Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月26日

20代におすすめ?評判と口コミからマイナビエージェントを使うメリットを解説

初めての就職先やわけがあって転職をされる転職先は慎重に選びたいもの。しかしながら、受験する企業の情報を事細かに確認するのは、ネット全盛期の現在でも難しい状況です。そこで、経験値や業界情報に詳しい転職エージェントを活用することは大変有意義であることをご紹介します

マイナビエージェントとは

20代におすすめ?評判と口コミからマイナビエージェントを使うメリットを解説

一般に就職や転職といった働く場所を探すときに利用する代表として、公共職業安定所があります。職安と略して言われたりしますが、通称のハローワークが一番馴染みのある呼び方でしょう。このハローワークは、厚生労働省が設置している公的なものになります。

一方、民間企業が運営する、求人を掲載する「転職サイト」や、求人を紹介したり本人に代わっていろいろと交渉を進めてくれる「転職エージェント」はたくさんの数があります。

その1つが、株式マイナビが運営する転職エージェントサービス、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェント」では、転職に限らず、新卒・既卒、新入職・転職といったあらゆる相談に乗ってくれます。経験豊富なアドバイザーが、あなたの職探しの悩みを解決してくれます。

転職エージェントとは?

そもそも、転職エージェントでは、どのようなサービスを受けられるのでしょうか。エージェントと言われてもピンとこないことが多いですが、日本語では代理人となります。つまり、転職の代理人をしてくれるのが、転職エージェントサービスです。

具体的には、あなたが興味のある会社について、あなたに代わって、勤務や待遇の条件などを確認してくれます。これは、確認のみならず交渉を含めて行ってくれますので、実際の面接前に業務内容や詳細な賃金などをすり合わせることができます。

このような転職エージェントの1つが、「マイナビエージェント」です。本記事では、他社ではなく、マイナビエージェントを選ぶべきポイントをご紹介していきます。

マイナビエージェントの特徴

20代におすすめ?評判と口コミからマイナビエージェントを使うメリットを解説

マイナビエージェント」のような転職エージェントサービスを提供する会社はたくさんあります。全国展開している大手企業から、手堅く地場で行っている規模としては小さな会社まで、それぞれの会社が競合他社に負けないよう特徴を出して運営しています。

他社にはないマイナビエージェントならではの特徴を見てみましょう。

キャリアアドバイザーの対応が丁寧

マイナビエージェントの特徴の1つは、面談が丁寧であることが挙げられます。あなたの考えをよく聞いて、ベストマッチングする会社を見つけてくれたり、あなたの要望に近い形での条件になるように交渉してくれたりします。

この面談は、アドバイザーと呼ばれるマイナビエージェントの社員と行うのですが、このアドバイザーの対応、応対が丁寧であることが特徴です。そのため、転職エージェントの満足度調査では、マイナビエージェントは高い満足度評価となっています。

独占非公開求人が多い

特徴の2つ目は、独占求人が多いことが挙げられます。企業が求人情報を出す場合には、一般的には前記のハローワークや転職サイトにお願いします。しかしながら、ハローワークや転職サイトは募集を出すだけで受け身のため、いつ求職者が来るかわかりません。

このような場合には、転職エージェント会社に依頼し、企業側が求めている人材情報を提供して、登録されている求職者情報からベストマッチングする方を紹介してくれます。

また、企業は、求職していることを社員に知られたくない場合があります。このような場合には、転職エージェント会社へ非公開として依頼します。結果、その転職エージェント会社のみの独占求人となり、マイナビエージェントに多く集まっているのが現状です。

20代や女性の転職に強い

最後の特徴として、マイナビエージェントには、20代向けの求人や女性向けの求人が多いことが挙げられます。

これは、特徴の1つ目の面談が丁寧であることの成果とも言えますが、初めて利用する20代にとって、心強いものであり、それは、利用者満足につながっていると言えます。なんでも話せる状況は、不安である求職者にとって、他には変えられないものになります。

マイナビエージェントのサポート紹介

20代におすすめ?評判と口コミからマイナビエージェントを使うメリットを解説

マイナビエージェントの特徴がわかったところで、具体的なサポートには、どのようなものがあるのかをご紹介していきます。

特徴にもありますが、マイナビエージェントのサポートの良さは、求職者とじっくりお話しをして、最善の道へと導いてくれることにあります。

あなたに合いそうな仕事だけを紹介してくれる

サポートの1つ目は、あなたの状況をより詳細に確認して、ベストマッチングする会社を探すことにあります。ここで重要なことは、あなたの状況を良い側面だけではなく、悪い側面も含めてお話しすることです。

ここで重要なのは、サポートを有益にするためにも、特にマイナスになるようなことをアドバイザーに伝えておくことです。このことにより、後々のミスマッチングの防止になります。このマイナス情報は、全てが企業に公開されるわけではありませんので、ご安心ください。

入社後も関係が続く

サポートの2つめは、転職時のみならず、転職後もお付き合いが続くことです。入社後に困っていることや悩んでいることがあった場合にも、気軽に相談できる環境があります。このことは、就職が決定したら終わりではなく、就職はスタートであること実感できます。

就職活動を自分自身で切り開いていくことができる人もいますが、皆が必ずしもそうとは限りません。ご自身の性格はご自身が一番よく知っているはずですので、決して1人で悩まず、マイナビエージェントなどの就職エージェントを活用してみましょう。

マイナビエージェントのメリット

20代におすすめ?評判と口コミからマイナビエージェントを使うメリットを解説

マイナビエージェントを利用するメリットには、何があるのでしょうか?数ある転職エージェントとマイナビエージェントを比較した場合の優位性をご紹介します。この転職エージェントを利用される方は、年々増加傾向にあります。

自分で企業情報を収集して、場合によっては見学して、履歴書を送付または持参したら、面接日の連絡を待ち、相手の言われるワンポイントの日に面接に向かうというのが、当たり前ではなくなってきました。

それでは、早速転職エージェントであるマイナビエージェントを利用するメリットをご紹介します。

メリット1:求人数が多い

マイナビエージェントを利用するメリットその一は、豊富な求人情報をもっていて、一般的な公開求人から、非公開求人、中には、マイナビエージェントのみの独占求人などに応募できることにあります。

これは、他の転職エージェントでも同様なのですが、マイナビエージェントでは、取り扱い求人の約8割が非公開求人となっています。この非公開求人の率の高さが、他の転職エージェントに比べてマイナビエージェントが優位であり、利用者にとっての最大メリットになります。

メリット2アドバイザーのサポートが丁寧

メリットの2つ目は、マイナビエージェントでは、キャリアアドバイザーがとても親身で、履歴書などの作成からサポートが始まり、受験先の企業の内部情報がわかるため、ミスマッチや面接での失敗を事前に防ぐことができます。

また、相手企業に対する事前の交渉で、有利な条件を引き出してくれるなど、自分の希望を相手にあらかじめ提示してくれます。当然、万全な体制での面接となりますので、面接通過が期待できます。

このように、他の転職エージェントに比べて、キャリアアドバイザーが丁寧できめ細かいことが希望企業への近道になっていることが、マイナビエージェントのメリットです。

メリット3:若手向けの求人が特に多い

マイナビエージェントの3つ目のメリットは、第二新卒者や20代への求人が充実していることです。他の転職エージェントに比べて、若年層の求人が数多くありますので、初めての転職でも安心して、お任せできます。

他の転職エージェントの大手では、高年収のところを主に紹介することが多く、この点でも、マイナビエージェントとバッティングしていないため、マイナビエージェントならではの求人情報がゲットできることがメリットになります。

マイナビエージェントのデメリット

20代におすすめ?評判と口コミからマイナビエージェントを使うメリットを解説

マイナビエージェントのメリットをご紹介しましたが、マイナビエージェントは他の転職エージェントに比べて、良い面ばかりなのでしょうか。

当然、万人が満足するような応対は不可能です。よって、メリットの反対で、他の転職エージェントに比べて、劣っているようなデメリットもありますので、ご紹介します。

どこの転職エージェントもそうですが、各社得手不得手がありますので、上手に利用していくことが重要になります。転職エージェントを使い始める段階では、複数のエージェントに登録して相性の良い担当者を見つけることが大切です。

それでは、マイナビエージェントのデメリットを見てみましょう。

デメリット1:中高年向けの求人はやや弱い

マイナビエージェントのデメリット一つ目です。これは、メリットの裏返しにもなりますが、中高年向けの求人は少し弱い傾向があります。第二新卒や20代には強いですが、一方、それ以上の年齢の方にはあまり適していない転職エージェントと言えます。

もちろん、中高年向けの求人がマイナビエージェントに全くないということではありませんが、選り取り見取りというほど、数が充実していません。

30歳以上の場合や、キャリアアップを狙いたいのであれば、「JACリクルートメント」や「ビズリーチ」のようなハイクラス向けのサイトも使いましょう。

デメリット2:拠点のない地方もある

デメリットの2つ目ですが、マイナビエージェントは、転職エージェントの中では中堅になりますので、大手ほど全国各地にあるわけではありません。したがって、お住まいの地域によっては、マイナビエージェントではない転職エージェントしかない場合があります。

それでも、マイナビエージェントで相談したいという方は、交通費をかけての相談か、電話やメールなど、面談手段が限られてしまう可能性があります。じっくりと詰めていきたい内容ばかりですので、この点は、デメリットと言えそうです。

地方の場合は「リクルートエージェント」や「doda」などの最大手や地域のエージェントを使う方がいいでしょう。

デメリット3:担当者の相性が悪いとうまくいかない

デメリットの3つ目は、マイナビエージェントに限ってというわけではありませんが、キャリアアドバイザーとの相性によって、相談できる内容が限られたり、キャリアアドバイザーの経験値によって、結果に差異がでたりする可能性があることです。

キャリアアドバイザーには、男性もいれば女性もいます。また、同世代の方もいれば、年上も年下もあり得ます。マイナビエージェントの社風としては、生き生きとした比較的若い方が活躍していますので、キャリア不足は否めない場合もあります。

相性の悪い担当者に当たってしまうと時間が無駄になってしまうので、最初から複数の転職エージェントに登録し、自分に合っているところだけを継続するようにしましょう。

マイナビエージェントでの転職で年収は上がるのか?

マイナビエージェントは、公式サイトで年齢別の平均年収と年収アップ率の情報を公開しています。

これによると、マイナビエージェントが最も力を入れている20代は、70%以上が転職後に年収が上がっています。特に21歳から26歳は平均80%以上が年収アップになっており、第二新卒転職の優位性が表れています。

30代の年収アップ率は平均55%と、20代に比べると大幅に下がっています。しかし34歳で64%、39歳で75%と、5歳ごとの節目で年収が上がりやすくなるようです。39歳の数値が高いのはスキルアップや管理職になる人が増えるからだと分析されています。

30代で年収を上げたい場合は、非公開求人の中でもより条件の良いものを探さねばなりません。「JACリクルートメント」や「ビズリーチ」のような、ハイクラス・高年収向けの転職エージェントやスカウトサービスを併用すると良いでしょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用する最大の良さは、事前に応募先企業の情報が手に入ることにあります。つまり、自分の条件とマッチングする会社のみに応募することが可能です。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるではなく、一撃必殺型就職活動と言えます。

このような自分の条件にマッチングする企業を探したときに、キャリアアップとして給与待遇が上がる可能性は当然にあります。この交渉などもキャリアアドバイザーが全て行ってくれますので、あなたが自身のみで行う就職活動とは全く違ってきます。

キャリアアドバイザーとの面談方法

20代におすすめ?評判と口コミからマイナビエージェントを使うメリットを解説

ご自身で就職活動をするのと、マイナビエージェントのような転職エージェントを活用するときの最大の違いは、キャリアアドバイザーのサポートがあるかないかです。

このキャリアアドバイザーとの関係により、より有利な条件のある企業への就職も可能となります。

キャリアアドバイザーとは、電話やメールによる非面談での相談から、直接会って面談方式で行う相談まで、いくつかの方法があります。どちらの方法をとっても、確実に自分のことは極力深く伝えた上で、積極的にキャリアアドバイザーを活用しましょう。

転職エージェントキャリアアドバイザーとの面談内容

それでは、キャリアアドバイザーとは、どのような面談を行うのでしょうか。一般的な転職エージェントにおけるキャリアアドバイザーとの面談内容をご紹介します。

まずはサポートをお願いしたい転職エージェント登録し、履歴書や職務経歴書を送付します。その後、就職したい職種や勤務先、給与などの待遇面など、自分の気持ちを伝えることになります。

高望みは失敗につながるため、きちんとした自身の状況をお伝えしましょう。

面談方法

下準備が整いましたら、いよいよキャリアアドバイザーとの面談となります。直接会って、または、電話などで、あなたの履歴書や職務経歴書を元に、どのような就職先を探しているのかを確認されます。

あなたにとってのベストマッチングする会社を探してもらうことになりますので、あなたによって答えにくい質問や答えたくない質問が投げかけられる場合があります。答えるも答えないもあなたの自由なのですが、可能な限り状況はお伝えすることをおすすめします。

あなたにとって不利な内容の話であっても、相手企業にはあなたの同意なしでは伝わりませんので、心配せずにいろいろな面で相談しましょう。

面談場所

キャリアアドバイザーとの面談場所は、基本的には、マイナビエージェントの営業所の中で行います。きちんとプライバシーが保護された空間での面談となりますので、その点については安心して大丈夫です。

諸事情で、マイナビエージェントの営業所を訪問できない場合は、あなたが可能な場所をお伝えしましょう。関東の方はほとんどの人が営業所の面談になるのではないかと思います。

また、マイナビエージェントの営業所がない地域にお住まいの方は、基本、電話かメールでの応対になります。直接面談と比べて、あなたのことが相手に伝わりにくい一面がありますので、できれば一度は直接面談をしましょう

運営会社について

20代におすすめ?評判と口コミからマイナビエージェントを使うメリットを解説

マイナビエージェントは、東京本社の人材紹介や人材派遣を主な業務にしている、株式会社マイナビが運営しています。マイナビは、新卒求人紹介の大手企業で、日本各地で、さまざまな合同就職説明会を行っている会社です。

株式会社マイナビの新卒求人は誰でも使うほどの最大手ですが、転職エージェントであるマイナビエージェントは、「リクルートエージェント」や「doda」という最大手の次で、セカンドグループに位置しています。小さすぎず、大きすぎず、かゆいところに手が届くような応対が望めます

マイナビエージェントが提供するジャンル別転職

20代におすすめ?評判と口コミからマイナビエージェントを使うメリットを解説

もともとの株式会社マイナビが得意なジャンル別就職に対しては、マイナビエージェントも同様で、さまざまな職業の転職について対応してくれます。

マイナビエージェントは、第二新卒や20代に強さを発揮していますが、ジャンルでは、親会社である株式会社マイナビが取り扱っている、看護師、薬剤師といった医療系が有名です。最近では、介護職のイベントもスタートしています。

さらには、総合職である事務系ジャンルやクリエイターのジャンルなどがあります。基本、幅広い職業に対応しています。

マイナビエージェントで就職を有利にしよう!

20代におすすめ?評判と口コミからマイナビエージェントを使うメリットを解説

このように、マイナビエージェント」は、20代の方の就職や転職には、ぜひ活用すべき会社です。

これらの転職エージェントを使うことにメリットがあるのは求職者側だけではなく、企業側も短い面接では知りえない情報を事前に確認できるメリットがあります。

橋渡しとして中間にいる「マイナビエージェント」は、両者がWIN-WINになるために奔走してくれますので、遠慮なく活用しましょう。

求職者側は全く費用はかかりませんが、企業側は、あなたを雇入れた場合、喜びとともに紹介料を転職エージェントに支払うことになることは頭の片隅に残しておきましょう。

賢く転職エージェントを活用して、あなたもキャリアアップを目指しましょう。

Related