Search

検索したいワードを入力してください

個人経営のバイトの探し方・単発バイトの探し方|高校生/大学生

更新日:2020年08月28日

バイトの上手な探し方がご存じしょうか?バイトは探し方次第で好条件で働ける場合もありますし、漠然と探すのではなく、探し方を工夫しておくことが大切です。バイトの上手な探し方を知って、自分に合ったバイトで好条件で働きましょう。

自分に合ったバイトを探すためにはさまざまな探し方がありますが、中には間違った探し方もあります。間違った方法でバイトを探してしまうと自分に合わないバイトをしなければならない場合もありますし、面接で不合格になってしまう可能性もあります。バイトであっても面接で不合格になってしまうことはありますし、きちんと自分に合ったバイトを選ぶことが大切です。

バイトの面接は難しい判断基準はありませんが、基本的には仕事への適性があるかどうかで評価されています。仕事への適性をアピールするためにも、間違った探し方を知り、それを避けて上手にバイトを探していくようにしましょう。

給料重視

間違ったバイトの探し方としては、給料重視が挙げられます。バイトを探す上では時給などを見て決めることが多いですが、時給が高い=必ずしも良いとは限りません。時給が良い分仕事が大変な場合も多いですし、バイトに入れる時間も限られている場合も多いです。

時給は良くても働ける時間が短く、時給の低い仕事をした方が結果的に稼げるという場合もあります。時給は大切な指標ではありますが、それだけでバイトを決めないようにしましょう。

時間重視

時給ではなく、働ける時間を重視してバイトを決める人もいますが、これも間違った探し方です。働ける時間は長いに越したことはありませんし、反対に人によっては短い時間で働きたいという場合もありますが、時間だけで決めてしまうとその他の条件が悪くなる可能性もあります。

働ける時間が長くても時給があまりにも低ければ稼ぐことはできませんし、負担ばかりが増えてしまいます。時給だけ、時間だけで決めるのではなく、それぞれのバランスを見て決めることが大切です。

制服など

バイトを探すときには制服の可愛さなどで決めてしまう人も多いですが、これだけで決めるのも当然NGです。制服だけで仕事を決めてしまうと、仕事内容が理解できていない場合も多く、仕事への適性がアピールできない可能性もあります。制服だけではなく労働条件や店の雰囲気、仕事内容なども理解しておくことが大切です。

バイトは探し方次第で好条件で働ける

さまざまな種類のバイトの探し方を紹介しましたが、バイトであっても探し方次第で労働条件などは大きく違ってきます。上手に探せば好条件で働ける場合も多いですが、探し方を間違えてしまうと、悪条件で働かなければならなくなってしまう場合も多いです。より良い条件でバイトをするためにも、探し方にはこだわり、自分に合ったバイトを見つけていきましょう。

初回公開日:2018年02月23日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests