Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

仕事内容別事務の種類と給料|事務職の違い・適職の見つけ方

事務のお仕事務に種類があることは知っていますか?一括りで事務といっても、実際の仕事内容はとても幅広いんです。今回は、種類によって異なる事務の仕事内容の特徴と、種類別の給与の違いや必要とされるスキルなどについてご紹介します。

事務の種類と仕事内容を知ろう!

仕事内容別事務の種類と給料|事務職の違い・適職の見つけ方

事務に種類があることは知っていますか?一言で「事務」というと、実際の仕事内容は幅広く、多岐に渡ります。そのため、事務の種類は仕事内容によって細かく分類されています。主な事務の種類としては、さまざまな業界・多くの企業でオフィスワークを主として働いている事務の種類として、一般事務、営業事務、経理事務、総務事務、人事事務の他、専門的な業界に特化する事務の種類として医療事務、介護事務、貿易事務などが挙げられます。その他、事務という言葉がつかない企業の役員レベルや社長、弁護士・政治家などをサポートする秘書や、法律事務所で法律に関わる業務を行うパラリーガルなども事務の種類に分類されます。

「事務をやりたい」と思っても、実際に自分がやりたいと思っている仕事内容がどういった事務の種類に分類され、事務の中でも何と呼ばれているのかが分からないままでは、いざ事務の仕事を始めたときに、思っていた仕事内容と違う、自分の適正に合わない、という事態に陥ってしまう可能性があります。そうならないためにも、まずは種類別の事務の仕事内容についてご紹介します。

一般事務

事務作業業務全般を行います。電話・来客対応やメール・FAXの送受信、資料作成などが主な仕事です。中小企業などの場合、経理や総務・人事の仕事内容を一手に担うこともあります。

営業事務

営業員のサポート全般を行います。電話やメール、来客対応や商品管理・受発注、資料作成に加え、営業に代わってお客様と直接やりとりをしながら業務を行うこともあります。

経理・総務・人事事務

経理事務は経理・会計・財務に関わる売掛買掛などの入出金管理や請求伝票仕訳、総務事務は社内環境に関わるインフラ周りの整備や設備管理・備品発注、人事事務は人事に関わる人事採用や従業員の移動・転勤、退職管理、給与計算・保険手続きなどが主な仕事内容です。中小企業の場合、経理・総務・人事の他、雑務などの事務業務を全て担い、数人、ないしは1人などの少人数で行っていることもあります。

医療事務

病院・診療所・クリニックなどの医療機関で事務業務を行います。主に窓口での受付対応からレセプト作成、医療費計算などが仕事内容です。医療に従事する事務職として、専門的な知識・スキルが必要となる場合があります。

介護事務

介護施設において、施設スタッフや利用者に対するサポート業務を行います。主に利用者や利用者関係者の窓口対応業務やレセプト作成、ケアマネージャーのサポートなどが仕事内容です。実情としては介護事務という単体の仕事はほとんどなく、介護福祉士や介護職員と兼務している場合がほとんどです。高齢化社会が進む日本では、注目されつつある職種でもあります。

貿易事務

商社やメーカーで、輸出入に関わる業務を行います。主に、海外との輸出入における事務手続きが仕事内容です。必ず必要となる知識・スキルはありませんが、貿易に関する専門知識が必要とされる場合があります。

複数の種類を合わせた業務を行う事務も

事務の求人募集を見てみると、「事務系総合職」や「管理スタッフ」という職種名で、複数の種類の仕事内容を合わせた事務の募集も多数存在しました。特に中小企業では、事務の人数が少なく、そのため仕事内容が種類ごとに分類できず、数人で複数の種類の事務の仕事内容を合わせた業務を行う、ということも少なくありません。同じ事務の募集でも企業によってとらえ方や立ち位置はさまざまです。希望の仕事に就くには、募集内容に書かれた仕事内容を確認することはもちろん、面接の際に具体的な仕事内容や業務範囲を聞くことが大切です。

種類によって、事務は給与も違うの?

分類される種類によっては、大きく仕事内容が異なったり、専門スキルや知識を要する場合がある事務のお仕事。では、給与も種類ごとに異なるのでしょうか?ここでは、インターネット上で求人広告を掲載し、東京都内で実際に事務職を募集している企業の給与をもとにご紹介します。

一般事務の給与

一般事務の給与はだいたい月給16万~24万円程度で設定されており、平均は20万6644円。雇用形態は正社員、契約社員、紹介予定派遣の順で多く、特別なスキルや知識を必要としない場合がほとんどです。給与設定が高い場合、基本操作以上のPCスキルや事務経験・社会人経験を求められることもあります。

営業事務の給与

営業事務の給与はだいたい月給18万~25万円程度で設定されており、平均は21万2000円と、一般事務より少し高めの設定です。雇用形態は正社員、契約社員の順で多く、一般事務同様特別なスキルや知識を必要としない場合が多いため未経験者を応募資格の対象としている企業も多くあります。ただ、給与設定が高い場合などは、社会人経験や高コミュニケーション能力、基本操作以上のPCスキルを求められることもあります。

経理・総務・人事事務の給与

経理事務の給与はだいたい月給20万~27万円、平均は23万1714円。総務事務は月給20~21万円、平均は20万円。人事事務は月給18万~26万5000円、平均が22万2214円という結果になっています。雇用形態は正社員、契約社員、紹介予定派遣の順で多く、経理・総務・人事ともに専門的なスキルや知識を要する場合や経験者を募る場合は高めの給与設定になっているという特徴がみられます。

医療事務の給与

医療事務の給与はだいたい月給17万~21万円程度で設定されており、平均は18万7333円。雇用形態は正社員が最も多く、経験はスキル・知識は不要で、未経験者も応募資格の対象としている場合がほとんどです。場合によってはPCスキルや医療業界の知識・スキルが求められることもあります。

介護事務の給与

介護事務の給与はだいたい月給13万5000円~20万円程度で設定されており、平均は17万1000円。やや低めの設定となっています。雇用形態は正社員に次いでアルバイト・パートの募集も多く、介護福祉士や介護職員の業務も兼務することで、給与が高くなる場合が多くなります。特に専門的なスキルや知識は求められることはありませんが、基本的なPCスキルが必要となります。他職種と兼務する場合は、介護知識やスキルが求められることもあります。

貿易事務の給与

貿易事務の給与はだいたい月給17万5000円~25万6000円程度で設定されており、平均は17万6300円。雇用形態は正社員、契約社員、紹介予定派遣がほぼ横ばいとなっています。給与が低めの設定の場合、未経験者も応募資格の対象としていることが多く、高くなる場合はPCスキルに加え貿易関連の専門知識、英語スキルなどが求められることもあります。

ここが違う!事務の種類を比較

仕事内容別事務の種類と給料|事務職の違い・適職の見つけ方

事務には種類があること、種類によって仕事内容や給与が異なることがわかりました。ここでは、それぞれの種類の事務を比較しながら、事務の種類による違いをご紹介します。

さまざまな業界で活躍できる事務と専門的な業界で活躍できる事務

ここで上げた事務の種類の中で、さまざまな業界に対応するのが一般事務、営業事務、経理・総務・人事事務、特定の専門的な業界に対応するのが、医療事務、介護事務、貿易事務となります。共通して事務に求められるのが、業務レベルのPCスキルやコミュニケーションスキルですが、専門的な業界での事務の場合、その業界のスキルや知識、資格保持者などが優遇される傾向があります。また、さまざまな業界に対応する種類の事務は、特定のスキルや知識で特化することが難しく、事務の中でも「代替えが利く仕事」と思われがちです。一方、専門的な種類の事務は過去の経験で得たスキルや知識はもちろん、入社後でも経験を積んでいくことで専門的な分野に特化したスキルや知識が習得しやすく、資格取得などでその業界に対する強みを持つことができます。

種類別、事務の給与の差

同じように未経験者を応募資格の対象として設定している場合も、事務の種類によって給与設定にも差が出ます。平均給与額が最も高い事務の種類が経理事務、次いで人事事務。一方最も低い事務の種類が介護事務、次いで医療事務という結果になりました。給与の差には、事務の種類別仕事内容の重要度が顕著に表れています。経理事務や人事事務の仕事は、さまざまな業界に対応する種類の事務に分類されますが、経理事務においては企業売上や請求関係、人事事務においては企業での人材採用など、企業にとって重要な役割を担っています。平均給与額が低かった介護事務は、実際介護事務を単体で募集している企業は少なく、だいたいが介護福祉士や介護職員との兼務となります。兼務の場合、業務内容の増加・残業代なども加算されるため給与設定は高くなる傾向にありますが、介護事務だけの場合だとアルバイト・パート雇用の企業も多く、正社員や契約社員での月給雇用の場合も給与が上がりにくくなっています。

種類別、経験の有無

事務の種類を問わず、経験者のみや経験者優遇の募集もあれば、未経験者を応募資格対象者とする募集も存在します。経理・総務・人事事務であれば、その種類に伴ったスキルや知識・経験、医療事務、介護事務・貿易事務であればその業界に特化した知識やスキル、資格などを持っていれば優遇される可能性は高くなります。

種類で見極める、自分にあった事務の仕事

仕事内容別事務の種類と給料|事務職の違い・適職の見つけ方

例えば、営業事務の場合には、営業に代わってお客様と直接やり取りをしたり、営業と同行してお客様を顔合わせをしたりと社外とコミュニケーションを取る機会が多い可能性があります。その場合、失礼のない言葉遣いができるコミュニケーション力が高い人材を求めます。医療事務や介護事務の場合も同様で、利用者やその関係者と触れる機会が多いため、ある程度のコミュニケーション力が必要となります。経理や人事事務は、過去の経験に基づいたスキルや経験が活かせる場となる可能性が高いです。貿易事務の場合、語学力や貿易関連の知識が活かせます。専門的に特化した業界を希望する場合は、医療事務や介護事務、貿易事務などに視野を絞ってみるのも良いでしょう。業界にこだわりがなく、オールマイティーに活躍したい場合には、一般事務や営業事務などが、選択肢の一つになるでしょう。事務は種類だけでなく、企業によっても仕事内容や業務範囲が大きく異なります。その企業が求める事務の仕事や業務内容を十分に理解することも、適職を見つける上での大切なことの一つです。

事務の仕事を始めよう!と思ったら

仕事内容別事務の種類と給料|事務職の違い・適職の見つけ方

事務の種類に限らず、共通して求められるものとして多いのが、「基本的なPCスキル」や「コミュニケーション力」、「思いやりの気持ち」などです。過去の経験やスキルや知識を持った人材が優遇されることが多い仕事ではありますが、誰でも最初は未経験からのスタートです。最低限のスキルを持っていれば、経験を積みながらスキルアップしていくことも可能です。自分に合うと思う事務の仕事を見つけたら、まずはトライしてみることが、適職に就くための一番大切な第一歩です。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests