Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月21日

【種類別】〆の書き方|郵便/手紙/香典/伝票/履歴書

仕事で封字を使うとき、「〆」だけを使っていませんか?封字にはたくさんの種類があり、書類によって使い分けることができます。封字を使い分けることができたら素敵です。この記事では、書類別・種類別での封字の書き方やいろんな封字について紹介していきます。

種類別の〆の書き方

【種類別】〆の書き方|郵便/手紙/香典/伝票/履歴書

〆というのは記号に見えますが、実はきちんとした漢字ということを知っていましたか?〆は「しめ」と読み、国字と呼ばれるものです。読み通り、しめという意味で使われます。

一言に〆といっても種類や書き方、その時々に応じた適切な書き方が存在します。親しい人への書類や手紙ならあまり気にしないところですが、仕事上での上司や取引先などへの書類や手紙、また香典などでは適切な書き方をしなければ失礼になってしまいます。今回は〆のきちんとした使い方について説明していきます。

郵便物の基本的な〆の書き方

郵便物への〆の書き方を紹介します。そもそも、〆というのは封筒が未開封であるということを表しています。このため、封筒の糊付けした紙の合さっている部分に〆を書きます。〆を書く時、若干上向きに書くと✗と間違われずに済むので上向きに書くことを意識しましょう。

〆と同じ意味の封字もたくさんあります。場合によって使い分けたほうがいいです。「締」「封」「緘」「寿」「賀」「蕾」が封字として使われています。封字の基本は〆なので、〆を覚えておくと間違いありません。

手紙に封字を書く場合

手紙への封字の書き方は、〆を糊付けされた部分の上に書くだけです。手紙の種類にもよりますが特に特別な手紙でなければ〆を使いましょう。

最近では糊付けではなく、セロハンテープで止める人も多く、上に〆を書かないまま手紙を出す人もいますが、きちんと糊付けして〆を書いたほうが丁寧なのでできるだけ〆を書くようにしましょう。特に仕事上での手紙では気を付けましょう。

香典に封字を書く場合

封字はあくまで未開封ですよということを表すもので、他の人に見られないようにするものです。なので、本来ならばご祝儀袋や香典には封字を使わないのが良いとされています。そもそも、ご祝儀袋や香典袋は糊付けしませんし、手渡しするものなので封字を使う必要がありません。

しかし、書いたからと言って悪いわけではないのであまり気にしなくても大丈夫です。地域によって書いたり書かなかったりするので土地に合わせましょう。「〆」や「封」「緘」を使うことが多いです。

封筒・返信用封筒に封字を書く場合

返信用封筒を送るとき、〆は書いたほうがいいのか悩むところです。返信用封筒への封字の書き方を紹介します。実は、〆を返信用封筒には書かないほうがいいのです。

その理由として、〆というのは宛名以外の人が開封してはいけないという意味になります。会社などでは、返信用封筒を宛名以外の人が開封しなくてはいけない場合があります。そのため、〆がかかれてあるとすこし迷惑なので書かないほうがいいのです。

〆は和封筒に書くもので洋封筒には書きません。特に海外の人に洋封筒で手紙を出すときは注意です。漢字を知らないひとが〆をみると×と勘違いしてしまうかもしれません。〆の書き方にも注意が必要です。そういった意味で、洋封筒や海外の人に出す手紙には〆は使わないようにしましょう。使いたい場合は封蝋を使ってもいいでしょう。

書類別の〆の書き方

【種類別】〆の書き方|郵便/手紙/香典/伝票/履歴書

〆の種類は説明しましたが、使い方がいまいちわからない人も多いのではないでしょうか。次は書類別の〆の書き方について説明します。書類によって、封字を変えたりできるので覚えて使ってみてください。

履歴書の封字の書き方

履歴書を入れた封筒の封字の書き方を紹介します。履歴書など大切な書類を郵送するとき、封字はどのように書けばいいのか紹介します。一番無難なのは「〆」を封筒の糊付け部分に書く書き方です。ただし、横書きのものや洋封筒に入れた場合は使わないようにしましょう。

他にも「封」と封筒の糊付け部分にかいてもいいです。「封」は少し改まった封字なので履歴書の封字には最適といえるでしょう。「緘」を使っても問題はありません。この封字は、口を閉じるという意味があり、内容が重要な書類の時に使います。履歴書を手渡しするときは、封に糊付けする必要がありません。なので、手渡しの場合は封字を書かないでおきましょう。

請求書の封字の書き方

請求書を入れた封筒への封字の書き方を紹介します。請求書をいれた封筒の封字は、履歴書同様「〆」を使って問題ありません。「×」人らないように気を付けておけば基本的には「〆」を使います。他にも請求書は重要書類なので「封」や「緘」を使うことができます。「〆」よりも丁寧で慎重なイメージを付けることができるのでおすすめです。

最近では「〆」より「緘」のほうが特に重要な書類として見られるようになってきました。なので、大切な書類の場合は「緘」や「封」を使ったほうがすぐに重要な書類ということを相手に伝えることができます。

その他の封字の書き方

いろんな書類の封字の書き方を紹介します。改まった手紙や仕事上での書類によく使う封字は「〆」「緘」「封」「締」が使われます。「締」は特に「緘」や「封」より使う頻度は低いです。親しい間柄で使うことができる封字は「蕾」などがあります。この封字は女性専用とされています。

他にも「花」や「海」など自由な発想でいろんな漢字で封字を書くことができます。たくさん書き方があるので調べてつかってみても面白いです。また、封字シールというものもあるので書くのが苦手な人やどの封字を使えばいいのかわからない人にはおすすめです。

〆の書き方のコツ

【種類別】〆の書き方|郵便/手紙/香典/伝票/履歴書

〆は一番よく使われる封字ですが、手書きで書くときバランスをとるのが難しいです。そこで、〆の書き方のコツを紹介していきます。

〆は日本で作られた字の一つで画数は二画として漢字辞典に記載されています。書き順は、右上から書き始めて左下で一回止めハネして、左中段まで持っていき、左から右下に二画目を入れます。一画と二画をつなげなくても構いません。

ただ、活字ではつなげて書くことが多いです。書き慣れていないとバランスのとり方が難しいですが、二画ということを意識して、止めハネを意識すればきれいな「〆」を書くことができます。上手く書けない人はこのふたつの書き方のポイントを意識して書いてみてください。

〆を書くペンの種類は?

【種類別】〆の書き方|郵便/手紙/香典/伝票/履歴書

封字を書くとき、ペンはどんなペンを使えばいいのか悩んだという人もいるのではないでしょうか。封字を書くときのペンの種類について説明します。基本的には黒いペンで書きます。赤や青などの色がついたペンでは書かないでください。

宛名に筆ペンを使っていれば封字も筆ペンを使いましょう。ボールペンで封字を書くとき、書き方に気を付けなければ封筒の重なり部分は書きにくいです。どうしても書きにくい場合は細いマジックペンを使ってもいいです。水性のペンだと書類が雨に濡れてしまったときにじんでしまうので油性ペンを使いましょう。

封字を正しく使いましょう

【種類別】〆の書き方|郵便/手紙/香典/伝票/履歴書

仕事をしていると書くことも多くなる封字ですが、何気なく「〆」をパパッと書いて送ってる人がほとんどではないでしょうか。正しい書き方をせずに送ってしまっていたという人もいるのではないでしょうか。

封字には「〆」だけでなくたくさんの書き方がありますし、送り手の発想次第でどんな漢字も封字にすることができます。もちろん「〆」を使ってもいいのですが書類に合わせた封字の書き方を覚えて使うと、相手に良い印象を与えることができます。無難な書き方の封字だけでなく「緘」や「封」なども使ってみてはいかがでしょうか。

また、海外の人に送る手紙には封蝋をつかってもおしゃれです。最近では結婚式の招待状などにも人気があります。贈り物へのラッピングシールの代わりにつけたりと様々な使い方があります。封蝋は手作りすることもできるので自分だけの封蝋を作ることができます。特別感も出ておしゃれです。かわいい封蝋を作ってみてはいかがでしょうか。

Latests