Search

検索したいワードを入力してください

税理士の資格難易度・合格率・必要な勉強時間・偏差値目安

更新日:2020年08月20日

お金に関するプロフェッショナルとして知られている税理士。難易度の高い資格であり、その難しさは相当のものです。しかし、一度取得してしまえば安定した生活が手に入ります。今回はその難しさと仕事内容、必要な科目などについて説明していきます。

税理士の資格難易度

税理士は国家資格

税理士は、私たちの暮らしに関わる「お金」や私たちが働いて払っている税金をメインに扱っている、お金のプロフェッショナル軍団の人達です。その仕事の難しさから、資格は国家試験に受からないと取れない国家資格となっており、難易度の高いものとなっています。

何が難しいのか?

税理士に限らず、国家資格は国が認めている「資格」なので、資格を取る道のりも決して楽なものではありません。かつ試験そのものも難しいのです。ただ、難しいからと言って諦める必要はありません。

ここから、税理士を目指す方にとって必要なことを順次説明していきますので、夢の実現の参考にしてください。

税理士の合格率~難易度と合格率~

合格率は高くない

税理士の合格率は100%のうち、約20%であることがこの資格の難しさを物語っています。

合格するためには、科目別試験を受けて全体の6割(60%)を取る必要があり、いくら税のプロフェッショナルと言えど、その勉強の量もとてつもない量となってます。税理士はお金がメインの仕事なので難しくないと思われがちですが、合格率の低さからその難易度がいかに高いかが窺えます。

合格は狭き門~医師国家試験よりも難易度は高い?~

下の数字を見ても、受験者数は35,000人を超えているにも関わらず、一部科目合格の数を合わせても合格者数が全体の二割もいっていない事が分かります。これは今年行われた医師国家試験の88%という合格率に比べても、それより低い数字だと言えます。

受験母体に大きな差がありますが、合格率だけを見て言ってしまえば、税理士の資格は医師を目指す人が受ける試験よりも難易度は高いのです。

平成28年度(第66回)税理士試験結果表

受験者数:35,589名
合格者数:756名
一部科目合格者数:4,882名
合格者合計:5,638名
合格率:15.8%

出典: https://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/shik... | https://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/shik...

必要な勉強時間

独学で勉強するより学校で

資格には、独学で勉強して取れる資格から専門学校、大学・短大で勉強しなければならない資格まで様々あります。

さて、税理士の資格の場合はどうなのでしょうか。

税理士は独学では取る事が難しい資格です。税理士になるためには学校や専門学校などに通い、資格を取得するのに必要な科目の勉強と試験対策が必要になってきます。

最近の学校を見てみますと、税理士になるために必要な簿記の授業を教えている高校などもあります。高校生で簿記1級を取り、入念な下準備をしてから専門学校へ行くという、税理士になるための心構えが出来ているのです。簿記1級だけでも相当な難易度です。

目安は3年

上のリンクを見ていただければ分かると思いますが、税理士になるために必要な勉強時間は大体3年が目安です。もちろん、3年勉強したからといって税理士になれるという訳ではありません。

試験合格に必要な科目ごとの勉強対策も必要になってきます。

約2割という合格率の中でいかに勉強していくか、各々の対策がカギとなっていくのです。
そして、難易度の高い試験をいかに攻略するか頭脳と頭脳を戦わせながら、難しい問題にぶつかっていく事も必要です。

「石の上にも三年」という言葉があるように、勉強も3年間頑張れば夢は開けます。

科目別難易度

勉強が好きな人ならば、難易度の高い問題ほど「燃える」という方もいるでしょう。試験というより、もはやゲームを楽しんでると言って良いほどです。

ここでは、税理士になるための科目ごとの難易度とどのような内容かを見ていきますので、頭を悩ませずに見てください。

受験資格にも難易度がある

初回公開日:2017年08月09日

記載されている内容は2017年08月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests