Search

検索したいワードを入力してください

履歴書の希望職種と理由の書き方・希望職種がない場合の書き方

更新日:2020年08月20日

履歴書の希望職種の書き方とはどのようなものでしょう。また、希望職種がない時の書き方も困る人はいます。そのような時に参考になるような記事を書いてみたので見てみて下さい。採用担当者がどのような視点で希望職種をみてくるか理解できれば良いです。

履歴書の希望職種の書き方

履歴書の希望職種の書き方は、基本的に素直に記載して良いでしょう。採用担当者がいくつか職種を絞ってくる時は、その中で自分の希望するものを選べば問題ないです。履歴書に実際に書くときの注意点としては、本人希望記入欄などに記載すると良いです。

また、内容としては営業を希望しますと書けばそれで良いです。基本的に、希望職種に関しては面接などでお互い話し合って決めることでもありますが、履歴書に記載した希望職種は変えない方が良いです。

特に理由がある場は、希望職種を変えることがありますが、履歴書に記載した希望職種を軸にして進めるのが普通の就職活動です。

一覧の書き方

希望職種の一覧の記載方法としては、一番上に自分が一番希望している職種を書きます。その下には、2番目に希望している職種を記載しれば問題ないでしょう。会社にもよりますが、多くても第3希望くらいまでの希望職種を記載するように指示がある時があります。

どうしても自分で複数の希望職種に絞ることが難しい時は、電話などで採用担当者に聞いてみるのも良いでしょう。多くの場合、希望職種は「参考程度に見るだけなので気にしないで下さい。」と言われます。

また、どれを第1希望にするかを決める事が非常に難しい時もあります。このような時は、面接の時などにその旨話すことが大切です。

複数について

希望職種を複数記載する時は、自分の興味のある希望職種について広くとらえて書くと良いです。あまり選びすぎても問題があり、多めに記載しておけば後で後悔することも少ないです。ただし、面接の時に記載した内容について聞かれることも多々あるので、それらに対して答えられるようにしておきましょう。

どのような種類があるか

それでは、希望職種とは具体的にどのような職種があるでしょう。一般的なメーカーなどであれば、営業、設計、品質管理、製造加工などになります。また、航空会社などでは、メンテナンス、キャビンアテンダント、パイロットなどになります。このように、たくさんある職種の中から自分が希望する職種を選ぶことは非常に難しいです。

また、限られた情報の中で希望職種についてイメージすることも大変です。自分の学校の先輩などがいる会社であれば、直接に連絡してみて色々聞いてみるのも良いでしょう。就職活動では時間がない時が多いですが、そういった情報を収集する姿勢はとても大切です。

情報収集をしっかりすれば、面接でもその情報をもとに良い回答ができます。まったく情報がない人は何を話して良いかわかりません。

封筒に関して

希望職種を記載した書類を封筒に入れる時は、履歴書であれば履歴書在中と記載しましょう。理由としては、会社には色々な書類が郵送されてきますが、履歴書のような重要な書類については相手に開封する前に知らせる必要があります。

こうすることで、相手である採用担当者に間違えなく届くことができるのと、自分自身も安心して送ることができます。また、希望職種について記載した履歴書を郵送する際は、個人情報もあることから、封筒の裏には必ず自分の住所、名前、郵便番号などは書きましょう。もしも封筒が届かない時には、自分のところに戻ってくるようにした方が安全です。

希望職種の理由の書き方

希望職種の理由の書き方としては、率直に書いて問題ないです。例えば、営業を希望しているならそのように記載しましょう。また、いくつかの職種で決めかねている時は、複数書いても良いです。そのような時も、一番上に第1希望の職種を書くようにすると良いです。

理由の書き方としては、営業であれば「今まので経験を活かしてお客様の喜ぶような営業をしたいと思い希望しています。」と記載しましょう。希望職種の理由の書き方としては、あまり長い文章にする必要はありません。短めの文章で要点を記載していれば相手に伝わります。

アルバイトの場合

アルバイトの場合の希望職種の理由の書き方としては、スーパーのレジであれば、なぜレジのアルバイトを希望しているのか具体的に記載すると良いでしょう。例えば「スーパーのレジなどの仕事を以前からしたいとおもっていたのでレジを希望します。」となります。

これは、短か過ぎるのではないかと思われがちですが、実際にはこれくらいの文章で大丈夫です。アルバイトの場合は、大切になってくるのが採用担当者側が探している人のイメージに近い人であることが重要です。

そのため、希望職種の理由を記載して、その内容について面接で聞かれたらしっかりと答えることがポイントなのと、採用担当者がイメージしている人にできる限り近づけるようにすることです。

コンビニのケース

コンビニの応募で希望職種の理由を記載した時は、本当にコンビニのレジでやっていけるのかを確認してきます。それは、レジ打ちを覚えられるかという事を気にする採用担当者もいれば、立ちっぱなしの仕事でも大丈夫であるかを気にする場合もあります。

そのため、レジを希望する時に理由としては「接客が好きコンビニのレジ打ちを通して多くのお客様に挨拶をするようなアルバイトをしたいと思い希望しました。」となります。コンビニは、想像以上に忙しい仕事であり、レジ打ち以外でも仕事をしなくてはいけないので、面接でそのような事について聞かれても柔軟に対応できる必要があります。

就活の時

就活の時の希望職種の理由の書き方としては、実際に自分が希望している職種についても問題ないか考えることが大切です。記載した希望職種は、採用の最初の段階から採用担当者がとても参考にする情報です。その希望職種の理由の書き方もとても大切です。

ポイントとしては「大学で勉強してきた事についてさらに勉強して、商社の営業マンとして仕事をしたいと思い営業を希望しています。」となります。大切なことは、採用過程の全般で希望職種の理由に一貫性があることです。もしも、面接の度に希望職種の理由が変わるようでは信頼されません。

HISの理由の書き方

HISの希望職種の理由の書き方としては、お客様とコミュニケーションをとるのが好きであることや、色々な場所にいって仕事を外でするのが好きであるような理由が必要になります。特に旅行関係の仕事では、お客様と外で一緒に行動することが多くあります。

このような仕事の場合、朝も早くから準備をしたりさまさまな仕事に対する能力が必要とされます。ですので、基本的に希望理由の書き方としては「もともと旅行が好きで、お客様と色々な旅先で一緒に楽しめるような添乗員の仕事がしたいと思い希望しています。」となります。

次のページ:ホールの書き方

初回公開日:2017年11月16日

記載されている内容は2017年11月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests