Search

検索したいワードを入力してください

地方公務員志望動機の例文|経験の有無・職種別の書き方と注意点

更新日:2020年08月20日

地方公務員の志望動機を書こうとしても上手くかけないことありませんか?面接でも注意点はわかりますか?地方公務員は一般企業とは違うものなので志望動機もしっかりと考える必要があります。今回は志望動機や履歴書の書き方、面接での注意点についてご紹介していきます。

県庁

地方公務員の県庁は、市町村区では解決できない難しい問題や国と市町村区との橋渡しをする役割があるので、そのことを志望動機に盛り込みます。地域との関わに携わりたいだけでは初級の志望動機と同じになってしまうで、県庁の場合は他の都市との連携を図りながらこの県の発展を促したいというように広範囲での視野でとらえましょう。

栄養士志望

地方公務員の栄養士といえば健康管理が主な仕事となります。病気の人から、子どもや高齢者などさまざまな人と関わる仕事です。

例えば子どもに関わることでしたら、現在アレルギーの子どもが多くなってきています。「少しのアレルゲンでも死亡を引き起こす可能性のものもあるので、そのことに関する危険性もきちんと管理したいです」というようにしましょう。

高齢者に関わることでしたら、高齢者の栄養相談にのったり、健康な人も元気で生き生きと暮らせるまちにしてきたいです。と地方公務員の栄養士として自発的に地域を盛り上げていくことをアピールしましょう。

自信を持って地方公務員の試験を受けましょう

今回は地方公務員の志望動機、履歴書の書き方や面接の注意点などをご紹介しましたがいかがでしたか。地方公務員の経験があってもなくてもしっかりと志望動機を考えることができます。また地方公務員の中でもさまざまな職種があるので自分には何が向いているのか考えて決めましょう。自分がしてきた経験をもとに志望動機を絞り出し、自信をもって試験に備えましょう。

初回公開日:2017年10月25日

記載されている内容は2017年10月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests