Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

転職をしたいと考える人がいます。20代ならまだしも、30歳以降の転職先はないと不安になるでしょう。しかし今の時代は失業率が低く、またインターネットを利用した仕事も多数存在するので、30歳からでも転職できる可能性は高いです。30歳の転職でも成功できます。

男女別30歳未経験の転職は厳しいのか

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

転職をしたくなった時、30歳以降では厳しいと考える人は多いでしょう。「リクナビNEXT」でも30歳の転職に関するアンケートを行ったことがあり、転職希望者の57%が30歳の転職は不利と考えていると答えました。20代に比べて、チャンスが少ないと多くの人が考えています。

そして未経験の職種への転職をしたことがある人も、30代ではハードルが高いと答えました。受け身の姿勢ではなく、自分から積極的に経験を積まなければ転職は成功しません。これは30歳に限らず、全ての年代に共通しています。自分の長所をアピールしましょう。

未経験の職種に転職する場合、面接官の信頼にどう応えていくかが重要になります。30歳になると、社会的な経験を積んでいると相手は考えているので、そこを付いて面接官に説得することが大事です。まずは面接の練習をして、動機を言えるようにしましょう。

勉強する時間を作る

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

未経験の業種であっても、こちらから積極的に学ぶ姿勢が大事です。30歳からでも学べる環境はたくさんあり、インターネットを利用することで必要な知識はいくらでも得られます。まずは相手が求めているスキルを調べて、それを得られる環境を自発的に作りましょう

可能であればポートフォリオやサンプルも作り、企業側に自分のスキルをアピールしてください。実際に面接する時が来たら、自分の成果を見せてどのような実力を持っているかを伝えましょう。そうすれば、転職が成功する確率は一気に上がります。知識と技術の活用が大事です。

30歳の転職を成功させたいのであれば、スキルの向上が大事です。採用する側も30歳の会社員に期待することは多いので、何か特出したスキルさえあれば信頼は格段に上がります。どんな職種だろうと、得意なことを仕事に活かせる人は社会で大きく信頼されます。

経験者の意見を参考に

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

転職は自分一人で成功させるのは難しいです。転職サイトや、30歳からの転職を成功させてきた人から意見を取り入れてみましょう。自分だけで転職をしてはどうしても自己流になってしまい、転職先の要望に応えられるとは限りません。意見を取り入れることが大人には必要です。

30歳になると自分の経験に自信を抱いてしまい、それが過信に変わる恐れもあります。しかし過信しては思わぬトラブルを引き起こしてしまい、結局転職が上手く行かなくなります。それを避けるには、自分以外の客観的な意見を取り入れて行動することが大事です。

まずは就労支援サイトで相談をしてみましょう。プロのキャリアアドバイザーから転職サポートを受ければ、30歳からでも理想的な転職をすることができます。そして30歳でも転職を成功させた人からの意見も参考にすれば、自分の転職をする際にも役立ちます。

30歳の未経験転職におすすめの職種

生活をするためにはお金が必要であり、お金を稼ぐためには仕事をしなければなりません。仕事をするためには就活をする必要があり、就活を攻略するためにはしっかりと対策をしなければなりません。

さまざまな苦労を経てようやく就職をすることができますが、必ずしもその会社で一生働くわけではなく、働いてみて違うと感じてしまうこともあります。仕事を続けていくのが難しいのであれば、転職を考える必要がありますが、転職もそう簡単には上手くいくものではありません。

スキルや経験などがあれば有利ですが、未経験でしかも30代となると転職が難しい場合も多いです。転職未経験の30代では転職では不利になってしまうケースも多いですが、おすすめの職種としてはどんなものが挙げられるでしょうか。

ITエンジニア

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

この図を見たことはないでしょうか?これは経済産業省によるIT人材、開発者の人数と需要の予測です。

ITエンジニアは将来的に、圧倒的に不足することがわかるのではないでしょうか。35歳定年説などと言われていましたが、最近では「元NEETでIT未経験のアラサーが転職成功などの例もあり、努力次第ではあるものの、未経験からでもかなりチャレンジしやすくなりました。

この方もですが、未経験からの転職の場合、多くの人はプログラミングスクールを利用しています。ほとんどは無料相談を受け付けているので、興味があれば一度話を聞いてみてください。

事務職

転職未経験の30代におすすめの職種としては事務職が挙げられます。事務職はさまざまな業界、企業にある職種であり、募集も多く出されている職種です。また他業界や他企業であっても基本的にはやることは変わりませんし、事務職未経験であってもある程度のパソコンスキルなどがあれば充分に活躍することはできます。

事務職の場合は男性の求人は少ない傾向にあり、女性がメインの職種ではありますが、男性の求人が全く出ていないわけではありません。男性であっても事務職に応募することはできますし、通常の事務職ではなく、医療事務などであればスキルアップなどを目指すことも可能です。

事務職でもスキルアップする方法はさまざまあり、未経験でも挑戦しやすいのでおすすめです。

介護

30代の未経験でも介護への転職はしやすくおすすめです。介護は年齢に関係なく未経験でも挑戦しやすい職種であり、人手不足の業界でもありますので、募集をかけている企業も多いです。

転職へのハードルが低く、30代であってもすぐに転職が可能ですが、現場スタッフであれば肉体労働になるので注意が必要です。介護はハードな仕事であり、30代では体力的に厳しいと感じる場合もあります。

もちろん資格などを取得し、事務や経営を担当することができれば、肉体労働ではなくなりますが、キャリアアップするまでが大変な職種ではあります。30代であっても体力に自信があるのであれば、転職もしやすくおすすめです。

経理

30代では経理への転職もおすすめです。経理の仕事は事務職と同じく未経験であっても挑戦しやすく、特別なスキルがなくても働くことができます。もちろん資格やスキルなどがあれば昇給の可能性もありますし、活躍できる可能性も充分にあります。

簿記の資格などがあれば評価されますし、パソコンスキルが高い場合でも同じく評価されることは多いです。30代の未経験であっても挑戦しやすい職種ではありますが、事務職同じく女性の求人の方が多い傾向にあります。

男性であっても経理の求人が全くないわけではありませんが、それでも数はかなり限られていると言えます。30代の未経験であっても転職しやすい職種ではありますが、特に女性におすすめであると言えます。

ホテル

ホテルの仕事も30代の未経験の転職先としてはおすすめの職種です。ホテルは高級なイメージから高い接客スキルが必要に思われがちな仕事ではありますが、働ける職種は現場スタッフであるとは限りませんし、現場であってもしっかりと研修などを受ければ働くことは充分に可能です。

ホテル業界は訪日外国人観光客の増加などによって需要が急増している業界ですし、新ホテルの建設を進めている企業も多いです。ホテル数は増加傾向にあり、求人数もそれに応じて増加傾向にあります。

特別なスキルがなくても挑戦しやすい職種であり、求人も大幅に増加している職種ですので、30代の転職未経験であっても働きやすいです。

営業

30代転職未経験の人には営業の職種もおすすめです。営業はさまざまな業界にある職種であり、求人も多く、未経験でも歓迎としている企業は多いので、転職のハードルもそれほど高くはありません。

営業では接客スキルなどが必要ではありますが、人柄が良ければ経験がなくても活躍できる可能性は充分にあります。もちろん経験者が優遇される場合もありますが、未経験であっても努力や工夫次第では経験者に勝つことができる職種です。

面接で人柄の良さ、人当たりの良さなどをアピールすることができれば、転職でも有利に働きますので、転職を決めることも充分に可能です。男性だけではなく、女性でも活躍できる職種であり、おすすめ度は高いです。

30歳の転職に有利な資格

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

転職をするにはスキルだけでなく資格も必要です。職種によっては特定の資格が必要となるケースも多いので、資格を所得する勉強もしましょう。資格の所得と聞くとハードルが高いイメージを持つでしょうが、こちらもコツコツと積み重ねていき、知識を積み重ねてみましょう。

行政書士やTOEICは当然のこと、医療や福祉関係など業種は問いません。自分の知識と才能が認められた証を手にすれば、それだけで大きな力になります。今の時代は学校に通った勉強以外にも、通信制の教育システムも多く揃っているので、自分で勉強するきっかけも作れます。

注意するべき点は資格を取ることが目的になるリスクです。資格を一つでも多く取っておけば転職に有利と考えるでしょうが、資格は手段であって目的にしてはいけません。実際に活かす機会がなければ宝の持ち腐れですし、何よりも勉強の時間が全て浪費に終わってしまいます。

時代の流れを読もう

資格を手に入れてもそれだけで転職に有利になって、また将来が安定するようになる保証はありません。むしろ変化が激しい今の時代なら、昔は有利でも今は価値が低くなっている資格も少なくありません。現代はAIの発展によって、多くの作業が自動化されつつあります。

駅で切符を切る改札鋏がその役割を終えたように、あらゆるシステムが変わりつつあります。今は手に入れた資格が有利に働いても、10年後まで続くかはわかりません。30歳になったからには、時代の流れを読んで転職活動をすることが必要なので、情報を集めましょう。

厳しいですが、情報弱者は自然に淘汰される運命にあります。世の中は適者生存であり、社会の変化に合わせて努力を重ねた人こそが成功に近付きます。30歳の転職も同じで、内定を貰ってもそれをゴールと考えず、その先のことも考えた上で学び続けることが大事です。

エンジニアが有利

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

上記ではAIの発展について述べたように、現代社会はプログラミング言語を自在に扱えるエンジニアの需要が高まっています。エンジニアの年収は高めの傾向にあり、またプログラミング関係の本も書店に溢れています。IT言語が好きな人は、エンジニアを目指しましょう。

ただし、エンジニアに転職したからといってすぐに高い年収が得られるとも限りません。覚えるべきプログラミング言語は多くありますし、またクライアントが求めるシステムを作れるようになるには流行を知らなければいけません。その意味では、ハードなことは変わらないです。

やりがいはありますが、30歳の転職先に選ぶならば知識を蓄えましょう。時代の最先端を支える職業なので、覚えることは山ほどあります。その分だけ、エンジニアで成功すれば社会的にも憧れの目で見られるので、おすすめの職種と言えます。一度チェックしてみましょう。

30歳公務員の転職は厳しいのか

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

30歳になって、転職先に公務員を選びたくなる場合もあるでしょう。公務員は街に住む人達や地域のシステムに携わる仕事なので、ハードルが高いです。採用試験も覚えることが山ほどありますし、また30歳を過ぎると簡単に転職することはできないというイメージも抱えます。

しかし30歳を超えてからでも公務員に転職する可能性は充分にあります。DODAなどの就労支援サイトでは公務員の中途採用も揃っており、また都道府県によっては35歳までの採用を認めている自治体もあります。まずは自分が興味のある自治体のルールを知りましょう。

もしも30歳を超えてから公務員の仕事に興味を持ったら、まずは公務員の応募条件と自分の年齢が一致しているかを調べてください。その上で、どうして自分が公務員に転職したいのかを面接で応えられるようにしましょう。説得力を持たせられる動機が大事です。

30歳女性の正社員への転職は厳しいのか

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

転職活動をするのは女性も同じです。また30歳を超えてからの転職が成功できるのかという悩みは、女性の方も強いでしょう。女性の社会進出が進んだからといって、まだ完璧に制度が整っているとは限りません。また、30歳という自分の年齢が大きなプレッシャーにもなります。

しかし、企業のニーズに応えられる人材になることができれば、30歳を超えた女性でも転職ができる可能性は一気に上がります。転職で一番大事なことは自分自身の強みを売り込むことなので、自分自身を採用させることでどんなメリットがあるのかを教えることが大事です。

DODAやマイナビエージェントを始めとした転職サイトで企業を探しながら、会社の雰囲気や業務の内容を把握しましょう。例え賃金が良くても、実際の待遇が悪ければ転職に成功したとは言えません。30歳の年齢をプラスに思わせる職場を見つければ、将来がプラスになります。

転職エージェントを使おう

30代にもなると、20代前半と同じ仕事をしているわけにもいかないし、結婚や子供によって金銭的に厳しくなったという人はよくいます。社会経験を生かし、より責任ややりがいの大きな仕事を探すべきです。

しかし、高ランク・高収入の求人になればなるほど数は減り、転職サイトでの募集も少なくなります。そんな時に使えるのが転職エージェントです。

JACリクルートメント」「ビズリーチ」「キャリアカーバー」などを活用し、キャリアアップを目指しましょう。

30歳での転職の平均回数

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

転職には多くの理由があるので、何度も行っていたからといって必ずしもマイナスになるとは限りません。しかし30歳になるまでの間に何度も転職をしていては、企業からも当人の実力や人格について疑われてしまいます。企業に定着しない人材を採用したいとは思いません。

もしも転職を繰り返しているのなら、その正当な理由を応えられるようにしましょう。業績の悪化でリストラの対象になったり、あるいは社内でのトラブルが原因で退職を余儀なくされたなど、特別な事情があれば相手側も納得してくれますが、過度な悲観は厳禁です。

一般的に、30歳までの転職回数は3回辺りが平均と考えましょう。中途採用の制度を取っている企業も多くありますが、それでも実際に採用されるかは自分自身の信頼にかかっています。30歳までで何度も転職を行っていたら、その理由もきちんと説明してください。

30歳の転職の成功と失敗例

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

30歳で実際に転職を行ったとしても、成功するとは限りません。成功した人も多いですが、環境の変化によって逆に新しいストレスを抱えることになった人もいます。リクナビNEXTでは転職を行った30歳以降の人からアンケートを取った結果、半数が成功したと語っています。

逆に転職を失敗したと答える人は、自分よりも年下の人に頭を下げ続けたり、また30歳という年齢なのに責任を背負わなくなったことにストレスを感じています。また、給与が上がっても、自分の得意なスキルを活かしきれなくなったケースもあり、転職の難しさを物語っています。

しかし事前に転職の準備をしていれば、30歳からでも充分に成功できます。自分が転職したい理由や、また転職してから何をしたいのかを明確にしましょう。多くの場合、情報不足であることや、またイメージが漠然としていることが転職に失敗した理由に挙げられます。

勤め先の需要を知る

転職に応募した企業の数は5社までである人が多く、また活動の期間も短くて1ヵ月で長くても半年から1年です。30歳だからといって、書類選考が受からないという訳ではありません。年齢以上に、勤め先が求めているスキルや動機を持っていないことが内定を得られない理由です。

30歳を超えたサラリーマンに企業は多くのことを求めています。エリートサラリーマンになるべきとまでは言いませんが、若手よりも高いスキルを持っていると企業は考えるでしょう。それに応えられるように経験をアピールすれば、企業からの内定も得られます。

リクナビNEXTでは実際に転職した人から転職先の話についても聞いており、30歳からでも上手く行った話をいくつも纏めています。不安を抱いていたら、まずは興味のある業種が30歳からの中途採用が認めているかどうかも調べましょう。調べ物こそが第一歩です。

自己投資をしているか

繰り返しますが、自己投資をしない人が転職やその後の仕事を成功できる可能性は低いです。根を詰める必要まではありませんが、遊ぶ時間を減らして勉強しなければ成功しません。刹那的な娯楽に身を委ねても、長期的に見れば損をするのは自分自身です。

30歳になればもう立派な大人として見られるので、自己管理は徹底しなければいけません。周りから飲み会の誘いを受けたせいで勉強することができなくなっても、断る権利はあります。強く断らず、ずるずると周りに流されて勉強の時間が作れなくても、自己責任と考えましょう。

どうしても周りが言うことを聞いてくれず、また飲み会を強要する場合は弁護士に相談しましょう。強制参加をさせられ続けては転職が上手く行かないだけでなく、アルコールや寝不足によって身体を壊すリスクが上がります。30歳で体を壊さないよう、自分の意志を示しましょう。

30歳と29歳の転職においての違い

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

30歳と29歳は年齢で数えると1年の差ですが、転職では大きな差になります。29歳は20代最後の齢なので、若手として見てくれます。同時に経験者とも思われる年齢なので、採用を担当する部署も慎重になります。30歳を超えたのに、未経験の人を雇いたいと考えません。

企業によっては異なるでしょう。しかし多くの企業で働く30歳以上の方はベテランが多いです。それが大きな要因となって、29歳と30歳の転職には一つの壁が存在しています。だからこそ、30歳の転職を成功させるには自己投資が必要となります。

マイナビの調査でも、29歳と30歳では、年収アップ率が7%も違うという数値が出ています。

30歳で異業種への転職は厳しいのか

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

30歳になってからこれまでに経験したことのない異業種に転職したくなる人もいます。しかし、30歳でいきなり異業種に転職することは難しいです。経験があるなら可能性はありますが、そうでない場合は書類選考や面接で通らないリスクが高まります。

純粋に興味を持ったとしても、これまでの経験を蔑ろにするようであれば採用担当者から信用されなくなります。軽い気持ちで違う仕事に取り組まれても上手く行くとは限らず、むしろまた異業種に転職されてしまうと考えるでしょう。それを避けるには、説得力を持った動機が大事です。

自己PRをしよう

可能であればこれまでの経験をどう活かせるのかをPRしましょう。前職に限らず、転職活動をする際にどんなスキルを身に付けたのかや、また学生時代に何をしてきたかも話すことをおすすめします。それらの経験と企業のニーズがどうすればマッチするかを考えてみましょう。

どんな経験でも自分の力になります。無論、自分の能力を過剰に盛るように話したりするのは絶対に駄目です。それで内定を得られたとしても、実際の能力が伴っていなければ、会社だけでなく自分も困ってしまいます。一時凌ぎの嘘は誰も得しないので、正直でいましょう。

30歳で楽な仕事への転職は厳しいのか

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

身体や精神の都合によってハードワークを行うことができず、負担の軽い仕事をしたくなるでしょう。事務やデータ入力の業務ならば、肉体にかかる負担が割と軽めなので、30歳でも転職できる可能性はあります。当然ながら、自分から勉強することも忘れないでください。

負担が軽いデメリット

負担がかからない仕事は比較的に難易度が低く、その分だけ給料も低くなります。キャリアアップを望むことができず、何年も現状維持をすることになるでしょう。それを避けるのであれば、無理のない範囲で現状を変えましょう。仕事を永遠に続けられる保証はありません。

もしもキャリアアップを考えているなら、まずは医師の方に相談をしましょう。勉強をするにしても、体に負担がかかっては治療費とお金を浪費します。体に負担がかからないペースを相談して、少しでも異変を感じたらすぐに医師と話し合う必要があります。

転職サイトを調べてみる

30歳からでも転職サポートをしてくれるサービスは多くあります。TECH::EXPERTは転職活動とエンジニアのスキルを並行して行ってくれますし、「リクルートエージェント」は30歳からでも転職活動を積極的にサポートしてくれます。転職サイトを活用していきましょう。

30歳で資格なしの転職は厳しいのか

30歳でも何の資格を持っておらず、そのせいで転職に踏み切れない人もいます。しかし、資格があれば転職を成功できるとも限りません。業種によっては資格が求められますが、そうでない所もあります。希望する職種が資格を求めていたら、それを所得するようにしましょう。

例え資格を必要としない業種であっても、勉強する機会を作ることが大事です。ただ言われた仕事だけをこなす人材では、これからの社会に必要とされません。資格の他にも、自分にしかない強みを作っていきましょう。転職後もその姿勢を忘れてはいけません。

30歳からでも転職は可能

【男女別】30歳未経験の転職は厳しいのか|資格/異業種

30歳になってからでも転職できる可能性は充分にあります。転職先の企業の要望を応える努力は必要なので、まずは企業の情報を集めましょう。困った時は転職サイトに相談をして、成功するヒントを貰ってください。そうすれば、30歳になっても転職が上手く行きます。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests