Search

検索したいワードを入力してください

弁護士になるには何年かかるのか・大学・費用

更新日:2022年08月11日

弁護士になるには、司法試験を合格して弁護士資格を取得する必要があります。司法試験には受験資格があり、受験資格をクリアして受けることができます。ここでは、司法試験の難易度や司法試験を受けるために必要な資格などを紹介しています。

弁護士を目指すには

弁護士になるには司法試験に合格をして弁護士資格を取得することが必要になっています。司法試験を受けるまでにも法科大学院(ロースクール)を修了することまたは、司法試験の予備試験に合格しておくことも必要になってきます。

ここでは、弁護士になるにはどれくらい時間がかかるのか、大学や中卒や高卒の人が弁護士になるために必要なことや費用などさまざま角度から紹介していきます。

弁護士になるにはどの大学がか

弁護士になるには司法試験に合格することが大切ですが、法科大学へ行かずに自分で一から勉強して目指すには司法予備試験に合格して司法試験に合格しなければなりません。司法予備試験は司法試験のように難易度の高い試験でもあります。法科大学院は修了することで予備試験を受けずに司法試験を受けられ資格取得をサポートしてくれるので司法試験に対する勉強を教わることもできます。

その中でも合格率が高い法科大学院は以下になります。
・慶應義塾大法科大学院
・東京大法科大学院
・早稲田大法科大学院
・中央大法科大学院
・京都大法科大学院
この5つの大学は司法試験の合格率が高くサポート体制もしっかりしているので司法試験合格を目指す方には大学院になっています。

中卒・高卒で弁護士になるにはどうしたら良いか

弁護士になるには大学院を修了して司法試験を合格するイメージが強いですが、中卒や高卒の人でも司法予備試験を合格して司法試験を受けて合格することによって弁護士資格を取得することも可能です。

ですが、司法予備試験だからといって難易度は低いわけでなく合格率も低めであるため合格するにはかなりの勉強が必要になってきます。司法予備試験には何度も受験することができるので高卒の人は勉強をしっかりと行って司法試験に合格すれば弁護士になることができます。

弁護士になるためにかかる費用

弁護士になるには勉強のために費用がかかってきます。かかる費用は、大学院の入学金や授業料、予備校の授業料、司法予備試験や司法試験の試験代などさまざまな部分で費用はかかってきます。大学院から司法試験合格まででも多くて1000万円ほど費用がかかってくる場合もあります。

ですが、大学院の入試を成績優秀で合格すれば授業料免除を受けれたり、法科大学院に入学せずに自分で勉強をして司法予備試験を合格すれば授業料を払わずに資格を取得することも可能なので、その場合は、費用を抑えることができます。ですが、司法試験を合格しても弁護士になるまでに司法修習生として働かないといけませんが、その間の給与は出てこないためその期間の生活費など弁護士になるには費用がかなりかかってくるでしょう。

弁護士に年齢制限はあるのか?

弁護士になるには司法試験を受けなくてはなりませんが、司法試験には年齢制限があるのでしょうか。司法試験には年齢制限はないので何歳の人でも司法試験を合格して弁護士になることは可能でしょう。

ですが、年齢をある程度重ねた人が司法試験を合格しても司法修習生として給与なしで働くのは難しい点があり、弁護士として働くためには弁護士事務所で下積みをしてから働かないと成功は難しい職業でもあるので、ある程度年齢を重ねた40代以上はかなり難しくなってくるでしょう。

社会人が弁護士になるには?

社会人になってからでも弁護士を目指したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。では、社会人が弁護士になるにはどうしたら良いのでしょうか。司法予備試験を合格すれば社会人の人でも司法試験を受験することができて弁護士資格を取得することができます。実際に働きながら司法試験を合格した人もいるので弁護士になることは可能でしょう。

司法予備試験でさえ、難易度は高めになっているのでかなりの勉強が必要になってくるので働きながら予備校に通ったり、独学でしっかりと勉強する必要があるでしょう。法科大学院既習者と司法予備試験合格者の合格率は司法予備試験の合格者の方が司法試験合格率は高くなっているので社会人でも弁護士を目指せるでしょう。

弁護士になるには予備試験の合格は必要か

次のページ:最短で弁護士になる方法

初回公開日:2017年11月22日

記載されている内容は2017年11月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests