Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

学校事務の仕事の自己PRの書き方・例文|転職の場合のコツ

学校事務に転職や就職する際には、書類に記載することが多い自己PRをうまく利用することが大事です。情報や知識頼みの自己PRにすると効果は弱いですが、過去に誰もが経験してきたことを工夫することで得られる成果は大きくなります。

学校事務の仕事に応募する際の自己PRの書き方

近頃の教師の労働時間に関するニュースで学校事務という職種に改めて注目が集まっています。学校というと、教師が生徒を指導する場という印象が強いです。

しかし、指導以外にも細かな雑務が非常に多く、教師の仕事を陰で支えている力強い存在が学校事務という仕事です。主な仕事としては、勤務している先生が発注したものの支払いや請求関連の経理、来客の応対、備品や経費の管理、先生方に対する給与計算といった事務的なものをこなし学校を支えています

事務的な仕事だけではない学校事務の業務

学校事務という仕事は教師のサポートという裏方的なイメージが強いですが、実際は生徒とのふれあいにも力をいれている学校が多いのです。学校が催すイベントなどでは、生徒の相談に乗りながら具体的なアドバイスやサポートをする事も学校事務には必要とされます

その為、最近では学校事務に転職や就職を希望する人の間で、事務職に必要とされるスキルだけではなく、プラスアルファの技能を自己PRとして強調するケースも定番になりつつあります。

学校事務に応募する例文

学校事務の仕事に応募する場合も、他の職種と同じようにエントリーシートや履歴書、自己PRという物が必須です。そのため応募する学校に合わせた自己PRの準備も必然になります。学校事務という言葉はありますが、その仕事は学校ごとに求められている部分は異なります。

パソコン作業がメインだったり、学校周辺の設備メンテナンスのようなものがメインだったりと様々ですので、情報収集も怠ってはいけないでしょう。就職活動において、最初にエントリーする書類には特に気をつけないといけません。

NGとなる例文

就職活動で使用すると、NGとなる可能性が高い志望動機があります。代表的なのが、「曖昧な表現とよく耳にするフレーズの組み合わせ」です。やる気や熱意を過剰にアピールする事や、社会に貢献したい気持ち、忍耐強さや人と接するのが好きである。という例文ばかりを使用している志願理由書は、今の時代ではありふれていて、個々の差を分かりにくくしています。

重要なのは、いかに短く分かりやすい自己PRを学校事務の面接官達に伝えることが出来るかということです。いくら情熱や、やる気、スキルがあっても曖昧なフレーズばかり使うと、面接官に個々の強みを理解してもらえなくなります

問題のない例文

問題のない自己PR「私は人のサポートをすることが好きで、グループの中で全体の流れをフォローしたり、バックアップしたりすることが向いていると感じております。高校時代では生徒会の副会長として生徒会に在籍し、生徒会長をサポートしていました。また大学生活では学校祭実行委員会として、大学生活の大きなイベント運営をサポートをして参りました。

どちらの場合においても、多くのメンバーと接したり議論を交わすことが多い活動でした。意見の相違などでもめることもありましたが、こまめに各メンバーと意思の疎通を取り合いながら円滑な行動というものに気をつけていました。有難いことに周囲の理解や協力を得ることも出来、イベントは成功をおさめることが出来ました。この経験を活かして御校の学校事務としてサポートすることは当然ですが、積極的に生徒とも触れ合っていくつもりです。

また学生時代にエクセルやワード、パワーポイントなどのPC基本操作を学び資格も持っております、実務においても御校に貢献できれば幸いです。」この自己PRを読むと、色々な情報が読み手に伝わります。

作文と自己PRの違いを知ることが大事

上の例文二つを見比べてみると、「人物像が見えてくるかどうか」というのがポイントになります。上記の「NGとなる例文」を使用した場合、自身の気持ちを表した作文のようになり、「学校事務という仕事に対し、やる気がある人」ではあるが、「ただそれだけの、スキルや経験はない人」と見られるでしょう。

次の「問題のない例文」では、「どのような経緯を経て、この学校事務という仕事をしたいと考えているか」が理解出来ます。さらに過去の体験や成功を基に、同じような成果を期待することも出来ます。「意欲や経緯、技能などを分かりやすく伝えられる物や出来事」であれば自身でも具体的に会社側にアピールしやすく、また最適な自己PRの材料となります。

学校事務に転職する場合の自己PRのコツ

学校事務の仕事に就職できるポイントは自己PRで、「自分自身の強みと学校が求めている学校事務の需要が合う」という強調が出来るかにかかっています。ここで一番の注意ポイントがあり、出来る能力や技術だけのアピールに終わってはいけないというものを念頭におかないとダメです。

学校事務の仕事は、まだ成長段階にある子供たちが集まる場所ですので、子供たちにメリットがある人間性という部分を学校は重視しています。そのため学校事務に応募する自己PRをするのであれば「技能+人間性の自己PR」がマストと言っても過言ではありません。

エピソードを用いた自己PRが最強

自己PRをうまく行うには、理論的なことばかりを述べようとすると思ったような成果は得にくいです。確かに、これまで勉強してきたことをアピールすることは重要です。しかし学校という場所は、たくさんの児童が集まる場所ですので、子供たちに接するコミュニケーション力というものを学校が求めている可能性は非常に高いです。

自己PRで就職活動を有利にするには、これまで経験してきた中でも思い出深いものをエピソードとして盛り込んでいくことが効果的です。意外と自分自身では認識していないことでも、他者が見聞した出来事が良い判断材料になることが多いです。

現場のプロに理屈や理論は効果が薄い

学校事務の仕事といっても自己PRに教育論を語ることはおすすめできません。なぜなら、学校で長く教鞭をとっている方が面接官である可能性が高く、教育という現場に長年いる方に理論や理屈というのは説得力が弱いとも言えます。

それこそ、それくらいのことは言われなくてもという反感につながるケースも少なくありません。認めてもらえる自己PRというものは、理屈というよりも人間性を感じるエピソードを盛り込んでいく方が、自己PRとしてのメリットは大きくなります。

自身の体験が一番説得力ある材料

自己PRをする必要がある場合のどれにも当てはまる攻略法は、「自分自身が経験してきたことを根拠に自分の考えを伝えていく」ことです。一般的には理論的なことで考えを述べると、それに対する理論で反論してくるという可能性もゼロではありません。

その場合に上手く対応できれば問題ありませんが、沈黙になってしまったりすると折角の自己PRが機能しなくなってしまいます。学校事務の自己PRにおいても、過去の学校や学生時代におけるエピソードを紹介する。また、その時に得た教訓と自分自身が意識したこと、それからの変化というものを自己PRにプラスしていく方が面接官や採用担当の方としても好感が持てますし、学校事務を希望する説得材料としての効果は大きいです。

応募する時のポイントまとめ

学校事務の仕事の自己PRの書き方・例文|転職の場合のコツ

学校事務に応募する場合は、自己PRで「短く分かりやすく人間性と技能をアピールすること」が重要になります。学校という場所は、「まだ社会に出ていく準備をしている子供たちがいる場所」であるという認識が必要になります。

例え素晴らしい技能を持っていても、子供の反面教師であったり不安を感じたりするような存在では困ります。そのため学校事務という仕事をこなしていくには、「子供のそばにいても差し支えなく、更にはメリットが高い人間性」を自己PRできるかどうかに重点が置かれています。

自己PRを考える場合には実際に学校で事務をしている人はもちろん、転職エージェントや大学のキャリアセンターなど、いろいろな人からフィードバックをもらうことができます。有効に活用して、就職活動を有利に進めましょう。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

Latests