Search

検索したいワードを入力してください

転職/新卒の内定辞退後悔パターン|立ち直る方法・再応募は可能?

更新日:2020年08月20日

内定辞退をした後に後悔することは誰に起きてもおかしくない事です。もし、それが自分であれば相当なダメージを受けるでしょう。そこで、内定辞退をした自分の判断が間違いだと考え後悔する前に、前向きな考え方で次のステップに進む方法を紹介します。

本人にとって内定辞退の意味とは

人生を変える可能性のあることが内定辞退だと言えます。なので、多くの方は内定辞退をするかしないかを極めて慎重に決めるでしょう。また、内定辞退する企業に対しては丁寧に対応して最後の挨拶までしっかりと行うのが常識です。出来れば、何年かして内定辞退したことが自分にプラスであったと考えることが出来る時期がくることがベストです。

はっきり言えば、内定辞退した時点ではその判断が正しいことかどうかは不明な点もかなりあります。このような複雑な事情のあることが内定辞退であり、本人にとっては仕事をする上で最も重要なことです。

客観的に見た時の内定辞退

内定辞退は、相当な理由がない限り後悔するのでしない方が良いです。後で後悔した場合は対処が大変です。また、再度応募する事も非常に難しいのが事実です。内定辞退には、人生を決めることにもなることもあるので冷静で的確な判断が要求されます。もしも後悔してしまっても自分なりの考え方をもっていれば大丈夫です。

大切なことは、内定辞退にともなって後悔することがあったら前向きに考えて生活することです。そうすればきっと新しい道は見つかります。一番してはいけない事は、内定辞退した会社にいつまでも執着していることです。次の日から頭を切りかえて本当の意味で自分に合った会社を探すことが重要で、そう行動していれば自ずと道もひらけます。

初回公開日:2017年08月03日

記載されている内容は2017年08月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests