Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月03日

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

20代での転職は早いという声がある一方で、社会人3年目は転職の時期だともいわれています。こちらの記事では入社3年目のよくある悩みや、入社3年目で転職する人におすすめの業界・職種をご紹介します。第二新卒にオススメの転職サイト・転職エージェントもご紹介します。

20代が第二新卒として転職するには

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

社会人3年目になると新卒の時期と比べて自分に自信が持てるようになってきます。その一方で仕事に対する不満が顕著に出てくる時期でもあります。スキルアップのために転職を考える方も多いでしょう。

入社3年目の20代は、第二新卒として転職市場でも価値ある存在です。もし転職を考えているのであれば、第二新卒を存分に活かせるこの機会に転職サイト・エージェントを使って転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

入社3年目の20代によくある悩み

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

まずは現状を知るために、入社3年目の20代によくある悩みについてご紹介します。「仕事と給料のバランス」「会社の悪いところが気になる」という2つです。もし悩みが解決しないのであれば転職を視野に入れてみるのもいいのではないでしょうか。

悩み1:仕事と給料のバランス

入社3年目の20代によくある悩み1つめは「仕事と給料のバランス」です。新卒として入社して3年が経つと基本的なビジネスマナーやビジネススキルが身についてきます。また後輩の指導を任されることも増えてきます。

他にも責任感のある仕事を任されるようになります。給料に反映されればモチベーションアップにも繋がりますが、思った以上に年収アップに繋がらないことで仕事を続けていいのか悩んでしまう方が多いです。

悩み2:会社の悪いところが気になる

入社3年目の20代によくある悩み2つめは「会社の悪いところが気になる」です。入社3年目になると会社の仕組みを理解してきます。20代とはいえ、だいたいの評価の基準や昇進の流れなども理解してくるのではないでしょうか。

その中で会社の欠点にも気づきます。会社の良い部分と悪い部分を天秤にかけたときに悪い部分が気になることで、今の会社を続けていても期待できないのではないかと悩みます。

入社3年目の20代の転職人数・転職回数

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

ここからは、転職人数・平均転職回数についてご紹介します。新卒で入社して3年目までに離職する人は、だいたい3割程度だといわれています。転職回数についてですが20代の転職は2回までがギリギリのラインです。20代で転職回数が多い人は面接でも「すぐに辞めるのではないか」と危惧されます。注意しましょう。

転職満足度

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

転職満足度は「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間」「職場環境」などを総合的に判断する目安になります。転職先に何を求めるのかは個人差がありますが、第二新卒で転職を考える人のほとんどが気になる項目でしょう。

転職サイト・転職エージェントを選ぶ際には転職満足度を参考にすることをオススメします。また、求人数やサポート力・情報量なども参考になります。

入社3年目の20代が転職する前に考えてほしいこと

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

ここからは、入社3年目の20代が転職する前に考えてほしいことを2つご紹介します。「リクルートスーツは避ける」と「給料アップにこだわりすぎない」です。20代という若さに需要がある一方で、第二新卒として中身がしっかりしていることを求められます。

第二新卒の注意点1:リクルートスーツは避ける

第二新卒の注意点1つめは「リクルートスーツは避ける」です。新卒の就職活動ではフレッシュさをアピールできたリクルートスーツですが、第二新卒ではマイナスイメージになってしまいます。

20代という若さだけでは第二新卒の人材として魅力がありません。3年という社会人経験を存分にアピールできるのは「ビジネススーツ」です。企業から見たときにご自身のイメージはいかがでしょうか。第一印象は大切です。

第二新卒の注意点2:給料アップにこだわりすぎない

第二新卒の注意点2つめは「給料アップにこだわりすぎない」です。社会人経験が3年あるということはアピールポイントになりますが、給料アップは入社後に評価してもらうという姿勢で臨むことが大切です。

入社3年目の20代で転職する人に企業が求めること

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

ここからは企業が求めることについてご紹介します。「ビジネスマナー」「ビジネススキル」の2つです。入社3年目の20代は第二新卒として何が求められるのか事前に知っておくと安心です。

第二新卒に求めること1:ビジネスマナー

入社3年目の20代で転職する人に企業が求めること1つめはビジネスマナーです。ビジネスマナーには外見も含まれます。身だしなみがきちんとしていることが求められます。報連相がしっかりとできるかどうか、効率的な仕事の進め方を考えられるかどうかも求められます。

第二新卒に求めること2:ビジネススキル

入社3年目の20代で転職する人に求めること2つめはビジネススキルです。ビジネススキルとは業務を円滑に進めるためのスキルであったり、人間関係を円滑にするコミュニケーションスキル、場合によっては問題が起きたときに解決するスキルのことです。第二新卒には完璧なものが求められるわけではありませんが、社会人として基本的に求められることがどのようなものなのかは理解しておきましょう。

20代が入社3年目で転職するメリット

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

ここからは20代が入社3年目で転職するメリットについてご紹介します。転職にはメリットとデメリットがあります。冷静に分析して自分は転職するべきなのかどうか考えてみましょう。

こちらでは「職場環境の改善」「未経験の職種へ挑戦できる」「失敗してもやり直しがきく」という3つのメリットをご紹介していきます。同じ20代でも入社3年目の第二新卒として転職するからこそのメリットについて知っておきましょう。

メリット1:職場環境の改善

20代が入社3年目で転職するメリット1つめは「職場環境の改善」です。職場環境とは仕事を行う環境のことです。環境とは人間関係はもちろんですが、明るさや騒音などすべてのことが含まれます。

精神的にも物理的にも居心地の良い環境は誰もが望むものですが、何かしらの悩みがある方も多いのではないでしょうか。悩みがある方は20代の第二新卒としてアピールできる時期に転職することで居心地が良くなる可能性があります。

メリット2:未経験の職種へ挑戦できる

20代が入社3年目で転職するメリット2つめは「未経験の職種へ挑戦できる」ということです。入社3年目は、第二新卒の人材としての魅力があります。ひとつの企業に染まっていないところも魅力のひとつです。20代後半や30代になると実務経験が求められますので未経験の職種に応募しても不利になります。興味のある業界・職種があるのであれば今のうちに挑戦しておきましょう。

メリット3:失敗してもやり直しがきく

20代が入社3年目で転職するメリット3つめは「失敗してもやり直しがきく」ということです。20代後半や30代で転職に失敗するとやり直しがきかなくなってきます。実務経験を活かした転職先を選んでも苦労することもあります。

その点、入社3年目の20代は第二新卒として基本的なことは求められますが、まだまだ失敗が許される年齢でもあります。転職を先延ばしにするよりは今がチャンスだといえるでしょう。

20代が入社3年目で転職するデメリット

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

ここからは20代が入社3年目で転職するデメリットについてご紹介します。転職にはメリットがあればデメリットもあります。入社3年目の20代は転職に挑戦するメリットがあることがわかりましたが、第二新卒として転職活動をするとどのようなデメリットがあるのでしょうか。こちらでは「仕事を続けることで得る経験を逃す」と「高いスキルを求められることがある」という2つについて解説していきます。

デメリット1:仕事を続けることで得る経験を逃す

20代が入社3年目で転職するデメリット1つめは「仕事を続けることで得る経験を逃す」です。同じ仕事を長く続けることで得られる経験はすぐに仕事を辞める人に経験できないものでしょう。入社3年目の20代は社会人としての基本的な経験を積んだに過ぎません。

第二新卒として転職活動をするメリットはありますが、ひとつの職場で長く続けることで見えるものもあります。失敗しないように見極めが大切です。

デメリット2:高いスキルを求められることがある

20代が入社3年目で転職するデメリット2つめは「高いスキルを求められることがある」ということです。第二新卒はひとつの会社に染まっていないところや社会経験があるところが人材としての魅力だと述べましたが、企業によっては高いスキルを求められることがあります。

新卒で入社した企業の基本的なビジネスマナーやビジネススキルがどの程度のものなのか調べておくといいのではないでしょうか。

入社3年目で転職する人にお勧めの業界・職種

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

ここからは入社3年目の20代が第二新卒として転職活動をする上で、おすすめの業界・職種についてご紹介していきます。一番需要があるのは今までいた業界・職種です。

しかし他のことに挑戦できるチャンスを活かしたいのであれば同じ業界・職種を選ぶ必要はありません。こちらでは第二新卒におすすめな転職先として「IT業界」「営業職」「ベンチャー企業」の3つをご紹介します。

第二新卒におすすめの業界職種1:IT業界

第二新卒として入社3年目の20代におすすめする業界・職種の1つめは「IT業界」です。こちらはインターネット関連の仕事を含みます。IT業界やインターネット関連の仕事は専門スキルが身につくというメリットがあります。将来、独立しやすいという点も魅力です。

未経験でも、第二新卒であれば新しいことを吸収する力があるので挑戦しやすいでしょう。専門知識を勉強する覚悟がある方にはおすすめです。

第二新卒におすすめの業界職種2:営業職

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒として入社3年目の20代におすすめする業界・職種の2つめは「営業職」です。営業職は特別な資格やスキルが求められない傾向があります。未経験から挑戦しやすい職種のひとつでもあります。給料面も、比較的高い傾向にあります。第二新卒にもおすすめです。

第二新卒におすすめの業界職種3:ベンチャー企業

第二新卒として入社3年目の20代におすすめする業界・職種の3つめは「ベンチャー企業」です。第二新卒としてベンチャー企業に転職すると、将来的に若くして重要なポジションにつける可能性があります。また自分の裁量で仕事ができる部分も多い傾向にあります。

入社3年目で転職する人にお勧めの転職サイト

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

転職のメリットやデメリットについてわかったところで、ここからは入社3年目で転職する人におすすめの転職サイトをご紹介します。「リクナビNEXT」「doda」「マイナビ転職」の3つです。求人数・サポート力・満足度を参考にしてみてください。転職サイトは希望条件が明確な方におすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT5段階評価
求人数★★★☆☆
サポート力★★★☆☆
満足度★★★★☆

入社3年目の20代・第二新卒におすすめの転職サイト1つめは「リクナビNEXT」です。求人数は同じリクルート系列のリクルートエージェントに比べると少ないですが、転職サイトの中では人気です。

ご自身の経歴を登録しておくと興味を持った企業や提携エージェントからオファーがもらえます。人気の企業には応募が集中してしまうことが多いのでその点は注意が必要です。

doda

doda5段階評価
求人数★★★★☆
サポート力★★★☆☆
満足度★★★☆☆

入社3年目の20代・第二新卒におすすめの転職サイト2つめは「doda」です。「doda」はスカウトサービスの他にエージェントサービスも提供しています。doda」は中小優良企業や地方案件などが充実しているとの声が多く見受けられます。

転職サイトのスカウトサービスでは、匿名で企業からのスカウトを受けることが可能です。名前や生年月日などの情報は企業や人材紹介会社には公開されないので在職中も安心です。

マイナビ転職

マイナビ転職5段階評価
求人数★★★☆☆
サポート力★★★★☆
満足度★★★☆☆

入社3年目の20代・第二新卒におすすめの転職サイト3つめは「マイナビ転職」です。マイナビ転職は情報量が多いというのが特徴です。マイページや掲載情報が見やすい点も魅力です。求人数も揃っていますが、ハイキャリア求人をお探しの方はやや案件が少ないと感じるそうです。また、非公開求人をお探しの方はマイナビ転職よりもマイナビエージェントの方が数が多いのでおすすめです。

入社3年目に転職する人にお勧めの転職エージェント

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

ここからは入社3年目で転職する人におすすめの転職エージェントをご紹介します。「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」「第二新卒エージェントneo」の3つです。こちらも求人数・サポート力・満足度を参考にしてみてください。転職エージェントは自分に合ったものを使うことで効率的に支援してもらうことができます。

マイナビエージェント

マイナビエージェント5段階評価
求人数★★★★☆
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

入社3年目の20代・第二新卒におすすめの転職エージェント1つめは「マイナビエージェント」です。「マイナビエージェント」の案件数は業界でもトップクラスを誇るといわれています。特に、第二新卒の方や中小企業の転職を視野に入れている方ら求人の質が高いと好評です。

キャリア志向の求人は中小企業に比べると少なく感じる方が多いといわれていますが、職務経歴書・履歴書も丁寧に添削してもらえると評判の転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント5段階評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★☆
満足度★★★★☆

入社3年目の20代・第二新卒におすすめの転職エージェント2つめは「リクルートエージェント」です。国内最大手としても有名ですが、有名非公開求人を含めた求人数が多いところが特徴です。

登録している人の数が多いので細かな対応が遅くなりがちだという声が見受けられますが、面接対策は圧倒的に質が高いという情報が多く、外資系や海外企業の求人など、ハイレベルな求人を求めている方にもおすすめの転職エージェントです。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo5段階評価
求人数★★★☆☆
サポート力★★★★☆
満足度★★★☆☆

入社3年目の20代・第二新卒におすすめの転職エージェント3つめは「第二新卒エージェントneo」です。こちらの転職エージェントは主に第二新卒や既卒・フリーター・中退・高卒の方の支援を得意としています。

フリーターから正社員になれたという声も多く見受けられます。しかし現状では関東と関西の求人が多く、地方の求人にはあまり対応していません。キャリアに自信がない方にはおすすめの転職エージェントです。

年収

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

ここからは20代の年収についてご紹介します。「平均年収」「年収アップ率」の2つをご紹介していきます。第二新卒の転職は年収がダウンすることもあるといわれています。面接でしっかりと確認する必要があります。

平均年収

入社3年目の20代半ばの平均年収は、だいたい300万円弱だといわれています。男女差の平均額は50万円程度の差があることが多く、男性平均は320万円程度、女性平均は260万円程度だといわれています。

年収アップ率

入社3年目の20代が第二新卒として転職した場合、年収がダウンするという声が多く見受けられます。その理由として挙げられるのが、第二新卒は面接の段階では新卒とは異なる扱いをされても入社すると最初は新卒と同じような水準で扱われやすいためです。

入社3年目であれば3年分給料が上がっているのではないでしょうか。その一方で将来性に期待されて年収アップしたという人もいます。二極化する傾向がありそうです。

20代が第二新卒として転職できる時期は限られる

【社会人3年目は転職の時期】第二新卒におすすめの転職エージェント

いかがでしたか。20代が第二新卒として転職活動ができる時期は限られています。もし今の会社に長くいることが考えられないのであれば、自分に合った転職サイトや転職エージェントを利用することを検討してみてはいかがでしょうか。会社で過ごす時間は人生の中でも多くの割合を占めます。安易な転職は避けるべきですが、登録しておくといろいろな情報を知ることもできるのでおすすめです。

Related