取り急ぎご連絡~」の表現を使う場合は、状況や相手との関係を考えることが大前提となります。状況というのは後で必ず連絡をとるということで、関係というのは「取り急ぎ」という言葉には「とりあえず・間に合わせの処置として」という意味があるので、取引先やお客様や自分と距離感がある上司や先輩に使うのはやめましょう。

目上の人などにはどういう表現が正しいの?

先程、「取り急ぎご連絡~」という表現は目上の人や距離感がある上司や先輩には使うのはやめましょうとお伝えしましたが、それではどういった表現が正しいのでしょうか。

それは「取り急ぎご連絡~」と省略するのではなく「まずご報告まで申し上げます」や「まずご報告のみにて失礼致します」などの表現を使うといいでしょう。このように、文章を省略せずに最後まで書くことで丁寧な印象を相手に与えることができます。

お知らせとご連絡の使い分け

Latests