Search

検索したいワードを入力してください

試用期間中に辞めたい場合の対処法|正社員/パート/派遣社員

更新日:2020年08月20日

試用期間で辞めたいと感じたことはありますか?多くの仕事で設定されている試用期間ですが、この期間ですでに辞めたいと感じる人は多いです。試用期間で辞めたいと感じたのであれば、素早く退職の手続きを取る必要がありますので、その方法を知っておきましょう。

試用期間に辞めたい理由は?

企業に就職すれば正社員として働くことになりますが、いきなり正社員で働けるとは限りません。採用の区分では正社員であっても、企業によっては最初の数ヶ月を試用期間としている場合もありますし、試用期間中は派遣社員などと同じ条件で働く場合もあります。

試用期間は企業で本当に働くことができるか、活躍することができるかを見極めるための期間であり、この期間でしっかりと実力を示すことができなければ、正社員として働けない場合もあります。

また場合によってはそのまま解雇の対象になることもありますので、試用期間だからと油断することはできません。しかし試用期間であっても辞めたいと感じる人は多く、労働者から退職を切り出す場合もあります。試用期間で辞めたいと感じる理由としては、どのようなものが考えられるでしょうか。

合わないから辞めたい

試用期間で辞めたいと感じる理由としては、企業と合わないことが挙げられます。人によって何を合わないと感じるかは違いますが、社風であったり、仕事内容などが合わないと感じると辞めたいと考える人が多いです。試用期間は数ヶ月程度であることが多く、最長でも一年となっています。

そのため短期間で企業のすべてを知ることはできませんし、もっと長期間働いていれば企業の魅力を感じるようになる場合もありますが、そこまで我慢するのは非常に大変です。

また我慢して続けたからといって、仕事が面白くなるという保証はありませんし、早期に退職して次の仕事を探したいと考える人は多いです。合わないと感じれば試用期間でも辞めたいと考える人が多いので、、就職前に合うかどうかを確認しておくことも大切です。

人間関係が嫌で辞めたい

試用期間で辞めたいと感じる理由としては、人間関係が挙げられます。人間関係が悪いと試用期間であってもすぐに辞めたいと感じますし、続けていく自信がなくなる人は多いです。仕事をする上ではどんな仕事をするか、自分に合った本当にやりたい仕事ができるかどうかが大切ですが、それだけではなく誰と仕事をするかも大切です。

本当にやりたい仕事であっても、周囲の人間関係次第では仕事が面白くなくなってしまう可能性がありますし、辞めたいと感じてしまうことも多いです。

仕事をする上では人間関係は非常に重要なものであり、試用期間かどうかに限らず、退職の理由としては多いです。人間関係は退職理由でも上位に挙げられるものであり、これが悪いと試用期間でも辞めたいと感じてしまいます。

条件が悪すぎるから辞めたい

試用期間で辞めたいと感じてしまう理由としては、労働条件の悪さが挙げられます。労働条件にもさまざまなものがありますが、給料があまりにも安すぎたり、その割に仕事量が多いなど、割に合わないと感じると辞めたいと考える人は多いです。どれだけ高い給料をもらっていたとしても、仕事がハードすぎては続けるのが難しいですし、辞めたいと感じてしまう人も多いです。

また仕事はどれだけ楽であっても、生活ができない給料では辞めたいと感じますし、他の仕事を探そうと考えます。給料があまりにも安すぎたり、給料が高くても、拘束時間が長かったり、仕事量があまりにも多い場合は辞めたいと感じる人が多いです。労働条件も仕事をする上では非常に重要なものですので、就職前にきちんと確認しておく必要があります。

試用期間中に辞めたいときの対処法は?

試用期間中に辞めたいと感じる理由はさまざまであり、多くの人が試用期間中ですでに辞めたいと考えています。仕事を退職するためには退職の手続きをとらなければなりませんが、ここで問題になるのが試用期間中に辞めることはできるのか、あるいは試用期間中に辞める場合の手続きも正社員と同じなのかということです。

試用期間はいわばお試し期間であり、企業としても労働者の能力などを判断するための期間です。そのため基本的には教育、研修が目的であり、実際には労働と見なされていない場合もあります。

この状態で辞めるのは企業の不利益につながりますし、辞めれるのかどうかと悩む人は多いです。試用期間中に辞めたいと感じた場合は、どのように対処すればいいのか、その方法を知っておきましょう。

言い出せない

試用期間中に辞めたいと感じれば、退職したい旨を上司などに伝える必要があります。しかしなかなか言い出せずに悩んでいる人は多く、辞めたいと感じてはいるものの、言い出せずに時間だけが過ぎてしまうということも多いです。試用期間であっても退職を申し出れば辞めることはできますので、悩まずにきちんと退職伝える必要があります。

辞めたいと考えているだけでは、いつまで経っても辞めることはできませんし、そのまま使用期間を終えてしまう可能性もあります。辞めたいと感じてネガティブな気持ちのままで働いていてもいいことはありませんし、プラスにもつながりません。言い出しづらいという気持ちもありますが、辞めたいのであれば、はっきりと辞めたいと意思表示をすることが大切です。

電話で申告

試用期間中に辞めたいと感じ、直接伝える勇気が出ない場合は、電話で申告しても構いません。本来のマナーとしては直接伝えることが大切ですが、直接ではなかなか伝えられないという人は電話がです。電話であれば相手の顔を見ずに済みますので、少しは緊張も和らぎますし、事前に言うべきことをメモしておけば伝え漏れることもありません。

電話であっても退職を切り出すのは緊張しますし、事前に言う事を決めておき、書き出していくのがです。後日呼び出されて詳細について話し合うことにはなりますが、退職を切り出す最初の手段としては、電話で申告するのもいいでしょう。

退職届の出し方

辞めたいと感じれば退職したい旨を切り出し、退職届を提出する必要があります。この手順は正社員でも試用期間でも同じであり、退職するためには退職届を提出しなければなりません。ただ退職届は企業によってはフォーマットが決まっている場合もあり、その場合はそれを使用して必要事項を記入すれば退職届となります。

企業によって取り決めが違っていますので、まずは退職の旨を伝え、退職のスケジュールなどを相談してから改めて退職届を提出するのがです。

もちろん少しでも早く辞めたいのであれば、退職届を自作して提出しても問題はありません。企業にフォーマットがある場合は書き直しとなりますが、特になければそのまま受理されますので、退職の意思の強さをアピールしたいならです。

試用期間中は即日辞められるのか?

試用期間中に辞めたいと感じれば、退職の手続きを進める必要がありますが、問題はいつ辞められるのかということです。正社員であれば退職までにもさまざまなことをしなければなりませんので時間がかかります。

しかし試用期間中であれば、受け持っている業務もほとんどないことが多いですし、辞めようと考えればすぐに辞めることも可能な場合もあります。試用期間であれば退職準備にもそれほど時間はかかりませんが、即日辞めることはできるのでしょうか。

正社員

試用期間であっても、正社員として働いている場合は退職を申し出ても即日辞めることはできません。退職については14日前までに申し出ることと法律で決められており、退職届を提出しても退職できるのは最短で14日後になります。そのため即日辞める気があっても辞めることはできず、少なくとも14日間は働かなければならないことを覚えておきましょう。

また企業によっては就業規則で別途退職までの期間を設けている場合もあります。その場合はそれに従う必要があり、不当な拘束期間でなければ就業規則が優先されます。最長で一ヶ月程度になる場合もありますが、試用期間であれば業務を担当していないことも多いので、14日で辞められることがほとんどです。

次のページ:試用期間中に辞めたい場合の保険証はどうすればいいのか?

初回公開日:2018年02月24日

記載されている内容は2018年02月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests