Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

年齢が難しい人とそうでない人の違い・転職が難しい人の理由

今や5人中4人が転職するといわれているくらい、転職は私たちにとって無視できない重要なライフイベントとなりました。それでは転職に成功する人、難しい人の違いはどこにあるのでしょう?あなたは「転職が難しい人」になっていませんか?早速チェックしてみましょう。

転職が難しい人とそうでない人の違い

年齢が難しい人とそうでない人の違い・転職が難しい人の理由

今や、転職は5人中4人が経験するといわれるくらい身近なライフイベントとなりました。とはいえ、いざ転職を検討するとなっても難しい大きな決断であることもあり、なかなか前に進めない方も多いのではないでしょうか。

それでは実際に転職を成功されている方、難しい方の違いはどこにあるのでしょう。全般に言えることは転職は「自身の棚卸し」の機会であり、同時に「自身のプレゼンテーション」の機会であるということです。

面接はお見合いに似ているとよく言われますが、コミュニケーションを意識せずに一方的に自分のことについてぶつけるだけでは相手も困ってしまいます。ここからは求職者の耳にはなかなか届きにくい「シチュエーション別の転職が難しい人とそうでない人の違い」についてお伝えしていきたいと思います。

地方から東京への転職は難しい?

コラムの読者の方の中には今のお住まいから東京での転職を検討している方もいるかもしれません。「地元だと求人も少ないから…」「東京で力を試してみたい」「収入を増やしたい」など、理由もさまざまです。

東京での転職というとハードルを高く感じて「難しい」と感じてしまう方も多いようなのですが、決してそんなことはありません。採用担当者の中には「勤務地は東京だが地方より来てくれる方を探している。」といった依頼をすることがあるそうです。

「地方の方は勤務態度がいい」という印象を感じている採用担当者は実際多いようです。地方から東京への転職は難しいよりむしろ有利に働く場合が多い様です。

働きながらの転職は難しい?

年齢が難しい人とそうでない人の違い・転職が難しい人の理由

転職活動は日々の生計を立てる上での収入源を変えることになるため大きなライフイベントであるといえます。ただ、日々会社の業務に追われながらの就職活動をを難しく感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ここで上手に利用していただきたいのが転職エージェントのサービスです。エージェントは登録や利用に料金はかかりません。登録時に今までの職歴や経験、希望内容などを情報登録します。スマートフォンで案内に従って入力できるので空き時間に簡単に登録することができます。

登録が完了したら、あとは日々届けられている「希望するお仕事の新着メール」をチェックして気になったら、お仕事の空いた時間にエントリーをすることができます。ときにはあなたに興味を持った企業よりスカウトが来ることもあります。

常に自身の登録情報を更新しておくことがより希望に近いお仕事の情報やスカウトにつながるコツです。

転職が難しい理由

公務員

公務員からの転職を希望される方に対して採用担当者の方が心配される点としては以下の点があるようです。

■求める処理スピードに対応してくれるのか
■臨機応変な対応をしてくれるか
■能動的に対応してくれるか

ここを突破するためにはその裏を突いたアピールを採用担当者に伝えることです。

■転職先が今いる部署の業種と関連があり、活かせる経験がある
■やりたいお仕事である
■自身の前職での業務への取り組み姿勢やキャラクターのアピール
■実際の業務効率化の実績や作業件数を(1日●件)など数字で示す

など、アピールの切り口を工夫していくとよいでしょう。

管理職

管理職経験はスキル経験を持った「人財」といえます。即戦力として活躍が期待される一方、なかなか転職活動が難しい方もいらっしゃいます。

管理職の方はそれまでの豊富な経験がアピールポイントである一方、面接の場面で今までの経験や仕事観について長々と話してしまいすぎると、新しい価値感を取り入れることが難しい、頑固な印象を与えてしまう可能性があります。

あくまで前職の経験は前職のもの、採用のあかつきには新たな価値観で臨みたいという姿勢をアピールすることがポイントです。


研究職

専門職の一つである研究職。ニッチでハイスキルな経験はハマれば素晴らしいマッチングとなる一方、なかなかマッチングできる求人が他職種に比べて少ないことが転職が難しい原因の一つです。

さらに異業種への転職の場合は大きなキャリアチェンジとなる方も多いことから、採用担当者より「畑違いでは?」といった印象を植え付けてしまわないよう、エントリー先の企業研究はもちろん、自身が即戦力として貢献できることや、これから学びが必要な点について自分の中で整理したうえでアピールすることがポイントです。

大手

年齢が難しい人とそうでない人の違い・転職が難しい人の理由

大手企業で働いていたいた方が転職で難しい理由としては、実は担当している業務範囲が転職先の業務内容と比べ狭いことが多いことが挙げられます。

大手は規模の大きさから業務の多くは分業制です。例えば経理業務の実務経験一つをとっても大手は一部システムへの入力をもっぱら担当し、簿記知識がなくとも簡潔する場合もあります。ところが中小企業の場合、経理担当者が1名というところも少なくなく、この場合はひとりですべての業務を完結させなければいけません。

転職を検討する際は同じ職種であっても自身の経験値はどのくらい通用するのかを知り、不足している部分がある際は現職のうちにスキルを補う、または自身で学んで補強することが有用です。

総務

年齢が難しい人とそうでない人の違い・転職が難しい人の理由

総務の業務は専門的なものがいくつかあるので、同業務への転職であれば難しいというよりは総務特有の専門業務を経験していればいるほどアピールポイントになります。また、一つ一つは複雑でなくとも守備範囲が広いため細やかな方、また社員の窓口となるためコミュニケーションが好きな方が向くでしょう。

転職先として人気のある職種であるため倍率が高くなりがちなこと、また、経験者を好む傾向があることが転職を難しくする原因のようです。経験がなくとも、明るく細やかなキャラクターをアピールすることがポイントとなるでしょう。

新卒

新卒1年目の方の転職が難しい大きい原因は、採用担当者が

■社会人としての経験が身についていない
■長く働いていけるのだろうか

と採用後も活躍してくれることが難しいのではないかと不安になるようです。

そのため、退職に至った経緯やそれに対しての思い、今後の自身のキャリアプランを示し、熱意を伝えることが大切です。前職での経験を伝える際、事実としてネガティブな話題が上がることもあるとは思いますが、間違っても恨み節を語ることは自身の人柄アピールにおいていい印象を得ることが難しくなりますので避けましょう。

女性

女性の活躍は、国を挙げて追い風ムードとなっています。その一方で女性の転職が難しい状況がないわけではありません。特に小さいお子様がいたり、妊活中であったりした場合などライフイベントに左右されるケースがあるようです。

しかしここは、例えば即戦力として専門のスキルを持っている、時短で職務を終わらせることができるなどアピールポイントがしっかりと伝えることができればメリットと感じてもらえることも多く、プレゼン力で採用を勝ち取っている方もいらっしゃるようです。

高卒

高卒で転職が難しいのではと感じている方も多い様です。実際に条件が「専門卒以上」「大卒以上」などとうたっている求人は難しいかもしれませんが、問題は「高卒以上」と記載されている求人でしょうか。こちらの求人に大卒の方の応募があった場合、高卒の応募者は不利になるのでしょうか?

答えはNOである可能性が高いです。前職できちんと職務に向き合ってきた方ならその部分を転職市場では大切にします。社会人となってからの経験が転職を難しくするか、成功できるのかの一番のポイントといえるでしょう。

法務

年齢が難しい人とそうでない人の違い・転職が難しい人の理由

法務は企業の法務部門として会社が不利になることのない様、ある意味契約の番人として存在する大切なセクションといえます。

法務の適性としては、契約書面などをとにかく読み込んでいったり、定期的な法改正に対し常に情報を更新していく緻密さと情報処理能力、一方で契約等に関して社内外で交渉が必要となる場面も多々あることから高い交渉能力も求められます。

即戦力でなくとも、この人物像にどのくらい近いかが転職が難しいかそうでないかの境目といえるでしょう。

社長

社長からの転職は珍しいことではありません。おひとりで起業されていた方から、社員を抱えながら廃業した方までケースは様々です。

社長として働くスタンスと社員として働くスタンスは大きく変わります。自分の意志だけですべてを決定・実行していくのか。はたまた会社の意向に沿った中でミッションを達成していくのか。

人柄やスキルだけではなく「人の下で会社の意向に沿ったアクションができるか」という行動の志向の根本が問われるようです。そして、そのポイントこそが転職を成功させるのか難しいのかの分かれ道となるのです。

看護師

看護師からの転職が難しい状況としては、希望職種と経験スキルのマッチングができているかにあります。看護師の業務は、勤務時間や対応内容など厳しい条件職務も多くサービス業などでは対応力などにおいて重宝されるでしょう。

一方、シフト勤務から離れて土日祝休に切り替えるべく、一般事務を希望する方はOA経験など実務経験について採用担当者が心配され、難しいと判断されてしまうケースもありますので、事務作業経験が少なめの方は現職のうちに現場で実務経験する機会を作ることをお勧めします。

看護師業界の中の転職や異業種から看護師への転職については売り手市場が続いているので一般的にしっかりと手順を踏めば難しい印象は少ないかと思います。

経理

経理への転職は人気職種であるといえます。会社にとって必ず必要な職種であることから手堅い印象が強く経理の募集には人が殺到します。

経理の転職で難しい状況に陥るのは大きく分けて2点です。

■簿記知識が乏しい
■実務経験はあるものの、転職先が求めているスキルに対し経験値が乏しい

専門職であるため、スキル・経験がものをいいます。
求められている部分と自身の経験とを正確に把握し、そのうえでスキル不足である場合はリカバーの部分まで伝えられることがポイントとなります。

何よりも自身のスキルを客観的に正しく理解することがポイントです。

知財部

年齢が難しい人とそうでない人の違い・転職が難しい人の理由

知財部は企業の知的財産の管理や特許取得などにかかわる専門部署です。特徴としては複雑な文章の読解や作成をするスキル、同時に役所とのやり取りや交渉といったコミュニケーションのスキルが必要となるため、この2点に抵抗がある方は転職は難しいかもしれません。

論理的思考が好きな方、交渉が得意な方は適性のある部署といえるでしょう。


教師

教師の業務は実際の講義の時間以上に準備に時間がかかることから、見えない業務時間が発生します。さらに、講義の効果を見ながら常に自身がアップデートしていく必要があることから、拘束時間や業務範囲を意識して業務に携わる方は転職は難しいかもしれません。

また、一定期間、生徒を抱える場合には生徒との関係性が講義を成功させていくカギとなることなります。

バランス感覚と情熱を持った方が向くといえるでしょう。

年齢別転職が難しい理由

年齢が難しい人とそうでない人の違い・転職が難しい人の理由

20代

売り手市場の20代ですが、転職が難しい理由は

■応募職種に対し経験が伴っていない
■転職回数が多いなど、応募者の方向性が見えづらい場合

といったことが挙げられます。とにかくかかわった職務ではきちんと学びを得ること、転職エージェントに相談するなどして自己分析をしっかりすることが良いでしょう。

30代

働き盛りで企業がほしい人材のコア層である30代ですが、転職が難しい理由は

■即戦力としてのスキルが期待値に対し乏しい
■前職で退職理由の印象が良くない


といったことが挙げられます。スキルについては資格取得など常にアップデートすることを意識すること、退職については次につながる「前向きな退職」として捉えるようにするなど、自身の努力で難しい状況は解決できるでしょう。

40代

業務の中核を担う40代の転職が難しい理由は

■職場の人員構成とマッチングしない
■仕事のスタイルが確立されているため、扱いづらい

といったことが挙げられます。

採用担当者は同業務の社員とうまくやっていけるかを気にするものですが、わかりやすい年齢で判断する方も多いのです。そこを突破するのは年代にとらわれず謙虚な気持ちで環境になじんでいく人間力です。担当者が感じがちな難しさを「感じさせない」アピールを心がけましょう。

50代

年齢が難しい人とそうでない人の違い・転職が難しい人の理由

経験もスキルも成熟した50代の転職が難しい理由は

■新しい職務を吸収してもらえるのか不安
■定年までの期間が短い

といったことが挙げられます。

50代の方は自身の専門性が確立している分野を十分に活かせる転職先を探すことが難しい状況を打破する方法であるといえます。また、経験を活かして独立する方もいるようです。
働き方について既成概念にとらわれず、情報収集をしてみることも有用です。

転職活動は自分を知るところから

年齢が難しい人とそうでない人の違い・転職が難しい人の理由

だれもが転職しよう!と決めた瞬間から不安が付きまとうものです。しかし、転職はただただ「難しい」のではなく、転職先をよく知って、自分がどこがアピールポイントでどこが懸念点となりやすいかを分析し、懸念点の改善やほかの見方をしてアピールポイントに変えられないか検討することが大切です。

前向きな気持ちと冷静な自己分析で難しいといわれる転職をぜひ成功させてください。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests