Search

検索したいワードを入力してください

履歴書の学歴の書き方・特殊な事情がある場合の書き方や注意点

更新日:2020年08月20日

就職活動や転職活動で必ず書くのが履歴書ですが、履歴書では学歴欄は必ず書く項目の1つです。この学歴欄の書き方を知っておくことは自分のこれまでの経歴を語るうえでは欠かせないことです。今回は履歴書の学歴の書き方について見ていきます。

履歴書の学歴の書き方はどのようなもの?

就職活動や転職活動を行っていくうえでどうしても欠かせないアイテムといえるのが履歴書です。履歴書はいわばあなたがどんな学校に通い、どんな趣味や特技を持ち、何についての資格を取ったか、そして志望企業に対しどういう理由で応募してきたかなどについてを説明するための書類といえます。

そして、その履歴書の中でも左半分側に大きく設けられているのが学歴欄です。学歴欄は就職活動などを行っている時点までにどんな学校に通い、卒業したかについて記入する項目となっています。

そのため、それまでの学校関係の履歴についてありのままに書いて大丈夫です。が、実は簡単そうに書けそうで意外と疑問点が出て来ることも少なくありません。

今回は履歴書の学歴の書き方についていろいろと見ていきます。

基本的な学歴の書き方とは

まず、学歴欄の基本的な書き方について見ていきます。

学歴欄の最初には「学歴」と記載します。できれば、「学」と「歴」の間に一文字分のスペースを空けて書くと見やすさの点から見てもベターです。

次に、年号の書き方ですが、西暦もしくは和暦(昭和や平成といった元号で書くもの)のどちらかに統一します。なお、和暦で書く場合は元号もきちんと書きます。

さらに、学校名や学部名なども正式名称で書きましょう。高校であれば「高等学校」と記載します。学校名に旧字体が使われている場合は、面倒でもその旧字体に従って書くのがマナーです。なお、国立や私立の学校の場合は、頭に国立や私立とつけるのも重要です。

そして、大学についても学部や学科、さらに専攻に至るまでもれなく記載します。

最後に、入学や卒業見込み、卒業も略すことなくきちんと書きます。

卒業見込みについてはどのように書く?

新卒で就職活動をする人のほとんどが大学や専門学校の卒業前の状態に置かれています。そのため、よほどのことがない限り卒業は可能な状態ですが、完全に卒業が確定していない状態ともいえます。

この状態の場合、履歴書の上では「卒業見込み」という扱いになります。読んで字のごとく、「今年度をもって通っている学校を卒業する見込み」という意味です。そしてこの場合、履歴書には「○○大学××学部△△学科卒業見込み」と記します。

卒業した場合の新卒としての書き方とは?

就職活動などを行っている人の中には大学などを卒業した後でも引き続き求職している方も少なくありません。この場合は学歴欄としてどう書くことになるのでしょうか?

その際には「○○大学××学部△△学科卒業」と書きます。つまり、学生として就職活動を行っている人と違い卒業見込みという扱いにはなりません。ポジティブな書き方をするならば、堂々と大学卒ということを示すことができます。

ただし、大学を卒業した後に就職活動をしている人は世間的には「既卒」ということになるため、新卒学生に比べると就職活動の難易度が若干高くなるということもあわせて理解しておくとよいでしょう。

入学見込みの場合はどう書けばいい?

この記事を読んでいる読者のみなさんでも「卒業見込み」というワードは聞いたことはあっても、「入学見込み」というワードはなかなか聞いたことがないという方も少なくないでしょう。

入学見込みとは、「新年度から新しい学校に進学する見込み」という意味で、このワードは主に入学前にアルバイトに応募する場合などに使われる書き方です。

アルバイトを雇う側としても履歴書に「入学見込み」と書いてあることで、応募者の4月以降の事情やシフトについて考えることができるため、進学前にアルバイトに応募する場合はぜひ使ってみてください。

履歴書で学歴はどこから書けばいい?

履歴書の学歴の書き方でよくある質問として、「学歴はどの時点から書けばよいのか」というものがあります。

実はどの時点から学歴を書くかについては、履歴書を書く人の立場によって変わってきます。
まず、就職活動をしている場合は、中学の卒業年から書きます。アルバイトの応募でも高校生や大学生の場合も同様です。

異なってくるのは転職活動をしている人の場合で、この場合は高校の卒業年から書きます。

特殊な事情がある場合の履歴書の学歴の書き方や注意点とは?

世の中は広いもので、普通に4年間大学に通ったり、2年もしくは3年専門学校に通ったりして普通に卒業した人もいれば、1年留年したり、留学したりした人もいます。

履歴書の学歴の書き方にしても、学校在学中の特殊なケースを経験した人にとっては、それをどう書けばよいかがわからないという方も多いです。

ここでは、学歴上の特殊なケースの書き方について見ていきます。

転校していた場合はどのように書く?

親の転勤などが原因で途中で転校を余儀なくされる場合についてはどういう書き方をすればよいのでしょうか?

まず転校元については普通に「〇〇高等学校入学」と記載し、その一行下に転校先の高校について「〇〇高等学校転入学」と記載すれば問題ありません。

なお、高校卒業についてはそのまま転校先の高校の名前が入ります。

大学などを中退した場合は?

まず、中退とは「中途退学」の略です。そのため、決して中退というワードを履歴書に記載しないことが大切です。

それを踏まえて説明しますと、「○○大学××学部△△学科中途退学」といった書き方になります。大学名だけでなく中退前に在学していた学部や学科・専攻に至るまできちんと書きましょう。

定時制の学校に通っていた場合は?

全国的にそれほど数が多いわけではありませんが、高校には定時制をとっているところもあります。これは、何らかの理由で中学を卒業した後に仕事をしている方向けに設けられている課程のことです。基本的に定時制の場合、仕事が終わった後に授業を受けたいという人向けに開講されています。

さて、定時制に通っていた場合の学歴欄の書き方ですが、その高校が全体として定時制高校だったとしても、高校名だけでは定時制課程出身かどうかの判別がつきにくいです。

そのため、履歴書への正しい書き方としては「〇〇高等学校 定時制課程普通科 入学」や「〇〇高等学校 定時制普通科 入学」、「〇〇高等学校(定時制)入学」といったものになります。

中高一貫校に通っていた場合は?

有名大学への進学を目指すという目的などで設置されているものに中高一貫校というものがあります。中学3年間と高校3年間とを一緒にして、間の中学から高校に上がる際の受験がないエスカレーター式の学校です。

この場合の学歴欄への書き方は2つあります。1つは、普通に中高一貫校での6年間を前半と後半3年ずつに分け、前半を中学を入学・卒業したもの、後半を高校を入学・卒業したものとして書くやり方です。

もう1つの方法は、前半3年間を前期課程、後半3年間を後期課程として書く方法です。この場合、前期課程が中学の3年間、後期課程が高校の3年間に相当するため、それぞれについて入学・卒業の旨を記載します。

初回公開日:2017年10月15日

記載されている内容は2017年10月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests