Search

検索したいワードを入力してください

設備管理の志望動機の例文|未経験/経験者/新卒・注意点

更新日:2020年08月20日

設備管理の志望動機とはどのようなものでしょう。色々なケースに対して志望動機の例文を記載してみましたの、設備管理の志望動機の記載で困っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。また、設備管理の志望動機のポイントも簡単にまとめてみました。

設備管理の志望動機の例文

設備管理の志望動機とは他の職種と比べてどのように違うのでしょう。実際に経験したことのある人はより具体的な志望動機を記載することができますが、未経験の方は設備管理という仕事をどのように考えるかで志望動機も変わってきます。

志望動機を記載する時の注意事項としては、なぜ設備管理に興味があるのかや資格取得に対して積極的であることがポイントです。資格については、設備管理はさまざまなプラントや機器、機械の管理をする関係で資格が必要な仕事です。

仕事内容によってはたくさんの資格をもっていると有利になる設備管理の仕事もあり資格取得を積極的にしたいと志望動機で記載すれば好印象です。

未経験の志望動機

未経験の人の志望動機としては、他の仕事ではなくて設備管理を志望している理由を明確にすることです。志望動機例文としては、

「幼少の頃から興味のあった設備管理の仕事について、資格取得をしながら設備管理の現場で仕事をしたいと思い御社を志望しました。」

となります。設備管理の仕事は現場で行う仕事なので、現場で働きたいと記載すれば採用担当者も理解してくれます。また、応募する求人内容をみて自分との接点を見つけたら未経験者でも意外と志望動機をしっかり記載できます。大切なことは採用担当者に興味をもってもらえるような志望動機にすることです。

経験者の例文

経験者の設備管理の志望動機としては、自分の経験をどのようにして活かして仕事をしていくかを具体的に記載できると良いです。例文としては、

「プラントに関する設備管理の経験を活かして、問題が起きる前に必要なメンテナンスなどを行う設備管理の仕事を御社でしたいと思い志望しました。」

となります。設備管理の仕事は色々な機器や機械が相手であるのと、人に影響が出てはいけない仕事です。そのため、問題が発生する前に処置できる設備管理のスタッフは会社でも貴重な戦力となります。そのあたりを志望動機でいかにして記載するかで他の応募者とは違った志望動機になるでしょう。

新卒の志望動機

新卒の設備管理の志望動機としては、どのような勉強を学生の時にしてきたかが関係してきます。例えば、機械系の勉強をしてきた学生であれば志望動機は書きやすいでしょう。志望動機の例文としては、

「大学で勉強してきた機械に関する知識をベースに設備管理に関する勉強をして一日でも早く現場で活躍できる設備管理のエンジニアになりたいと思い御社を志望しました。」

となります。また、面接ではこのような志望動機を記載した場合、資格取得には興味があるかも聞かれますが、その時は一つでも多くの資格を取得したいと言えば採用担当者も高評価です。

職種別での設備管理の志望動機の例文

職種別の設備管理の志望動機は、応募している職種でどのような経験と知識を必要とするかがポイントです。設備管理の仕事の特徴として、どのような設備に携わるかで必要とされる経験が違ってきます。

例えばボイラーを中心に設備管理してきた人は、プラントの設備管理に転職する場合は、新しく勉強することもあるでしょう。また、同じような職種の設備管理に転職する場合は、そのまま知識と経験が活かせるのも設備管理の特徴です。

志望動機としては、このあたりの自分の知識と経験の範囲をしっかりと把握して応募している仕事とどう違うのかを理解して記載しましょう。

病院の志望動機

病院の設備管理としては、病院ならではの管理について知っておく必要があります。病院は患者が入院していて常に電気を供給できる必要があります。仮に停電した場合は、患者の命に関係するような事態も想定されます。

そのため、設備管理の中でもシビアな仕事であると言えますが、実際には普段の設備に関する地道なチェック作業が多くあります。常に集中して病院の設備に関して動作チェックなどをしっかりできる必要があります。志望動機としては、

「病院というしっかりとした設備管理を必要とされる場所で、設備管理のスタッフとして一つ一つ確実に業務を遂行したいと思い御社を志望しました。」

となります。

ホテルの例文

ホテルの設備管理は、特にお風呂のためのボイラーのチェックなどがあります。また、各部屋に電力を供給している電気系統やさまざまな配管などの確認があります。この職種でも常にホテルは普通に営業できているのが当たり前なので、事前に設備に関する問題を解決できることが必要です。志望動機例文としては、

「お客様の立場にたって、常に快適なホテルとしての環境を提供できる設備管理の仕事をしたいと思い御社を志望しました。」

などがあります。このような志望動機を記載した場合、ホテルの設備についてどの程度理解しているかなどについて面接で質問されることもあります。

工場の志望動機

工場の設備管理の志望動機としては、他の設備管理とは少し違う事があります。工場などでは電力をかなり使用するところもあり安全確認などがとても重要になります。また、大規模な工場などでは、たくさん危険な場所もあり歩くだけでも注意が必要です。

このような工場の環境で設備管理の仕事をする必要があるので、志望動機もしっかりとしたものが好ましいでしょう。例文としては、

「さまざまな製品を製作している御社の工場内で、他のスタッフが安心して工場内で作業ができるような設備管理の仕事をしたいと思い御社を志望しました。」

などがあります。

設備管理の志望動機の書き方や注意点

設備管理の書き方としては、最初の自分の経験などを入れると良いでしょう。その後に、その経験をどのように活かして仕事をしたいか記載することです。他の注意点は、経験のない方でも求人内容を良く読んで自分との接点を見つけることです。

全く接点がない人は少ないので、その点について志望動機で記載して上手に採用担当者に理解してもらえるような文章にすることが大切です。求人内容に未経験者も可と記載されている場合は、未経験であることは気にする必要はありません。自分の持っている能力を志望動機でどのように表現できるかがポイントとなります。

履歴書の注意点

設備管理の仕事の履歴書の志望動機は、とても短いものになってしまいます。非常に記載できるスペースが限られているので工夫することで良い志望動機を記載しましょう。また、志望動機のポイントをいくつかに絞ってまとめた形で志望動機を書ければ良いです。

あとは、常識的なことになりますが誤字脱字には注意することです。設備管理の仕事は注意力が必要な仕事なので誤字脱字があると印象が悪いです。

次のページ:転職での設備管理の有利になる志望動機の書き方

初回公開日:2017年11月06日

記載されている内容は2017年11月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests