Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月23日

評判が悪いって本当?dodaのエージェントサービスの口コミと評判から使うメリットを分析

転職を考えているなら、知らない人がいないといわれるほどの「doda」ですが、その魅力はどこにあるのでしょうか。特徴やサービスを解説し、実際に利用した人の声を紹介していきます。また、エージェントとの面談方法など具体的な活用方法も解説します。

dodaエージェントはこんな悩みを解決

評判が悪いって本当?dodaのエージェントサービスの口コミと評判から使うメリットを分析

doda(デューダ)」といえば、業界最大手の転職サポートサービスです。すべての業種や職種を網羅しており、求人数もトップクラスを常に維持しています。そんな「doda」ですが、実際に転職エージェントサービス利用した人の評価は高いのでしょうか。

そこで、本記事では「doda転職エージェントサービス」の特徴を紹介し、メリットやデメリットを解説していきます。また、SNSなどでよくある評判についても、その都度ピックアップしていくので、doda転職エージェントサービスを利用したい人は、チェックしてみましょう。

「doda転職エージェントサービス」とは、非公開の求人をエージェントに紹介してもらうサービスです。つまり、企業と利用者を仲介するのがエージェントであり、双方の希望などを調整してくれるサービスを行っています。

dodaのエージェントサービスの特徴

評判が悪いって本当?dodaのエージェントサービスの口コミと評判から使うメリットを分析

求人数がトップクラスなのがdodaです。そのため、dodaの会員に登録し、自力で求人を行っている会社を探したり、応募したりする人も少なくありません。無料の診断テストなども用意されているので、自分だけの力で転職活動することも不可能ではありません。

そうしたなか、「doda」には転職サイト、転職エージェント、スカウトの3つから構成されるdodaのサービスの内、転職エージェントを選ぶ人も少なくありません。スカウトは別の機会に紹介するとして、自力で転職活動を行う人は転職サイトを選びます。

一方、エージェントのサポートがほしい人は転職エージェントのオプションを追加します。まずは、転職エージェントの特徴を紹介します。

豊富な非公開求人を紹介

dodaの転職エージェントサービスに加入すると、転職サイトに掲載されていない、非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。これが、第一に大きな特徴です。

こうした求人の特徴は、人気があり、応募者が多く集まる求人であることです。つまり、皆に先駆けて求人を早く紹介してもらえるメリットがあるといえるでしょう。たとえば、人気企業の求人であったり、人気の職種であったりです。

また、企業側が求人していることを知られたくない場合にも、転職エージェントを通じて、必要な人にだけ情報が渡されます。たとえば、専門的な開発・研究案件である場合などです。

したがって、スキルが高い人、企業側から求められる資格などを持っている人、であるほど転職エージェントから受けるメリットが大きいといえます。どんなに能力があっても、求人そのものを知らないのでは、こちらからアクションを起こすことはできないからです。

専門性の高いアドバイザー

転職エージェントの場合、通常のサービスに比べて、利用者の職種、企業に詳しいエージェントが担当者になることが多いです。よくある悪い口コミとして「転職相談に乗ってくれる人が、その職種をほとんど知らないため、まともなアドバイスが受けられない」などがあります。

こうした不満を持ちにくいのがdodaの転職エージェントサービスといえるでしょう。もちろんdoda側の人材にも限りがあるので、不満を感じることもあるでしょう。しかし、口コミなどを読むと、比較的適材適所にエージェントが派遣される可能性が高いといわれています。

というのも、転職が成功しそうな人材を企業に引き合わせる、この転職エージェントサービスはdoda側にとっても実績を上げられるメリットが大きいからです。そのため、転職サイトに比べてよい条件の求人情報が得られるといわれています。

dodaのエージェントサービスのサポート紹介

評判が悪いって本当?dodaのエージェントサービスの口コミと評判から使うメリットを分析

dodaの転職エージェントはどのようなサポートを行ってくれるのでしょうか。dodaの場合、エージェントサービスを利用した場合でも料金はかかりません。そのため、転職活動を積極的に行う人は、とりあえず入っておくという人も少なくありません。

ただし、無料ゆえに、本当に役に立つのか、電話などが頻繁にかかってきて、かえって面倒なのではないかと心配になる人もいるでしょう。そこで、エージェントサービス内容を具体的に紹介します。

サポート1「応募書類の添削・面接サポート」

まず1つめは「応募書類の添削・面接サポート」です。転職活動をしたことのない人やブランクが空いた人などは、応募書類の書き方ひとつをとっても「これで本当によいのだろうか」と不安にもなりますし、「一般的なマナーを守れているか」と心配にもなるでしょう。

dodaでは「記入方法が分からない」などの相談も気軽に受け付けてくれ、また、応募企業によって応募書類や面接などに特定の傾向がある場合には、アドバイスをもらえます。

サポート2「応募書類の代行など」

転職となると、非常に多くの企業に応募書類を送らなければならないこともあります。こうした面倒な手続きを代行してくれるのも、dodaの転職エージェントのサービス内容です。

応募書類の作成を行い、もし企業から面接の依頼があれば、日程調整なども行ってくれます。まるで秘書のようなサポートを行ってくれるのが、dodaの転職エージェントサービスといえるでしょう。

そのため、会社勤めをしながらでも、転職活動がしやすいというメリットがあります。

サポート3「給料・入社日の交渉」

転職が決まりかけたときに、気になってくるのが給料や入社日などです。これらは、転職希望者がなかなか言いにくい内容であったり、「ここまで要求して不採用にならないだろうか」などと心配になったりする内容でもあります。

そうしたときに、dodaの転職エージェントに相談することで、希望に合わせた給料や入社日を企業と交渉してくれます。このサポートは内定が出たあとでも利用できます。交渉事が苦手という場合や転職に慣れていない場合には、dodaの転職エージェントのサポートを利用するほうがいいでしょう。

dodaのエージェントサービスのメリット

評判が悪いって本当?dodaのエージェントサービスの口コミと評判から使うメリットを分析

ここまでdodaの転職エージェントの特徴やサポート内容を紹介してきました。では、dodaの転職エージェントのメリットについて、利用者はどのように感じているのでしょうか。そこで、TwitterなどのSNSなどにおける利用者の生の声を紹介します。

ここで紹介する利用者の声は、あまり特殊なものではなく、多数の人の意見を代表するようなものを選びました。そのため、この記事を読んでいる多くの人にとっても当てはまることが多いのではないでしょうか。

メリット1「求人数が多い」

もともとdodaは求人数に定評があり、トップクラスの数を常に維持しています。しかし、裏を返せば多すぎて迷ってしまうということもあるでしょう。

転職エージェントなら、求人数が多いというdodaのメリットを活かし、転職エージェントが自分に合った企業を探してくれるというメリットがあります。もちろん、転職エージェントに任せきりにするのは良くありませんし、チャンスを逃してしまうこともあるので注意が必要です。

しかし、やはり、優秀はエージェントは頼れる転職のプロといえます。転職エージェントのサポートに上手に助けてもらうことで、よい転職が可能になるのではないでしょうか。求人数の多いことにメリットを感じている人の声を紹介します。

優良求人数が多い。さらに、エージェントの質が高く、レスポンスが早い、エントリー後遅くとも2日で返事を貰える。さらに、一社一社ダメだった理由を丁寧に教えてくれる。なかなか転職先が決まらずDODAエージェントに登録してない人は是非登録するべき。

出典: https://twitter.com/PF8kSN6AH3J6vio/status/10369220153057... |

DODAの転職エージェントと話をしたが、ものすっっっっごく有益な情報を得ることが出来た。
転職の事は忘れて、もう少し今の職場で頑張ってみる事にする。

出典: https://twitter.com/bato_22/status/1056885783628378112 |

普通に日本で転職を考えているだけなら、リクルートエージェントとDODA(デューダ)だけで十分と言えるでしょう。

出典: http://antenna.asia/recruitagent_and_doda/ |

メリット2「時間が有効に使える」

評判が悪いって本当?dodaのエージェントサービスの口コミと評判から使うメリットを分析

転職エージェントを利用すると時間が節約できるというメリットをあげる人も多いです。転職エージェントがいない場合、応募書類もすべて自分で書かなければなりませんし、日程調整もバッティングしないように自分で調整しなければなりません。

また、人によっては「自分はどのような職種に向いているのか」「どんな仕事をしたいのか」「就職できそうな企業はどこか」などを正確に把握できていないこともあります。そうしたときに、客観的に判断してくれる人がいるというのは大きなサポートとなるでしょう。

転職エージェント(リクルートエージェントなど)と転職サイト(リクナビネクスト、dodaなど)、両方使うと良いかもです。エージェントは非公開求人を持ってるのと、日程調整やってくれるのでオススメです!

出典: https://twitter.com/entropiajp/status/1026850623738634241 |

転職するなら転職エージェントをつけるのをオススメする。登録からの待ちで1週間、2週間くらい無駄にするから今のうちにdoda、マイナビとかで登録だけでもしといたら楽やと思うで。

出典: https://twitter.com/ta_hir0314/status/1060787467375194112 |

手帳持ちで転職ならDODAの転職エージェントなどがありますね。
自分はindeedで調べまくって大手の会社で未経験ながら技術職になりました。障害者雇用なら大手が穴場かもしれません。

出典: https://twitter.com/funaken11/status/1043827993154441216 |

メリット3「孤独にならない」

転職というのは孤独感をもつことがあります。いままで勤めていた会社を離れなければならない気持ちを持つ人もいるでしょうし、慣れない活動に不安になることもあります。転職エージェントは機械でなくて人なので、コミュニケーションをとること自体がサポートになることがあります。

たとえ、有力な情報を得られない会話や電話があったとしても、第三者に自分の転職状況や希望を離しているうちに、見えてくることというのもあるでしょう。dodaの転職エージェントを利用すれば、孤独になりにくいというのは大きなメリットといえます。

数ある転職エージェントで時短、子育てを理解してガンガン紹介してくれたのはDODA様だけでした。残念ながら就職には繋がらなかったけど、まぢ感謝です。

出典: https://twitter.com/search?q=doda%20%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3... |

僕はDODAの転職エージェントを使いました!
転職の時に色々相談して転職エージェントを勧められたので活用したんですけどめちゃ良かったのでオススメです!
後はあなたの頑張り次第

出典: https://twitter.com/d_0716/status/999216136452427776 |

流石DODA、恐るべしスピード感
転職エージェントに登録したら数分でアポイントの電話がきた
システマライズされた大手だからこそ成せるスピード対応…うーん、うっとり

出典: https://twitter.com/teRUKI13/status/933207355956670464 |

dodaのエージェントサービスのデメリット

評判が悪いって本当?dodaのエージェントサービスの口コミと評判から使うメリットを分析

dodaの転職エージェントサービスに対する意見は、良いものばかりではありません。デメリットがあったと感じる利用者のなかにはどんな意見があるでしょうか。ここでは、Twitterなどでdodaの転職エージェントを利用した人の意見・感想を紹介し、どんなデメリットがあったのか解説します。

デメリット1「焦る」「時間を拘束される」

人によっては熱心に転職をサポートしてくれると感謝する人もいますが、逆に、頻繁に電話をかけてくるので、早く転職をしろと急かされているように感じる人もいます。

dodaは求人数が多いのがメリットですが、逆に、数が多い分紹介する企業の数が多くなり、じっくりと考える暇もなく、次から次に求人を紹介されると感じるケースもあります。

こうした不満を感じた人の意見や感想を下で紹介します。ただし、総合的に考えると、dodaだけにこうした不満を持っている人は少ないといえます。同じような転職エージェントサービスを行っている会社は他にもありますが、こうした会社のサービスを利用している人も似たり寄ったりの意見が見られるからです。

DODAの転職エージェントが転職を焦らすし
じっくり考えたいといって話して電話切るとき速攻できられたわ( TДT)
紹介してくる求人も派遣系が多くて手がつけれん

出典: https://twitter.com/zero_Ryosuke/status/1035116542629793792 |

DODAの転職エージェントからの電話だった
こんな時間にかけてくんのかよ…

出典: https://twitter.com/search?q=doda%20%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3... |

DODA  数の暴力
リクルートエージェント 求人がいいのと悪いのとの差がある
マイナビジョブ20s エージェントが上から目線
メイテックネクスト 製造業特化だけあり詳しいさすが
マイナビエージェント 4回も断られた論外

出典: https://twitter.com/zamas_atrocious/status/10039747614440... |

デメリット2「エージェントと合わない・使えない」

担当になった転職エージェントと気が合わないと感じる人や、エージェントの能力に不満を感じる人がいます。もし、こうした状況になってしまえば、かえって自分ひとりで求人情報を探した方が効率的であることもあるでしょう。

そのため、もし、転職エージェントに満足できないならば、サポートをしてくれるメリットよりは邪魔に感じるデメリットが大きくなってしまします。

結局のところ、人対人なので、気が合う・合わないはあるでしょう。しかし、リクルートに比べると転職エージェントに対する不満が多いと分析する人もたくさんいます。つまり、dodaの転職エージェントは質が悪いということです。

しかし、反対に、メリットで紹介した人達の声のように、転職エージェントに満足する人も少なくありません。こればかりは、ある程度、運の部分もあるともいえます。また、転職エージェントの個性に合わせて、ある程度、こちらから歩み寄る姿勢も必要です。

転職エージェントのDODA、初めて利用してみたけど、他社のエージェントと比較して圧倒的にクッッッッッッソ頭が固すぎて引いた。面接対策も定型的な質問しかしないし、むしろ転職の面接で、この話の流れでその質問しかしないとか人事どんだけコミュ障なんだよ、こっちから払い下げだわってのしかしない

出典: https://twitter.com/sofreak/status/944795420613492736 |

この2ヶ月ほど転職活動してわかったこと
・リクナビNEXTくんは転職エージェントだけ使え
・DODAくんの転職エージェントはあまり役に立たない
・DODAくんで企業に直接応募したら応募日と応募職種メモっとかないと後々死ぬ
・マイナビNEXTは役に立たない
です

出典: https://twitter.com/neronchori/status/1003502289204604929 |

狙ってた企業に落ちました。製造業、人足らないんじゃないの。というかDODAの転職エージェント使えんのか?ずっと使ってるけど、全然上手くいかない。

出典: https://twitter.com/LIFE67839307/status/983615829936754688 |

デメリット3「弱者に冷たい」

dodaの転職エージェントを他社と比べると、弱者に弱いと感じる人もいるです。弱者が何にあたるのかは一概に言えませんが、下で紹介している意見・感想を発した人は、たとえば発達障害であったり、障害者であったりします。

会社として、本当にこのような傾向があるのかどうかは一概にはいえません。最終的には、転職エージェントの人柄や能力に負うところも多いのでしょう。

今、転職活動中です。んで、発達障害を転職エージェントに打ち明けた場合の対応です。
DODA→面談で支援出来ないと断られる。
パソナ→支援できないと面談も拒否される。
リクルート→大変だけどやりましょう。とにかく手数で勝負です!

リクルート惚れてまうやろ

出典: https://twitter.com/RecrapCraft/status/974721505228595200 |

障害者向け転職エージェントの「DODAチャレンジ」から連絡があったんだが、現時点で紹介できる求人がないとのこと。対して「アビリティスタッフィング」のほうからはガンガン求人紹介が来ているので、合計6社ほと応募してみた。

出典: https://twitter.com/megrepper/status/964088961688719360 |

DODA転職エージェントを利用したが、
自分の夢を聞いたとかと思えば
「その夢に向かってまず片っ端から面接を受けましょう」と40枚前後の求人(ほぼ常駐派遣)をドサッとおかれ「受けないならレベル低いままですよ?」と言われて翌日利用をやめたわ。
条件が今より悪くなるなら誰が行くっての

出典: https://twitter.com/project_thc/status/1007342505254256641 |

dodaの転職エージェントサービスで年収UP?

評判が悪いって本当?dodaのエージェントサービスの口コミと評判から使うメリットを分析

dodaの転職エージェントを利用したからといって、必ず年収が上がるとはいえません。しかし、転職エージェントサービスを行っている会社にはそれぞれ傾向があります。では、dodaが公表しているデータを元に傾向を解説します。

年齢・どれぐらい上がるのか

dodaが公表しているデータによると、年収アップが期待できるのは27~29歳までが最も高くなっています。また、転職回数は平均すると1回以下です。年収アップした人達の金額を平均すると55万円程度で、最も年収がアップした人の場合は440万円です。

総合的に考えると、若いうちに、はじめての転職をした人の年収が上がる傾向があるといえるでしょう。これらは、他の転職エージェントでも同じ傾向です。

また、特定のスキルを持っており、なおかつその能力が徐々に向上していく場合は年収が上がりやすいといわれています。しかし、営業職など目に見えないスキルの場合、企業が正確に評価しにくいこともあるため、たとえばエンジニアなどのほうが年収アップしやすいです。

業種

dodaで年収アップしている割合が高い順に業種を並べると、1位専門商社、2位人材サービス/アウトソーシング/コールセンター、3位金融、4位建設/プラント/不動産、5位総合商社となっています。

専門的スキルが必要とされる業種で年収アップが見込めるといえるでしょう。また、年収アップすることを条件に転職することの多い業種である人材サービスなどが上位にランクインしている傾向もあります。

これらはdoda独自の傾向というよりは、他の転職エージェントと似たような傾向があるといえるでしょう。

キャリアアドバイザーとの面談方法

評判が悪いって本当?dodaのエージェントサービスの口コミと評判から使うメリットを分析

dodaには「キャリアアドバイザー」いうスタッフがいます。キャリアアドバイザーとは「転職しようかどうか迷っている」という段階の相談者をはじめとして、「どのような企業に転職できそうか」「年収アップの見込みはあるか」などまでアドバイスしてくれるスタッフです。

キャリアアドバイザーと面談を行うにはどのようにしたらよいのでしょうか。

面談方法

まず、dodaに登録する必要があります。すると、折り返しdodaよりメールや電話で返答がくるので、面談日時を決めます。

dodaでは面談のことを「キャリアカウンセリング」と呼んでいます。時間帯は平日が9:00~20:00、土曜日が10:00~18:00の間で予約できます。なお、ゴールデンウィークや年末年始は変更されることがあるため、注意が必要です。

なお、スタッフをこちらから選択することはできません。登録時に記入した内容に基づいて、できるだけ希望する業種や職種に詳しいスタッフが選ばれます。また、面談前に、電話でヒアリングを行なうことがあります。

面談場所

自宅や会社からの近い、dodaを運営するパーソルキャリアの各拠点が奨められますので、アクセスの良い場所を選びましょう。当日の持ち物で必要なのは、職務経歴書です。職務経歴書があれば、より具体的にアドバイスがしやすいことから、dodaでは推奨されています。

doda転職エージェントの運営会社について

dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営する転職情報サイト、ここからは社名・運営年数・求人数・セミナー情報を紹介します。

社名パーソルキャリア株式会社
運営年数29年
求人数非公開 ※公開データは2018年11月で57,776件
セミナー情報HPにて告知 ※2018年11月30日 転職フェア開催など

dodaが提供するジャンル別転職サービス

評判が悪いって本当?dodaのエージェントサービスの口コミと評判から使うメリットを分析

dodaが提供しているジャンル別転職サービスは以下のようになっています。すべての職種を扱っているdodaの転職エージェントですが、ジャンル別に情報も発信されているので、上手に活用しましょう。

業界別転職情報と専門サイト

dodaでは以下の業種別転職情報が載っています。業種別の情報のなかから、さらに細かい職種や分野を選択できるので、求人情報を見つけやすいです。

また、専門サイトも用意されています。エンジニアのための専門サイトや、グローバル、中国などのキーワードに関連がある情報がまとめられています。これらのサイトから、転職エージェントに申し込むことも可能です。

また、特集記事などが組まれていることもあるので、定期的にチェックすることで有益な情報が得られるのではないでしょうか。

業界別転職情報専門サイト
IT転職ITエンジニア
金融転職ものづくりエンジニア
メーカー転職メディカル
医薬品・医療機器転職エグゼクティブ
商社転職グローバル
中国

業界大手のdoda転職エージェントにまず登録を!

評判が悪いって本当?dodaのエージェントサービスの口コミと評判から使うメリットを分析

dodaは転職サービス大手です。リクナビなどとともに、転職を考えている人であれば、まずは登録をしておくべきサイトといえます。「dodaの転職エージェントサービス」などを活用することにより、転職活動をスムーズに行うことができるでしょう。

Related