Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月14日

賞与とボーナスの違いと平均額|中小企業/大手企業/総合職

働いていれば、その成果に応じて賞与やボーナスが頂けます。けれど、賞与とボーナスの違いを理解している人や、または平均額を把握しているでしょうか。賞与とボーナスの違いを理解している、そして職種によって異なる平均額も一度知ってみましょう。

賞与とボーナスの違いと平均額

賞与とボーナスの違いと平均額|中小企業/大手企業/総合職

収入を得る際に誰もが賞与やボーナスという言葉を耳にしたことがあるでしょう。月給以外に頂ける収入なので、多くの会社員にとって賞与やボーナスは重要になります。しかし、賞与とボーナスの違いを理解して、職種によって平均額が異なることを理解しているでしょうか。

まず、賞与とは役所や企業が夏季や年末の時期に正規の給与とは別に、会社員に対して支払うべき金銭のことです。それまでの働きに応じて、企業が働いている人に対して渡してくれる特別なお金です。この時期になると、買い物をする人も増えます。

ボーナスも賞与と同じように特別手当ですが、こちらは英語です。国によってはボーナスの制度が異なり、アメリカでは一定以上の役所でなければ貰えません。一方で中国では現金以外の品物が貰えるので、国ごとに解釈が異なります。また平均額も変わります。

企業の規模別の賞与とボーナスの平均額

賞与とボーナスの違いと平均額|中小企業/大手企業/総合職

賞与やボーナスは夏と冬に支給されますが、その平均額は規模によって異なります。また企業によっては貰えない場合もあるので、平均額に関心が向かない人もいるでしょう。しかし賞与やボーナスのシステムをきちんと理解すれば、今後の行動次第で変わる可能性もあります。

まずは自分が勤めている企業の規模を知り、それを元に賞与やボーナスが貰えるかどうかを調べて、また貰える場合は同じ規模の企業と平均額を知ってみましょう。年に2回の特別な給与なので、システムを把握すれば今後の働き方を考えるきっかけになります。

ベンチャー

賞与とボーナスの違いと平均額|中小企業/大手企業/総合職

これまでにない新しい事業に取り組んでいる企業をベンチャーと呼び、まだ始まったばかりの企業だと賞与やボーナスが与えられることは少ないです。平均額とは関係なく、また入社すると損をするとお考えでしょうが、必ずしもそうとは限りません。

給与は自らの成果に応じて支払われるので、実力を試したい人にとっては向いたシステムです。自分の裁量で仕事のスケジュールを組むことが可能で、理想の仕事に携われる可能性もあります。ベンチャー企業とは、向上心のある人には向いている企業です。

そして賞与やボーナスが貰えるベンチャー企業も存在し、当人の働き次第では大手の平均額を超える収入も得られます。当人の努力は必要ですが、まずはリクルートエージェントなどの就労サイトで情報を集めて、賞与やボーナスが頂けるかを調べましょう。

中小企業

中小企業では賞与やボーナスが頂けるケースは少ないです。会社で月々の給与が頂けたとしても、年に二回の収益が得られるとは限りません。そもそも会社は自分の身を守ってくれるとは限らないので、会社だけに依存するのはやめましょう。貰えたとしても、平均額は給与一ヵ月です。

終身雇用制度も崩壊し、また年金制度も不安定となる時代です。しかし今から副業などを始めて、会社以外の場所で収益を作れるようにすれば、賞与やボーナスがなくても生活は安定します。副業解禁された企業も増えているので、まずは上司と話し合ってみましょう。

大手など

大手企業では賞与やボーナスの額が高く、月々の給与の2.5倍が平均額です。しかし今の時代は大手企業でも貰えないケースがあり、また正社員であってもその企業で働き続けられる保証はありません。賞与やボーナスを期待するのであれば、まずは自己投資をしましょう。

どうしても収益が上がらず、また企業に期待できない場合は環境を変えましょう。業績が上がらなければ収益が下がるケースは充分にあるので、将来性を期待できなければいつまでも居続ける必要はありません。自分のキャリアは自分で作るべきです。

会社別の賞与とボーナスの平均額

賞与とボーナスの違いと平均額|中小企業/大手企業/総合職

上記では会社の規模で賞与とボーナスの平均額が変わると書きましたが、同じように会社によっても平均額は変わります。ボーナスの平均額は88万円になっていますが、これは全体であって会社によっていくらでも変わります。まずは会社ごとの平均額から知りましょう。

メーカー

メーカーは多くの場所で聞く言葉あり、Wikipediaでは「原材料などを加工することによって製品を生産・提供する産業」と定義されています。製造業に分類されて、メーカーがあるからこそ私達の毎日の生活が成り立っているので、決して欠かせない分野です。

2017年度の夏のボーナスは平均額が88万と計算されています。戸田建設やソニーが高い傾向にあり、小売業はそれよりも遥かに下回ります。有力な企業は賞与やボーナスの平均額が高くなりますが、それ以外は支給されないケースもあります。

広告

多くの企業が提供する商品やサービス作る広告業界は華やかであり、その一方でハードな業務が連続して行われます。しかしクライアント側の要求にきちんと答えれば収入が上がりますし、またボーナスや賞与も働きに伴って向上していきます。平均額は当人の働き次第で変わります。

ボーナスは月々の給与の2.5倍が平均額として与えられ、経験を積むほど収入も上がります。業務自体は大変なので、自己管理もまた意識を高める必要があります。当人の技術はだけでなく、営業や企画でクライアントを納得させる手腕も求められるのが広告業界です。

IT

賞与とボーナスの違いと平均額|中小企業/大手企業/総合職

IT業界はスマートフォンで利用するアプリやAIなど、インターネットを活用して物作りを行う業種です。近年ではIT業界の発達が進み、またそれに伴ってエンジニアの需要も高まっています。会社員だけでなく、フリーランスのケイタイで働くエンジニアも増えています。

エンジニアのボーナスと賞与の平均額は、大手企業は月の給与の1.5倍または2.5倍と設定されています。ただしこれは大手の話で、中小企業では貰えない可能性もあります。ただし実績によっては頂ける場合もあるので、まずは自分の付加価値を高めましょう。

商社など

商社は海外より輸入した商品を国内で流通させたり、または国内の製造品を海外に輸出させる業者のことです。Amazonや楽天のような販売サイトが商社に分類されて、またこの業種があるからこそ国内に多くの品物が行き渡るようになります。私達の生活には決して欠かせません。

商社は活動の幅が広く、また求められるスキルも特別なので賞与やボーナスも高く、平均額は100万円を超えます。上位の商社になるとより平均額は高くなりますが、その分だけ業務もハードになります。また海外転勤もあり得るので、変化に適応することも大事です。

職種別の給与とボーナスの平均額

賞与とボーナスの違いと平均額|中小企業/大手企業/総合職

会社によって賞与とボーナスが異なるように、職種によって収入の平均額も変わります。部署によって、同じ労働時間でも仕事の内容は変わるので、平均額は千差万別です。もしも自分の収入について疑問を抱いたら、まずは職種ごとの収入の平均額について把握しましょう。

月々の収入や賞与の有無について不満を抱いたとしても、文句を言い続けても解決しません。ただ時間を浪費するだけなので、どうすれば今の境遇を変えられるかを考えて、実行しましょう。それに思考を向けた方が健全ですし、また周りからも信用されるようになります。

総合職

賞与とボーナスの違いと平均額|中小企業/大手企業/総合職

総合職とは企業において多くの業務に関わり、経験を重ねた末に将来は企業の中核を担う幹部の役職になる人のことです。多くの人にとって出世は大事であり、将来を考えているなら総合職での成功は欠かせません。成功させたい場合は総合職の賞与やボーナスについて学びましょう。

一般職

一般職とは企業を支える縁の下の力持ちと呼べるスタイルで、総合職を初めとした多くの役職に立つ人にとっては書かせない存在です。比較的負担が少ない定型業務に携わりますが、決して軽視してはいけません。メールや来客の対応など、一般職の方がいるからこそ回ります。

大手の企業の場合は一般職に賞与が支給される場合がありますが、一月分の給与が平均額です。比較的負担が軽い業務になると、その分だけ与えられる賞与も安くなります。しかし経験を積めば一般職でも平均額が上がるケースがあるので、まずはスキルを上げましょう。

営業

営業職は見込んだ顧客に自社の商品をプレゼンし、そして購入を促すことで契約を結ぶ働き方のことです。セールスマンと呼ばれる人達が該当されて、また本人の成績次第で給与が変わります。ただし好成績を残せば、月給の2倍から3倍の額を頂けます。

経理

経理の業務は企業に勤める社員の人事や、また企業自体の財産を管理する仕事のことです。会社の目標を達成するには人や金の管理が欠かせず、情報を管理することができる立場の人が不可欠です。一つのミスが企業自体に響くので、重要な役割となります。

そんな経理の仕事に就く場合、ボーナスや賞与は夏と冬の二回に分けて頂けます。会社の規模によって貰えるかどうかは異なりますが、平均額は基本給の2倍とされています。簿記2級から上の資格が求められるので、採用されたい場合は所得を目指す必要があります。

事務

事務の業務はデスクワークが基本となり、一般事務と並んで企業にとってなくてはならない存在となります。しかし経理や営業に比べて負担が軽いので、月々の給与の2倍から4倍が平均額とされています。収益を上げたい場合は、スキマ時間を見つけてスキルを磨く工夫が必要です。

公務員の給与とボーナスの平均額

賞与とボーナスの違いと平均額|中小企業/大手企業/総合職

公務員は安定している職業と言われていて、高い人気を誇っています。国や地方自治体の公務を執行する人のことであり、私達の生活を支えてくれる職業です。そんな公務員の方々も給与やボーナスを当然ながら貰うため、もしも公務員を目指していたら平均額も知りましょう。

教員

未来を担う世代に学びの場を提供する教員ですが、収入は小中高によって異なります。最も高いのは小学校の教員で、また年代によってその年収に大きな差があります。小学校教師の場合、20代だと約300万円で、50代になるとその2倍以上が年収になります。

ボーナスは夏はやや低めですが、冬になると給与の二ヶ月分が平均額となっています。しかし教師はハードな業務であり、また部活の顧問や生徒の心のケアも担当しなければいけないので、お金だけでこなせる業務ではありません。その点も理解しましょう。

市役所

市役所の職員の業務は戸籍や住民票の管理や、または地域の防災や福祉に関わる行事を運営していることが主な業務です。月の給与は30万を超えて、また賞与やボーナスという名称は使いません。期末手当や勤勉手当と呼ばれて、平均支給額は60万を超えます。

期末手当は扶養や地域、そして在職期間などを計算して決まる額であり、勤勉手当は出勤した期間によって計算されて夏と冬の半年ごとに支給されます。この計算はとても複雑で、聞き慣れない人にとっては難しく感じます。しかしその額は高いことは確かです。

警察・消防士など

警察や消防士は私達の平和を守ってくれる職業であり、また命に関わる仕事なので毎月の賞与やボーナスは高いです。月の給与は40万から45万に到達し、またボーナスは150万に届きます。日本の治安が保たれているのはこの方達のおかげなので、必然的に給与も上がります。

当然ながら、彼らは日夜治安維持に力を尽くしているので、時として凶悪犯罪や人命救助で大怪我を負ったり、または命を落とす危険もあります。採用までに多くのハードルがありますし、またその後も品行方正な態度が求められます。それだけ重要な仕事と言えます。

アルバイトや契約社員で賞与やボーナスがもらえる場合の平均額

賞与とボーナスの違いと平均額|中小企業/大手企業/総合職

アルバイトや契約社員でも賞与やボーナスが貰える場合がありますが、それはごく僅かと考えましょう。年に二度の賞与を合わせて30万円が支給される場合があれば、会社の規模によっては数千円程度になることもあります。バイトリーダーになれば上がる可能性はあります。

しかしアルバイトや契約社員は正社員に比べて不安定なのは確かです。一生、それだけで生計を立てていくのは極めて困難なので、あくまでも繋ぎと考えましょう。そして次の仕事に活かせるよう、勉強の機会も自分から作っていくことが大事です。

賞与やボーナスの平均額は千差万別

賞与とボーナスの違いと平均額|中小企業/大手企業/総合職

賞与とボーナスは働く人にとって重要な課題となりますが、平均額は業界によって変わります。しかし給与以上に、その仕事が楽しく続けられるかどうかも重要になるので、就職の際には条件もきちんと確認しましょう。年収を理解することで、自分の生活も安定します。

Latests