Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月25日

就活でしにたいと思う時・思ったことがある割合と対処法|相談

就活でしにたいと感じてしまったら直ちに就活を中断しましょう。気分転換もしくは不安解消法を探して十分に休息をとり大丈夫になったら就活を再開しましょう。今まで触れてこなかったことなどに触れる事でも考え方が変わります。しにたいと思ったら人に相談しましょう。

就職活動をしていてしにたいと感じた時

80年代や90年代のように仕事が見つからなくてもアルバイトでなんとかなるという時代ではなくなりました。また現代ではスマートフォンやパソコン、プリンターがないと就活できないと言う程IT機器も重要になってきて維持費もかかるので就活自体がお金のかかることになってきています。

しにたいと思う場合の心理というのはかなり深刻な場合です。必要ならば就活を直ちにやめて休息が必要です。しにたいと思って死んでしまっては元も子もなくなってしまいます。就活でしにたいと感じたらすぐに就活をやめて心のケアを受けましょう。

昔と違い世の中が複雑になっているのも心を病む原因となっています。しにたいと感じたら直ちに就活をやめて気分転換もしくは医師に相談しましょう。

就職活動が上手く行かずしにたいと思った時の対処法など

就活でしにたいと思う人は少なからずいます。出口の見えない就活であればあるほどなかなか内定をもらえず途方に暮れている人はたくさんいます。しにたいと感じたら一度、学校を休んだり、就活自体を休みましょう。気分転換も必要ですがしにたいと思った場合は通常の気分転換では対処できません。

他人に相談をして問題の解決をすることです。まだ初期のしにたいは深刻ではないです。就活して無理をして企業に入る必要があるのか、本当に企業で仕事をするのがじぶんにとって幸せなのかという事を考えましょう。

対処法は人に話す事です。あとは規則正しい生活をしてこれ以上体調を崩す事を避けるべきです。朝はきちんと起きて夜は早めに床につくことです。

しばらく就職活動から離れて人生を考えてみる

対処法は小さい頃から勉強ばかりで、会社勤めしかないと思わない事です。自給自足や自営業や好きな事をして暮らしている人はたくさんいます。就職活動を再開してもガチガチの企業に勤めずゲームやパチンコの会社に会社訪問を変えることも時には必要です。

若い時に挫折した場合は歳をとってから挫折するよりも被害が少なくて済みます。若い頃に限界を感じた場合はそれ以上じぶんにとって無理な事はしないからです。また辛い目にあっているので人に優しくできて、人に接する仕事に就く人も実際にいます。

しにたいと感じている初期の状態でしたら、通常の気分転換法や不安解消法で対処できます。映画を鑑賞したり、海外旅行で違う文化に触れることも必要でしょう。

まったく違う職種や業種を目指ししにたいという思いを消す方法

今まで希望していた業種や職種以外の職業を探す事も時には必要です。しにたいと感じてしまう人のほとんどは真面目な人で融通が利かない人が多いです。時には不真面目なじぶんと対照的な友人を作って遊んでも十分気分転換になります。

しにたいと感じた場合、違う業種や職種を目指して就活をしていくことも必要です。それこそバスの運転士や運転をする業務や自営業の店主、芸術家や音楽家などを目指す事もよいでしょう。とにかくしにたいと思う心を失くすことをメインに考えていきましょう。

スキーやスノボー、サーフィンなどを通じて自然の奥深さを感じて今の悩みがいかに小さな悩みなのかを知る事でも気分転換になります。

身近な大人に相談したり遠い場所へ旅行へ行く対処法

しにたいと感じた時、その人が若ければじぶんより年上の人の話を率先して聞きましょう。悩みを解決しやすい書籍やテレビ番組があれば、どのような本やテレビがよいのかを聞いて見てみたり読む事も必要です。

語学の勉強の一環として語学留学をしてみることも、しにたいと感じてしまった人には必要です。日本とは違う文化に触れる事で海外の農業や自然保護の仕事をしてみたいと思えば、現地で語学を学び、現地で活動するという目標ができしにたいと思う事はなくなるでしょう。

また自然に触れ合う事でその後の人生が変わる人はたくさんいます。乗馬をしてしにたいという思いが消える人も中にはいます。生き物や自然は人生につまづいた際に戻る場所でもあります。

就活でしにたいと思ったらカウンセリングを利用する

カウンセリングやセミナーとったものも抵抗がありますが、精神状態が悪くなった場合は必要になってきます。カウンセリングを受ける事に抵抗がある人は両親や友人とディスカッションをする時間を定期的に作りましょう。しにたいと思うには理由があります。その理由を探し出して解決へと導くには他人の力が必要です。

就活というのは年々難しくなっています。雇用形態が安定しないことも理由にありますが、もし就活を終えて就職した会社がとんでもないブラック企業ならばまたそこから新しい悩みが始まります。仕事の悩みというのは男女問わず付いて回るものなのでいつでも気分転換もしくは不安解消法を身につけるのも社会人として必要なことです。

しにたいと思ってしまったら深刻な精神状態だと認識し、今すぐ相談を

ストレスは気持ちの問題ですが、過度なストレスは体調を悪化させます。ただちに就活を中止してストレス対策をしましょう。体調が万全でない状態で就活をしても良い結果は出せません。納得できる就活を再開できるように心のケアをしてまた就活していきましょう。

しにたいと思う場合は深刻な精神状態です。他人に相談をしましょう。人と接するのが嫌だと感じた場合は動物園やペットショップなどで動物に触れ合うことも必要でしょう。

とにかくしにたいという気持ちを失くすために身近な人に相談をするべきです。

就活でしにたいと感じた人の比率や割合はどのぐらいか

中途採用の人の方がしにたいと感じる人は多いでしょう。家庭内暴力や犯罪が起きている背景なども仕事が決まらず、自己の感情をコントロールできなくなってしまって起きている場合が多いです。比率としては中途採用の人の方が多く、新卒でも奨学金を借りている人や金銭的に余裕のない人が多いでしょう。

どうしてしにたいと感じているのか理由が分かればその原因を解決するだけです。実際、しにたいと感じる人は解決できない理由の悩みが多いので、学校の先生や両親や友人に話して身近な意見を聞いてみることが一番の解決の道になります。

就活でしにたいと思った場合相談できる場所や人は

国や市が経営している相談窓口や電話相談などが利用できます。就活からまず離れて考えることが必要です。身近な人や親しい人に相談をするべきです。またボランティア活動をしてみて活動を指揮している人物などにも相談を持ちかければ、良い相談相手になるでしょう。

じぶん一人で悩まないことです。悩みというのは一人で抱えると大きくなります。人と接するのが嫌になっても客観的な意見を取り入れることが大切です。

大学の教師に相談する場合

大学には就活で疲れた学生向けの相談窓口が存在します。最近は奨学金の問題や親が片親で就活が難しくなっている人も多くいます。そうした悩みを解決するために大学はもちろん専門学校でも専門のカウンセラーが常駐している場合があるので担任の先生に聞いて、カウンセラーなどに相談して問題を解決していきましょう。

両親もしくは友人に相談する場合

しにたいという気持ちを素直に身近な人に話す事が必要です。解決に何年もかかる場合もあり、その後の仕事自体ができない場合もあります。まずは生きていくことを優先して、体調がよくなってから仕事を探す事を考えましょう。

両親にはしにたいと言っても構いませんが、時と場所を考えて告げましょう。友人などにしにたいといきなり告げるのではなく遠回しに今辛い事を話すと良いです。同じ年頃の同じ悩みを持つ世代としてよい相談相手になるでしょう。

しにたくなったら即!就活中止!気分転換を考え人に相談しよう!

しにたくなったら即、就活を中止して命を守ることをしていきましょう。しんでしまっては何もなりません。すぐに担任の先生や信頼できる人に相談しましょう。すぐに解決できない悩みならばひとまず就活をやめて体調が回復してから再開しましょう。

悩みは誰でもあるのでそのことをどれだけじぶんだけだと思わないかを知ることでも楽になります。人に相談をしましょう。就活がすべてではないので今までとは違った職種や業種を受ける事でも問題が解決する場合があります。まずは信頼のおける人に相談しましょう。

←前の記事へ

【男女別】就活で決まらない人の特徴・原因と理由|卒業

やりたい仕事がない時の対処法・診断方法|就活/高校生/大学生

Latests