Search

検索したいワードを入力してください

社会福祉士におすすめの就職先・就職先はないのか・給料の目安

初回公開日:2018年03月04日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2018年03月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会福祉士は、国家資格に合格したソーシャルワークの専門職です。福祉の施策や制度に通じ、豊富な知識や技術を持つ社会福祉士ですが、実際にはどの様な場所で、どの様な仕事をするのでしょうか。社会福祉士の就職について、就職先、収入などをわかりやすくご案内します。

社会福祉士におすすめの就職先・就職先はないのか・給料の目安
※画像はイメージです

社会福祉士の就職先は、社会福祉士の資格にこだわるか、その知識・技術を活かすことを柔軟に捉えるかで、就職先の範囲は変わります。資格にこだわるなら、ソーシャルワーカー、ケースワーカーなど相談業務で働ける就職先を探すことになります。

でも相談職にこだわらず、人を支援する仕事の中で柔軟に考えるのならば、就職先は格段に増えます。例えば「ケアワーカー」です。介護職ですが、ソーシャルワーカーと同じ「対人支援職」ですから社会福祉士の知識・技術は大いに役立ちます。実際、社会福祉士の受験資格や国家資格を持って、ケアワーカーをしている人は大勢います。

採用はケアワーカーであっても、社会福祉士の資格を持っている上に現場経験を積めば、将来的に介護の国家資格である介護福祉士の取得も可能です。その上で相談職に就くことも望めます。社会福祉士の就職先を考えるとき、少し柔軟な考え方をすることも必要です。

社会福祉士に求められる資質

社会福祉士におすすめの就職先・就職先はないのか・給料の目安
※画像はイメージです

社会福祉士に求められる資質とはどのようなものでしょうか。社会福祉士は、社会福祉の実践者です。その倫理綱領にもあるように、全ての人をかけがえのない存在として尊重することや、社会正義の実現に貢献することが求められています。

これらは、国家試験に合格したからといっていきなり備わるものではありません。社会福祉士には、これらの実現を目指して努力し続けることが求められます。そして、そのためには物事を広く俯瞰的に見つめる目も必要とされます。

誰かの支えになりたい、と思うホスピタリティや、困っている人を助けたいと言うボランタリティも大切な資質です。また、物事を「公平」に見られることも必要です。

そして社会福祉士に求められる一番の資質とは、「命」に真摯に向き合える姿勢があることでしょう。

社会福祉士の給料の目安

社会福祉士の給料、収入はどれくらいなのでしょうか。同じ企業に一般職採用と、社会福祉士として専門職採用された場合を比較すると、基本給などにはさほど違いはなく、専門職として手当や資格手当が上乗せされます。

新卒の場合は、ケアワーカーより多少基本給が高いこともありますが、ケアワーカーは夜勤手当や、処遇改善加算金などがプラスされるので、総合的にはケアワーカーの方が給料が多いこともあります。中途採用の場合は、その経験、実務経験の差が給料の差になります。

公務員は、その給料は自治体により多少の差がありますが、初任給で20万程度です。民間の企業でも、それほど変わりはないでしょう。年収で300~350万くらいです。

ただ、就職先は、公務員、社会福祉法人など、安定したところが多いので、将来てきには徐々に収入も増加します。ただ、その上昇率は緩やかで急増とはいきません。

社会福祉士 就職先の割合は

社会福祉士におすすめの就職先・就職先はないのか・給料の目安
※画像はイメージです

社会福祉士の就職先には、公務員と民間法人がありますが、その割合は圧倒的に民間法人が多いでしょう。公務員は採用ポストが限定されていて、新しい役所ができることはめずらしいため、採用人数がそれほど増えないことも原因です。

一方、民間法人では、介護保険施行以降、高齢者関連の事業者も増加していて、それに応じて就職先も増加しています。「相談員」が、配置基準としてあるので、事業所が増えればその分、就職先も増えるということになります。

また、障害者や障害児の施設でも多くの社会福祉士が働いています。養護施設や乳児院、生活保護施設なども就職先ですが、その数自体が多くはありません。やはり、就職先として多くの割合を占めるのは、高齢者・障害者の分野でしょう。

ただ、社会福祉士が必ず相談業務についているかといえば、そうではなく、ケアワーカーや支援員など、直接介護をする業務についている人も大勢います。

社会福祉士として就職するには

社会福祉士におすすめの就職先・就職先はないのか・給料の目安
※画像はイメージです

社会福祉士として就職するには、なにより自分自身の社会福祉士としての資質を高めることでしょう。社会福祉士を求める就職先は、その高い専門性を求めるのと同時に、そのホスピタリティやボランタリティに期待しています。

それは、決して自己犠牲を払えと言うことではなく、社会的弱者と呼ばれる人々と同じ目線で悩み、考え、解決策を七転八倒しながら探していく、公平性とバイタリティのことです。

そして、なにより就職活動で必要なのは、柔軟な思考です。自分の思考に固執せず、対人支援者として、だれかの役に立ちたい、社会貢献のできる仕事がしたいと言う想いがあれば、きっとふさわしい就職先が見つかることでしょう。

Latests