Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月13日

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

人の話を聞かない人と仕事をする場合は、自分なりに対処法を考えていくようにします。話を聞かないからといって諦めずにどうしてそのようになっているのかを考えて接するようにします。人の話を聞かない人がいてもその人の良い面を見ながら信じて接しましょう。

人の話を聞かない人ってどんな人?

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

人の話を聞かない人とは自分に自信があったり、教えてもらう必要がないと考える場合が多いです。他人の助言を必要としないので、仕事や家庭で扱いにくい人と感じる人も多いでしょう。

人の話を聞かない人がいた場合は、自分の意見を聞いてもらうために対処法を考えていくようにします。

付き合う人ごとに対処法を考えていくようにする

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

人の話を聞かない人がいた場合には、場面や成し遂げたいことごとに対応策を考えるようにしましょう。人の話を聞かない人は、他人から意見を聞く必要がないと考えているので、まず話に興味を持ってもらうようにします。

どのような人でも関心のあることがあるので、その心理を利用するようにします。

特徴1.人の話を聞かない人で落ち着きがない人の場合

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

人の話を聞かない人は落ち着きがない場合があります。その時は、こちらから落ち着いてもらえるように促していくようにしましょう。落ち着きがないのはそれなりの理由があるので、話を聞いてもらえるように話し方や流れを工夫します。

人の話を聞かない人がなぜ落ち着かないのかの理由を考えて、話を進めるようにしましょう。また話を聞かないと困るということを理解させることも考えて話すようにします。

対処法1.話を聞いてもらうようにする

落ち着きがなくて、人の話を聞かない人に話を聞いてもらうには、余裕のある状況を作り出す必要があります。自分なりに時間に余裕を持って話したり、今ゆっくり話をしていても大丈夫だということを話してゆったりした状況を作るようにします。

落ち着きがない人に話を聞いてもらうには、一度や二度ではお互い落ち着いた状況を作り出せないので根気よく話しかけるようにしましょう。

特徴2.人の話を聞かない人は余裕がないことが多い

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

時間に追われる仕事をしていたり、その人自体の気持ちに余裕がなければ他人の話を聞かない人になりやすいです。自分が話しかける場合は相手に余裕を持たせてから話をするような工夫が必要になります。

なぜ話を聞かないのかと相手を責めるよりも、相手が話を聞くことが可能な状況を作るようにします。そのためには上司や同僚の協力も必要なこともあります。

対処法2.話をするタイミングを考える

他人の話を聞かない人は、仕事が忙しいことが多いですが必ず余裕のある時間帯があります。話しかけたい人は、休憩時間や繁忙期ではない時間帯に話をすることで話を聞いてもらえるようにしましょう。

自分なりに相手の都合やタイミングを考えて話をすることで、仕事の進行などもスムーズになるので他人の話を聞かない人以外の人にも応用できることがあります。

特徴3.人の話を聞かない人は忘れっぽい人が多い

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

他人の話を聞かない人は、聞いたことを忘れることがあるので話しかける人は工夫をして話す必要があります。その場合、話を覚えていない人を責めるのではなく、話を忘れっぽい人がどうすれば忘れないでいられるかを考えていきます。

どうしても相手が話を忘れやすい場合は、忘れたことでどのようなリスクがあるのかを話すようにしましょう。

対処法3.メモや記録を残しておき話を進める

他人の話を聞かない人は、話を覚えていないために話を進められないことがあります。人の話を忘れやすく相手の話を聞かない人には、メモや記録を残しておきその記録を見せて納得させて話をするようにします。

メモや記録を相手に見せる場合は、相手に時間の余裕を与えるなど工夫をするようにしましょう。

特徴4.人の話を聞かない人は他人を見下すことがある

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

他人の話を聞かない人は、自分に自信があり、聞かなくても分かりきっていると考える場合があるので相手を見下して聞かないことがあります。その場合は話を聞いてもらうように、対等の立場に持っていき話を聞いてもらうようにします。

話を聞かない人が相手を見下していても、話しかける人の話を聞いてもらうために相手が興味を持つように話をするようにします。

対処法4.チームワークの大切さを感じてもらう

話を聞かない人が他人を見下す場合は、チームワークの大切さを諭したり、見下す人より上の立場の人の意見などを言うようにします。そうすることで話を聞かなければならない状況を作るようにしましょう。

他人を見下す人は自分に自信がある人が多いので、その人を自分なりに評価しつつ話を聞いてもらう状況に持っていきます。

特徴5.人の話を聞かない人は簡単に納得しない

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

話を聞かない人は、他人の意見を取り入れることをあまりしないのでこちらが提案をしても納得しないことがあります。そのため周囲が困っていることもありますが、話を簡単に納得しないからといって爪弾きにすることをやめましょう。

