Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月27日

公務員が転職で後悔する事・失敗する原因・公務員に転職する方法

転職は民間でも公務員でも簡単なことではありません、感情的な気持は転職に失敗する原因になることがありますので、後悔をしないように冷静に熟慮することが必要です。公務員になりたい志望動機をしっかり検討し、しっかり自分の言葉でアピールできるようにすることが必要です。

公務員が転職して後悔すること

公務員が転職で後悔する事・失敗する原因・公務員に転職する方法

公務員が転職して後悔することは、民間を甘く見ていたということです。民間企業には熾烈な生き残りをかけた競争や社員は倒産する直前まで分からない経営状況、いつ賃金カットやリストラされるか分からない不安な職場環境があります。

民間企業から見ると公務員は倒産や賃金カットの不安もなく福利厚生が整い休暇も自由に取れ、定年まで安定して働き続けることができる恵まれた職場と思われています。

しかし公務員でも職場や担当によっては民間よりも残業時間が長いところもあり公務員にしか分からない悩みや不安などがあり、民間よりは少ないですが退職者もいます。

退職者が転職して後悔することは、ある意味公務員の狭い仕事の中で不平不満が募り、十分な計画もなしに辞めて転職しまうことに原因があります。

公務員が転職に失敗する原因

公務員が転職に失敗する原因の一つに精神的にも肉体的にも弱って十分情報認識ができない時に、無理して転職することがあげられます。

公務員が退職する理由のトップが職場の人間関係などのトラブルからストレスが蓄積し、うつ病となり、深刻化していくことで精神疾患を理由とした長期休職も平成11年以降年々増加し、職場復帰も困難となり退職する人がいます。

しかし退職したものの明確な転職に対する認識が不足し、転職できたとしても結局長続きせず転職に失敗するということが多いです。

人間関係のトラブルは公務員に限らずどこの職場にもあり、公務員よりひどい上司がいる場合や職場環境が悪くても面接などでは気が付かず転職を決めてしまうこともあります。精神的にも肉体的にも弱っているときには、すぐ転職活動をするのではなく落ち着いて冷静に判断できるようになってからスタートすることです。

公務員を辞めて転職する前に必要なこと

公務員の働き方や、人間関係などいろいろな理由から悩みどうしても辞めたいと考えた時に、退職届を出す前に思い切って長期休暇を取ってみることも効果がある方法の一つです。辞めたい気持ちが強いのであれば長期休暇を取り、冷静に真剣に検討することです。

公務員から民間への転職はそんなに簡単なことではありません、仕事をしながら冷静に転職など将来を考えるのはとても困難です、長期休暇をとり、転職したいと思うようになった原因や理由、職場の異動で解消できることなのか、公務員に対する受験前と実務との相違、今後のライフワークなどゆっくり振り返り冷静に分析してみることです。

内容によっては考え方が近視眼的でどこにでもあるようなこと、時間が解決してくれること、異動で解消できることなどかも知れません。またどうしても退職したいということになれば、退職前に次の仕事の明確化と転職活動までのスケジュール化が必要です。

転職活動のスケジュール化

転職することが決定したならば、退職届を出す前に転職活動のスケジュール内容を十分に検討することです。

転職までには長期間かかることも想定されます、経済的なことも考慮しなければなりません、また転職のために必要な資格取得も想定されます。資格などは公務員を辞めなくても取得できる方法もあり、時間的に大変でもそれぐらいのことは努力する覚悟が必要です。

民間企業によっては新卒採用時期と重ならないように転職の開始時期を検討する必要もあります。公務員の退職届を出す時期は、本当に転職活動をスタートする前に提出することも割り切って考え、転職活動スケジュールに入れておくことです。

転職活動スケジュールの中味と期間

転職したいと決めても半年以内とか1年以内とか最初に期限を決めてしまっては、期限内に必ず転職しなければならないという焦りから転職ができてもまた後悔につながってしまうことがありますので転職までの中味を十分に検討する必要があります。

転職したい業界や企業の情報収集、情報の取得方法、転職エージェントの利用検討、転職に有利な資格やスキルの確認と取得方法、転職活動の最適なスタート時期など十分に検討する必要があります。

場合によっては資格取得期間が長くかかることもあります、また本当にやりたい仕事をするために大学に入り直すことや専門学校に入学することもあります。そのような期間も含めた転職活動の設計とスケジュール化が必要です。

転職活動とスケジュール管理

転職活動までの準備が整い見通しが立ったところで円満に退職できるよう退職願を提出し、最悪2週間後には仕事に行かなくても法律上一般的には問題はありませんが、できるだけ穏便に退職できるように努力することで次の転職に気持ちよくスタートさせることができます。

転職活動先は転職情報から自分の希望に合う企業の数社に優先順位を決めてトライすることです、また自分で迷いなどがある場合には転職などのための人材紹介会社のキャリアアドバイザーなどから情報やアドバイスを得ながら意欲的に活動することです。

実際に複数の応募企業や人材紹介会社などを利用することになると、大事な情報が重なることも出てきますので、調整のためにもスケジュール管理が大事になります。

またスケジュール管理は予定していたことに対する進捗確認にもなり、遅れている内容などに取り組むためにも大事になります。

公務員から転職して良かった例

公務員時代にストレスを抱え、転職を考えるようになると家族にも影響がでて不安も広がり家庭全体が暗くなってしまいます。

そんな家庭が転職に成功すると、本人のストレス開放だけでなく不安を抱き神経質になっていた家庭全体が一気に明るくなり、本人も家族の存在を実感し、これから家庭を大事にしながら仕事にも意欲がでることになります。

また公務員時代には感じられなかった仕事の新鮮さ、チャレンジ精神や職場の仲間との楽しいコミュケーションなど辞めなければ分からなかった、やりがいのある新しい世界を発見したことの感激などを家族と共有できる喜びを感じられる仕事に転職できた時には、転職の決断とその後の苦労した転職活動が無駄でなかったということが実感できます。

公務員から転職する年齢

公務員に限らず希望する職種に転職する年齢は30歳から35歳までが良いとされていますが、公務員でも弁護士や税理士などの専門資格取得者や、警察・道路管理など専門的な実務経験者、留学経験者や海外勤務経験者、保育士や看護師、また教員などの専門職の公務員は、35歳を過ぎての転職情報もあり意欲次第で年齢にかかわらず転職できる可能歳があります。

また35歳以上の公務員でも社会人採用枠に民間企業と同じように公務員経験者も含まれますので他の自治体などへの転職も可能です。

公務員が転職先をさがすおすすめサイト

転職サイトは転職エージェントと違い面談せずにさまざまな業界・職種の求人を自由に検索や閲覧が可能なため公務員という現在の仕事をあまり表にだしたくない人などにも気軽に利用されており全国型の大手サイトや業界を特化したサイトなどがたくさんあります。

職種や勤務地なども全国にありおすすめできるサイトは「DODA」や「リクナビNEXT」、「@type」や「マイナビ転職」などがあります。

しかしサイトそれぞれに特徴があり、1つの転職サイトだけでなく複数の転職サイトに登録し、自分に合う転職サイトを見つけ活用することです。

公務員に転職する年齢制限はあるのか

民間企業から公務員へ転職するには、公務員の試験内容によって受験できる上限年齢が決められており、年齢制限があります。

試験の種類や自治体により、上級職やⅠ種・Ⅰ類などと呼ばれることもあり、国家公務員ではほとんどが30歳までで、法務省専門職で40歳までというのもあります。

また地方公務員などでは徳島県の一般行政職の36歳までという自治体もあり、希望者は各自治体の求人情報を細かくチェックしていく必要があります。

公務員から転職する時の給料

公務員から民間企業へ転職する時の給料は、民間が特に力を入れて採用したい公務員の専門職や技術職経験者の給料は公務員より高い給料のこともあり、時にはヘッドハンティングで給料が高くなることもあります。

しかし一般的に公務員から民間へ転職した時の給料は下がります。また公務員から公務員へ転職する時には前職と同様な仕事の場合変わらないこともあります。

公務員に転職する方法

公務員へ転職する方法は公務員の採用試験に合格することです。また公務員でも国家公務員には総合職と一般職、専門職があるほか、陸海空の自衛官や裁判所職員なども含まれます。また都道府県の自治体や市町村職員、警察官や消防士、一部教職員などの地方公務員などに転職する方法があります。

それぞれの公務員試験には、一般知能をはかる教養試験と行政や法律、経済、語学など専門性の高い専門試験があり、その他目指す職種および試験によっては論文や適性試験、体力検査など、受験科目が異なり合格することで合格者名簿に登録され、採用人数によって採用されていきます。

公務員に転職するのは難しいのか

公務員が転職で後悔する事・失敗する原因・公務員に転職する方法

公務員に転職するためには、公務員試験に合格しなければなりませんが、民間企業への転職と違い法律関係の学習をしっかりしなければ合格は難しいです。

大学などで法律関係の勉強をしていない人は、働きながらであれば公務員受験のための通信講座や夜間や土・日曜など開講している法律専門学校などで受験対策のための法律関係を勉強することができます。

公務員への転職の難易度は本人の自覚と受験対策、年間スケジュール管理と実行、諦めない強い意志と継続力によって決まります。

目指す公務員の仕事を明確化

公務員の種類として国家公務員や地方公務員などある中から、自分が目指す仕事を明確化することが大事です。文系であれば主に行政職、理系であれば技術職、体育系であれば警察や消防、自衛隊などがあります。

それぞれの中から民間とは違う職業としてのやりがいや働き方を徹底的に情報収集し分析し、試験日が違えば行政職でも都道府県や市町村など複数受験することも可能ですし、体力的に自信があれば自衛隊や警察、消防などを受験できます。

そのためには目指す公務員の仕事を明確化することで、採用情報を多く収集し受験資格や試験日程など確認し、共通する働き方で試験日の違いなど確認し、出願期間内にまでに複数出願し合格のチャンスを広げることができます。

また出願については国家公務員や都道府県職・警察官など、ネットで出願できるようになりましたので利用することができます。

公務員への転職の志望動機

公務員への転職には公務員試験を受験し合格しなければなりませんが、受験する公務員試験の種類にもよりますが、採用試験申込書の中に志望動機や職員になって一番取り組みたい仕事とその理由を記入する欄がある場合や、東京都のように事前にこれまで学んできたこと、経験したことや都政に対する意欲など面接シートに記入させ提出させる試験もあります。

これらの志望動機や面接シート、あるいはエントリーシートなどは一次試験の結果には影響しませんが、事前に提出した志望動機などの内容は後で修正できませんし、二次試験以降の面接や口述試験などに影響しますので、採用試験申込書を作成する時点からすでに公務員試験がスタートするという重要な意味を持っていることを理解し作成することが大事です。

志望動機の必要性

公務員採用試験での一次試験は試験の点数だけで判断され点数順にリストに載りますが最終の採用者は点数順ではありません。

二次試験以降では一次試験をパスした人物中心の選考試験が中心になり、その時に事前に提出されている志望動機などが大きく影響してきます。

一次試験がトップであっても志望動機などが意欲を感じられない内容、また事前に提出している志望動機の内容と面接での志望動機と内容が変わっているようでは明確にその違いを面接官に納得させることができない限りパスすることが困難です。

一般的に事前に提出している志望動機の内容を自分の言葉で一貫性ある内容で熱く強い意欲を面接官に示せるようにしなければなりません。

志望動機の内容点検と充実

志望動機の内容は提出書類と、面接で話をする内容に整合性を持たせることが大事ですので面接試験の前には、提出した内容を点検し面接ではさらに内容を充実させて面接官に印象に残るようにする必要があります。

一次試験を合格ラインギリギリで通っても、面接の志望動機で良い印象を面接官に与えることができると最終合格につながることもあります。

他の試験は正解に基づいて客観的に採点できますが、志望動機については面接官に与える印象で評価されますので、提出した内容を点検し面接官に良い印象を与えられるように工夫することが大事です。

特に転職における志望動機については前職の不満を述べるのではなく、前職の経験を即戦力として活かせる、また行政でさらにこの部分を充実させ貢献したいなど、具体的に例や理由を明確に、そして熱意が感じられるよう内容に工夫を重ねることも、志望動機を充実させる方法の一つです。

高卒が公務員に転職できるのか

高卒向けの試験としては国家公務員の高卒程度一般職試験や都道府県や市町村など地方公務員など年齢など受験資格を有していれば該当する公務員試験を受験し合格することで公務員へ転職することができます。

しかし公務員への転職は他の民間企業への転職と違い公務員採用試験という独特な試験があり、試験対策も真剣に考え必要に応じて通信教育や公務員専門学校の夜間や土日開催の公務員講座など受講し継続して真剣に取り組む必要があります。

高卒で受験できる公務員

高卒で受験できる公務員試験には国家公務員と地方公務員の試験があり、高卒で受験できる国家公務員には行政府の国家一般職・皇宮護衛官・刑務官・入国警備官・税務職員、司法府では裁判所職員一般職、立法府では衆議院や衆議院事務局職員一般職・衛視があります。

その他専門職試験として皇宮護衛官・刑務官・入国警備官・税務職員・航空保安大学校学生・気象大学校学生・海上保安大学校学・海上保安学校学生などがあります。

地方公務員では都道府県や市町村によって違いますが一般的に地方行政各部署や学校事務・警察の事務を行う一般行政職、土木・建築・電気・機械・農業などの技術職、警察や消防の公安職の3つがあり受験資格があれば受験できます。

市町村公務員試験の主な内容

地方公務員の市町村公務員試験を例にして公務員試験の主な内容を示しますと一般的に「教養試験」・「論作文試験」・「面接試験」・「適性検査」・「事務能力検査」があります。

「教養試験」は文章の理解力や基本的な計算力、人文・社会・自然科学の基礎知識などを一般的には40問を五肢択一式で行われ「論作文試験」は与えられたテーマに対し自分の意見を制限時間60分~90分、字数は800字~1,200字程度で行われます。

「面接試験」は個別面接や集団面接などがあり、面接回数も複数回行われることもあります。「適性検査」は性格検査と呼ばれることもあり、クレペリン検査やY-G式検査が利用されます。また「事務能力診断検査」は知能テストに似た繰り返し作業を行う簡単な検査になります。

公務員の退職や転職は志望動機が大切

公務員を退職したいと考えるときは、感情的にではなく冷静に判断できる状態になってから、退職したい理由や転職したい職業の選択理由など現状と将来をよく考え、家族や親しい人に相談し判断することです。

転職したい企業への応募書類の志望動機も明確でなければ面接でも自分をアピールすることはできません。転職を成功させるためには強い意志が必要です。

また公務員への転職方法には民間企業からの転職と、公務員から違う公務員へ転職する方法があり、また採用試験日が違っていれば複数受験することもでき、採用試験に合格すれば公務員になることができます。

学科試験には正解がありますが面接には正解がありません、面接では人間性や物の考え方、礼儀作法や人柄などが現れます、そのためにも事前に提出する志望動機や面接での受け答えもマニュアルとおりではなく、自分の言葉でしっかり表現しアピールできるように最後まで工夫を重ねることです。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests