Search

検索したいワードを入力してください

【都道府県別】隠れ優良企業・3

更新日:2020年08月20日

全国に広がる隠れ企業を、皆さんいくつご存知でしょうか。実は意外と知らないだけで、隠れ企業は多く存在します。社員に優しく福利厚生がしっかりとし、皆で会社を盛り上げていきたいと言う気持ちが持てるような企業はどこなのか、隠れた魅力を持つ企業を共に探していきましょう。

隠れ優良企業ってどんな企業?

「仕事」は資本主義の世界で生きる私たち日本人の多くの人間にとって、欠かせないものとなっています。労働を対価に給料をもらい、その給料でものを買って暮らすと言うシステムで生きている我々人間にとって、「どこでどのように働くか」は大変大事な選択要素だと言えるでしょう。

現在日本では優良企業=大手企業と言う考え方が増えています。会社の規模が大きいほど創業期間が長く、安泰だろうと考えられているからです。しかし、これに属さない企業の中にも、多くの人間から慕われる「隠れ優良企業」が全国に存在しています。

隠れ優良企業の特徴とは

社会で働く人や就活生の多くは、優良企業で働きたいと感じています。優良企業は収入が安定しているだけでなく、働く環境や人間関係が充実しており、仕事にストレスを感じにくいと言われているからです。しかし不況で経営状況が芳しくない企業も多い現代において、優良企業を見つけるのは容易ではありません。

では一体、どのような特徴を持つ企業が優良企業と言えるでしょうか。公に知られる優良企業だけでなく、隠れ優良企業にも該当する企業の特徴について紹介していきます。

離職率が低い

どんなに規模の小さい中小企業でも、長く居続けられる環境にあれば隠れ優良企業と言えるでしょう。そこで働く人々が高い満足度を保って仕事できていると言う事なので、優良な企業だと判断できます。

逆に離職率が高い企業は、企業の業務形態や働く環境・職場の人間関係が良くない可能性がある事を表しています。社員が満足して働く事のできない、所謂ブラック企業と認定されている可能性もあるので、その企業で働く意思がある際は、就職前に離職率について調べておくと良いでしょう。

福利厚生が充実している

社員の人権を蔑ろにしている企業も多い現代は、その企業の魅力を推しはかる際に、給料よりも福利厚生を見るべきだと言う意見もあります。しっかりと休みを取る事のできる業務内容であるか、労災などはおりるのかなどを知っておく必要があります。

福利厚生について知りたい際には、面接やインターンシップなどの機会を利用して現役社員に聞いてみると良いでしょう。しかし、ダイレクトに休みの日数などを聞くと、真面目に働く意思が内容に囚われる事もあります。なるべく直接聞くようなことは避け、どのような休日をすごしているか、怪我をしたときはどうすればよいかなど、間接的に尋ねるようにしましょう。

財務状況が健全である

企業を運営する際に欠かせないのが、運営資金です。資金が無ければ健全な会社を運営する事ができません。また資金のない企業は社員の人権を奪ってでも金を稼ごうとする場合があるため、健全な優良企業と言う事は言えません。

逆には資金運営が健全な企業は、企業の大きさに関係なく資金繰りが安定しているため、隠れ優良企業と言えます。資金運営や内部留保などについて知りたい際は、決算資料などを調べると良いでしょう。

隠れ優良企業の平均年収はどれくらい?

隠れ優良企業の平均年収は、製造業で約664万円ほどとなっています。最も高い企業では800万円を超え、隠れ優良企業の中でも上位に位置する年収の良さとなっています。非製造業の隠れ優良企業の平均年収は737万円ほどで、最高年収が953万円と、非常に高いです。

今回は製造業の隠れ優良企業80社と、非製造業の隠れ優良企業40社の平均を調べて算出しました。データ数だけで分析すると、隠れ企業は製造業に多い事がわかります。しかし、非製造業の企業の方が年収は約100万円ほど上回っており、収入面で言うと非製造業が得をしている事が判明しました。

全国の隠れ優良企業3

全国には100を超える隠れ優良企業が存在しています。その中でも、圧倒的な業務形態の安定感と定職率を誇り、社員の満足度も高い企業が存在しています。その企業がいったいなんであるのか、隠れ優良企業と言われる企業有数3を紹介していきます。

3位エア・ウォーター

あらゆる産業に対して窒素や酸素と言ったガスなどを提供するために作られたこちらの企業「エア・ウォーター」さんは、高い平均年収と三年後離職率の低さが魅力の企業となっています。4年制大学卒業見込みおよび高等専門学校卒業見込みの方に採用資格が与えられています。

年休は120日以上あり、福利厚生がきちんと整っているのがこの企業の魅力でしょう。凶菊のための研修も豊富で、入社後のフォローもしっかりとしてくれます。

2位:アイホン

アメリカの大手企業が開発する携帯電話と間違えられがちな名前をしたこちらの会社「アイホン」さんは、インターホンの製造を手掛ける企業です。国内でのインターホンシェア率有数を誇り、企業としての必要性の高さから、隠れ優良企業としても知られています。会社名はアップル社からすでに認められており、商標使用を許されています。

1位:信越化学工業

化学系製造業・開発業は多くの企業が優良企業として認識されています。しかし、こちらの「信越化学工業」さんはそれらの企業の中でも圧倒的に高い安定感を誇り、従業員の満足も高い企業として知られています。

信越化学工業さんは、塩ビや半導体シリコン用品事業や電子・機能材料事業などを行っている会社です。企業の特徴としては、離職率が低い事と他の企業に負けない強みを持っている事があげられます。福利厚生も充実しており、堅実な会社と評価できます。

都道府県別に見る隠れ優良企業

初回公開日:2018年05月07日

記載されている内容は2018年05月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests