Search

検索したいワードを入力してください

受付の志望動機の書き方と例文|病院受付/歯医者/美容外科など

初回公開日:2017年08月03日

更新日:2020年02月08日

記載されている内容は2017年08月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

病院受付は今注目されている職種です。特に注目されているのが歯科院と美容整形です。競争率も高く志望動機の内容で採用が決まることもあります。病院受付するために何を志望動機に書き込めばいいのか迷っている人が多いのですが、採用されるための志望動機のポイントとは?

志望動機を受付の職種によって文章の書き方の違いってあるの?

受付業務は、色々な職種などがありますが、その中でも人気があるのが病院受付です。生涯にわたってできる仕事であり、家庭の事情等で休職しても復職しやすいことが人気の理由です。病院受付は、とても人気のある職種で、大きい病院であれ、個人病院であれ、その人気は今も昔も変わっていません。

では、普通の事務所の受付業務と病院受付業務との違いをまず考えてみましょう。病院受付の業務は、毎日が体調などに悩みを抱えている患者が受付が窓口になり症状の専門科に振り分けなければなりません。もちろん治療した後の事務処理も必要です。

なぜ病院の受付を志望しているのか?

病院の受付業務に応募する際は、まずなぜ病院の受付業務がしたいのか志望動機を考えることが大事です。志望動機に共通しているのは、他の業種と違って地域になくてはならない存在であること、仕事が安定していて一生ずっとこの受付として働いていける職種が病院受付になります。仕事の業務は病院によってさまざまですが、病院に来る患者と医療関係の橋渡しをする業務のことです。

病院の受付へ志望動機の例文というポイントは?

受付は、企業や事務所などもそうですが病院と同じように事務処理をします。業務の内容は似ていますが、医療関係と普通の企業は違うことを、まず最初に考えるべきです。受付として最初に人に接するためのコミュニケーション能力や、情報などの処理能力が必要になってきます。その他に処方箋に書かれている薬などの飲み方をたずねてきます。初診、再診の時の対応をしていきます。そのことを考えますと志望動機を考えるポイントというのは、病院での受付の役割をよく考えることが大事です。

病院側のメリットというのを考えてみること?

病院にとって、自分の志望動機にメリットがあることを感じてもらうことが大事です。ただ憧れの病院の受付をしたいだけでは、他にライバルがいた場合雇ってもらえないでしょう。病院側は志望動機が病院の受付にメリットがあることを伝えることが大事です。そのために志望動機を考えることが大事です。

病院側へアピールする内容は、やはり病院への熱意とここに働きたいという思いを相手に伝えることが大事です。その他に、アピールする内容は、志望動機に医療事務の資格を持つのは有利になります。しかし資格を持たない人のアピール法はパソコンを使うことが得意や、人の悩み事を聞くのがうまいことなどをアピールを志望動機に織り込んでみる事が大事です。

病院へ志望動機の共通な例文というのは

病院というのは、大学病院や総合病院のような大規模な病院と、その他には小さな個人の医院や、専門分野の個人病院などがあり、病院の規模や大きさによって受付業務の内容が違ってきます。自分で働きたい病院の受付業務のほかに考えるべきポイントは、なぜその場所を選んだのか自分の意思をはっきりと示すことです。

採用する病院の方は、どんなに優秀な人材であってもすぐに辞めないことを大事に考えています。また、仕事に対して何も感じず、嫌な思いを顔に出しているのを見ているとスタッフ側も仕事への意欲を失います。そのようなことも考えて、採用面接の時の志望動機で最適なのは「長期で、熱意を持って何事も仕事に対して積極的に取り組む意欲を感じること」が大切です。

前職で培ったスキルは病院受付には程遠い人もいるかもしれませんが、志望動機に書くときには、経験をどう生かせるのかを考えるのも大事です。

病院への志望動機の例文?!

地域にとってはなくてはならない病院で社会に貢献したいという思いで病院受付に志望します。

積み重ねた知識、資格や経験を活かしてこちらの病院に貢献をしたいと思っています。

前の職場での経験から学んできたスキルをここに入れることも大事です。たとえば、接客業や事務職の場合でも電話の応対や接客のスキルも志望動機の中に書き加えることも面接に通る可能性になります。

歯医者の受付業務というのは?

歯科医の受付業務は、普通の医院などの受付業務に加えて患者だけでなく歯科用品の販売、技工士屋保険の加入など様々な営業に対応をすることもあります。予約の受付やカルテの管理に、患者への対応があります。受付業務のほかに、診療室での患者への対応と器具の準備をします。そのために冷静に物事を考え計画を立てることができることが大事です。

歯科医院は夜勤もなく時差出勤もなく定時出勤が殆どです。それに勤務地も全国の様々な場所にありますので、歯科受付は特に人気があります。業務として普通の歯科受付だけではなく、歯科助手としての役割も兼任していることがあるので注意しましょう。

歯科受付の志望動機の例文は?

「直接医療に関わることはできませんが、医療現場を事務で支えること、また歯科助手として私自身がかかわりを持つことに対してぜひこちらの医院のスタッフとして働きたいと思います。」

という様な志望動機も面接官を引き付ける要素になります。

美容整形の志望動機のポイントは?

美容整形外科は、志望が多く志望動機についても、自分が受付をしたいという思いを書くことが大事です。志望動機について白紙のままの人がいますが、不採用になります。そのために志望動機を書くポイントを抑えるのが大事です。これは月並みなのですが、ぜひとも美容整形にかかわりたい思いを伝える。長く勤めたいという意思と、そしてまた学びたいという思いを志望動機として書くのが大事です。

美容整形の志望動機の例文というポイントは?

「昔から美容整形に興味を持っています。日ごろから美容に気を使っています。美容整形に興味を持ったきっかけは、前に相談をしたことがあったので、私もここのスタッフになって少しでも美容整形にかかわることができたらいいのにと感じました。またこちらの医院では、スキルアップのための研修制度が充実しているので、将来的には美容整形の現場で働くためのスキルアップのための環境が整っていることを知りこちらの医院に希望します。」美容整形外科に対する自分の思いと、スキルアップということを考えていることを志望動機として考えていることを書くことが大事です。

病院の受付をしたことない人の志望動機はどう書けばいいの?

病院での受付業務が一般的な企業などと違って特殊な環境の場所ということを考えておくことが大切です。そのため、経験者が優遇されやすいのも事実です。病院という特殊な環境は何よりもミスを許されない職場なので、丁寧にしかも的確で機敏に仕事ができる人材を求めています。そのような中で、未経験者でも、情熱があれば採用できる姿勢を持っている医院もあります。

前の職場で身に付けたスキルなどを志望動機として書くことも大事です。もちろん、その他に志望動機の中に、自分がなぜこの仕事をしたいのかをはっきりと書くことも大事です。

病院の受付したことのない人の志望動機というのは?

病院受付でどのように働きたいのか考えておくことが大切です。採用されたら自分はどのように病院に貢献できるのか、前の職業に身に付けたスキルをどう病院受付に生かすことができるかを考えることが大切です。

前の職業が事務関係でしたらパソコンを扱ったり、電話受付やカルテの管理などがスムーズにできることをアピールできます。接客業であれば、コミュニケーションが得意で笑顔で患者様の不安を取り除くことができることをアピールするといいでしょう。介護関係の仕事についていたのであれば、介護関係に培った患者様の立場に立ち優しく対応できますなどと書くといいでしょう。

病院の受付の志望動機を書くのは難しいことではありません!!

病院の受付の志望動機を履歴書などに書くときにはどのような内容に書けばいいのか迷いますが、大事なのは、なぜ自分は病院受付を選んだのか、そしてそこの病院でなければならないのか、それから、採用されたらどのように働いていけるのかを考えておけばどの病院受付の志望動機を簡単に書くことができます。もし不採用になっても何度も何度もチャレンジすることが一番大事なことです。

志望動機や履歴書で損してる?あなたは大丈夫?

「スキルや経歴には自信があるのに、転職活動がうまくいかない」

そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もしかして、志望動機や履歴書のせいで落とされているかも!

じつは、履歴書や志望動機は採用の大きな材料となっているんです。なぜなら、企業はすべての人とは面接することができないからです。

履歴書や志望動機が微妙だと、そもそも面接にも進めないこともあるうえに、ネガティブなイメージで面接がはじまることもあります。

「志望動機がしっかり書けているか不安…」「なんとなくそれっぽいように書いてる」

そんなあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。

マイナビエージェントでは、履歴書の添削から志望動機の推敲まで、転職活動に必要なことは何でも相談可能です

もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫!

まずは無料会員登録してみましょう!

Latests