Search

検索したいワードを入力してください

JR東日本の志望動機の例文|プロフェッショナル・書き方のコツ

更新日:2020年08月20日

今回は、JR東日本の志望動機について紹介しました。JR東日本の志望動機は、例としてキーワードをもとに紹介しています。JR東日本のさまざまな職種についてや、プロフェッショナル採用や、ポテンシャル採用の違いなどについても前半に紹介しています。

JR東日本の志望動機の例文

JR東日本は、東北エリア一体ではかなり優良な企業です。そのため、東北全体だけでなく関東の方からも受験したいという方も多く、今後の東北地域の発展性を考えると将来性もある企業となります。

そんなJR東日本への就職を考えた際、最も必要になってくるのは「志望動機」です。JR東日本からしても志望動機がはっきりとしており、なおかつそこに熱意を感じれば「採用してみたい」という気持ちになるでしょう。そのため、今回は、JR東日本の志望動機について紹介していきます。

プロフェッショナル採用

プロフェッショナル採用は、一般職での採用になります。ここでは、JR東日本の中核を担う人材を育成していきます。職種は5つに分かれており、その内の一つを選んで応募することになっています。職種としては「駅・乗務員」「列車制御システム・エネルギー・情報通信」「車両・機械」「保線・土木・通信」「建築」に分かれています。

プロフェッショナル採用の場合は、志望動機としては仕事内容が違うため、職種によって変わってきます。志望動機の例としては、プロフェッショナル採用への応募者の場合「幼い頃から」といったフレーズなどで、昔からJR東日本に入りたかったことをアピールするエピソードを話していました。

また、プロフェッショナル採用の場合、お客様と身近な職場で働くようになることが多いため、内容もそうしたお客様と同じ近い感覚で志望動機を書いている人が多い印象でした。

ポテンシャル採用

JR東日本には、もう一つ「ポテンシャル採用」というものがあります。こちらは、総合職での採用となっています。そのため、幅広い業務を請け負い、JR東日本エリア全域で活動する可能性があります。こちらは総合職となっていますが、JR東日本の場合は、プロフェッショナルとポテンシャルにはっきりとしたキャリアの差はないと言われています。

そのため、ポテンシャル採用の志望動機としては、JR東日本の有数層になるための志望動機というよりは、プロフェッショナル採用と比べて「全体を俯瞰する能力」などを見ているため、そちらを意識する方がいいでしょう。また、プロフェッショナル採用と同じく「お客様と関わりたい」という意識が入った志望動機がいいでしょう。

社会人採用

社会人採用の方の場合、一度他の職業に就職してからJR東日本に入りたいと考えたのですから、どうして入りたいと思ったのかに対しての「熱意」が伝わる志望動機であることが重要です。そして、社会人採用の場合、すでに「職業経験」があることが前提となっている場合も多く、志望動機にはそうした前職に関するアピールポイントを混ぜると効果的でしょう。

社会人採用の志望動機の例としては、運転士であれば「色々な場所へ赴き仕事がしたい」「昔からの憧れ」「人の役に立つ、感謝される仕事がしたい」といったものがあります。

職種別でのJR東日本の志望動機の例文

ここからは、職種別のJR東日本の志望動機の例文を紹介していきます。

グリーンスタッフ

グリーンスタッフは、駅構内で働いているスタッフのことで、見かけたことのある人も多い立場の職業です。そのため、志望動機としてはそうした「身近な仕事」であることへの理解が感じられるものがいいでしょう。

例えば「いつも見かけるグリーンスタッフさんが素敵だと思いました」といった率直な憧れを述べても悪い印象にはなりません。また「人と関わることが好きであること」「綺麗好き・掃除好き」であるといったことなどを挙げている方もいました。

一人一人のお客に丁寧に思いやりを持って対応できるという印象を、JR東日本の採用者に与えられるような志望動機にするのがいいでしょう。

駅乗務員

駅乗務員と言えば、グリーンスタッフと同じく非常にお客との関わりが多い職種です。電車を選んでわざわざ乗る人は、電車の安全性や利便性というようなさまざまな理由があり、プロとして対応ができるかどうかというのが大変重要です。そして、それを成し遂げられるだけの熱意を伝えなくては、JR東日本に採用されることはありません。

志望動機の例としては「鉄道に関してはイベントに多く参加していて、マニアレベルで詳しい」といった鉄道に対しての熱意を伝え、具体的にそれらをお客に対してどう実践して応用していくか、といった内容がいいでしょう。

生活サービス

生活サービスの志望動機としては、大学時代のベンチャー企業のアルバイト経験を基に、業務内容に活かしていきたいといった内容のものがありました。こちらでは「主体的に取り組む」ことと「新しいものに挑戦」したという経験を基に、それらをJR東日本でも活用していきたいということが主体となって書かれていました。

このように、生活サービスは新しい事業やサービスを開拓していく業務のため「主体的で目的が明確」「新しい」といったワードを使って志望動機を書いている場合が多いことが分かりました。

鉄道事務

次のページ:転職で有利になるJR東日本の志望動機の書き方のコツ

初回公開日:2017年11月03日

記載されている内容は2017年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests