Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月23日

嫌いな人を夢に見る原因・気にしない方法・無視はありか|職場

多くの人が悩まされる嫌いな人の存在。特に身近に嫌いな人がいる場合には、縁を切りたくても切れず、ストレスの原因になっている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、嫌いな人を夢に見る原因や気にしない方法などを立場別・相手別にご紹介します。

嫌いな人を夢に見る原因

嫌いな人を夢に見る原因は、普段から嫌いな人を常に意識しているため夢にも見やすいと考えられます。嫌いではない人のことは、特別話題にでも出ない限り思い出したり考えたりすることはありません。

しかし、嫌いな人のことは、過去の嫌な場面が思い出されたり気に入らない所が目に入るなど、ふとした時に存在を意識してしまいます。

よく、怖いと思っていることが夢に出たり不安なことがそのまま夢に表れたりすることがあるでしょう。それと同じで、嫌いな人に対しても嫌悪感や恐怖などの感情を抱くため夢に見やすいと言えます。

嫌いな人を気にしない方法とは?

嫌いな人のことなんて気にしたくないのに、なぜか嫌いだと思えば思う程、その人のことが頭から離れずイライラが募っている人も多くいます。嫌いな人を気にすることで、何をしても気分が優れず毎日嫌な思いをするのもウンザリでしょう。

どうせなら嫌いな人を気にせずに、快適に暮らしたいと思うのが本音ではないでしょうか。それでは、どうすれば嫌いな人を気にせずに済むのか、その方法をご紹介します。

時間の無駄と考える

嫌いな人を気にしない方法1つ目は、時間の無駄と考えることです。好きな人を想って気にするのならば気持ちも高まりプラスになるでしょうが、嫌いな人を気にしてもイライラが募るばかりで何ひとつ良いことなどありません。

嫌いな人を気にして問題が解決するなら良いですが、多くの場合いくら考えても関係が改善することは無いに等しいです。そんな時間があるならば、もっとあなたにとって有意義なことをした方がよっぽどプラスになります。

楽しいことをする

嫌いな人を気にしない方法2つ目は、楽しいことをするです。嫌いな人を考えないようにしていても、家でボーっとしていたり退屈な時間が多いと、つい嫌いな人とのエピソードを思い出しがちです。

それを防ぐには、楽しいことをして嫌な人を思い出さないようにすることです。ドライブやスポーツなどで気分転換するのも良いでしょうし、仲間とワイワイ遊んだり美味しい物を食べるなどテンションが上がる楽しみ方もおすすめです。

見返す

嫌いな人を気にしない方法3つ目は、見返すことです。相手を嫌いになったきっかけはさまざまですが、その多くは相手の性格や行動が気に入らなかったり相手と反りが合わず嫌気が差すなど、何かとあなたの気持ちを妨害したことがきっかけになっているのではないでしょうか。

その気持ちを無くすためには、相手よりもあなたが幸せになることです。人間は何か満たされない物があると、周囲に反発心が生まれたり相手の細かい所にも文句を言いたくなります。一方、幸せな人は心が満たされ気持ちにも余裕があるため、周囲の物事にも寛大になりさほど相手の欠点も気にならなくなります。

プライベートを充実させたり、仕事でスキルアップするのも良いでしょう。嫌いな人のことを考えるより、自分が幸せだと思えるものを探したほうがずっと効率的です。

嫌いな人を無視するのはありか?

嫌いな人を無視するのはありか無しかと言えば、ありでしょう。ただし、相手との関係性にもよりますし嫌いになったきっかけによっても違ってきます。例えば、職場にいる人ならば、会話をしなければ仕事が進まないケースも多くあります。

そういった場合には、必要最低限の話をしなくてはなりません。また、どんな関係においても、なぜその人を嫌いになったのかも重要です。「あいつはブスだから嫌い」「暗い性格だから嫌い」など、相手が何もしていないのに一方的に嫌って無視をするのは良くありません。

しかし、相手から嫌がらせをされたり虐めを受けるなど、相手から理不尽な扱いをされる場合には無視することも必要です。

嫌いな人への態度

多くの人が身近いる嫌いな人の存在に悩まされていますが、その気持ちをストレートに態度に表す人もいれば、心では嫌っていてもそれを相手にわからないように隠す人もいるでしょう。それでは嫌いな人にはどんな態度をとるのか、いくつかのケースをご紹介します。

避ける

嫌いな人への態度1つ目は、避けることです。嫌いな相手が近寄ってきても無理に会話などせずに、その場を立ち去ってしまうでしょう。

面と向かって「あなたのこと嫌い」とは言えなくても、避ける素振りを何度か繰り返しているうちに、相手にも嫌っていることが伝わり、次第に縁遠くなるのが狙いです。

距離を置く

嫌いな人への態度2つ目は、距離を置くことです。あからさまに無視したり避けたりするのとは少し違いますが、嫌いな相手に対して現れやすい態度と言えます。職場やPTAのママ友同士などでも、嫌いな相手とは徹底して一緒の仕事や役割をやりません。

友人に対してもラインの既読無視やメールを返さないなど、よそよそしい態度をとったり、遊びに誘われても「忙しい」「予定がある」などと何かと理由を付け断ります。

苛立ちを見せる

嫌いな人への態度3つ目は、苛立ちを見せることです。相手に苛立ちを見せる場合には、どこかで相手を見下していたり生理的に受け付けないなど、相手に鬱陶しさを感じているケースが多いと言えます。

例えば「あいつは何をするにもミスばかりでイライラする」「人の気持ちなど考えずしつこく話しかけてくる」といった場合、相手の姿や声を聞いただけでイライラすることもあるでしょう。

愛想を良くする

嫌いな人への態度4つ目は、愛想を良くすることです。本来ならば、嫌いな相手に笑いかけたり感じよく応対するのは、できるだけしたくありませんし難しい行為と言えます。

しかし、相手との関係性によっては、あからさまに嫌っている態度を見せることで気まずくなる場合も少なくありません。そのため、嫌いな相手でも自分の立場を守るために必死で愛想を良くする人もいるでしょう。

平常心を意識する

嫌いな人への態度5つ目は、平常心を意識することです。嫌いな人が目の前にいるからといって、明らかに避けたり苛立ちを見せれば、当然相手にも気づかれます。そうすれば、相手を不快にさせたり、逆に相手を傷つけたりすることもあるでしょう。

嫌いな人に対して平常心を意識する人は、「いくら自分が嫌っていても態度に出したら失礼になる」と心得ている人と言えるでしょう。

立場別・職場にいる嫌いな人への接し方

大抵の人が、少なからず嫌いな人の存在に悩まされていると考えられます。その中でも、職場に嫌いな人がいる場合にはストレスが大きいでしょう。

毎日顔を合わせるだけでなく、仕事中に厳しいことを言われたり文句を言われるなど、精神的にダメージを受けることも少なくありません。それでは、職場にいる嫌いな人への接し方を、上司や同僚または部下の立場別でご紹介します。

上司の場合

職場にいる嫌いな相手が上司だと言う人は多いでしょう。しかし相手が上司の場合、理不尽な扱いを受けても逆らえず黙って従うしかないため、余計にストレスが溜まると言えます。そんな上司と接するには、上手く受け流すことがベストです。

もちろん、仕事上必要な話はしっかり聞く必要があるでしょう。しかし、部下への八つ当たりだったり嫌味など、上司の身勝手な態度に対しては、聞いている振りをしてその後はさっさと受け流してしまいましょう。

同僚の場合

職場にいる嫌いな相手が、同僚である人も多くいるでしょう。同僚同士は困ったときに協力し合うなど仲間意識が高い一方で、ライバル意識も起きやすいと言えます。そのため、敵対心から嫌いな相手になるケースもあるでしょう。

そういった場合には、同僚よりも仕事の成果を上げると良いでしょう。たとえ同僚の方が仕事ができたとしても、あなたが真面目に取り組んでいる姿を見れば、周りにいる人はみんなあなたを評価します。それにより、仕事にやりがいができ、嫌いな同僚の存在など気にならなくなるでしょう。

後輩の場合

後輩に仕事を教えるのはもちろんのこと、後輩の仕事に対する態度が目に余るなど、日々悩まされているケースも少なくありません。初めは可愛い後輩でも、次第に嫌いな存在へと変わりストレスになっている人もいるでしょう。

その場合には、はっきり後輩に注意することも大切です。どんな所を直すべきか、仕事の向き合い方に足りない部分をきちんと指摘してあげましょう。

相手別・嫌いな人への接し方

一口で嫌いな人と言っても、相手とどんな関係なのかによって接し方も違ってきます。嫌いでも、付き合いを続けなくてはならない関係もあるでしょうし、縁を切りたくても切れないケースも少なくありません。それでは、嫌いな人との接し方を相手別にご紹介します。

実親・兄弟

悲しいことに、嫌いな人が実の親や兄弟だと言う人も珍しくありません。血の繋がりがあるのにかかわらず、どうしても親や兄弟を好きになれず嫌いだと思うのには、それだけ心に傷や闇を抱えていると考えられます。

その場合には、なるべく距離をとることをおすすめします。学生なら仕方ありませんが、社会人ならば家を出て一人暮らしをするだけでだいぶ違います。それさえできれば、実親や兄弟と顔を合わせる機会がグッと減ります。

義両親・義兄弟

結婚している人の多くが悩んでいるのは、義両親や義兄弟との関係です。嫁姑関係はもちろんですが、義兄弟との仲が悪く嫌いだと感じている人もたくさんいます。嫌いならばあまり顔を合わせないようにするのが一番ですが、夫や妻の手前、勝手に距離を置くことができない人もいるでしょう。

その場合には、当たらず触らずの関係を心がけ「盆や正月にだけ会う関係」くらいにとどめておくと良いでしょう。また、義両親や義兄弟が嫌いな人は、間違っても同居はしてはいけません。「長男だから」「跡取りがいないから」など、義家族から同居を催促されても絶対に別居だけは断りましょう。

友人

表面上は友人でも、実は友人が嫌いだと言う人も珍しくありません。また、昔は好きな友人でも付き合いが長くなるにつれて嫌いになったケースもあるでしょう。この場合には、思い切って疎遠にするのも良いでしょう。


疎遠にする主旨を相手に伝えづらいと思うならば、特に理由を話す必要もありません。相手からのラインを返さないようにしたり、その友人からの誘いや頼まれごとを断るなど、徐々に距離を置いていけば次第に縁遠くなるでしょう。

近所の人

近所の人が嫌いだと思っている人も多いでしょう。近所の人とは毎日は会わなくても、ごみ捨て場で顔を合わせたり、町内会などの行事での付き合いがあります。近所の場合、生活状況を監視されたり噂話のネタにされ、うんざりしている人もいるでしょう。

嫌いな近所と付き合うには、挨拶程度にしてとにかく深入りしないことです。噂のネタにならないよう、自分のプライベートは詳しく教えないようにしましょう。また、相手から誰かの悪口を聞かされても絶対に話にのらないことです。もしも一緒に悪口を言ってしまえば、すべてあなたのせいにされる恐れもあります。

嫌いな近所とは、なるべく顔を合わせないように、家を出る時間をずらすなどするのがベストでしょう。

嫌いな人が多い原因は何か?

嫌いな人に悩まされている人はたくさんいますが、中でも特に嫌いな人が多い人も珍しくありません。「あの人嫌い」と言っていたかと思えば、更に別な人のことも「○○さんって嫌いだわ」と常に誰かを否定している人がいます。

そんな人には何かしら原因があると考えられます。それでは、嫌いな人が多い原因についてご紹介します。

人を信用していない

嫌いな人が多い原因1つ目は、人を信用していないことです。「きっとあの人は陰で私を嫌っている」「今は親切だけど、すぐに裏ぎられる」など、人を疑ってばかりで相手を受け入れられません。

普段からそんな気持ちでいるため、ちょっとでも嫌なことがあると「やっぱりあの人嫌い」と決めつけてしまいます。

嫌われやすい

嫌いな人が多い原因2つ目は、嫌われやすいことです。なぜかいつも自分だけ浮いた存在になったり相手を不快にさせてしまう、いわゆる嫌われやすい人もいます。

自分勝手だったり明らかに性格が悪くて嫌われるケースも多いですが、一方で暗い性格やオタク気質など個性的なだけで嫌われる人も少なくありません。いずれにせよ、相手から嫌われれば、自分も相手を嫌いになるのは当然と言えるため、嫌いな人が多いのも頷けます。

すぐ舐められる

嫌いな人が多い原因3つ目は、すぐ舐められることです。大人しい性格だったりお人よしタイプは、人から舐められやすいと言えます。そのため、普段から自分ばかりマウントされたり意地悪されるなど嫌な思いをしているでしょう。

自分に対しマウントしたり意地悪してくる相手を好きになれるはずもなく、当然嫌いな相手となります。舐められる人はどこにいっても理不尽な扱いを受けやすく、そのたびに嫌いな人が多くなります。

嫌いな人がいない人はいるのか?

ほとんどの人が多かれ少なかれ嫌いな人がいると考えられがちですが、中には嫌いな人がいない人も存在します。だからといって、すべての人を好きだということではなく「単に嫌いな人はいない」という意味でしょう。

このタイプは、そもそもあまり人に興味がなく「どうでもいい」「人は人」と、あっさりしているため、特別誰かを嫌うことも考えつきません。

嫌いな人との上手い付き合い方を見出そう

いかがでしたか。嫌いな人とは距離を置くのがベストですが、どうしても関係が切れない相手ならば、嫌いな人との付き合い方を変えることです。あなたに合った嫌いな人との付き合い方を見出し、嫌いな人から受けるストレスから解放されましょう。

Latests