Search

検索したいワードを入力してください

天才のエピソード|スポーツ/日本/数学/音楽家/記憶力

初回公開日:2018年05月24日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年05月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

天才のエピソードは常人では理解しにくいです。天才と言われているのでそれなりに収入も多く、生活が派手になりがちです。天才のエピソードを自身の人生に反映させて考えれば、天才と呼ばれなくても、仕事や私生活を楽にする事は出来ます。エピソードを参考にしてみましょう。

天才と呼ばれる人はどのような人なのか

天才とは99%の努力と1%の才能があって初めて開花する能力の事を主に指します。自分が何に向いているのかを知る事も大切ですが、その自分の中の可能性を見いだす事ができるかでも天才になれるのかそもそもその素質があるのかが問われます。

スポーツ選手ならば、常人の数倍の運動神経や視力や体力を備えていたり、また学者ならば、普通の人が考えつかないようなことを研究して有名になったりしています。天才といえばアインシュタインなどが有名ですが、彼の物理学は物の相対性理論を唱えていて、物自体に流れる時間は一定でない事を証明しています。

天才は普通の人が考えつかない事を研究したり、秀でた能力を持つ人達です。

スポーツ界で天才と呼ばれる人の仰天エピソードとは

野球界では王貞治さん、長嶋茂雄さんなどが有名です。松井秀喜選手やイチロー選手、最近では大谷翔平選手などがベイブルースの再来と言われています。サッカー界では、キングオブカズと言われている三浦知良選手、ロナウド選手、小野伸二選手などが有名です。

スポーツで天才と呼ばれる人は文武両道な人が多い事で知られています。出身校もスポーツが強いばかりの学校ではなく、勉強ができないと入れない学校もあるので、努力家と言われる人が多いのも天才と呼ばれる人には多いと言えます。

野球界の場合

野球界のエピソードといえば、王さんや長嶋さんの場合、昭和の時代は手紙に住所を書かなくても、王さんや長嶋さんと書けば本人に手紙やハガキが届いていました。そんな昭和ならではのエピソードもあります。

イチロー選手や松井秀喜選手は社会貢献をすることを忘れないことでも知られています。震災があれば、真っ先に義援金を送るエピソードはよく聞く話です。常に感謝の気持ちを忘れない事もスポーツ選手で偉人と呼ばれる人には常にあるエピソードと言えるでしょう。

サッカー選手の場合

サッカー選手は野球選手からすると自由度が上がります。後から認知されてきたスポーツなので、時代を反映したエピソードがあります。本田圭介選手は両腕に腕時計をしていたり、奇抜なファッションをしていたりと、天才は見た目にも派手な人が多いです。

野球選手もそうですが、乗っているクルマが派手でフェラーリやランボルギーニを色違いで持っていたりと私生活でも目立つ人が多いです。また家族が注目されて芸能人のようになっているベッカム選手などもサッカー界では珍しいタイプの選手となります。野球選手よりもサッカー選手の方が目立つエピソードが多いです。

もちろんプレーも天才的なのでどんなことをしても説得力があります。

日本で天才と言われる人のエピソードとは何か?

宮崎駿監督や黒澤明監督なども偉大な事を成し遂げてきました。映画界では海外のスピルバーグやルーカスを越えるほどの才能を持った天才も日本から出ています。天才と呼ばれる人は人脈を広げるのが上手です。テレビの出演でも天才と呼ばれる人と意外な人の接点が見つかるエピソードがあったりとびっくりすることもあるでしょう。

日本は戦争に負けたのは資源がなかったり、早くに海外からの知識を取り入れなかったりした理由がありますが、戦後の偉人と呼ばれる人は戦後の日本を何とかしたいと考えて、自分の才能を開花させて天才と呼ばれていた人も少なくないです。戦後のエピソードはそのまま天才を生み出す事に一役買っています。

小野伸二選手の場合

スポーツでの天才のエピソードは実際にプレーをして実感しないとどのようなものか分かりません。サッカー選手の場合、チームワークやチームの士気を上げる事はもちろん、観客を魅了するプレーをしている選手が天才と言われる選手に多いです。チームメンバーがプレーをして実感している事もあれば、観客が見て納得している事もあります。

小野選手の場合はドリブルにも独自の特徴があり、パスなどもメッセージがこもっているパスをします。パスを受けた選手はパスを受ける事で何をすればいいのかがわかり、それが多くの勝利に繋がっています。

岡本太郎の場合

今でも大阪万博が語り継がれる時は必ず、太陽の塔とセットでエピソードが語られます。岡本太郎の場合は海外生活が長かったせいもあり、日本人には納得できないようなエピソードも存在します。生の牛肉の上に生卵だけをのせた食事を取っていたエピソードや、人との会話が成り立たないエピソードなど、天才ならではのエピソードはたくさんあります。

天才と呼ばれる人達は一つの事を常に考えているので、天才としての能力を発揮しています。天才と言われる人のエピソードは常人では理解しがたいので、時に面白い話としてテレビで取り上げられます。

小室哲哉の場合

小室哲哉は日本のミュージシャンがやらなかったことをしてきた人です。リプロダクションという手法をとったレコーディングやロックとクラシックとミュージカルを合成させた音楽を作り出したりしたのも日本では初めての事でした。

本人はかなり食事に頓着がなく、ほとんど食事をとらない事でも知られています。またピアノを練習していなくても弾けてしまったり、楽譜をほとんど読めなくてもミリオンセラーの曲を作ってしまったりと天才としてのエピソードは事欠かないです。

ジャンル別に見た場合の天才のエピソードとは

最近は将棋の棋士などで天才と呼ばれる人も出て来ています。また競馬の騎手でも天才がいたりと音楽やスポーツだけに留まらないです。天才と言われる人は頭の回転が良いので、普段の生活でも目立つエピソードが多いです。

また天才と言われる人は、波乱万丈な人も多く、不慮の事故や死を遂げている人が多いのも天才と呼ばれている人に多いエピソードです。天才と呼ばれる人のエピソードが常人では考えられないような話が多いので、常人にとって天才の生活感や価値観などは新鮮に映ります。

また天才の仰天エピソードは、理解しがたいことばかりなので、伝説としていつまでも人々に語られています。

数学者の場合

エヴァリスト・ガロア、ヒュパティア、ピュタゴラスなどの数学者は不慮の死を遂げています。若い頃に亡くなったり、殺害されたり、身内から殺されたりと普通では考えられないような死を遂げています。

岡潔さんなどは長い間収入がなかったり、何年も歯ブラシを使わなかったり、自分が受け持っている生徒達が、岡さんの授業が分かりづらいという苦情がきたりと散々だったようです。天才と呼ばれる人は自分自身しか見えてないので、自分勝手なエピソードが目立ちます。それも天才と呼ばれる人の性格とも言えます。

数学者で天才と言われる人は不幸なエピソードが多いので、実際に他の人と一緒に暮らす事は難しかったと言えます。

Latests