Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

転職エージェントの断り方・メールでの断り方と例文

転職エージェントを使って就職先を探す人は多くいます。いざ登録したものの、イメージと違う会社ばかりを進めてくる転職エージェントでは、断り方がカギになります。自分の都合で断る時もそうです、上手な断り方を知っていれば転職もスムーズに進めましょう。

転職エージェントを使う

転職エージェントの断り方・メールでの断り方と例文

転職エージェントはご存知ですか?正式名称は”有料就職紹介事業所”と言って、厚生労働省から認可を受けた企業です。仕事の斡旋を目的にした企業で、法的には有料となっていますが、実際に利用するのは無料で登録ができ様々な情報を得る事ができます。

仕組みを簡単に説明すると、求人する企業側が転職エージェントに掲載料や契約成立時の報酬などを支払っています。

これは求職者が好条件で転職できれば、それがエージェントの利益になる仕組みです。何だか、無料で仕事が探せるのは怪しい、などと思わず安心して利用できる企業です。

無料で登録をしたら、遠慮することなく自分の条件や希望を伝えて、自分に合った転職先を探す事ができます。

登録後の問題

転職エージェントの断り方・メールでの断り方と例文

一日でも早く就職先を見つけるために、転職エージェントに登録しても希望に近い求人情報を得ることができなくて、悩む人もいるでしょう。登録をすると、担当のキャリア・コンサルタントがつきます。

しかし担当者から紹介される求人がイマイチで、どうも気が進まないことがあります。

そんな時、コンサルタントに角が立たない対応をしなければ、今後の就職活動に大きな影響を与えてしまいます。上手な断り方を知っていれば、その後のコンサルタントとの関係も気持ちよく付き合えるでしょう。

転職エージェントとのトラブル例

転職エージェントを利用しても、自分好みの求人に巡り合えなかった時や、実際に面接に伺った時、思っていたイメージと違う時もあります。就職してからすぐに退職しては何の意味もありません。早めに決断をするために、相手を不快にさせない断り方を身に付けましょう。

面接トラブル

転職を希望する企業が見つかると、転職エージェントが全ての段取りを整えてくれます。先方にアポを取ってくれ、いよいよ面接に伺うだけの時に、いまだ迷って結局直前で断るケースが多くあります。

これは、転職エージェントや伺う企業にも迷惑がかかります。例えば、大けがをした場合や高熱で起き上がれないなど、トラブルにあった時は速やかに担当のキャリアコンサルタントに連絡をしましょう。この場合の断り方も今後の付き合いのポイントとなります。

内定後のトラブル

気に入った企業が見つかり、面接もクリアして内定が確定し、いよいよ就職活動も最終段階。しかし、ここで辞退するケースがあります。これは一身上の都合ですが、この時点で辞退してしますと、転職エージェントと企業に大きな迷惑をかけることになります。

内定をもらうまでに、企業はあなたのために時間と費用を掛けています。このことを頭に入れて、もう一度考えても内定を受けられない際に、内定を断りましょう。

その際はキャリアコンサルタントともう一度面談をして、希望や条件を詳しく話し合い、なぜ断ることになったのかも、詳しく伝える必要があるでしょう。

入社決定後のトラブル

面接・内定をクリアし、いよいよ入社決定となり転職エージェントも一安心した所、突然断るケースもあります。このような行動は、転職エージェント企業にとっては許しがたい行動です。

やむ得ない訳がない限り、許されない行動ですが、このようなトラブルを起こすと紹介した転職エージェントも企業からの信頼を失うこととなります。登録者が安易に考え、メールで断って後は無視すればいい、なんて考えでは今後の就職活動が難しくなります。

絶対にやってはいけない断り方をした登録者は、他の転職エージェントにも情報が広まり、今後の就職活動にも響くので注意が必要です。

転職エージェント側に問題

ここまでは、登録者が転職エージェントに迷惑をかけるケースを見ましたが、ここからは転職エージェントに問題があり、トラブルに発展するケースを見ていきましょう。

気が合わない時の断り方

転職エージェントとのトラブルは他にもあります。やはり、人との相性もありますから、キャリアコンサルタントとの意思疎通がうまくいかない場合があります。

希望する企業に話がつながらなかったり、希望とは全く違う企業を紹介されるなど、転職エージェント側の都合を押し付けられるケースもあるようです。

また、あなたはきちんとした対応をしているのに、キャリアコンサルタントが未熟なために、成立が難しくなる場合もあります。このような時はとても悩むことになるでしょう。

転職エージェントの身勝手な理由

キャリアコンサルタントも仕事をしているので、当たりまえですが自分の成績を上げたいと思っています。すると、月末や年度末になると、成績を上げないと評価されないので、強引に転職を押し付けるパターンがあります。

悪質な場合は、言葉巧みに利用者を乗せ、深く考える暇を与えずに転職を決められてしまい、いざ働いてみるとやっぱり合わない、なんてこともあります。悪質なキャリアコンサルタントが付いてしまうと、人生を棒に振ってしまう可能性も、、、

キャリアコンサルタントの意見も大切ですが、働くのは自分。人の意見に流されず「これだけは譲れない」ポイントをしっかり持って、強い意志で就職活動をしましょう。

未熟なキャリアコンサルタント

転職エージェントを利用すると、こちらからキャリアコンサルタントを選ぶことができません。当然ながら当たりはずれがあります。これはキャリアコンサルタントの得意分野と不得意分野がどうしてもあるためです。

自分が希望する職種が不得意な場合は、キャリアコンサルタントの変更をしてもらうと良いでしょう。しかし、強引なキャリアコンサルタントになると、半ば強引に就職先を決めようとする場合もあるので注意が必要です。

また、未熟なキャリアコンサルタントが担当になると、経験が浅く情報量が少ないです。そのため、企業への対応も十分でなかったり、スムーズに進まない場合があります。

こんな時は、未熟なコンサルタントの練習台になる必要はなく、不満を感じたら担当者を変更してもらうことも必要でしょう。

性格的な問題

経験豊富なキャリアコンサルタントが担当者になっても、相性が悪い場合があります。悪い人ではないけれど、どうしても性格的に難しい時があると思います。転職するには、ある程度キャリアコンサルタントと話せる間柄でないと、就職がうまくいきません。

キャリアコンサルタントに会うたびにストレスを感じたり、メールでやりとりをするたびに、上手く伝わらない時は担当者を変更してもらいましょう。

転職エージェントに問題がある

転職エージェントと企業側の連絡が取れていない場合もあります。キャリアコンサルタントとの話し合いを重ねて、希望する条件の企業を見つけても、迅速に担当者が動かない場合があります。

せっかく見つけたチャンスも逃すこととなり、多方面に求人を掲載している企業だと、他の転職エージェントに持って行かれるケースもあります。このような事が起こると、信頼して任せる事ができません。その場合は速やかに断り、新しい担当者に変えてもらいましょう。

転職エージェントの断り方とは

上記で紹介したケースの他に、問題なくキャリアコンサルタントにお世話になり、求人情報を見つけてくれた時、詳細を読んだら自分の条件と合わない時があります。

その際は、断るのにも勇気がいり、自分の事を思ってせっかく見つけてくれたのに申し訳ないなどと、迷うことがあります。

そんな時、相手が嫌な気分にならない断り方があれば最適です。転職するのは自分自身なので、納得のいかない転職先に就職しても後々問題が起こります。

ここは、スマートな断り方で、転職エージェントと良好な関係を保ったまま、就職活動を続けましょう。

紹介された求人の断り方

転職エージェントから紹介された案件で、どうしても納得できないのであれば断って問題ありません。全てが自分の思うようにはいかないのは、大人ですからわかっています。

しかし、あまりにも条件からかけ離れていたり、通勤距離に無理がある場合など断り方を考えて対応しましょう。

キャリアコンサルタントもあなたの要望や希望する条件に近い案件を選んでいるはずです。そのことを考えて、どのような事が難しく感じるのかを伝えて良い断り方を心掛ける必要があります。

具体的な断り方

キャリアコンサルタントから紹介された求人に興味が持てなかったり納得できない場合の具体的な断り方をご紹介します。

まず断る際は、直接電話で伝えたり、メールを送る断り方が一般的です。

この時、キャリアコンサルタントから届いた求人情報をじっくり検討したことを、まず初めに伝えましょう。そして、どうして納得できないのか興味を持てないのかの理由を伝え、最後に感謝の言葉を伝える断り方です。

このような流れで、キャリアコンサルタントに断りの連絡をします。最低限のマナーとして、求人が届いたら連絡をしましょう。案件を受けるにも断るにも連絡することが大切です。間違っても無視する事はやめましょう。

メールでの断り方と参考例文

転職エージェントの断り方・メールでの断り方と例文

キャリアコンサルタントから、案件のお知らせを受け取った時、どうしても気が進まない場合は断りのメールを送ります。その時、どのような文章にすれば失礼のない断り方ができるのかしっかり考えたのち送りましょう。

どんなに気が合うキャリアコンサルタントでも友達のようにはいきません。ぶっきらぼうに「興味がありません」「条件が違うので」などの断り方は良くないです。

ここでは、断る際の参考例文をご紹介します。


○○様
お世話になっています。
この度は、有益な求人情報を探していただきありがとうございます。
お送りいただいた内容や、先方の会社ホームページをじっくり見て検討いたしましたが、
今回は辞退させていただきたいと思っています。

私が希望する職種ではありますが、通勤に2時間以上かかってしまい、残業を考えると自宅まで帰宅するのが困難だと思います。帰宅手段が無いのは、とても困るのでもう少し他の求人を探したいと思います。

この度の件、ご尽力いただきありがとうございます。
引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

○〇 太郎


このように上手な断り方のポイントは、具体的に何が難しいのかを可能な限り伝えることです。

どんな点が難しいのかを、キャリアコンサルタントにわかってもらうことで、同じような案件は紹介されなくなります。

そして、紹介してくれたキャリアコンサルタントへの感謝の言葉も大切です。謙虚な気持ちを忘れないことが、上手な断り方といえるでしょう。

面接紹介の断り方と断る理由を知る

転職エージェントの断り方・メールでの断り方と例文

面接や書類選考での断り方

キャリアコンサルタントとの面接やヒアリングに納得すれば、書類選考から面接へと進みます。しかし、よく考えたり他社からの転職サイトから好条件を提示されると悩みます。その結果、どうしても案件を断りたい場合があります。

そのような時はどんな断り方をすれば良いのでしょうか。

一般的に書類選考が通って面接となります。そして面接が通ると企業側はあなたの事を高く評価しているはずです。

ここまで、話が進むとキャリアコンサルタントは、「とりあえず面接だけは受けてみましょう」と言うかもしれません。

あなたは、断ると決めた会社の面接を受けるなんて時間の無駄だと思うかもしれませんが、転職エージェント側からすると、やっと書類選考を通り面接までこぎつけ、ここで辞退されると痛手になります。

これは転職エージェントと求人している企業との関係が悪くなる可能性があるからです。

とりあえず、面接は受ける

このような場合は、とりあえず面接を受けてから断るのが上手な断り方です。キャリアコンサルタントの顔を立てる気持ちで、面接を受けましょう。それでも、興味を持てないのであれば、具体的な内容を上手に伝える断り方をしましょう。

面接後に辞退するのは、比較的上手な断り方と言えます。このタイミングで辞退を伝えれば、転職エージェントの方から辞退の申し出をしてくれるでしょう。

しかし、どうしても面接を受けたくない場合もあります。このような時は、キャリアコンサルタントときちんと話し合って、理由をしっかり伝え納得してもらう断り方を選びます。

こんな断り方はやめましょう

一番最悪な断り方は、何の連絡もなしに面接に行かない事です。このようないい加減なことは一番してはいけません。転職エージェントにはもちろん、求人先にも大きな迷惑をかけることになります。

転職エージェントとの関係が悪化するだけでなく、転職エージェントと求人先の信頼感にもヒビが入りかねません。自分の為に、多くの人が動いていることを忘れずに、上手な断り方で連絡は必ず入れましょう。

内定通知後の断り方

内定をもらった後にやっぱり気が進まない、良く考えたら条件が悪いなどで断るのはあまり許される行為ではありません。しかし、就職するのが難しく感じたら就職後も長続きはしないでしょう。その際は入社する前にきちんと気持ちのいい断り方で伝えましょう。

担当のキャリアコンサルタントに、詳しく説明をし先方に謝罪するのが断り方のマナーです。このタイミングでの断りは非常に難しいですが、納得いくような説明をすることが大切です。

直接会いに行く断り方

内定を頂いた後は、断るのもそれなりの覚悟が必要です。今まで、キャリアコンサルタントは尽力してくれたはずです。この段階での断り方は、メールや電話では無く、直接会って話をしましょう。

その際は顔を見て話して、どうして辞退したいのかをきちんと話して伝える事が大切です。話の内容によっては、担当者も納得して先方に辞退を伝えてくれるかもしれません。

今まで、お世話になってこちらの条件に合う求人を探してくれたのですから、誠意ある断り方をするのがマナーです。きちんとした断り方をすることで、次の転職が前に進みやすくなります。

悪い断り方

今まご紹介したように、悪い断り方は連絡なしにキャンセルする事でした。他にも、メールでいきなり「辞退したいと思います」と送りつける断り方もマナー違反です。ラインやSNSで会社に辞表や退職届を出す人もいようですが、これは社会人としては間違った断り方です。

内定をもらい入社を決めたのは自分ですから、転職エージェントに行って、担当者の方に面と向かって辞退理由を述べる事が印象の良い断り方でしょう。たとえ、お世話になった転職エージェントとのお付き合いをやめる場合も、大人としての断り方が必要です。

面接を複数受けていた時の断り方

多くの方は転職エージェントは複数登録をします。どのタイミングで有益な求人情報を目にするかはわかりません。こんな状況で、別々の転職エージェントからの紹介が両方とも通ってしまい、最終的にどちらかを断らざる得ない状況になる場合もあります。

どちらの就職先を選ぶかは自由ですが、選択しなかった企業に辞退を伝えなくてはいけません。このような時も上手な断り方と悪い断り方で、あなたのイメージが変わります。

正直に伝えて断る

転職エージェントの担当者とは、風通しのいい関係でいる事が大切です。

どのような状況で就職活動をしているのかを正直にコンサルタントに伝えましょう。例えば、転職エージェント登録時にあらかじめ複数社に登録していることを伝えます。そして、他の案件はどの段階まで進んでいるのかを正直に話します。

ここまで、オープンに話しておけば最終的に他社が紹介してくれた就職先を選んでも仕方ないです。きちんと経過報告をして、どのような理由でその会社に決定したのかを伝えましょう。断り方も段取りを踏んだ結果なら、相手も納得してくれます。

嘘をついて断る

悪い断り方は、キャリアコンサルタントに本当のことを伝えないケースです。ましてや嘘をつくなんて事をすると、転職エージェントとの信頼関係も悪くなります。

例えばこんなケースがあります。ある転職エージェントで内定をもらっています。他の転職エージェントでも内定をもらい、こちらの転職エージェントと内定をもらった会社には一切伝えず知らん顔。これはかなりマナーが悪いです。

もし、何かのタイミングで他の会社からも内定をもらっているとわかったら、相当ショックを受けるでしょう。一生懸命、話を進めてくれているのに、「他の会社に決まりました」と伝えたら相手はいい気分はしないです。

最終的に就職をできれば良いのですが、嘘をついて多くの方に迷惑をかけて就職をするのは悪い断り方と言えるでしょう。

転職エージェントの断り方はマナーが大切

転職エージェントの断り方は丁寧な対応が望ましいとわかりました。やはり、多くの転職エージェントは、あなたのためにも何とかして就職先を見つけてあげたいと思っています。

相手が一生懸命に探してくれるのに、頼んでいるこちらがマナーに欠ける断り方をしたら上手くいくはずがありません。

お世話になった転職エージェントへの断り方は、マナーを大切にして、社会人として恥ずかしくない行動をとることが大切です。

こんな悪質な転職エージェントも

転職エージェントは自分の就職をバックアップしてくれる心強い存在ですが、一方で悪質な転職エージェントもあります。これからご紹介する転職エージェントに心当たりがる場合は速やかに断りましょう。

強引な転職エージェント

転職エージェントは、転職を成功させると利益につながります。このため、望まない転職を強引に進めてくる場合があります。このような場合、とても強引に案件を押し付けたり、言葉巧みに話を進めていきます。

悪質な対応をする転職エージェントとは信頼関係を結ぶことができないでしょう。最初から強引に話を進めるキャリアコンサルタントの場合は、まずは担当を変えてもらいましょう。

そして、変わった担当者も同じようなスタイルなら、断り方を参考に転職エージェントを変更しましょう。

悪質な転職エージェントの断り方

キャリアコンサルタントも自分の成績を上げるために、強引に転職を推してくるケースがあります。早く決めないと間に合いませんよとか、こんなチャンスめったにないから、今決めないと後悔しますよ、などと言葉巧みに煽ってくることもあるでしょう。

そんな時は、じっくり考えてから結論を出すことが大切です。

あまりしつこく言うのであれば、「1日考えさせてください」という断り方をします。転職するのは自分なのでキャリアコンサルタントや転職エージェントの都合なんて、考える必要はありません。

納得してから就職しなければ、長続きもしませんし後悔もします。キャリアコンサルタントの意見はあくまで参考にしましょう。口車に乗せられないで、上手な断り方をするのが一番です。

対応の悪い転職エージェントの断り方

転職エージェントに登録をする時、面接やヒアリングで要望や条件を話します。それなのに、全く意に反した転職先を紹介してくるキャリアコンサルタントでは、いつまでたっても希望する転職先は見つかりません。

そのような場合は、担当者を変えるか転職エージェントを変える必要があります。断り方は簡単で、必要最低限のやり取りでかまいません。

簡単にお世話になった事を告げ、担当者を変えるか転職エージェントを変えしょう。ただし、その際も誠意があるかの判断はしっかりとし、自分自身が誠意に欠ける行動をしないことが大前提です。

キャリアコンサルタントの変更方法

転職エージェントの断り方・メールでの断り方と例文

転職エージェントを変更する前に、とりあえずキャリアコンサルタントを変更してもう少し様子を見ようと思う時、どの転職エージェントにも利用者窓口のようなものがあります。そこに電話やメールなどをして変更の手続きをします。

依頼するときには、なぜ変更をするのかの理由を述べる事がポイントです。

理由も告げずに担当者を変えてほしいと伝えると、転職エージェントサイドは我がままで言っていると勘違いされる場合もあります。交代を依頼した時は、他の転職エージェントの登録も考えてみるといいでしょう。

転職エージェントの探し方

転職エージェントの断り方・メールでの断り方と例文

前述したとおり、転職エージェントは自分の事を思って行動をしてくれる所だけではありません。インターネットで検索をしただけでも、多くの転職エージェントにヒットします。どの転職エージェントに登録をすればいいのか迷うほどです。

まずは、数社に絞り込んで複数の転職エージェントに登録するのが望ましいです。すると担当になったキャリアコンサルタントががどのような人なのか、比較する事ができます。

転職情報の集まり具合や対応もわかります。その中で、自分にあったキャリアコンサルタントがを選んで、他の転職エージェントは減らせばいいだけです。

断りを入れる時は、ご紹介した上手な断り方を実践してください。長いお付き合いにならなくても、自分をサポートしてくれたことには変わりはありません。上手な断り方で、気持ちよく次に繋げましょう。

転職エージェントの上手な断り方がわかったら実践あるのみ!

転職エージェントは就職の際にお世話になることがあります。多くのエージェントがあり、複数に登録する人も多いでしょう。様々なタイプの担当者がおり、必ずしも自分と相性のいい担当者ばかりではありません。

どうしても合わない時の断り方や、就職活動をする上で自分の都合によって断りを入れなくてはいけない時があります。そんな時は、ここで紹介した上手な断り方を参考にして、就職活動を有利に進めて下さい。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests