Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

自己PRがない場合の対処法・見つけ方

自己PRがない方に向けた誰でも作れる自己PR作成の3つの方法。自分の経験や好きなことから作成する方法。転職先を研究して転職先の求める人物像から作成する方法。キーワードから作成する方法。どの方法を使用しても他にはない自分だけの自己PRを作成することができます。

自己PRがない場合の対処法

自己PRがない場合の対処法・見つけ方

皆さんは履歴書・職務経歴書といった応募書類を書くのは得意ですか?社会人の約5割が転職を経験する今日、応募書類を作成スキルはなくてはならないものだといわれています。

応募書類は大きく分けて住所などの基本情報や職歴、資格等のいわゆる「既成事実」を記入する欄と志望動機や自己PRといった「フリースペース」の二つに分けられますが、フリースペースの文章を取りまとめるのに困る方が多いです。

中には人材会社を通して就活する際、「自己PRがありません」とキャリアコンサルタントに相談する方もいます。自己PRのない場合はどうやって自己PR作成をすればいいのでしょうか。自己PRは採用担当者が面接をするかどうかを決定する大切なポイントです。自分自身の中から自己PRを見つけ出すヒントをご紹介します。

特に誇れることはない場合

「自己PRというと、今までの立派な、誇れる経歴を書かなければいけないのではないか。自分は特に大した経験をしていないから」という人がいます。自己PRに書くようなことがないと感じている場合、本当にかけることはないのでしょうか。

自己PRは応募者の人柄や興味の方向といった個性を採用担当者が知ることのできる大切なパート。担当者に自分を知ってもらう「自己紹介」といった捉え方でまとめてみるとすすめやすいです。

経験が少ない

20代の方など社会人経験の少ない方や、一つの会社に長く勤めていた方、子育てなどでお仕事にブランクのある方のなかには「これやってました!」「これできます!」といった自己PRがすぐに思い浮かばず、自己PRできないと感じる人もいます。

しかし自己PRにおいては「これができる」といった事実だけを連ねる必要はないといいます。ある経験を通して自分が「こんな成長ができた」「新たにこんな課題ができた」といった学びや新たな目標を見つけられたことなどをまとめることによって応募者の人となりを伝えることができます。

経験したこと、今できること、やってみたいこと、それぞれを自分の中で整理することができていれば採用担当者は応募者を理解することができます。つまり、経験がない部分も十分カバーすることができるのです。

楽しいこと、好きなことを書き出してみる

自己PRがない場合の対処法・見つけ方

今までの仕事またはプライベートで取り組んだことで自身が「楽しい!」と感じたことは何でしょうか。学生時代から今まで、少し振り返ってみてください。いくつか書き出してみると、そこに共通点があることに気付くでしょう。

例えばイベントを実施することにかかわった場合、リーダーとして全体を取りまとめる、情報を収集・集約して進行を管理する、たくさんの人と関わって集客する、体を動かして現場で運営する、など様々なポジションが考えられます。

「そういえば、学生時代から社会人までを通して、関わることは違うけれどいつも企画のようなことをやっているな。私は何もないところからアイディアをだして形にしていくことが好きなのかな。」

このような感じで自分の経験に共通点を見つけて団子のように経験を「串ざし」にすることができたら成功です。今までのいくつかの経験で自分の心が動いたことを書き出してみると、「自己PRはない!」と感じる方でも、そこに自分らしさを感じることができる部分が出てくるものです。

転職の際に自己PRがないとき

転職活動は恋愛に似ているともいわれます。恋愛で例えると自己PRは応募企業への「告白」とも言えます。自己PRがないことは採用担当者が「なぜ応募(告白)してきたのだろう?」と困ってしまうことにもなりかねませんのでここはしっかりまとめあげて臨みたいものです。

とはいっても、自分自身を「伝える」ということは、とっかかりがないと難しく感じるものです。ここでは転職先にフォーカスをして自己PRをする方法をご紹介します。

転職先の求める人物像を調べる

告白は相手にいい形で伝わらなければ意味がありません。そこで自己PRは採用担当者が会いたくなるような、一緒に働いてみたいと思うような内容であることがベストです。思ってもいないことを書く必要はありませんが、自身と応募先企業の思いが重なる部分があるはずです。

転職先の求める人物像は募集要項やホームページを読むとキーワードを拾うことができます。ホームページ上の「企業理念」や「社員のインタビュー」を読み、共感できたところがあったら書き出してみます。もし、知人に応募先企業の社員や応募先企業と取引がある方がいるようでしたら「どのような社風か」など生の声を聞いてみることもお勧めです。

自分の経験と転職先を結びつける

転職先の求める人物像で共感できる部分が書き出せたら、自身の今までの経験で重なる部分がないか自身の経験を棚卸してみます。「楽しいこと、好きなことを書き出す」の部分の内容と近いものになるでしょう。

例えば、企業の「チャレンジ精神のある人を求めています」というメッセージに共感をした場合、自身の「チャレンジしたぞ!」といえる経験を思い出してみるのです。

「私は、機会があるのならよりたくさんの経験をすることに価値を置いている。今までも会社でのプロジェクトなど少しハードルが高く感じても手を挙げて参加をしてみることで成功、失敗など様々な経験をして学びがあり今があるな。」

など、必ずしも「成功」と呼べるものでなくとも自分らしさが感じられる経験やそこからの学びがあったものを書き出してみます。少しずつ、イメージが湧いてきたでしょうか。

自己PRの内容がないときの書き方

自己PRがない場合の対処法・見つけ方

自己PRの内容が思いつかない!一文字も出てこない!という方へ、こんな方法を試してみてはいかがでしょうか。自分の中から言葉がでづらい時にはまず、自分の周りのリソースを使ってまず、形から作ってしまうことがお勧めです。

キーワードを組み立ててみよう

まず、自身の性格を表す言葉をいくつか挙げてみます。ここでポイントは「こんなこと正直に言ったら相手がひかないかな…」という考えは無用だということです。例えば

■人見知り

■黙々とした作業が好き

■作業は正確に進めたい

■友人は少ない

といったことを挙げたとします。このキーワードを肯定的に自己PRとしてまとめてみると「人付き合いは大切にしていて広く浅くというよりは深く長い付き合いをしている方が多い。慎重な性格で作業に対しては集中して取り組み、成果の正確性については評価をいただくことが多かった。貴社においても間違いのない成果を出すことで深い信頼関係を築き、長く貢献できる人材となりたい」というようにまとめることができます。

周りの人にインタビューしてみる

なかなか自身を客観視することは得意でない、という方は友人・知人にインタビューしてみることがお勧めです。

「私ってどんな人?」と聞いてみることによって思いもよらなかった自分の強みを知ることができるかもしれません。また、先程のキーワードを何とか上げることができても、個人的にネガティブに捉えてしまっていることによって「肯定的」にまとめることができない人もいます。そんなときも、周りの人に聞いてみましょう。

エピソードを付け加える

自身の性格を肯定的にまとめることができたらもう一歩です。そこにエピソードを加えることができたらより現実味が加えられ訴求力のある自己PRになります。さらに自分でも何気なくやってきたことが強みとなることに気づくことで自己PRに自信を持つことができます。

■人付き合いは深く長く

幼馴染、学生時代の友人などそのライフステージごとにできた友人とは長くいい付き合いを続けており、10年を超える付き合いとなることが多い。

■仕事の正確性を評価されている

前職の営業事務の職務において後半3年はノンクレームで正確な仕事ぶりをお客様からご評価いただいた。

など、実例を加えていきます。

提出先に合わせてカスタマイズ

自己PRがない場合の対処法・見つけ方

何もないところからスタートした自身の自己PRもしっかり固まってきました。このままでも十分自身の自己PRをすることができますが、さらに相手に刺さる自己PRにする方法があります。それは、「相手のほしい情報だけフォーカスをして伝える。いらない情報は思い切ってカットする。」ということです。

情報をたくさん開示することはありがたいことでもありますが、情報が多いだけ伝えたいことがぼやけてしまい、何を言いたいのかよくわからないといったことにもなりまねません。先程の自己PRの例でいうと、大きく分けて2つの自己PRの要素が含まれています。

■人付き合いのスタイル
■作業の正確性

例えば、応募職種がルート営業であった場合、「顧客と良い関係を構築して長く良い取引をすることができる」という強みのみをフォーカスして伝えたほうがインパクトが残る可能性があります。この場合は思い切って「作業の正確性」はカットし、その分人付き合いのスタイルについてしっかりアピールします。作業の正確性については、面接時に質問として担当者が挙げてきた際に伝えられればOKです。

自己PRのないところからスタートし、インパクトを出せる「盛り過ぎない、引き算の自己PR」 の作成まで進めてきましたがここまでくれば自己PRは万全です。

自己PRがないときの見付け方

自己PRがない場合の対処法・見つけ方

これまで就・転職活動でつまづきがちな「自己PR」作成を見てきましたが、このコラムを読んでいただいている皆さんは自己PRをまとめるきっかけがつかめたでしょうか。そう、自己PRはなくても見付けて作れるものなのです。

普段生活をしている中では自分の強みについて考えることは少ないですが、一度この機会に自分について棚卸をして強みを知っておくことで、仕事に、プライベートに、自信を持って取り組むことができるようになるかもしれません。自己PRを見付ける作業スタートの切り口は大きく分けて3つです。

■自分の経験や好きなことからスタート
■転職先の求める人物像からスタート
■キーワードからスタート

皆さんの進めやすい切り口からスタートしてOKです 。少し時間をかけて丁寧に作ることもポイントです。そこで完成した魅力ある自己PRは、ほかの誰でもない、自分自身をアピールすることができる武器となるはずです。

あなたの年収、本当に適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
実は、頑張って働いているのにこういう状況になってしまう人は、少なくないんです。

そしてその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータがあるんです。

また、転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが転職先の企業と年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

あなたに合った転職エージェントが見つかるはずなので、読んでみてください!

Latests