話しかける人は、話すことすべてを納得してもらうとは考えずに話していくことが大切になります。

対処法5.物事を順序立てて理解してもらう

相手が簡単に話を納得しない場合は、話に注目してもらうような配慮が必要です。話を聞かない人が納得しない理由を考えながら、納得できないことに対して疑問をなくすように順序立てて話しかけるようにします。

他人の話をすぐに納得しない人は頑固な人が多いので、普段からコミュニケーションを取るようにしたり、和やかな雰囲気を作るようにします。

特徴6.根本的な部分が理解されていない場合

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

根本的なことが理解できない場合、話を聞かないと言うよりかは話を理解することができていないことが多いです。価値観の違いや立場の違いなどで、話が噛み合わないこともあるので根本的なことを理解してもらうために苦労することもあるでしょう。

根本的なことが理解できていない人に話を聞いてもらうには、相手がすべてのことを理解するのは無理だと考えて話を進めます。

対処法6.すべてを理解してもらおうと考えずに話す

他人の話を聞かない人の価値観を変えるのは難しいので、仕事をしていく上で理解してもらう必要があると言い聞かせて話を進めましょう。根本的なことが分からない人に話をする場合は、順序立てて話したり、根本的なことを半分でも理解してもらうように話します。

一人では荷が重いと感じたら数人で話しかけることも考えておきましょう。

特徴7.人の話を聞かない人はこちらの質問を受けない

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

他人の話を聞かない人は、こちらの質問を受け付けないことがあります。その場合は、質問を聞かなければいけない状況と作って話すようにします。

上司や役職に就いている人の意見を聞かせたり、こちらの質問を受けないことで生じるリスクなどを理解してもらうようにします。

対象法7.興味を持ってもらうように話をする

質問を受け付けない人に話しかける場合には、こちらの話しを聞くような状況に持っていく必要があります。話を聞かない人が好きなことや興味があることを織り交ぜつつ話をして、質問を受けつける状況を作るようにします。

普段からお互いに友好な関係を築くようにして質問を受けてくれる状況を作るようにしましょう。

特徴8.人の話を聞かない人は他人と距離を取りたがる

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

他人との距離を取りたがる人は、自分のプライベートを大切にすることが多いのでその人が興味を持つことを話すようにしましょう。他人との距離を取る人と話す場合は、ある程度の根気強さが必要になります。

距離を取りたがる人と話しをする時は、また次も話しをしてみたいという印象を持ってもらうように話しかけます。

対処法8.アフター5などにコミュニケーションを図るようにする

他人と距離を取りたがる人は、何を話せば良いのか迷っていることもあるのでそれらの不安を解消するように持っていきます。距離を取りたがる人を飲み会や旅行などに誘い、お互いコミュニケーションを取りやすい関係を築くようにします。

その人が興味を持つことを休憩時間に話しても良いでしょう。

特徴9.人の話を聞かない人は自分本位になる

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

話を聞かない人は他人との共存を避けて、仕事でも個人プレーが多くなります。そのような場合は他人の話しを取り入れないことがあるでしょう。

自分本位になる人は、自分に自信があることもあるのでそれらの考えを否定しないで話しかけるようにします。

対処法9.他人との共存が必要なことを説くようにする

自分本位な人はチームワークを大切にしないこともあるので、個人プレーになることで生じるリスクなどを話すようにしましょう。困った時に助け舟がこない時のことを話すようにして一人ではすべてを賄えないことを理解してもらうようにします。

自分本位な人には、家族などを例にとり、他人との共存が必要なことを解くようにします。

なぜ話を聞かないかを考えて接していくようにする

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

話しを聞いてもらえない場合は、話を聞かない人の性格や考え方に合わせて対処法を考える必要があります。話を聞かない人に話しを聞いてもらえるには相手の思考を考え、興味のあることを織り交ぜて話すようにします。

もしそれが見つからない時は、周囲の協力を得るようにします。

人の話を聞かない人がいたら周囲にも協力をしてもらう

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

人の話しを聞かない人はどうしても孤立しがちです。マイペースな人が多いので、自分だけで悩まずに周囲に協力を求めましょう。

上司や役職の人にも協力してもらい、アイデアを出し合い話しを聞かない人に話を聞いてもらう状況を作るようにします。

人の話を聞かなくても相手を信じて接する

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

人の話を聞かない人は自分はあてにされていないという考えから話を聞かないこともあるので、重要な役割を任せることで自信をつけさせることも大切です。

話しを聞かない人に話を聞いてもらうには、信じて相手を待つことも考えて根気よく接していくようにしましょう。

話を聞かなくても良い面を見ていこう!

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

話を聞かない人について述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。話を聞かない人はそれなりに理由があり、話を聞かないことがあるのでその人の性格や考え方に沿った対処法が必要になります。

話を聞かない人がいてもその人の長所を見て、良い部分を評価しながら根気よく話しかけることが大切になります。

Latests