Search

検索したいワードを入力してください

会計事務所の志望動機の書き方と例文・未経験/新卒の場合

更新日:2020年08月20日

会計事務所の志望動機の書き方と例文とはどのようなものでしょう。普通の企業と比べた場合、志望動機を記載する時に迷ってしまう人も多いです。そこでこの記事では、会計事務所の志望動機の書き方を未経験・新卒などの場合も含めてまとめてみたので参考にしてみて下さい。

会計事務所の志望動機の書き方

会計事務所の志望動機の書き方としては、自分が志望する仕事以外でも積極的に他の仕事もできるように表現できると良いでしょう。会計事務所では、いわゆるお客の会計業務以外でも雑用がたくさんあります。

志望動機としては、会計の仕事をしたいといった内容で問題ありませんが、それ以外の仕事をできることを記載できると好印象です。特に会計以外の仕事があることを求人に記載されている場合は、志望動機に会計以外の仕事もやっていきたいと書けるかどうかが大きなポイントです。

また、志望動機として会計で必要な知識や経験をしっかりと書けることがアピールになります。会計の仕事は専門的な知識や経験が必要となる業務があります。

してはいけない志望動機の書き方

してはいけない会計事務所の志望動機としては、ある特定の業務のみをしたいといった内容の志望動機はさけた方が良いでしょう。また、他の人が記載すると思われる一般的な志望動機も良くないです。

一般的な志望動機を会計事務所に送ると採用担当者は、あなたの事を覚えてくれないでしょう。あくまでも自分らしい印象に残る内容の志望動機にすれば、採用担当者も最後まであなたの志望動機を見てくれます。また、資格だけはアピールしたような内容の志望動機も良くないでしょう。

会計事務所の場合未経験でも採用するケースがあります。そのような事を考えてみると資格を取得していることだけがアピールできる内容ではないです。言い換えれば、あなたのもっている知識がやる気、経験などをどのように活かして会計事務所で仕事ができるかが重要です。

インパクトのある会計事務所の志望動機

インパクトのある会計事務所の志望動機としては、「私は計算が得意で理系の大学出身ですが、どのような複雑な計算も迅速に確実に行う業務を会計事務所でしたいと思い御社を志望しました」となります。

このような内容であれば、採用担当者も理解をしてくれるでしょう。特に計算が得意であることは会計事務所の仕事の中で大切なことでもあります。たしかに資格をもっている人は、アピールになる点がありますが、志望動機で自分は計算が得意であると言える人は強いでしょう。

また、さらにインパクトのある内容の志望動機を記載したい時は、将来のことを考えて資格取得の勉強をしていきたいといった内容も志望動機に入れても良いでしょう。

志望動機例文

会計事務所の志望動機例文としては、採用担当者が記載した求人内容を良く理解することが大切です。内容として、未経験でも応募可と記載があれば、志望動機の書き方はより柔軟なものになります。

具体的には、「以前からお金の計算をしたり家計簿をつけることが好きで、これから専門的に勉強して資格を取得し、会計事務所で業務をしたいと思い御社を志望しました」となります。このような内容であれば、自分の会計事務所に対する積極性がしっかりと記載されています。

未経験でも応募可ということは、よりアピールできる内容がある人は、志望動機が多少長くなっても書いてみると効果的です。

志望動機のポイントとは

会計事務所の志望動機のポイントとは、なぜ会計の仕事がしたいのかが明確に志望動機で書かれていることが大切です。会計の仕事は想像している以上にお金を取り扱う仕事なので、シビアな業務になります。

その点をよく理解していないと志望動機もしっかりとしたものにはならないでしょう。場合によっては、計算が合わないような時は残業をして夜遅くまでチェックすることになります。最近では色々なソフトで会計の事務処理が簡単にはなってきていますが、最終的には人が確認して問題ないことを確認します。

すこしでも会計上おかしなところがある場合は、しっかりと原因を追究して上司にも説明できることが大切です。志望動機ではこのようなシビアな仕事である会計に対しての自分の思いを言えると好印象でしょう。

会計事務所の志望動機の注意点

会計事務所の志望動機の注意点としては、なぜ他の会計事務所ではなくて応募している会計事務所なのか記載できると良いです。そのためには、応募している会計事務所の求人とホームページなどを見て情報収集することからはじまります。

情報収集することで、より具体的に応募している会計事務所についてイメージできるようになり、より志望動機にも説得力が出てきます。また、情報収集することで人とはちがった視点で志望動機を記載できるのでアピールにもなります。

採用担当者は、自分の事務所についてよく調べている応募者に対しては好印象でよいイメージをもってくれるでしょう。

会計事務所の履歴書

履歴書の会計事務所における志望動機は、限られたスペースでいかに自分のやる気を志望動機として記載できるかが重要になってきます。もしも、会計事務所における経験がある人でもその応募している会計事務所に対する志望意欲が伝わらなければ意味がありません。

逆に未経験であっても、応募している会計事務所に対する気持ちが伝わる志望動機であれば評価されます。具体的な例文としては、「御社のようなお客さも一番に考える会計事務所で会計の仕事をしたいと思い御社を志望しました」となります。

このような志望動機であれば、採用担当者もあなたにどの程度の志望意欲があるか質問したくなるでしょう。そのような志望動機を記載して面接でもさらに自分の志望意欲を伝えることができれば好印象です。

他の人と違った会計事務所の履歴書

他の人と違った履歴書の志望動機としては、他の業界から会計事務所を志望する時に、業界が違っても共通点を見つけてその点を志望動機として記載する方法があります。

例えば、「前職での医療事務の経験を活かして正確で迅速な事務処理の仕事を会計事務所である御社でしたいと思い志望しました」などがあります。共通点を上手に見つけることができたら、志望動機も書きやすいです。他の人と違った経験のある人は、このような視点にたって柔軟に志望動機を記載できれば印象が良いでしょう。

また、他の人と違った志望動機を書きたい時は、事前に会計事務所に電話して情報収集して自分なりに会計事務所のイメージをつくり、それを志望動機の記載で上手に使うと、自分だけの志望動機になります。その情報が電話した時の応対が良かったなどの基本的なことでも良いです。

採用担当者の履歴書の見方

採用担当者の履歴書の志望動機の見方は、その会計事務所によって異なりますがあなたの経験によってだいぶ変わってきます。未経験でも応募できる会計事務所の仕事では、経験よりも今後の成長を期待しているので、志望動機も前向きな姿勢が必要となります。

志望動機として未経験の人は、会計に関する資格を取得して事務所の中で戦力になれるように頑張るといった内容を記載すればより好印象です。それに対して経験のある人は、今までの経験をどのように活かして会計事務所での仕事をするかがポイントです。

経験があるということは、最初から待遇の良い場合がありそのため仕事でも要求されることが高いでしょう。経験があると記載する以上は、会計事務所の場合は特に基本的な仕事ができることが望まれます。

会計事務所の面接カード

面接カードにおける志望動機の記載は、基本的に履歴書の志望動機と同じように書ければ良いでしょう。ただし、面接カードの志望動機の記載について何らかの指定があった場合は、そのことに従った内容である必要はあります。

例えば、より具体的に志望動機を記載してくださいとあった場合は、指示どおり詳細な志望動機を記載しましょう。面接カードの志望動機例文としては、「今までの会計の経験を活かして、今後事業を拡大する予定の御社で戦力として働きたいと思い志望しました」などがあります。

ポイントとしては、会社の状況などの情報をもとに自分の志望動機を作成することがあります。こうすることで、採用担当者は親近感をもってくれて印象が良いです。

次のページ:会計事務所の面接時

初回公開日:2018年04月20日

記載されている内容は2018年04月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests