Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】職業欄の書き方|パート/アルバイト/会社員/派遣

初回公開日:2018年04月22日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年04月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

雇用には多くの職種があります。正社員やパート、アルバイトなどその他、職業欄にはどのように記入したらよいのでしょう。職業欄への書き方も、職種によって違いがあります。また、それぞれの雇用形態についても違いがあり、メリットデメリットもあります。

雇用形態は色々ある

雇用形態の違い色々ありますし、種類別に職業欄への記入の仕方も違ってきます。正社員や契約社員、そしてアルバイトやパートタイマーで働くなど、職業欄への記入の仕方に悩む人もいます。職業欄への書き方では、一般的な記入の仕方や用紙により違いがあることもあります。また確定申告の重要性についても少し見ていきましょう。

オフィスワークでは

雇用形態で同じ仕事をしていても給料を始め、さまざまな違いがあります。オフィスワークに関しては、正社員よりもパートやアルバイトの方が給料が低いですが派遣となると若干給料が正社員よりも高いです。

しかし正社員のみ、ボーナスや昇給があり派遣の場合は経験などを積むことでそのチャンスがあります。転勤や移動も正社員はありますが、派遣社員や契約社員の場合はありません。

ショップ販売では

ショップ販売でも、派遣やアルバイトパートそして正社員という雇用形態があります。同じように形態の違いにより、休日もお給料、残業や会社で定められているノルマにも違いがあります。ショップにおいて、スキルアップすることで階級も上がりますし、待遇も良くなっていきます。

コールセンターでは

コールセンターでは、機器などの操作説明や外国語を話せることで、時給が上がることが頻繁にあります。また、研修制度を活かすことで自信のスキルアップができます。正社員に関しては、ノルマは設定されていますが、パートやアルバイト、派遣社員の場合はありません。

スキルを上げることで、時給を含め待遇も違ってきますので、研修などが設けられているのでしたら、挑戦してみましょう。

職種別職業欄とは

会社で働く場合には、その会社に就職している場合職業欄には一般的に「会社員」と書けば良いです。しかし会社員でも、いくつか職業としての種類があります。会社に就職し、会社員となる場合は、どのような職業に就くのかを把握しておきましょう。

就いた職によって、職業欄への記入が違ってきます。また、用紙によっても記入方法が違う場合があります。

業務委託の場合

業務委託で働く人は、職業欄にはどのように書けば良いのか悩むところだと考えます。業務委託だけの仕事をしている場合は、その行っている仕事の内容をそのまま職業欄へと書くと良いでしょう。

例えば、特に仕事に名前がなくどのような仕事も請け負うようでしたら「なんでも屋」と職業欄に書いても、特に問題はありません。また、未記入でも良いです。会社員のように、会社の職場でもいくつか役割がある場合では、それぞれに名前がありますので仕事の名前を職業欄に書きます。

雇用の種類別職業欄の書き方について

雇用の種類別職業欄の書き方について、特に職業欄に関しては何を書いたらよいのか悩む人も多くいると考えます。会社員は実際にはどのような職業なのか、会社の中で働くものだから会社員と言いますが、職業欄にはそのまま「会社員」と書いてよいのか悩みます。

会社の中で自分がどのような内容の仕事をしているか、その仕事内容によって職業欄に書く内容も違います。この辺をしっかり理解して職業欄へと記入するようにしましょう。

職業欄「パート」の場合

会社でパートとして働いている場合は、雇用の形態が正社員と違います。同じ会社で働くのですから、会社員と考える人もいます。例えばパートではなく契約社員や派遣社員でも会社員と職業欄に記入することもあります。

このような場合は、パートでも会社員と書いても良いのではないかと考えがちですが、パートの場合は会社員と書いてはいけません。パートはその会社に就職しているのではないので、職業欄に会社員とかけません。

雇用形態に関係し、正社員の場合は、会社との雇用に関して契約があります。もちろんパートでも契約はありますが、雇用形態によってこの契約も違います。このため、職業欄にはそのまま「パート」と書くのが良いでしょう。

職業欄「バイト」の場合

アルバイトの場合もパートと同じように、会社に就職していないので職業欄には、会社員と書くことはできません。アルバイトとして雇用されているので、アルバイトに関しての契約を会社と行っています。

正社員や契約社員など、雇用形態の違いによって、契約にも違いがあります。会社で働いているのだから会社員で良いのではないか、しかし実際は就職してるわけではなく、雇用契約の内容もちがいますので、職業欄には会社員と書かない方が良いです。

たとえバイトでも収入は得ていますので、そのまま職業欄にはアルバイトと書きましょう。職業欄によってですが、パートやアルバイトという項目を付けてあるところもありますので、該当する箇所を選びましょう。パートやアルバイトでも就職していないから無職と言うわけではありません。

職業欄「会社員」の場合

仕事をすることで、会社へと就職をします。一般的にこのようにきちんと就職することで、改めて会社員となれます。その中でも役職や会社内での職業もいくつか分かれている会社もあります。

会社員として会社で働く中で、役職が付いている人は職業欄にその役職名を書きましょう。特に何もない場合、会社に属していることで会社員として職業欄には記入できます。また、会社の中で製造を担当していたり、経理を担当していたりと会社員として仕事の内容にも違いがあります。

その場合は会社員の後に「経理」といった感じで、付け加えて書いても良いです。会社に就職している限り、会社員となりますので職業欄には、そのまま会社員と書く場合が多いです。

職業欄「派遣」について

派遣として働く人は、職業欄とことろには会社員として書くことができます。しかし会社員として会社で働いていても、派遣元の会社に所属していることになりますので、会社によっては会社員として記すのではなく、派遣社員と職業欄への記入をした方が良い場合もあります。

派遣先の会社で仕事をしていく中で、登録している会社は派遣元の会社となりますので、相手側に伝える場合は、派遣会社の名前をしっかり伝えるようにしましょう。一般的には、派遣者の場合は職業欄へ会社員と記入することが多いですが、明記の仕方が違う場合もありますので、注意しましょう。

職業欄「契約社員」の場合

契約社員も派遣社員と同じように、職業欄へは会社員として分類されることが一般的です。派遣社員と同じように契約社員も仕事の内容は似ているものがあります。しかし大きな違いが一つあります。

派遣社員は派遣元の会社へと登録されていますが、契約社員の場合は仕事をしている会社に直接登録されています。このことから、契約社員はその会社に属していることになりますし、待遇の違いもいくつかありますので注意しましょう。

職業欄「主婦」の場合

Latests