Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月23日

履歴書の職歴が書ききれない場合の対処法・別紙に書くべきか

多くの仕事を経験してきた方などは「履歴書の職歴が書ききれない」ということもあり得ない話ではありません。そのようなときどう対処すべきか悩んでしまいまう方もいるでしょう。具体的な対処法や状況別の対処法などをまとめましたのでぜひ役立ててください。

履歴書の書き方の基本をおさえよう!

履歴書は、就職や転職、パート・バイトの面接などで面接官に自分を知ってもらうための大事な書類です。今回は履歴書を記入する際の職歴が書ききれない時の対処法などを紹介しますが、その前に「学歴・職歴」欄の基本的な記入方法について、まずは確認しておきましょう。

学歴・職歴共通ポイント

  • 年に関しては西暦・元号どちらでもいいが、履歴書内全て統一すること

学歴の書き方

まず学歴に関してですが、履歴書では学校名は略さず正式名称を記入します。「高校」は略式になるので「高等学校」となります。また専攻やコースなどがある場合はそこもしっかり記入しましょう。

履歴書には基本的に入学と卒業を記載しますが、その際「同上」は使ってはいけません。

職歴の書き方

履歴書では職歴は、過去から順に時系列に合わせて記入します。現在の勤務先の退職日が決まっている場合は「退職予定」と記載しましょう。職歴の最終行には「現在に至る」、そして右寄せで「以上」と記載します。

職歴が書ききれないときの対処法は?

履歴書の職歴が書ききれない場合の対処法・別紙に書くべきか

転職が多かったり、派遣社員をしていたという方などの中には、履歴書で職歴が書ききれないという方もいるでしょう。そんな職歴が書ききれないという方は記入方法を考えなくてはいけません。

職歴が書ききれない時に、どのような対処法があるのか具体的に紹介しますので参考にしてください。

用意する履歴書を考えよう!

履歴書には複数の種類があります。まず職歴が多くて書ききれない方は行の多い履歴書を選ぶことで書ききれないといことが解決される場合もあります。

職歴が書ききれないという場合は、その点を踏まえ履歴書を用意する際に学歴・職歴の行数の多い「転職用」のものを用意するようにしましょう。

パソコンで作成するのも方法の1つ!

現在はパソコンからテンプレートをダウンロードして履歴書を入手する方法もあります。しかし、フォーマットであるものでは職歴が書ききれないという方は、自分で編集したり、作成して自分に合った形の履歴書を作成するという方法もあります。

学歴を調整しよう!

履歴書で職歴を書ききれない場合、学歴・職歴欄の調整をするためにまずは学歴欄を調整しましょう。余分な学歴を省略することで職歴欄を確保します。

また転職者などの場合、新卒者のように中学卒業から記載する必要はありません。最終学歴の一つ前から記載すればいいので、専門学校や大学が最終学歴の場合は高校卒業から、高校が最終学歴の場合は中学卒業からの記載しましょう。

職歴を調整しよう!

履歴書では、職歴は基本的に「平成〇〇年〇月 株式会社 入社」「平成〇〇年〇月 株式会社〇〇 退社」と2行に分けて記載します。しかし職歴が書ききれない場合には「平成〇〇年〇月 株式会社〇〇 入社 (平成〇〇年〇月 退社)」と1行にまとめて記載することも可能です。

また、全て書き終えたあとの「現在に至る」と「以上」は同じ行に記載しても問題ありません。

職務経歴書を作成するのも方法の1つ!

職務経歴書は企業に履歴書と共に提出を求められることがあります。また履歴書で職歴を書ききれない際にも、職務経歴書を作成して提出するのも手段の1つです。作成する場合は後ほど書き方などを紹介しますので参考にしてください。

履歴書の職歴が書ききれないとき省略してもいいの?

履歴書の職歴が書ききれない場合の対処法・別紙に書くべきか

履歴書において職歴を書ききれないからといって職歴を省略することはしてはいけません。学生時代のアルバイトなどは省略しても大丈夫ですが、正社員での職歴は勤務期間の長さに関わらず全て記載します。

書ききれないからといって履歴書などで職歴を省略したり、日付を改ざんするのは「経歴詐称」になるので職歴はしっかりと記載しましょう。

履歴書の職歴が書ききれないときは別紙に書くべき?

先ほども少し触れましたが、履歴書に職歴を書ききれない時に職務経歴書で対応するのも1つの方法です。転職の希望職種と関係の深い職歴がある方などは職務経歴書で過去の実績などをアピールすることができるので職務経歴書を利用する方が良いでしょう。

職歴が書ききれなくて職務経歴書を作成するという方のために、簡単にですが、職務経歴書の書き方などについてまとめましたので作成する際の参考にしてください。

職務経歴書はパソコンで!

職務経歴書は履歴書と比べて、記入する量も多くなります。パソコンで作成した方が書き損じなどをしてしまった際の修正も容易ですし、表組みや罫線などを活用して見やすく作成することができます。

文字のフォントは「明朝体」を使用するのが無難です。印刷する際はA4の白無地の用紙を使用します。作成に使うソフトはWordをおすすめしますが、メールで添付して送る場合は、PDF形式に変換したファイルを添付しましょう。

職務経歴書は1~2枚がベスト!

職務経歴書は何枚でないといけないなどのきまりがありませんが、2枚以内に収めるのが理想です。人事担当の人も、枚数が多くなるとそれだけ見るのが大変になります。

しかし履歴書に書ききれなくて職務経歴書を作成する場合キャリアの長さや経験などによってどうしても枚数が増えてしまうという場合もあるでしょう。そんな方でも5枚以内には収めるようにしましょう。そして内容は相手がわかりやすいくまとめるよう注意が必要です。

職務経歴書に書くべき内容は?

職務経歴書に記載する内容はだいたい決まっています。人事担当の方などに、あなたが今までどんな仕事をしてきて、今後仕事を任せても大丈夫かなどを判断できるような内容になるよう意識して作成しましょう。

職務経歴書に記載する内容をまとめましたので、参考にしてください。

項目内容や注意点
タイトル・氏名・日付などタイトル「職務経歴書」は太字にします。日付は提出する日を記載します。和暦・西暦はどちらでも構わないが書類内は統一します。氏名は右詰で姓と名の間に空白を入れましょう。押印は必要ありません。
要約や概要大体3~4行程度にまとめます。現在に至るまでの経歴(会社名や勤続年数など)や業務内容などを記入します。最後を志望動機で締めるとより効果的。
勤務中の企業現在勤務中の会社名の他、業種や事業内容・従業員数などを記載します。現在の雇用形態や勤務拠点なども記載します。
職務経歴や職務内容もっとも重要な項目です。現在に至るまでの経歴(どんな仕事をしてきたのか、どんなキャリアを積んできたのか)を記載します。履歴書では書ききれない自分の経歴やキャリアをしっかりアピールしましょう。
スキルや知識入社後に活かせるスキルや知識などを優先して記載します。語学力やパソコンスキルなどは過小評価せず記載しましょう。またこんなのは常識だろうと思わず、ビジネススキルやマナーなども記載しましょう。
資格や免許仕事に関係のある資格や免許を「取得年月」と「等級」をセットにして記載します。今後仕事に関係の深い資格などを取得予定でしたら「勉強中」として記載するのもアピールの1つになります。
自己PR大事なのはいかに自分の強みをアピールできるかです。恥ずかしがらずしっかりアピールしましょう。
志望動機なぜ入社を志望したのか、なぜその仕事をしたいかなどを記載します。転職理由とつじつまが合わないような内容にならないよう注意しましょう。
退職(転職)理由転職理由などは本来は記載する必要はありません。自分自身で転職理由と志望動機をしっかり把握し記載することでちぐはぐにならず面接の対策にもなります。

<状況別>履歴書に職歴を書ききれない場合の対策

履歴書の職歴が書ききれない場合の対処法・別紙に書くべきか

状況別での職歴が書ききれない場合の対処法をまとめましたので、参考にしてください。

パートの場合

パートとしていくつもの仕事をしてきて職歴も多く書ききれないという方は、学歴欄を省略するか、職歴欄の書き方を工夫することで対処しましょう。

それでも書ききれないという方は「職務経歴書」を作成することで対処することをおすすめします。

アルバイトの場合

短期のバイトを多くしていて職歴に書ききれないという方もいるでしょう。基本的に、学生時代のアルバイトなどは記載しなくても大丈夫ですが、社会人になってからのアルバイトは記載します。

履歴書に書ききれない場合は、書き方の工夫や職務経歴書を作成する方法がおすすめです。しかしピックアップして記載する場合は、あまりに短期のバイトはかえって印象が良くない場合があるので3カ月以上を目安に記載しましょう。

派遣社員の場合

短期の派遣を多く行ってきた方は職歴が書ききれない場合もあるでしょう。本来、派遣の経歴は派遣会社への登録、派遣した企業や職種・派遣期間などを記載します。しかし派遣先での職種が同じ場合などは省略した書き方をするのも1つの方法です。

省略ができない方や、省略しても書ききれない方などは職務経歴書を作成することで対応しましょう。

派遣職歴を書ききれない時の省略方法の例

履歴書に派遣の職歴を書ききれない時の具体的な省略方法を1つあげておきます。下記のように省略した場合、2行分の行を稼ぐことができます。違う職種の場合はこの方法は使えませんので注意しましょう。

一般的な派遣経歴記載方法省略した派遣経歴の記載方法
平成〇年7月 株式外社〇〇〇へ派遣登録平成〇年7月 株式会社〇〇〇派遣会社より、派遣スタッフとして計3社に勤務
平成〇年8月 〇〇通商株式会社、一般事務(平成〇年〇月まで)一般事務、営業事務など事務職にて勤務
平成〇年2月 株式会社〇〇 営業事務(平成〇年〇月)平成〇年11月 契約期間終了により退社
平成〇年5月 株式会社〇〇商事 総務部(平成〇年〇月まで))
平成〇年11月 契約期間終了により退社

転職の場合

社会人になってからの職歴は、正社員での職歴はもちろん、アルバイトなども基本的に記載します。職歴を書ききれない場合は、まずは職歴欄の多い転職者用の履歴書で試してみましょう。パソコンで履歴書を作成するのも1つの方法です。

それでも書ききれない場合などは、職務経歴書で対処しましょう。職務経歴書を作成する場合、可能な限り履歴書に職歴を記載し、最後に「詳細は職務経歴書をご参照ください」と記載しておきます。

しっかりとした履歴書を作成して転職を成功させよう

履歴書の職歴が書ききれない場合の対処法・別紙に書くべきか

履歴書は就職や転職の際、人事担当者などに自分をわかってもらう自己アピールの第1段階となる大事な書類です。そんな大事な書類である履歴書で職歴が書ききれないからと適当に省略したりするのは言語道断です。

転職が多い、バイト経験が多いなどはけしてマイナスではありません。書ききれないほどの経験を積んできたんだと前向きにとらえ自己アピールへつなげてください。そして希望企業への転職を成功に導きましょう。

Latests