Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月07日

男女別・年代別のバイトの面接におすすめの服装3つ

自分のお小遣いを稼ぐためにバイトを始めたいけど、いざ面接となるとどんな服装をすればいいか悩む人も多い傾向にあります。今回はバイトの面接におすすめの服装を写真付きでくわしくご紹介いたします。これからバイトを始める方はぜひ参考にしてみてください。

バイトの面接の服装のポイント

男女別・年代別のバイトの面接におすすめの服装3つ

コンビ二の店員やガソリンスタンドのスタッフなど、現在はさまざまな業種のバイト先が数多くあります。自分が働きたいと思う企業が決まったら、先方へ連絡するのがバイトを始める第1歩です。

先方からバイトの面接日が決まったら、次に気をつけたいのがバイトの面接に行く際の服装です。バイトの面接時の服装はあなたの印象を決定付ける重要なポイントです。

相手に失礼のないよう適切な服装をすることが重要です。

清潔感があり派手じゃない服を選ぶ

バイトの面接時の服装の基本は、シンプルかつ清楚なスタイルです。

バイトといえど企業で働くメンバーの一員です。身だしなみは社会人として守らなければいけないルールの1つです。そのため、バイトの面接だからといってカジュアル過ぎる服装は相手に与える印象を悪くします。

ではバイトの面接に適した服装とはどのようなスタイルのこというのでしょうか。

【男女別】バイトの面接におすすめの服装3つ

男女別・年代別のバイトの面接におすすめの服装3つ

バイトの面接での服装は、季節や業種、性別などによっても異なります。

バイト先によってはあらかじめ「カジュアルな服装でお越しください」と言われる場合もあります。「カジュアルな服装」=「普段の服装」と解釈するのはNGです。

相手に失礼のないようシンプルで清楚なスタイルをコーディネートする必要があります。ではバイトの面接におすすめの服装を男女別にくわしく見ていきましょう。

男性編1:無地のシャツ

バイトの面接時の服装では、先方から「カジュアルな服装でお越しください」と言われる場合があります。バイト面接におけるカジュアルな服装であれば、「無地のシャツ」にシンプルなボトムスを合わせたスタイルがおすすめです。

シャツのカラーは、ホワイトやライトブルーなどベーシックで控えめなカラーがいいでしょう。ボトムスもシャツに合わせて、シンプルかつすっきりとしたシルエットのものを選びように心がけましょう。

男性編2:淡い色のシャツ

バイトの面接時は普段の服装で構いませんと言われた場合でも、普段着用しているような服装で面接に行くのはNGです。カジュアルな服装でバイトの面接に行く場合でも、少し淡い色のシャツなどでシンプルな服装にするよう心がけましょう。

淡い色のシャツでおすすめなのは、イエローやピンクなどの少し明るいカラーがおすすめです。顔色が明るく見えるので面接時の印象もいいでしょう。

男性編3:スーツ

かっちりとした仕事関連のバイトの面接の場合は、スーツを着用して面接に行くことをおすすめします。

バイトの面接といっても企業で働くメンバーの1人です。ブラックやネイビーなどのダーク系からのスーツに、ホワイト系の無地のワイシャツをコーディネートしましょう。

ネクタイは無地かレジメンタル柄のもので、シンプルなデザインがおすすめです。服装がわからない場合はリクルートスタイルを参考にするといいでしょう。

女性編1:ニット

女性がバイトの面接に行く場合の服装は、露出が少なく、清楚なイメージの服装を心がけることが重要です。バイトの面接時の服装がカジュアルな服装でいい場合は、ニットなどを組み合わせてコーディネートするといいでしょう。

バイトの面接ではキャミソールやタンクトップといったファッションアイテムはNGです。カラーは、ベージュやホワイトなどの明るくベーシックなカラーを選ぶようにしましょう。

女性編2:無地のブラウス

面接の際の服装について何も言われなかったということも多い傾向にあります。先方から服装の指定がないものの、どんな服装をすればいいか悩んだ場合は「無地のブラウス」がおすすめです。

無地のブラウスを着用する場合は、ホワイトやライトピンクなどの控えめなカラーを選びましょう。またボトムスはシンプルなスカートやパンツを合わせてコーディネートしましょう。

ブラウスは素材によって透けやすいので注意しましょう。

女性編3:淡い柄のシャツ

少しかっちりとしたイメージの服装にしたい場合は、「淡い色のシャツ」をコーディネートするのもおすすめです。ライトピンクやライトブルーのシャツに、ネイビーやグレーなどのシンプルなボトムスを合わせて清楚なスタイルに仕上げましょう。

かっちりとしたバイト先の場合はジャケットなどをプラスするのもおすすめです。季節やバイト先に応じて適切な服装にコーディネートするといいでしょう。

【年代別】バイトの面接におすすめの服装

バイトの面接での服装は、年代によっても職種やスタイルが異なるので注意が必要です。

10代のバイトであれな比較的簡単な作業が多く、バイトの面接時間も短い時間で終わるものも少なくありません。しかし、30代となると正社員への雇用なども視野に入るため適切な服装が求められます。

バイト先の担当者に好印象を与えるためにも、年代に応じて適切なコーディネートを心がけることが重要です。

10代

10代の男女に人気のバイトというと、「カフェの店員」や「コンビニのスタッフ」といった諸種が多い傾向にあります。サービス業などのバイトの面接であれば、比較的カジュアルな服装でも問題ありません。

たとえば、ホワイトやライトブルーのシャツやブラウスに、シンプルなボトムスを合わせたスタイルであれば問題ありません。学生の場合は、制服で面接に行く人のもOKな場合があります。

20代

20代と人気のバイト先は、飲食店や家庭教師など職種も多岐にわたります。家庭教師など、学習関連のバイトであればスーツやジャケットを着用することをおすすめします。

飲食店のバイト面接の場合は、比較的服装もカジュアルな傾向にあります。20代の場合は、バイト先から就職先にかわる場合もあります。

将来のことも考え長く働きたいと考えている場合は、はじめの面接からかっちりとしたスーツスタイルで行くのもいいでしょう。

30代

30代の場合は、バイトとはいえど10代や20代と比べて任される仕事も変わってくる傾向にあります。バイト先を就職先として視野に入れている場合は、スーツなどフォーマルなスタイルで行くのもいいでしょう。

30代であれば事前に担当者に確認し、どんな服装で行くべきかを問い合わせてしておきましょう。カジュアルな服装でといわれた場合は、職種に応じてシンプルなシャツやボトムスのスタイルにするといいでしょう。

転職も視野に入れている方は「転職エージェント」

転職したい気持ちはあるけど、どんな職種にするか自分ではわからないという方も多い傾向にあります。転職に悩んだ場合は「転職エージェント」に登録することをおすすめします。

「転職エージェント」では、職業の相談からエントリーシートの記入方法まで、さまざまな相談をすることができます。自分1人で解決しない場合が登録してから考えるのも1つの方法です。

バイトの面接にふさわしい髪型

男女別・年代別のバイトの面接におすすめの服装3つ

バイトの面接では清潔感のある服装も重要なポイントですが、服装に合わせて髪型をしっかり整えておくのも重要なポイントです。せっかくきちんとした服装でも、ボサボサな髪型であったり、伸び切った髪では相手にいい印象を与えません。

ではバイトの面接にいく場合には、どのような髪型はふさわしいのでしょうか。男女別のおすすめの髪型をご紹介いたしましょう。

男性は短い前髪で清潔感を意識する

バイトの面接において伸びきった襟足や長すぎる髪型はNGです。男性の場合は、顔周りがすっきり見えるよう、前髪は短めにすることをおすすめします。

また全体の髪の長さは短めにすると爽やかな印象になります。特に飲食店などで厨房でバイトをするような場合は衛生面にも気をつけて髪型を選ぶといいでしょう。

女性は長髪ならばまとめた方が良い

女性の場合は髪の長さも人それぞれです。長髪の女性の場合は、後ろで髪を1つに結ぶなどしてすっきりとしたヘアースタイルにしておきましょう。

短い髪の人は前髪が長く、顔にかかってします場合は、ピンなどで前髪が落ちてこないように留めておきましょう。面接では顔はすっきり、はっきりと見えるようなヘアースタイルにしておきましょう。

派手な髪色はNG

バイトは一部の職種を除き、黒い髪が基本です。金髪をはじめとした明るいカラーの髪は、バイトの面接官にいい印象を与えないので注意しましょう。

髪の毛の色がもともと茶色という人は、美容院で髪の色のレベルをチェックしておくことをおすすめします。「7レベル」よりも明るい場合は少し暗めの色にすることをおすすめします。

バイト面接は相手に好印象を与える服装で臨もう

男女別・年代別のバイトの面接におすすめの服装3つ

バイトの面接は清潔感のある服装や髪型にしておくことが重要なポイントです。服装についてはあらかじめ「カジュアルな服装でお越しください」と言われる場合もあります。

「カジュアルな服装」=「普段の服装」とう意味ではありません。面接はこれから一緒に働く上での身なりや態度などをチェックします。身だしなみはしっかりできていないようではその時点で失格です。

バイト面接に行くまでに準備を整えておこう

普段はTシャツにデニムのスタイルが多いという方も多く、いざ面接に行こうと思ったけど着ていく服がないという人も少なくありません。面接当日に慌てることがないよう事前に面接用の服装は準備しておきましょう。

髪型はすっきりとまとまっているか、当日履く靴に汚れがなく清潔な状態かという点も再度チェックしてから面接に行くことをおすすめします。

Related