Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月10日

上場企業のメリットとデメリット|社員/創業者/証券取引所

上場企業を理解する時には、メリットとデメリットを把握する事が大事です。メリットとデメリットを充分に把握できれば、上場企業の良い所と悪い所の理解する事が可能です。本当に上場企業の事を知りたい人がいれば、メリットとデメリットに目を向けましょう。

上場企業のメリットとデメリット

上場企業のメリットとデメリット|社員/創業者/証券取引所

最近では、株式市場に上場する企業が増えています。企業にとっては上場する事がかなり意味を持っていて、非常に重要な事です。上場する事で得られるメリットはいくつもあるので、まだ上場していない企業はできる限り早めに上場すると良いでしょう。そうすれば業績が今までと変わり、より経営も上手くいきます。

しかしながら上場企業はメリットだけではなく、デメリットもあります。メリットだけを見ていると、デメリットの対策ができないので、充分に気を付ける事が大切です。もし上場企業のデメリットについて知らない人がいたら、今の内に情報を集めておく方が今後のためになります。

メリット1:社員

上場企業のメリットとデメリット|社員/創業者/証券取引所

上場企業のメリットの1つ目は、社員のやる気が上がる事です。企業側が社員に対してストックオプションや持ち株制度の導入をするので、社員としてはより仕事に打ち込む事ができます。自分が今までよりもたくさん仕事をする事でお金に繋がると考えれば、自然に仕事に打ち込む姿勢に変わります。

企業にとっては社員が仕事により打ち込む事は非常に良いと考えています。業績が上がれば、お金をたくさん稼ぐ事ができて、株式市場でも良い位置にいる事ができます。上場すれば、企業と社員のどちらにとってもメリットが出てきて、業績についても良い傾向が出ます。

メリット2:創業者

上場企業のメリットとデメリット|社員/創業者/証券取引所

上場企業のメリットの2つ目は、創業者にお金がたくさん回る事です。上場した後の株式新規公開時に、創業者が保有する自社株式を売り出すと、利益を得る事が可能です。これは、上場企業の創業者だからこそできる事で、普通の社員では不可能に近いです。

メリット3:資金調達

上場企業のメリットとデメリット|社員/創業者/証券取引所

上場企業のメリットの3つ目は、資金調達が簡単になる事です。上場する事は社会からの信用の証となるので、融資も受けやすいです。上場している会社は、他の会社から見るとしっかりとしている印象を受けて、お金を貸してもある程度信頼できると思われています。そのため、お金が自分の会社に入ってきやすくなり、経営も回す事が可能です。

企業にとって資金調達はかなり難しいけれど、上場すれば解決できます。上場の影響力は凄く、資金調達の面では大きな力を発揮します。上場していない企業で、資金調達が中々上手くいかない時には思い切って上場する事も一つの手段です。

メリット4:経営体制の見直し

上場企業のメリットの4つ目は、経営体制の見直しをできる所です。上場を本当にする時には、上場のためのさまざまな基準をクリアする必要があります。その際に社内経営体制を見直す事が必須で、現在の自社の状況を把握する事が可能です。そこで経営体制の悪い所があれば、すぐに対策を取る事ができて、上場の準備がしっかりと行えます。

上場の基準はそれほど甘くないので、しっかりと経営体制の見直しができます。一つでも基準を通っていなければ無理で、手抜きはすぐに見抜かれます。そのため、上場企業になる事で、自社の経営をもう一度適切な物に構築できます。

メリット5:社会の信用が高まる

上場企業のメリットとデメリット|社員/創業者/証券取引所

上場企業のメリットの5つ目は、社会の信用が非常に高まる事です。上場する事により財務状況や業績、将来性などへの公的なお墨付きを得られるので、社会や金融機関に対する信用力も上がります。社会や金融機関としても、その企業が上場しているかどうかはかなり重要で、どこまで信用して良いかも変化します。

メリット6:知名度が上がる

上場企業のメリットの6つ目は、自社の知名度が格段に上がる事です。上場の影響で社会に名前が広く知れ渡る事になり、ビジネスの面でもかなり良い影響が出ます。上手くいけば、能力のある人材や新卒社員を今まで以上に確保する事が可能で、業績をより上げる事ができます。したがって知名度が上がると良い事が多く、仕事をより充実させられます。

デメリット1:上場の準備に多くの費用がかかる

上場企業のデメリットの1つ目は、上場の準備に多くの費用がかかる事です、具体的な費用については、上場審査手数料や引受手数料、監査報酬、印刷会社への支払いなどが主にがあります。ただ単に上場と言っても、多くのお金を前もって準備しておかなければいけないので、中々大変です。

会社の規模や上場による資金調達の額が大きい程コストも増加します。特に大企業だと、上場するだけで他の企業と比べ物にならない程のお金が必要になります。そのため、企業は上場する時の費用がどれほどかかるかを充分に調べる事が大事です。そしてその額を集められるように、準備を入念に進めましょう。

デメリット2:上場継続の費用

上場企業のデメリットの2つ目は、上場継続の費用がかかる事です。上場企業は上場のお金だけではなく、上場を継続させるためのお金もいります。年間上場料や監査報酬、株主名簿管理料などの支払いは続いて、内部管理体制強化や株主総会運営にコツが要るようになります。上場企業は常に費用の支払いがあり、経営がかなり大変です。

比較的規模の小さい中堅会社でも上場を維持するために、年間5000万~1億円ほどかかると言われています。上場をした後でも非常にたくさんの費用が必要なので、これから上場を考えている会社は充分に気を付けましょう。経営が滞らないように、お金周りの事には細心の注意を払う事が大事です。

デメリット3:情報開示の義務

上場企業のデメリットの3つ目は、情報開示の義務がある事です。自社の経営や業績に関わる情報を事業報告書や有価証券報告書で、株主や投資かに適時開示する必要があります。情報開示の義務は上場企業ならば絶対にしなければいけず、規定で決まっています。したがって、もし会社に不都合な事や事実があっても絶対に公にしなくてはいけません。

上場企業は、自分達に情報開示の義務がある事を決して忘れずに行動する事が重要です。不都合な事や事実が情報開示の義務により公にされると、批判や非難が殺到します。それを少しでも防ぐためにも上場企業は己の行動に責任を持ち、頭の片隅に情報開示の事務の事を入れておきましょう。

デメリット4:長期的な視野の持ちにくさ

上場企業のデメリットの4つ目は、経営の長期的な視野が持ちにくくなる事です。持続的な業績や企業価値を上げる事への圧力がかなりかかり、直近の業績に捉われやすくなります。

すぐに業績を上げなければいけない事に目がいき、これからの企業の事まで考えがいかないです。したがって一回基本に立ち返り、企業のために自分が何をするべきかを冷静に判断する事が大事です。

企業の経営を良くするためには、長期的な視野を持つ事が本当に大切です。直近の業績を上げても中々長続きしないので、企業にとって何が大事かを改めて考え直しましょう。自分の頭でしっかりと考えないと何も変わらないので、特に直近の業績に捉われている人は充分に気を付ける方が良いでしょう。

デメリット5:株主の意見の反映

上場企業のデメリットの5つ目は、株主の意見を直接反映をしにくい事です。企業は多くの株主の意見を聞いて、それをできる限り応える事を念頭に置いています。そうは言っても、上場後だと、それぞれの人の意見をしっかりと反映する事は難しいです。多くの意見を貰っても、企業のできる事は限られているので難しい所も割とたくさんあります。

デメリット6:買収リスクが増す

上場企業のデメリットの6つ目は、買収リスクが増す事です。自社の株式が市場で自由に売買されているので、会社からすると不利な株主を買わされる事もあります。そのため、上場すると言う事はそういったリスクもある事も頭の中に入れておきましょう。その事を充分に理解しているかどうかで、買収リスクのパーセンテージも変わります。

上場廃止するメリット

上場企業のメリットとデメリット|社員/創業者/証券取引所

上場廃止のメリットは、経営者が事業戦略を自由に展開できるようになります。その他にも、情報開示などのそれぞれの規制から解放されて、上場維持のためのコストを削減できます。上場廃止をすれば、企業の負担が大幅に減少します。上場していた時よりも気楽に仕事に打ち込む事が可能で、気持ちも楽になります。

種類別上場するメリット

上場企業のメリットとデメリット|社員/創業者/証券取引所

上場するメリットはそれぞれの種類によって違います。上場するメリットの詳しい部分をより知りたい際には、種類別で見る事がかなり重要です。そうすれば今までよりも上場するメリットを知る事ができて、本当に詳しくなれます。そのため、特に種類別に着目して、上場するメリットを見ましょう。

証券取引所

証券取引所の上場するメリットはお金がより回り、日本の経済に良い影響を与える事です。それぞれの企業がお金を使わないと経済は中々回らないので、証券取引所の役割は非常に大きいです。証券取引所があるからこそ多くの企業が上場して、お金をたくさん回しています。そのため、お金を回すには証券取引所が無くてはならず、とても大きい存在になっています。

銀行

銀行の上場するメリットは、資金調達がかなりしやすい事です。上場しているかどうかで、資金がどれぐらい得られるかはかなり違います。特に銀行はお金がたくさん必要なので、上場しているかどうかは非常に重要です。実際に上場していれば、さまざまな会社がお金を貸してくれるので、経営も上手くいきます。

ホールディングス

ホールディングスの上場するメリットは、経営をより良くできる事です。株主総会で一般の人からいろいろな意見を貰えて、それを自社の経営に生かす事が可能です。ホールディングス内の人の意見だけでは偏りが出るので、特に一般の人の意見は大事です。よって、ホールディングスは上場して、株主総会を上手く生かす事で経営を今まで以上に良い物にしましょう。

生命保険

上場企業のメリットとデメリット|社員/創業者/証券取引所

生命保険の上場するメリットは、たくさんの人の信頼を得る事ができる所です。上場している生命保険ならば、一般の人もほとんど不安にならずに保険に入れます。特に一般の人にとっては上場している事が安心感に繋がっていて、生命保険の信頼をより厚い物にしています。したがって、生命保険側は信頼を得るためにも上場する事が重要です。

上場企業のメリットとデメリットを把握しましょう

上場企業のメリットとデメリット|社員/創業者/証券取引所

上場企業の事を知るには、メリットとデメリットに目を向ける事が重要です。メリットとデメリットが分かれば、上場企業の良い所と悪い所の両方を簡単に把握する事が可能です。上場企業の事を全く知らない人でも、メリットとデメリットならばわかりやすいので、それほど心配しなくても良いでしょう。

←前の記事へ

【地域別】優良企業ランキング・見つけ方|メーカー/中小

建設業界の動向と今後・建設業界企業ランキング

Latests