Search

検索したいワードを入力してください

履歴書の茶封筒でもいいのか・書き方・失礼になるのか|郵送

初回公開日:2018年02月07日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

履歴書を送付する際に茶封筒を使用してもいいのでしょうか?就活では企業に履歴書を送らなければならない機会も多く、その際には封筒を使用しなければなりません。今回は就活の履歴書に茶封筒は使用できるのかどうかについてご紹介します。

履歴書は茶封筒でもいいのか?

就活では履歴書は絶対に必要なものであり、選考を進めるためには履歴書を提出しなければなりません。履歴書の提出方法はさまざまあり、企業によって指定されている方法は違いますが、履歴書を渡す場合には履歴書だけではなく、封筒が必要になります。

履歴書だけを渡してしまうと失礼になってしまう可能性がありますし、方法によってはそもそも封筒だけでは提出ができない場合もあります。就活では履歴書と封筒が必須のものですが、封筒と一口に言ってもさまざまです。

封筒と聞いてイメージされやすいのが茶封筒ですが、これを就活で使用できるのか悩んでいる人は多いです。就活では茶封筒を使用して履歴書を提出しても問題はないのでしょうか。

郵送・送付

履歴書を提出する方法としては、封筒に入れて郵送などで送付が考えられますが、この場合は茶封筒を使用しても問題はありません。履歴書を提出するためには封筒は絶対に必要なものであり、封筒がなければ履歴書を送ることはできません。

そのため封筒はあくまで履歴書の入れ物として考えられている場合が多く、茶封筒を使用したからといってマイナスの印象を与えることはありません。茶封筒でも履歴書を郵送することはできますので、その他の郵送時のマナーなどを間違えないようにして、マイナスの印象を与えることなく企業に履歴書を送付していきましょう。

手渡し

履歴書の提出方法としては、郵送だけではなく企業に持参して直接手渡しをする場合もあります。この場合も茶封筒を使用しても問題はありません。手渡しの場合も封筒は単なる入れ物としてしか考えられていない場合が多く、茶封筒を使用したからといってマイナスの印象を与える心配はありません。

また手渡しする場合は、大抵の場合で封筒から出して、中身の履歴書のみを提出します。受付で提出する場合などは封筒ごと渡す必要がありますが、面接官に直接渡す場合は中身だけしか渡しませんし、封筒はそれほど重要視はされていません。手渡しの場合でも茶封筒は使用可能ですので、自宅に茶封筒があればそれを使用するようにしましょう。

履歴書の茶封筒での書き方は?

履歴書を企業に提出する際には茶封筒を使用しても問題ありませんが、単に茶封筒に入れているだけでは企業に提出することはできません。郵送の場合は封筒に必要な事項を記入しておかなければ、企業のもとへ届けることはできませんし、手渡しの場合でも封筒が無記名ではマイナスの印象を与えてしまう場合もありますので注意しましょう。

渡し方に関わらず、基本的には封筒には必要事項がありますので、それを忘れずに記入しておかなければなりません。茶封筒を使用している以前に、封筒の書き方が間違っていれば印象は悪くなりますし、企業のもとに正しく届かない可能性があります。封筒の正しい書き方を理解して、企業に上手に履歴書を提出していきましょう。

履歴書在中

履歴書を入れた茶封筒には、必ず履歴書在中と赤字で記入しておく必要があります。これは履歴書が中に入っていることを示すためのもので、これを書いておくことで履歴書が必要な部署へと素早く確実に届けることができます。

履歴書在中と記入していなければ、中身を開封して確認してから人事部などに回されることになりますし、一度開封していることで、中身が紛失してしまう可能性があります。目立たせることが大切ですので、履歴書在中は必ず赤文字で書くようにし、赤線で四角く枠を作って囲うようにしましょう。

また茶封筒の中身が履歴書だけではなく、他にも書類が入っている場合は、応募書類在中など文言を変えるのもおすすめです。

表面

履歴書の茶封筒の表面には履歴書在中と記入することが大切ですが、それだけではなく企業の住所や送り先の部署などを記入しておかなければなりません。郵送の場合はこれらがなければ履歴書を届けることができませんので、必ず記入し、間違えることのないようにしなければなりません。

また住所は郵便番号から必要になりますので、郵便番号も忘れずに記入しておきましょう。企業の宛先を記入する際の注意点は、敬称を間違えないことです。最終的な送り先によって御中と記入するのか、様と記入するのかが違っています。グループ宛てになる場合は御中、個人に宛てる場合は様となりますので、敬称も間違えずに記入していきましょう。

裏面

履歴書を入れた茶封筒は表面だけではなく、裏面にも記載しなければならないことがあります。裏面には自身の情報の記載が必要であり、名前や住所、所属している学校名などを記入しておかなければなりません。

表面の宛先が合っていれば裏面の記載がなかったとしても、企業のもとには届きますが、送り主の情報が記入されていないのはマナー違反となり、マイナスの印象を与えてしまいますので注意が必要です。

せっかく企業に届いても印象が悪くなってしまいますし、選考でも不利に働いてしまいます。茶封筒の書き方によってマイナスの印象を与えてしまうと、中身の履歴書そのものの評価も下げられてしまう可能性がありますので、裏面も忘れずに書くようにしましょう。

履歴書の茶封筒での送り方は?

履歴書の茶封筒でもいいのか・書き方・失礼になるのか|郵送
※画像はイメージです

履歴書を茶封筒で送る場合は、その送り方にも注意しなければなりません。郵送と一口にいってもさまざまな方法がありますし、利用できるサービスはたくさんあります。送り方によっても与える印象が違ってくる場合もありますし、細部まで注意を払うことが大切です。

就活ではさまざまな評価の積み重ねによって合否が決定しますので、少しでも加点を狙うためには、細部までこだわりを見せることが大切です。茶封筒の送り方を知って、履歴書の送付で好印象を獲得しましょう。

普通郵便

履歴書を茶封筒で送る場合は、基本的には普通郵便でも問題はありません。普通郵便は茶封筒に送り先の住所を記載し、切手を貼ればポストに投函することで送ることができます。封筒のサイズや重さによって必要な料金は異なりますので、送付前には必ず料金を確認しておきましょう。

料金が間違っていれば企業のもとには届きませんし、仮に届いたとしても不足分を企業が負担することになってしまい、印象が悪くなってしまいます。切手の料金について不安な場合はポストに投函するのではなく、窓口を利用するのもおすすめです。

窓口であればその場で必要な料金分の切手を貼ってもらうことができますし、指定された金額を支払うことで確実に履歴書を送付することができます。

速達

履歴書の送り方としては普通郵便以外に速達も挙げられます。普通郵便であればポストに投函してから企業のもとに届くまで数日かかりますが、速達であれば早ければ当日、遅くても翌日には企業のもとに届けることができます。

履歴書は提出期限が設けられていることも多いですし、普通郵便が間に合わない場合は速達を利用して履歴書を送るようにしましょう。速達の場合は茶封筒への書き方も違っていますし、料金も上乗せして必要になりますので、不安がある場合は窓口でお願いするようにしましょう。

もちろん正しい書き方で料金もあっていればポストに投函でも速達で届けることができます。窓口が空いていない場合などは、ポストに投函して出しましょう。

速達は印象が悪い場合も

速達は素早く履歴書を企業のもとに届けることができますし、提出期限ぎりぎりの場合でも間に合わせることができます。しかし速達を使って履歴書を送付することで、そそっかしい印象を与えてしまい、それがマイナスの印象につながってしまう場合もあります。

速達は料金も上乗せして支払わなければなりませんし、マイナスに働いてしまう可能性もありますので、基本的には普通郵便で提出し、どうしても間に合わない緊急時のみ速達を利用するようにしましょう。

就活を有利に進めるなら

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」
「面接でなんて話せば合格するんだろう」


そんな人におすすめなのが「就活ノート」

無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり!

大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です!

登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

Latests