Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月31日

内定メールの返事の書き方と例文|転職/新卒・返事内容別注意点

内定メールをもらった時に、どのように返事をすれば良いのか迷う時があります。また、転職や新卒での就職などで返事の仕方も違います。そのような時は、この記事の例文などを読んで、内定の返事のメールをどうすれば良いか決めましょう。

内定メールでの返事の書き方と例文

内定メールの返事の書き方と例文|転職/新卒・返事内容別注意点

内定メールでの返事の書き方は、どのような状況なのかによって内容が変わってきます。ただ内定メールに対して返信するだけで良い時もあれば、質問があってそれに対して答えなくてはいけない時もあります。ものによってはかなり時間のかかる時もありますが、基本的に早く簡潔な内容の返事をしましょう。例文としては、

「先日内定をいただきました、田中と申します。お忙しいところ内定メールを送信していただき本当に有難うございます。今後とも全力で頑張っていきますので宜しくお願い致します。」

となります。あまり変わった内容ではないですが、この内容を基本として色々な文章を追加することで、ほとんどの内定の返事ができるでしょう。

内定メールの返事の件名

内定メールの返事の件名は、簡潔で分かりやすいものが良いです。理由としては、内定メールを送ってくれた人は仕事で忙しく、あまり分かりづらい内容の件名であれば読まない可能性もあるからです。そのため、一目で分かる件名にすることで間違いなく見てもらえます。例えば、

「内定通知メール有難うございます。 : 田中」

となります。これでは短すぎると思うかもしれませんが、採用担当者からした場合これくらいが丁度良いでしょう。また、内定メールの返事の件名に用件まで入れてしまう人がたまにいますが、これは良くないです。どうしても用件を件名のところに入れたくても本文で用件を記載するようにしましょう。

内定メールのお礼

内定メールの返事の書き方と例文|転職/新卒・返事内容別注意点

内定メールのお礼の仕方としては、第一志望である御社に内定をもらえたことについて本当に感謝しますといった内容で良いです。人によっては、内定メールのお礼で入社後の抱負なども記載しても良いです。

また、面接でも何度も繰り返し言ってきた自己PRなどを最後の方で記載しても好印象です。採用担当者は、内定メールのお礼のメールをみてあなたを本当に採用して良かったかどうか考えることでしょう。お礼メールの内容としては、

「お忙しいところ内定のメールを送っていただき誠に有難うございます。私の粘り強さを活かして御社で品質の高い業務をしたいと思っておりますので今後とも宜しくお願い致します。」

となります。

就活・採用のときの注意点

内定メールの返事の書き方と例文|転職/新卒・返事内容別注意点

就活、採用の時の内定メールの返事の注意点としては、早めに的確な内容の返信をすることです。状況がさまざま変化するのが転職、採用です。採用担当者からした場合、早く内定メールに対する返事をしてくるかどうかで判断するところもあります。

そういった意味では、就職活動は時間との勝負であると言えます。そのため、内定メールを受信したら、できればその場で返信するくらいのつもりでいましょう。もちろん内容は十分に考える必要があります。返事をする会社が第一志望であれば、自分の会社に対する気持ちもしっかりと伝えましょう。そうすることで採用担当者も安心してくれます。

転職の内定メールの返事

転職の内定メールの返事は、社会人としてのルールをしっかりと守ったものが良いです。せっかく内定をもらっても内定メールの返事がしっかりとしていないとイメージが良くないです。

内定をもらったからといって安心するのではなくてこれからお世話になる会社であると考えてしっかりとした内容の返事をしましょう。内容としては、

「内定をいただきました田中と申します。転職活動中は色々と本当に有難うございました。今後は、御社の一社員として毎日頑張っていきますのでご指導の程宜しくお願い致します。」

となります。簡単な内容ですが、このくらいの返事のメールを早めに送っておくと採用担当者も安心するのと好印象でしょう。

新卒の内定メール

内定メールの返事の書き方と例文|転職/新卒・返事内容別注意点

新卒の内定メールの返事は特に確実にメールをしておく必要があります。新卒の場合は、内定をもらってから実際に入社するまでの時間がかなりあるのが多いです。

そのため、内定メールの返事は、会社と連絡をとりあう数少ない機会であり、お互い意思の疎通ができている事が重要です。入社までの日程を把握していないであいまいにしておくと自分だけ内定式に出られないような事態になります。

内定メールの返事の内容としては、入社後の抱負などを記載すると良いでしょう。また、就職活動でお世話になった方に対してメールでお礼を言っておくこともとても良いです。

中途の内定メールの返事

中途の内定メールの返事としては、すぐに返信することと返事の内容を明確に記載することがポイントです。中途採用の時は採用担当者も社会人としての基本的なマナーはあると判断しているので、あまりこまかいところにこだわった内容のメールにするのではなく、要点をまとめた内容にしましょう。

また、繰り返しになっても志望動機や自己PRを一緒に記載しておくことで効果的です。さらに、入社後にどのようなスタンスで仕事に取り組んでいくたいかも一緒に記載すると、会社側も関心をもって見てくれます。また、あまり長い文章にしないように注意しましょう。

返事の内容別注意点

内定メールの返事の書き方と例文|転職/新卒・返事内容別注意点

内定メールの返事は、内定をいただいて有難うございますといった内容と、その他の質問等に答えることがあります。内定をもらった後は、入社に向けての手続きがあり会社と連絡しあって進めることになります。

内定メールの返事をするだけに集中してしまって、手続きに関する確認等を忘れることもあるので注意が必要です。また、気になることがある場合は早めに聞くことで、転職活動を上手に終わらせることができます。自分にとって内定をくれた会社が本当に良い会社なのかは、自分が気になる事が解消されてから分かるものです。

内定メールの返事で質問するのはおかしなことだと思う人もいますが、逆に早めに聞いてしまった方が貴重な情報となります。

承諾について

内定メールで承諾の内容が来た場合はどうすれば良いでしょう。手続きとしては、ただメールで内定を承諾しますといった返事をするだけで良い場合と、他の書類を提出して内定承諾する場合とがあります。いずれのケースも早めに返信することです。

事務的な事は就職活動において効率良く早く処理できることが大切です。内定に関して承諾する時には、どのような内容に対して承諾するのかしっかり理解しましょう。入社してからこのようなはずで無かったと思いたくない人は、事前に内定を承諾する前に一つずつ確認することです。

もちろん不明な点がある時は、人事にメールなどで確認して返事を待っても良いでしょう。

保留・延長に関する注意点

内定メールの返事の書き方と例文|転職/新卒・返事内容別注意点

もしも内定メールをもらった後に保留や期限の延長をしたい場合はどうするか迷うところです。これは、簡単に言えば、採用担当者に正直に相談しましょう。少なくとも最終的な内定が
有効な期限くらいは教えてくれます。

その期間中に保留や延長についても考えて問題解決できれば良いです。また、どうしても保留や延長が必要な時は採用担当者に聞いて、教えてもらった期限をしっかり守るようにしましょう。

質問の注意点

内定メールの返事で質問する時は、簡潔に要点をまとめて質問するようにすると良いです。あまり長く文章ではわかりづらいものになってしまいます。また、仮にたくさん質問があってもまとめて聞いてしまった方が良いです。

入社日の調整

入社日の調整は、結構こちらの希望も考慮してくれます。面接の時に入社日に関しては聞かれることが多く、その日をできれば守りたいところです。もしも面接で言った入社日とは違う日を希望する場合は、メールで変更を希望する理由と入社を希望する日を記載します。

内定メールの返事で大切なこと

内定メールの返事の書き方と例文|転職/新卒・返事内容別注意点

内定メールの返事で大切なことは、せっかく入社する会社なので気持ちよくお互いメールの送受信ができれば良いです。そのためには、内定メールに記載されたことをしっかり把握して、必要なことをコンパクトにまとめたかたちで返事のメールをすると良いでしょう。また、早いレスポンスで返事ができれば好印象です。

Latests