Search

検索したいワードを入力してください

就活の書類郵送に使う封筒の宛名・裏面の書き方と例|縦・横書き

更新日:2020年08月20日

今回は就活の書類郵送に使う封筒の宛名書き、裏面の書き方と例、封筒の縦書きと横書きとではどのようなことに気を付けて書けばよいのか、項目ごとにまとめてわかりやすく説明しています。陥りやすいタブーやどうすれば採用担当者の目に留まるかなどのポイントも充実しています。

就活時に使う封筒にもさまざまな種類の封筒があります。一般に、就活時の封筒は書類を折ったり曲げたりしないようにA4サイズもしくはB5サイズのものが望ましいと言われています。A4サイズにもなると封筒の表書きのスペースも間取りがしにくくなり、どのようなフォントで書けばよいか迷うところですが、基本を忠実に守って書けば大丈夫です。

A4など

就活時に書類を郵送するうえで最も適切な封筒と言えばA 4サイズの封筒です。企業にとっても折線の入っている封筒は出しにくいうえ、読みづらいというデメリットがあります。就活時は特に多数の書類が企業に郵送されてきます。

その中でも内定をいただく書き方はどのような書き方なのでしょうか。A4サイズの封筒は一般の封筒に比べて書くスペースも大きくなります。ボールペンが気をする前に鉛筆書きでどのようのフォントで書いていけば違和感がないか調整が必要です。

注意をしなければいけない点は極度に大きい封筒に対して、極度に小さめの字は採用担当者の目にも留まりにくいので、気を付けたほうが良いでしょう。字のバランスも封筒が大きいと崩れてしまいがちです。均一になるように書くように努めましょう。

企業が採用したくなる封筒の書き方で内定をゲット

いかがでしたでしょうか。たかだか封筒だと考えていたことも多かったのではないでしょうか。就活時に多くの学生から企業は封書を受け取ります。封筒の書き方ひとつで、中身を見たいと思う書き方が実在します。実に何百通、何千通という中から自分の履歴書を見ていただくためには正確に封筒の書き方がマスターされているかどうかということです。

今回は企業が面接したくなる封筒の書き方を皆さんにお伝えしてきました。ぜひ、これからの就活時に活かして、ご自身の未来を掴み、第1歩を歩んでいってください。

初回公開日:2018年01月05日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests