Search

検索したいワードを入力してください

コンサルタントの単価相場とは?業務内容や良い点なども紹介

更新日:2022年04月15日

フリーのコンサルタントには、どのようなメリットやデメリットがあるかご存じでしょうか?本記事ではコンサルタントの形態や単価の決め方など、フリーとしてコンサルティングするポイントを解説します。コンサルタントとしてフリーを目指している方向けの記事です。

フリーのコンサルタントになるにはどんな方法があるのか、フリーになるメリット・デメリットなど、フリーのコンサルタントを検討している方には不安や疑問があることでしょう。

本記事ではフリーのコンサルタントの業務内容や働き方、必要なスキルや契約形態、さらにフリーランスになる利点や報酬について紹介していきます。

この記事を読むことでフリーのコンサルタントとして知っておきたい単価や契約について理解できるため、自信を持って交渉ができるようになります。また、フリーとして働く心構えができ、よりスムーズに独立に向け進んでいけるようになるでしょう。

フリーランスのコンサルタントとは?

コンサルタントはコンサルティングファームで経験を積んだ後、フリーランスになる流れが一般的でしょう。多くのコンサルタントが、自分の専門分野で自分らしい働き方で活躍しています。

この記事ではフリーランスのコンサルタントの契約形態や単価相場、必要なスキルやフリーになるために知っておいた方が良い知識を紹介します。

コンサルタントの代表的な3つの種類

コンサルタントとは、分析をもとに相談を受けたクライアントの問題点や課題を正確に見つけ、その解決策などを提案しサポートする職業です。求められる知識や能力は多岐にわたり、クライアントはその分野のエキスパートの知識や能力を借りて、問題解決したいと考えています。

業務内容により専門分野が変わりますが、ニーズが多い代表的なコンサルティングは以下の3種類です。

  • IT系コンサルティング
  • 経営的コンサルティング
  • 戦略系コンサルティング

(1)IT系コンサルタント

IT系コンサルタントとは、ITシステム導入支援を行なうなど、IT技術で企業の問題解決をサポートするコンサルタントです。

IT分野で問題を抱えていたり、今ある問題をIT技術で解決したいと思っていたりする企業に対し、問題の分析、解決策の提案、システム導入までの一貫したコンサルティング業務を行ない問題解決に導きます。

(2)経営系コンサルタント

経営コンサルタントとは、経営全般、財務から戦略までトータルでサポートするコンサルタントです。つまり企業の経営陣と一丸となり、経営に関する問題を解決していきます。

経営コンサルタントは人事、法務、会計など幅広い知識が求められ、クライアントの業界やトレンドに対する知識も必要です。企業の現状を分析し、問題を明確化して企業に合った戦略をアドバイスします。

(3)戦略系コンサルタント

戦略コンサルタントとは、クライアントが抱える問題に対して最適な戦略を考え、立案し、業務改善をアドバイスするコンサルタントです。新規事業やM&Aに対する戦略コンサルティングも行ないます。

問題に対して情報収集し、仮説を立て、検証し、提案する中で、高い論理的思考(ロジカルシンキング)が必要になります。また、クライアントに提案する際に分かりやすく伝えるためのプレゼン能力も求められるでしょう。

フリーのコンサルタントの3つの業務内容

働き方改革や企業の変化が求められる現在、専門性の高いフリーランスのコンサルタントへの需要が高まっています。変化への対応をサポートし、改革案を実行するノウハウをアドバイスするコンサルタントが求められているのです。

ここからはフリーのコンサルタントの主な業務を3つの視点で紹介していきます。

  • 客観的な視点での助言
  • 戦略の立案やそれに対する支援
  • 業務の調査や分析への提案
次のページ:フリーのコンサルタントの3つの利点

初回公開日:2021年12月15日

記載されている内容は2021年12月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests