Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月26日

内定の断り方と理由|メール/電話/手紙/第一志望/転職

内定の断り方はご存じでしょうか?就活は内定を獲得することが目的ですが、内定をもらったからといって、必ずしも承諾するわけではありません。時には内定を辞退する場合もありますし、上手に断ることが大切ですので、内定の正しい断り方を知っておきましょう。

メールでの内定の断り方は?

内定の断り方と理由|メール/電話/手紙/第一志望/転職

企業から内定をもらえば、それを承諾するか辞退するかを決めなければなりません。辞退する場合は断りの連絡を入れますが、その断り方にも注意が必要です。メールでの内定の断り方としては、まずは面接のお礼、そして内定をもらったことに対してのお礼を伝えることが大切です。

これらの感謝の気持ちを伝えた上で、辞退する旨を申し出ましょう。メールでの断り方としては、辞退することが確実に伝わるように、ストレートな表現を使用することがポイントです。内定辞退は言い出しづらいですが、曖昧な表現を使用すると辞退の旨が正しく伝わらず、企業を混乱させてしまう可能性もあります。

メールの断り方としては、とにかく正しく伝わることが大切ですので、はっきりとした言葉遣いで内定を辞退しましょう。

電話での内定の断り方は?

内定の断り方と理由|メール/電話/手紙/第一志望/転職

電話での断り方も、基本的にはメールの場合と同じです。まずは内定をもらったことに対してのお礼を伝え、そこから辞退の旨を伝えていきます。電話で伝える場合は、企業の人に理由を問われる場合も多いので、その場合は必ず辞退の理由も併せて伝えるようにしましょう。

また相手から理由を求められないからといって、辞退の旨だけを伝えるのはマナー違反です。電話での断り方としては、相手から聞かれなくても必ず内定辞退の理由を伝える必要がありますので、聞かれない場合も自ら切り出すようにしましょう。

電話で直接伝えることで企業に対しての熱意や誠意なども伝わりますし、印象も良くなりやすいので内定の断り方としてはおすすめの方法です。

転職内定の断り方は?

内定の断り方と理由|メール/電話/手紙/第一志望/転職

転職内定の断り方も基本的な部分については同じです。内定をもらったことのお礼を伝え、そこから辞退の理由を話していきます。転職の場合は内定を断った企業とも今後一緒に仕事をする可能性がありますので、丁寧な断り方をすることが大切です。

断り方によって悪い印象を与えてしまうと、万が一別の仕事で一緒になったときに仕事がスムーズに進められない場合があります。内定を辞退したからといって、企業との関わりが完全になくなるわけではなく、社会人のうちはどこかで企業と接する機会に巡り合う場合もあります。

辞退した企業と別の機会に巡り合うことがあっても良いように、とにかく丁寧に、印象の良い断り方をすることを心がけましょう。

内定の断り方と理由は?

内定の断り方と理由|メール/電話/手紙/第一志望/転職

内定の断り方にはさまざまな方法がありますが、どの方法の場合でも内定辞退の旨に加えて、その理由を伝えなければなりません。内定を辞退する理由を伝えることは、断り方としては基本的なマナーになりますし、これまでお世話になった企業に対しての礼儀でもあります。

内定がもらえるということは、それだけ評価をしてもらっているということですし、辞退をすることで期待を裏切ることになってしまいます。礼儀正しい断り方を心がけるためにも、企業に対して誠意ある対応をすることが大切であり、そのためには辞退の理由を伝えなければなりません。

辞退の理由によっても与える印象は変わりますので、印象の良い断り方と辞退の理由を知っておきましょう。

第一志望

内定辞退の理由としては、第一志望の企業が別にあることを伝える、あるいは第一志望の選考がまだ残っている、そこから内定をもらったなどと正直に伝えることが大切です。他の企業を第一志望に挙げることが失礼になると考える人も多いですが、実際にはそうではありません。

人によって仕事の向き不向きはありますし、企業の向き不向きもあります。第一志望の企業が人によって違ったとしても、それは仕方のないことであり、むしろそれを正直に伝えることで誠実さをアピールできる場合も多いです。

内定の断り方としては、第一志望の企業が他にあることを伝え、その企業の選考状況などを併せて伝えるといいでしょう。

一身上の都合

内定辞退の理由は、基本的にはすべて正直に伝えるのがマナーですが、理由によっては正直に伝えてしまったことで、企業に対して失礼になってしまう場合もあります。正直な理由を伝えることが憚られるのであれば、一身上の都合によりと理由については曖昧な表現を使用しても構いません。

内定を辞退することについては、明確な表現で間違いなく伝えることが大切ですが、辞退の理由については必ずしも迷惑に答える必要ありませんので、伝えにくい場合はこの表現を使いましょう。

また他には諸般の事情によりなども使用でき、意味はどちらも同じです。どちらを使用しても構いませんので、曖昧な表現を使う場合でも、これを理由として伝え忘れることのないようにしましょう。

手紙での内定の断り方は?

内定の断り方と理由|メール/電話/手紙/第一志望/転職

内定の断り方としては、電話やメール以外にも手紙という方法がありますが、手紙で断る場合は素早く行わなければなりません。内定の断り方のマナーとしては、断るときはとにかく早く伝えることが大切であり、遅くなればなるだけ失礼ですし、企業に迷惑もかかります。

手紙だとポストに投函してから企業に届くまで時間がかかりますし、手紙で断る場合は即決で素早く行動することが大切です。また連絡が遅くなりそうなのであれば、先に電話やメールで断るか保留にしておくのがおすすめです。

内定を断る場合は手紙は極力避け、基本的には電話やメールなど素早く連絡できる手段を選びましょう。

看護師の内定の断り方は?

内定の断り方と理由|メール/電話/手紙/第一志望/転職

内定の断り方はさまざまであり、職業によっても断り方が違っている場合もあります。転職の多い職業としては看護師が挙げられますが、看護師は転職の際に複数の病院を並行して受けていることが多く、内定を断る機会も多いです。

看護師は人手不足の業界ですし、病院としては人材を確保しようと躍起になっていることも多いですが、内定の断り方としてはどんなものが考えられるでしょうか。

病院

看護師の内定の断り方としては、病院ごとの特徴を踏まえて断ることが大切です。どの病院で働いたとしても看護業務自体は同じですが、担当する仕事の種類であったり、仕事の進め方などは違います。看護師は患者の命を預かる仕事ですし、仕事はスムーズに効率よく進めていかなければなりません。

病院が求める働き方、仕事と自身の求めるものやスキルなどが合致していなければ、働くことが難しくなりますので、それを理由に辞退を申し出るのがいいでしょう。

職種別内定の断り方は?

内定の断り方と理由|メール/電話/手紙/第一志望/転職

職業によって内定の断り方が違うように、職種によっても内定の断り方は違っています。断り方次第で好印象にも悪印象にもなりますので、正しい断り方を知っておきましょう。

公務員

公務員の内定の断り方としては、基本的には一身上の都合、諸般の事情などで断るのがおすすめです。公務員は安定した職業ですし、多くの人が志している仕事でもあります。公務員に合格するのは簡単なことではなく、内定をもらうためにはさまざまな苦労が必要になります。

それらの苦労を経て、念願の職業に就けるはずなのに内定を辞退するとなれば、奇異の目を向けられることも多いです。公務員という好条件の仕事を辞退する適切な理由を探すのは難しいので、一身上の都合など当たり障りのない理由で辞退を申し出るのがベターです。

内定は上手に断って円満な関係を築こう

内定の断り方と理由|メール/電話/手紙/第一志望/転職

内定の断り方や断る時の理由などを紹介しましたが、内定を断るときにはしっかりと理由を伝えることが大切です。理由なしで断るのは企業に対しても失礼ですし、マナー違反でもあり、印象が悪くなってしまいます。

また断りの連絡を入れるときは素早く行うことも大切です。内定辞退の連絡は遅くなればなるほど企業に迷惑がかかりますので、決断すればすぐに伝えるようにしましょう。内定は断り方次第で印象が大きく変わりますので、上手に断って企業と円満な関係を築いていきましょう。

Latests