Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

転職時の成功率平均・年代別成功率平均・職種別転職成功率平均

転職は早いうちが良いのか?それとも回数が多ければ多いほど難しくなっていくものなのか?また、転職すれば前の職業と違ってどれくらい収入は変わってくるものなのか?転職あるあるから実際の転職事情まで内容盛りだくさんの記事になってます!

転職の悩み

今回のテーマは「転職の成功率と職種別転職成功率」がテーマです。人は誰しも今やっている仕事に飽きが出てくると、「転職しようかな」と考えてしまうものです。

しかし気づけば30代で、まだ再就職するのに間に合うものなのか、気になる方もいらっしゃるでしょう。確かに年齢を重ねていくと、転職は難しく成功率も低いですが、年齢で転職が難しくなるというのは昔の話です。やる気さえ出せば就職できる職業もあります。

今回は年齢だけでなく、転職で気をつけるべき点を交えながら転職について紹介していきます。

転職あるある~転職理由~

「今の仕事自分には合わないな…」「もっと収入を上げたい!」など今やっている仕事に対して一度は別の職業に乗り換えるということを考えたことあるかと思います。

そもそも転職は上のように自分なりの理由がなければ今やっている仕事を辞めることは出来ません。上司から嫌われている・職場での人間関係に馴染めないなどといったプライバシーに関わる話なら別ですが、職業・職場によっては忙しい時期に辞められたら支障が出る所もありますので、タイミングというものが必要になってきます。
ここでは転職の「理由」を紹介していきます。

将来のことを考えて~魔法の言葉が成功の始まり~

アルバイトや転職を人生の中で一度はしたことのある人なら分かるでしょう。退職願を書くとき「一身上の都合で」という言葉があります。この言葉は詳しい理由を書かなくとも転職や仕事を辞めるとき色んな職業で使える魔法の言葉です。

実際辞めるときは口でも伝えなければなりませんが、老後の事や今ある生活の事を考えて転職するという人がいます。仕事で疲れないためには、家族や自分の将来の事も考えて安定した職を手にいれるという事です。

自分のやりたいことのため

男女ともに一番多かった転職理由がこれです。今やっている仕事の他にもやりたい事がある。年齢問わずに、自分の夢の為に収入は減ったっていいから転職する人増えてます。人には言えない理由でも、本当に自分のやりたいことだったら周りも応援したくなるものです。

収入

俗にいう「給料」です。男女共通で3番目に多かった転職理由は、満足のいく生活を送るためにはお金はやはり欠かせない存在です。そのため転職する人の中には、仕事内容は多少辛くても、今よりもっと給料の良い職に就きたいと考えながら、転職活動を進めている人もいます。

転職の成功率平均

転職時の成功率平均・年代別成功率平均・職種別転職成功率平均

次は、転職の中身に迫っていきましょう。ここでは転職の成功率を説明していきます。実際転職を考えていらっしゃる方は参考にしてください。

応募数~頑張った分だけ成功率は上がる~

「出来るものなら一回で決めたい」と一回で転職を決められたらどんなに良いものかと、実際に転職活動を、したことがある人ならそう考えるでしょう。

しかし転職活動を始めて内定をもらうまでの道のりは決して楽なものではありません。実際活動をしている多くの人が1社~10社程度の企業に応募して、内定をもらっているというのが実情です。

本番に強い

転職活動での本番というのは筆記試験や面接などの事です。ここでは、面接の事について書いていきたいと思います。転職での面接試験では志望動機の他に転職理由など答えづらい質問を投げかけられる場合があります。嘘をつく事はもちろん、相手方にネガティブな印象を与える答え方は不採用になります。

しかしポジティブで明るく前向きな印象は採用する側として見ていて気持ちの良いものです。もちろん嘘をつくのはもっての他です。本番に強い人というのは地道に努力を重ね、ポジティブで前向きに頑張ってる人を指すのです。

転職回数での成功率

回数の多さは採用する会社や企業によって、マイナスに取るか取らないか違ってくるそうです。20代では3回以上、30代では5回以上で、面接でちゃんと答える事が出来るならばその内容次第で結果は変わってきます。転職している回数が多いからと言って、不採用ということはないのです。嘘をつく事なく答えられるかがキーワードで、回数が多い人ほど成功率が低いというのは、その答え方次第で採用にするか不採用かを決める判断材料に過ぎないという事です。

20代は3回、30代は5回以上

出典: http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/manytimes | 何回までOK? 転職回数が多くても「内定」を勝ち取る方法 | 転職ノウハウ | 転職・求人情報サイトのマイナビ転職

年代別転職成功率

転職時の成功率平均・年代別成功率平均・職種別転職成功率平均

最初の方で20代・30代の転職成功率を回数で説明しましたが、40代・50代でも今後の事を考えて転職したい方はいらっしゃると思います。今度は年代別での成功率を紹介していきますので、仕事で悩みを抱えている方・転職活動中の方には見ていただきたいと思います。

20代の転職成功率

20代での転職は年齢だけでみるとまだ見込みは十分にありますが、先ほども言ったように3回以上ないし2回でも転職をしていると「どうせウチで採用してもまた辞めるんじゃないのか?」とマイナスに思われ企業に対して不安要素を与える事になり、場合によってはせっかくのチャンスを逃していることになります。

その際に気をつける点としては、転職回数を1回以内にしておくこと・新しい職場で採用されても決して離職するような事はない事をアピールすると、若い世代を採用したい会社としては安心して内定を出す事が出来ます。若さもあってか成功率も約5割と高いので、なるべく転職回数を増やさないことがポイントです。

30代での転職成功率

転職をする際ちょうどいい年齢としてはこの年代が非常に良いです。なぜ良いのかと言うと、社会経験もそれなりに積んでいて、統率力としては40代に比べて欠ける部分はあるが実行力はあり、新規事業やプロジェクトに関わらせるには若いパワーが必要だと考える企業にはもってこいの人材なのです。

成功率としては約4割と低いですが、転職回数を2回以内にしておくこと・アピールできるスキルを身につけておくことで、成功率も少しずつ上がっていきます。

40代での転職成功率

この年代で転職を考える時、求められるのは特定の分野での「経験」と「人脈」です。前の職場で管理職を任されていたなど統率力をアピールすると、多くの社員を従える企業としては会社の将来を安心して任せられるという安心感があります。年収も職種によっては約600万円と違ってきます。ただ成功率としては約1割という数字なので転職は難しいと思われがちですが、豊富な社会経験と実力さえアピールすれば成功率もぐんと上がります。

50代での転職成功率

40代での成功率が約1割なので50代での転職の成功率は数字で出すのは難しいですが、最近の50代の方をみますと、カフェやペンションを経営するなど早期退職で得た退職金で新たな人生を始める方々が多いようです。
成功するかは別として、今ある人生を楽しみたいというポジティブな気持ちが仕事に対しての意欲を引き出すというのです。

成功率を気にするよりも、自分の趣味やライフワークを充実させたい気持ちがうかがえます。

職種別による転職成功率~やりがいのある仕事~

転職時の成功率平均・年代別成功率平均・職種別転職成功率平均

成功率の高い職業ほど人気はある、確かにそう思えますが、本気で転職したいと思うなら自分が本当は何がやりたいのか?どうしたらそのために頑張れるのかお金ではなく、やる気をちゃんと確かめてからではないと転職は成功するとは言えませんし、成功率が高いからと言ってそれが果たして自分に合ってる職業なのか確かめる必要があります。

それは転職してまた転職する事を防ぐ為でもあります。やる気と頑張りが成功率を上げるカギにもなってるのです。

ここでは職種別による転職とその傾向を見ていきます。

事務職

伝票作成や会議に使う資料作成などなど、「事務は地味で嫌だ」という方もいますが、デスクワークの中で人気のある職業ベスト10に入るぐらい注目を浴びてる立派な職業です。男性よりも女性に人気のある職業ですが、そのなかでも最近人気のあるのが”医療事務”です。

病院やクリニックで患者さんの会計をしたり患者さんが何か困ってる事があれば看護師さんやお医者さんに取り次いだり出来るなど、「人の助けになる事務」なので業務は決まってますが、やりがいはある職業です。

ただ、普通の事務とは違い専門的な勉強が必要になってきますので、専門的な知識とやる気さえあれば成功率の高い職業です。

看護師

看護師になるには看護の専門学校や看護大学を出て国試(国家試験)を受けなければいけませんが、安定した職業として異業種の人達が転職するにはぴったりの職業です。

しかし成功率に比べて離職率が約10%と良い数字ではないので働きやすさで選ぶ方にはおススメできませんが、「安定重視」の方にはおススメの転職候補No.1です。

公務員

こちらは条件付きでの安定のある転職候補トップ3に入る職業です。年齢は60歳未満、20代30代の人にはおススメの転職先になってます。というのも地方公務員と国家公務員とでは給料の差も違く試験も難しいですが、一度就職してしまえば安定した収入と生活が手に入るので、民間の企業や病院の事務・看護師として働くより安定した働き方の方が良いという方にはおススメです。

ちなみに試験は高卒レベルから大卒レベルまでありますが、その受験資格にも年齢制限があるので注意が必要です。学力が高くないといけないので、成功率としては高くありませんが、チャレンジする分には問題ないと思います。

成功率を上げるポイント

まず成功率を上げるポイントして気をつける点は
①転職回数を3回以内に抑える。
②働いてる時から情報を集める(今やっている仕事を辞めた時の生活に困らない為)
③嘘をつかない

これら3つが転職をするにあたっての重要なポイントです。現在どの企業や職種も実力や学力のある人物を好みますが、転職回数があまりに多いと仕事に対して継続力のない人物とみなされ、回数の多さだけで成功率が下がってしまいます。なので成功率を上げるポイントとしては、なるべく回数を増やさない方が有利です。

職種別による年収~おススメ職業~

公務員の年収

公務員の給料は私達が払ってる税金から払われていますが、その額はなんと普通のサラリーマンよりも高い約620万で、地方公務員でも年500万近く払われている事から転職先としては実に良い職業です。

営業職の年収

職業別転職成功率ではあえて挙げませんでしたが、営業も転職候補の職業としては人気のある職業です。

ただ他の職業と違い、ほとんどの会社や企業では歩合制という形での給料体制を取ってるため、ノルマを達成できなかったりするとその分月収に響き生活にも影響が出てきます。頑張れば年収500万~800万と高い年収を見込めるので、それ相当の体力と頭脳が必要になってきます。

看護師の年収

看護師の年収は正看護師・准看護師と資格の種類・働く診療科によって違ってきますが、大体が300万~400万と女性が憧れる職業としては少し高めの年収になってます。

夜勤や日勤など時間が不規則な勤務の為、その分給料は高めに設定してる病院が多数ですが、その反面、離職率も高いので看護師になろうと考えてる方には体力と覚悟が必要になってきます。

成功を求めるよりもやりがいを求めたい

ここまで年代別の転職事情や成功率など紹介してきましたが、実際転職を考えてる皆さんの中にはやりがいよりも成功率を気にして転職活動をしてる方は多いです。

本当はやりがいを求めたいけど、安定した生活の為にそれは諦めてるという方まだ諦める必要はないと思います。50代で自分の夢を叶えた方もいれば、失敗を恐れず突き進んでる方もいます。
成功率をあげる秘訣はやりがいを求めることに隠されているのです。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests