Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月09日

高給取りになれる仕事8つ|高給取りに必要なスキル5つ

高給取りとは年収いくらからで、そしてどんな職業に多いのでしょうか。サラリーマンやキャリアウーマンにとって、高給取りは憧れの的でしょう。この記事では、高給取りの基準や職業、必要なスキルについてご紹介します。高給取りを目指している方はぜひご覧ください。

高給取りとは

高給取りになれる仕事8つ|高給取りに必要なスキル5つ

「高給取り」は「高額な給料を得ている人」のことを指す言葉です。そのほかにも、「企業の中で高い役職に付いている人」「職能の優れた人」といった意味合いを含めて用いられることもあります。

この記事では、その中でも真っ先に思い浮かぶ、「高額な給料を得ている人」を意味する「高給取り」について詳しく説明していきます。

高給取りの基準

年収がいくらくらいになると、「高給取り」になるのでしょうか。バブル時代のイメージからか、一般的には年収1,000万以上からが高給取りとされます。

しかし、2016年度の日本人の平均年収は420万円程となっており、年収1,000万円は夢のような数字です。よって、平均年収にプラス200~300万円程所得が増えれば、生活への変化を実感できるため、平均年収700万円程が高給取りの境界線ともいえます。

高給取りになれる仕事8つ

高給取りになれる仕事8つ|高給取りに必要なスキル5つ

上記で説明したような、平均年収700万円を手に入れることのできる「高給取り」の職業には、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、「高給取り」とされる8つの職業を紹介します。仕事選びでどこに重きを置くかは人それぞれですが、賃金に重きを置く場合は、どれだけ稼げるかポイントになってきます。お金をより多く稼げる仕事に就きたい方は必見です。

仕事1:医者

高給取りの代名詞といってもよい職業として挙げられるのが医師です。平均年収は1,000万円の大台を優に超えています。医師は、企業規模が小さいほうが個人の収入は多く、100人以下の規模の病院では、平均年収は1,700万円程まで上がります。

また、人の命を扱う職業であるため、人の命と向き合う精神力の強さも必要とされます。仕事内容の対価としては、高給取りであることはある意味当然の権利であるといえるでしょう。

仕事2:パイロット

高給取りになれる仕事8つ|高給取りに必要なスキル5つ

パイロットの平均年収は2,000万を超えます。ただ、このパイロットの平均年収は大手航空会社の平均値であり、格安航空機や自衛隊や物資輸送系のパイロットは含まれないため注意が必要です。年収2,000万超えのパイロットになりたい場合は、大手航空会社へ就職しましょう。

また、パイロットになるには、航空大学校や航空会社での訓練をおこない、国家資格を取得する必要があります。

仕事3:弁護士

高給取りのイメージが強い弁護士ですが、思いのほか平均年収は750万円とあまり高くないのが現状です。弁護士人口や事務所そのものが増えてしまっている現状があり、競争が激化していることが原因となっています。

紹介した平均年収750万円に関しても、大手事務所や大手企業顧問弁護士に高給取りが多いことで引き上がっていますが、年収200万円前後といった収入で働いている弁護士がいることも現実です。

仕事4:公認会計士

公認会計士の平均年収は約900万円と、こちらも豊かな私生活をうかがえる職となっています。公認会計士は、企業の監査と会計を専門分野とする国家資格を持つ職種です。

その専門性から、スキルの獲得までには多大な努力が必須となります。監査や税務に加えて、コンサルティングまで行うので、求められるものも多く、高給取りであることも納得できる仕事です。

仕事5:大学教授

大学教授も、平均年収1,000万円を超えるため、非常に高給取りが多い職業と言えます。大学教授の給与は、学生が納める学費から賄われているため、勤務している大学の生徒数によって大きく左右されるといえます。

また、私立大学か国立大学かでも変わってきますし、研究費として研究室に割り当てられた予算が少ない場合には、教授の給与から捻出する場合もあります。

仕事6:官僚

官僚の年収には幅があります。内閣府審議官、公正取引委員会事務総長、警察庁次長、警視総監などのキャリア組の役職は、 指定職俸給表が適用され、年収1,400万円ですが、その他は年収500万円となります。

官僚になるにしても、いわゆる「キャリア官僚」を目指さなければ高給取りにはなれません。

仕事7:外資系

外資系企業の社員が高給取りであることは、容易に想像できますが、そもそも、外資系企業とはどのような企業なのでしょうか。

外資系企業には大きく分けて3パターンあり、1つ目が日本に進出した海外企業の子会社、2つ目が日本の企業との共同出資、3つ目が日本企業の買収というものです。

企業によって年収は異なりますが、海外の働き方が大きく反映されるため、実力主義や高給与が土台としてあり、高給取りになりやすいです。

仕事8:税理士

年収1,000万円を下回る職業ではありますが、税理士の平均年収は約850万円となり、世間一般と比べると年収が高いといえるでしょう。

また、働き方としては、税理士事務所や税務署、市役所が主な職場となります。資格取得までの難易度は高いものの、取得後の働き口は多く、働き方の自由度も高いため、職業としては狙い目といえます。

希望の仕事に就きたいあなたにおすすめのサービス

自分の望む就職先をじっくりと見極めたいという方におすすめなのが「就活と企業のマッチングサービス(ニクリーチ)」です。

こちらのサービスでは、企業の方とじっくりと話をすることで、その企業の特徴を知ったり、自分自身についてアピールすることができます。自分に合った企業を見つけられることは、人生の豊かさに繋がります。

高給取りになるために必要なスキル5つ

高給取りになれる仕事8つ|高給取りに必要なスキル5つ

ここまで、高給取りが多い職業について紹介してきましたが、それらの職業に就くためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

スキルがなければ、実績を上げられません。実績がなければ企業も給与を上げることは難しいです。ここからは、高給取りになるために必要なスキルについて紹介していきます。

スキル1:学力

紹介した8つの職業には、総じて、学力が必須です。学力というのは、単に大学などの成績という意味だけではなく、上司に指示されたことを正しく理解し行動に移せる能力のことでもあります。

言い換えれば、学力があれば、紹介したような職についていなくても、高給取りを目出すことは可能ということです。

スキル2:資格

自分のスキルの証明は難しく、「これができる」と言葉で言っても、特に新卒生などは実績もないため、企業はリスクを負わないために、その言葉を鵜呑みにすることはありません。そこで必要なものが資格となります。

例えば、医師であれば医師国家試験での合格が求められます。弁護士であれば、日本で最難関の資格試験といわれるほど取得の困難な司法試験をクリアしなければなりません。

スキル3:忍耐力

続いて、高給取りになるために必要なスキルとして、忍耐力が挙げられます。辛抱強く目の前の物事に取り組むことができる力や、予想外の出来事に対してもその壁を乗り越えようとへこたれない力は、高給取りの人々がこなすような困難な仕事には欠かせません。

スキル4:努力

高給取りに必要なスキルとして、努力を挙げることができます。高給取りになるためのスキルの獲得に繋がるのが努力であり、このスキルがなければ他のスキルを得ることも難しいでしょう。

スキル5:体力

体力は給与の高い仕事だけでなく、全ての仕事にも必要な力ですが、高給与の仕事は代替のきかない大きな責任を伴う仕事であることが多いので、自分の心身の健康を保つスキルも重要になってきます。

身体が資本とは言いますが、まさしくその通りなので、無理のない働き方もスキル向上と共に身に付けるようにしましょう。

高給取りになれる仕事につくには頑張りが必要

高給取りになれる仕事8つ|高給取りに必要なスキル5つ

高給取りは、働く社会人の目標であり、モチベーションであるといえます。しかし、高給取りと呼ばれるようになるには、それ相応の道のりと大変さがあることはお分かりいただけたでしょう。

「こうなりたい」「こうしたい」という願望を実現化するアクションを自分自身が起こし努力を続けていくことが、高給取りへの近道といえるでしょう。

職業ごとの年収について

自分の考えている、もしくは既に就いている仕事以外の年収の実情は知らない方が多いのではないでしょうか。今、自分の目指す年収がどこの地点にあるか興味のある方は、下記のリンク記事から、さまざまな職業の年収について知ることができます。ぜひクリックしてみてください。

タダでご飯を食べるだけで内定ゲット?!

「スーツを着て、会社説明会へ」
もうそんな就活スタイルやめませんか?

自己PRを書いて、あとは待つだけ。
そのあと、企業からスカウトメールが届いて、美味しいお肉を食べながら、就活相談をして、内定をもらう。

こんな就活憧れませんか?
そんな憧れの就活ができるのが最近CMでもお馴染みのビズリーチが提供するニクリーチ!

掲載企業数も100社以上あり、実績も十分です。
今すぐ登録して、お肉も内定もゲットしましょう!

Latests