Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月15日

就活の面接で聞かれる「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」という質問の回答例【例文あり】

成功体験は、就活でよくある質問の1つです。今回は、就活で成功体験を聞かれたときの返答例とポイントをまとめました。成功体験がない場合の対処法も含め、準備しておくべきことを紹介しています。就活で成功できるように、念入りに準備しておきましょう。

就活の面接時に成功体験を伝えるには?

就活の面接で聞かれる「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」という質問の回答例【例文あり】

就活をしていると「あなたの成功体験を教えてください」と質問されることがあります。これは、就活の面接で聞かれる代表的な質問のひとつです。

就活の面接で成功体験を聞かれた場合に回答の基本となるポイントや質問の意図を紹介しますので、質問された際にしっかりと自分自身の成功体験を伝えることができるように準備しておきましょう。

就活の面接時に面接官が「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」と聞く意図は?

就活の面接で聞かれる「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」という質問の回答例【例文あり】

自己PRや前職の退職理由など就活の面接では、さまざまな内容の質問を受ける可能性があります。

中でも「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」という質問を受けた時に、面接の担当者にネガティブな印象を与えないように、企業側はなぜその質問をするのかという意図を汲み取った上で適切な回答ができるように心掛けましょう。

就活の面接時に面接官が成功体験を聞く意図:どのような体験で価値を感じるのか

誰もが認めるような大成功に価値を感じる人も居れば、小さいことでも価値を感じる人もいます。

どのような体験に価値を感じるのかを知るために「成功体験」の質問をします。目標を達成を重視するのか、人との繋がりを重視するのかなど、どこに価値を置く人なのかを面接官は見極めようとしますので、成功体験はしっかりと選びましょう。

就活の面接時に面接官が成功体験を聞く意図:どのようなことを目標に頑張る人か

成功体験には必ず目標があります。数値の目標であったり、周囲から受けえる評価であったり、仲間の協力を得られることを目標とする人もいるでしょう。

どのようなことを目標に頑張る人なのかを知るために「成功体験」の質問をします。成功体験の内容から、入社後に何を目標に頑張ってくれるかを推測することができるからです。

就活の面接時に面接官が成功体験を聞く意図:どのようなプロセスを重視する人なのか

成功をするために「工夫やアイデアを凝らす」「努力を積み重ねる」などさまざまなプロセスがあります。

面接官はどのようなプロセスを重視する人なのかを知るために「成功体験」の質問をします。どのようなプロセスを重視するタイプなのか知ることで、会社が求めている人材にマッチしているのかどうかを見極めようとしています。

就活の面接に活かせる成功体験の作り方

就活の面接で聞かれる「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」という質問の回答例【例文あり】

就活の面接で語る成功体験は大成功である必要はありません。小さな成功体験であっても、そこから学んだことと、その後どのように成長したのかが大切です。

成功体験は人柄を色濃く映し出しますので、工夫次第では魅力的な人柄だとをアピールとも可能です。まずは身近なことから解決したいことなどを元に、目標をたててその達成のために行動しましょう。

  • とにかくやり始めること。
  • そしてやり続けること。

就活の面接で成功体験を聞かれた場合に回答の基本となるポイント5つ

就活の面接で聞かれる「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」という質問の回答例【例文あり】

就活の面接で成功体験を聞かれた場合に「成功体験がない」「嘘の成功体験を語る」といったことは当然いけません。

回答の基本となるポイントを押さえて話すことで、面接官に好印象を与えることができます。就活の面接で成功体験を聞かれた場合に回答の基本となるポイントを押さえてしっかりと自分の体験をアピールしましょう。

  1. 成功体験は大成功でなくてもいい
  2. 成功体験で学んだことや得たものをアピール
  3. 壁にぶつかった経験なども入れる
  4. 論理的に伝える
  5. 成功体験を今度どう生かせるかを話す

就活の面接で成功体験を聞かれた時の例文

就活の面接で聞かれる「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」という質問の回答例【例文あり】

就活の面接で面接官に成功体験を聞かれる意図と、聞かれた場合に回答の基本となるポイントは理解することができたでしょうか。前職で学んだことや、失敗したこと・失敗から学んだことなどを盛り込むというのもいいでしょう。

ここでは質問の意図と回答のポイントを踏まえて、就活の面接で成功体験を聞かれた時の例文を実際にいくつか紹介しますので参考にしてください。

就活の面接で成功体験を聞かれた時の返答例1

個別指導の塾で、引き継ぎ書の記入内容をチェックするリストを作成し、記入漏れを大幅に減少することができました。

最初は最初は面倒に思う人や、確認せずチェックをする人もいましたが、こまめに声をかけたり、よく記入漏れになる部分を太字で強調したりと工夫することで、記入漏れの量が大幅に減少しました。この経験から、少しずつ改善しながら工夫し続けることは重要だと学びました。

就活の面接で成功体験を聞かれた時の返答例2

異文化について学ぶため、外国人の友人を作りたいと交流会を企画しました。

最初は参加者が集まりませんでしたが、友人に紹介してもらった100人以上の人に直接話をして呼びかけることで、交流会には当初予定していた10人を上回る15人の人が参加してくれました。

その時にできた友人とは、今でも連絡をとりあっています。私はこの経験でコミュニケーションの大切さを学びました。

就活の面接で成功体験エピソードの効果的な伝え方:具体的な過程を5W1Hでまとめる

就活の面接で聞かれる「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」という質問の回答例【例文あり】

まずは成功した内容・結果を先に述べてから、工夫したことや努力した内容を話し、学んだことや得たものでまとめるようにしましょう。

結果を策に述べた後に、具体的な過程を5W1Hでまとめると話に現実感が加わり、面接官が理解しやすい内容になります。

  • When:いつ
  • Where:どこで
  • Who:だれが
  • What:なにを
  • Why:なぜ
  • How:どのように

就活の面接で成功体験を聞かれた時のNG返答例

就活の面接で聞かれる「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」という質問の回答例【例文あり】

ここでは質問の意図と回答のポイントを踏まえて、就活の面接で成功体験を聞かれた時の例文を紹介しました。壁を乗り越えた経験などは面接官に良い印象を与えますが、基本的なポイントがつかめていないとNGとなってしまう場合もあります。

就活の面接でNGとなる返答例・回答例にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、就活の面接で成功体験を聞かれた時のNG返答例を紹介します。

就活の面接で成功体験を聞かれた時のNG返答例1

私は異文化について学ぶため、外国人の友人を作りたいと交流会を企画しました。最初は外国人の参加者が集まらず困ったため、イベントの企画をしている人に話を聞きに行きました。

その結果、当初予定していた人数の倍近くの人が参加してくれました。私はこの経験から、事前に計画をしっかりたてることの大切さを学びました。

就活の面接で成功体験を聞かれた時のNG返答例2

バスケットボール大会決勝戦の相手チームの平均身長は、私達のチームより5センチも高く不利な状況でした。

しかし私は持ち前の素早さを利用し、相手チームの隙を見つけて果敢に攻めました。その結果私は1人で30点のゴールを決め、優勝することができました。この経験で、諦めない心や冷静な判断力の大切さを学びました。

就活の面接までに成功体験が思い浮かばない場合の対策

就活の面接で聞かれる「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」という質問の回答例【例文あり】

どうしても成功体験が思い浮かばない、成功体験を上手に話すことができないという人は、企業から「お肉を食べに行きませんか」とお誘いがくるニクリーチに登録してみるのはいかがでしょうか。

面接や会社説明会よりも深くお互いを知ることができ、何気ない会話の中から企業の担当者があなたの良さを汲み取ってくれる可能性もあります。

成功体験の質問に似ている就活の面接時の質問例

就活の面接で聞かれる「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」という質問の回答例【例文あり】

就活の面接時に面接官が「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」と質問する意図と回答のポイント・回答例を説明してきましたが、就活の面接時に質問される可能性のある内容はこれだけではありません。

成功体験の質問に似たものを紹介しますので、どのような内容の質問をされても対応できるように準備をしておきましょう。

  • 学生時代頑張ったことはなんですか?
  • あなたの長所と短所はなんですか?

成功体験などの準備をして就活の面接に挑もう!

就活の面接で聞かれる「あなたのこれまでの成功体験を教えてください」という質問の回答例【例文あり】

面接すべてにおいて言えることですが、面接の担当者が理解しやすい言葉で、自分をアピールすることがポイントです。

そのためには、自分ひとりで考えるのではなく、周りの人や専門の人に聞いてもらったり、意見をもらうことも大切です。ひとつの成功体験となるように、しっかりと準備をしたうえで就活の面接に挑みましょう。

タダでご飯を食べるだけで内定ゲット?!

「スーツを着て、会社説明会へ」
もうそんな就活スタイルやめませんか?

自己PRを書いて、あとは待つだけ。
そのあと、企業からスカウトメールが届いて、美味しいお肉を食べながら、就活相談をして、内定をもらう。

こんな就活憧れませんか?
そんな憧れの就活ができるのが最近CMでもお馴染みのビズリーチが提供するニクリーチ!

掲載企業数も100社以上あり、実績も十分です。
今すぐ登録して、お肉も内定もゲットしましょう!

Latests