Search

検索したいワードを入力してください

配送業への志望動機と例文|未経験/経験者の場合

更新日:2020年08月20日

配送業の志望動機とはどのようなものでしょうか。実際には、応募する仕事内容、自分の経験などによってかなり違ってきます。具体的な志望動機の例を記載したので、参考にしてみて下さい。あなたに合う運送業の仕事が見つかるかもしれません。

配送の仕事の志望動機の書き方

配送業の志望動機の書き方としては、どのような仕事内容か理解した上で、自分がなぜ配送業を志望するか考えることが志望動機となります。運転が好きで配送業を希望するのは自然なことであり、他にも様々な理由で配送業を志望する人がいます。志望動機の書き方としては、採用担当者の視点からして自分の志望動機が相手に伝わるかどうかで決まってきます。

自分でも良く理解できない志望動機を記載すれば、採用担当者も理解できません。また、どうして、配送業を志望するのかも大切でドライバーの仕事は沢山あるので、その中から配送業にした理由をしっかり決めることです。例えば、配送業をして色々な人と話しをしながら仕事を進める業務をしたいので配送業を希望したと言えば説得力があります。

配送業の志望動機例文

配送業の志望動機は人によって色々ですが、一つの例としては、「配送業のドライバーの仕事を通して取引先のお客とコミュニケーションをとりながら業務を遂行する仕事をしたいと思い御社の配送業の仕事を希望しました。」などがあります。この志望動機は、特にお客様と話しをして確認しながら業務を行う配送業のドライバーの仕事の志望動機として良いです。

このような志望動機を記載するには、ある程度求人内容からどのような仕事なのか配送業に関しての知識が必要で、もしも何も知識がない人はインターネットで勉強すれば良いです。はじめから満点の志望動機を記載できる人はほとんどいません。また、実際に書類審査や面接を受けてみて自分なりに分析していく中でどのような志望動機が自分にはあっているか分かってきます。

履歴書の志望動機の書き方

履歴書の志望動機の書き方は、自分の配送業に対するイメージによって変わってきます。配送業の内容をよく理解している人であれば、定時に指定された場所にお客の荷物を配送する仕事に興味があることを志望動機とするのが一般的です。これは、常に時間を確認しながらどの時刻にどこにいれば良いか把握しながらの仕事となります。

簡単なようで難しい仕事であるのと、安全運行が鉄則となっている為神経を使う仕事でもあります。なので、志望動機の他の記載方法としては、「お客の商品を時間を守り常に安全運行を心がけて配送したいと思い御社を志望しました。」なども良いです。

面接カードの志望動機とは

面接カードの志望動機の記載方法は、履歴書の内容を基礎としていれば良いです。あまり履歴書の内容と違うとあやしまれるので時間がない時などは、同じ内容にすれば問題ないです。面接カードは、配送業の場合面接で用いる為に記載させられるのであまり長時間かけないで、早く記載して提出しましょう。

また、履歴書とは違う内容を記載することも面接カードではあるので、場合によってはそれらの内容をメモっておくと良いです。面接で面接カードのみに記載した内容について質問があっても対応できるので、面接カードの記載内容は覚えておきましょう。時間があれば、面接カードの内容に対して面接で質問される可能性がある事を想定して自分なりに回答を用意しておくと良いです。

面接時の志望動機の言い方

配送業の面接時における志望動機は、基本的に履歴書に記載した内容を言えば良いです。採用担当者も確認の意味で履歴書も見ながら志望動機を聞いてきます。その他に余裕があって言えることがあれば、タイミングを見はからって発言しても良いです。

それは、面接全体にも言えることですが、自分の発言が全てPRである事がポイントとなります。志望動機でも話しの流れで色々な内容に発展します。その都度柔軟に対応して発言した内容がPRになっていれば好印象になります。また、配送業の場合は体力勝負なところもある仕事なので、やや大きめの声で元気よく発言すると良いです。

未経験・経験有りの場合の志望動機

未経験の場合の志望動機は、経験のある人と無理やり同じような内容にする必要はありません。未経験でも他の経験がありその経験をいかにして配送業をしたい人であれば、志望動機として色々記載することが出来ます。

未経験の具体例としては、「事務職でつちかった一つ一つ丁寧に仕事をすすめる力を発揮して、常に安全運行を心がけてお客に喜ばれるような配送業務をしたいと思って御社を志望しました。」などがあります。

このように発言できれば、経験がなくても印象は良いです。また経験がある方でも、他の人と重複するような志望動機ではなくて自分らしい表現で志望動機を言えれば更に良いでしょう。

仕事別の志望動機

配送業には色々な種類があり、その仕事内容によって志望動機は若干違ってきます。たとえば、コンビニの配送業と宅急便のような配送業では仕事内容が若干違います。コンビニ配送の場合は、志望動機として、「常に時間を守り信頼されるようなコンビニ配送のドライバーになりたいと思い志望しました。」などで良いです。

また、宅急便のような配送業は、コンビニ配送とは違って一般の人がお客です。ですので、よりお客とコミュニケーションをとって円滑に仕事をすすめることが出来ると言った内容の志望動機が良いでしょう。

コンビニの場合

コンビニの場合の志望動機は、なぜコンビニの配送業を希望するのかが大切です。例えば、コンビ二のルート配送に興味があったのであればそのように志望動機を記載すれば良いです。採用担当者もそれほど掘り下げるてくる事はないでしょう。

ただし、本当にコンビニのルート配送で良いのかは確認してきます。理由としては、コンビニ配送を実際にしてみてイメージとは違う場合や、配送する時間帯がきついなどの理由ですぐに辞めてしまう人もいるからです。

食品の配送

食品の配送には鮮度を維持して定時に配送すると言う責任があります。これは、他の荷物とは違って鮮度が影響してくるので仕方ないことです。なので、志望動機としては、「鮮度を悪くしないように安全運転をして定時に食品を運ぶ配送の仕事がしたいと思い御社を志望しました。」となります。

また、食品の配送ではより安全に運転して中の食品に傷がつかないような配慮を必要です。そのあたりを理解して、採用担当者に志望動機を伝えれば好印象です。

ルート配送の志望動機

ルート配送のドライバーの志望動機としては、「決められた時間に決められた荷物をお客に確実に配送する仕事をしたいと思い御社を志望しました。」などがあります。これで、面接などにすすんだ場合、色々聞かれますが他のドライバーの仕事ではなくてルート配送で飽きないか聞いてきます。これに対して適切な返事が出来れば採用担当者も何も言いません。

とにかくルート配送の仕事は、同じことの繰り返しが多いので採用担当者はその点を特に気にしています。

クリーニングなどの志望動機

クリーニングの配送の志望動機としては、「時間的に厳しい時でもクリーニングの配送の仕事を冷静に安全に行いたいと思い御社を志望しました。」とすれば、採用担当者も理解してくれます。クリーニングの配送は、環境によってはとても時間的に厳しい時があります。このような時でも頑張れる人を欲しがっています。

配送業とはどのようなもので、どのような志望動機が良いか

配送業とは、一見運転だけしていれば良いと思っている人がかなりいますが、実際には様々な能力が必要です。それは、お客と話すコミュニケーション能力や時間を守る習慣なども必須です。その配送業で良いとされる志望動機とは、厳しい環境でも問題なくお客の荷物を安全に運ぶことが出来るかが問われます。

無理な事を記載するのではなくて、自分らしい、自分だけの志望動機を作成できれば必ず自分を採用してくれる会社はあるでしょう。粘り強く最後まで志望動機を考えて自分にあった運送業の仕事を見つけましょう。

初回公開日:2017年09月06日

記載されている内容は2017年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests