Search

検索したいワードを入力してください

経済学部の主な就職先一覧|経済学部が有利な就職先・就職に有利な資格

更新日:2020年08月20日

経済学部の就職先は、どんな企業や公務員でしょうか?キャッシュフローなどビジネスに直結したことを学ぶので就職に強いはずです。経済学部の就職先は、銀行、保険、証券、商社、IT企業、流通など多岐にわたります。また、公務員もです。就職に有利な資格は何でしょうか?

経済学部の就職事情、就職に有利な資格は?

経済学部の就職と聞いて、皆様はどんな印象をお持ちですか?就職に強いイメージを持っているのではないのでしょうか。マーケティングや簿記などビジネスに直結することを学ぶため、企業側でも重宝されるはずです。今回は、経済学部の就職事情について説明をしていきます。

経済学部が有利な就職先

経済学部が有利となる就職先はどのような企業でしょうか。経済全般について学んでいるので、色々な業界で活躍できるイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

幅広い業界から求められる

経済学部の学生は、どの業界、どの企業からでも求められます。特に金融、サービス、小売、メーカーなどの企業の担当者にとって採用したい人材です。どの会社にも経理部門や財務部門がありますので、経済学部で学習したことが直接的に関係しますし、企業の経営企画部門や営業部門でも多くの人が活躍しています。

企業の担当者は、経済学部の学生が国際的なお金の動きやビジネス的な視点での事象の捉え方など実学を学んでいると理解しています。

さらにコミュニケーション力も備わっていることから、営業の職種につくことも多いのです。また、文系学部の中で唯一数学を学んでいるので、定量的な分析力が備わっていることも強みになり、幅広い業界から求められています。

割合が多いのは金融業界

これまで説明したように、経済学部の学生は幅広い業界から求められているのですが、やはり一番多いのは金融機関に就職するケースです。

経済学部では、お金の流れ(キャッシュフロー)を学んでいることもありますし、国際経済、国際金融も学んでいます。

現在、金融分野においてもグローバル化が進んでいますので、こういった人材が求められているのです。経済学部卒業者は、銀行や証券会社、保険会社などの金融機関に就職する人の割合が高くなっています。

IT企業、メーカーなどの割合も高い

メーカーやIT企業も経済学部の学生の就職が多い企業になります。製造業やIT業界は、技術革新やIT化の進展に伴い、近年拡大している業界ですので、就職先として安定したがあります。

この業界の企業は、特に理科系学部の学生の就職先という印象が強いですが、経済学部の学生も多く就職しています。理科系学部の出身者は、これらの会社で技術職を担うことが多いですが、経済学部の出身者は、経理・財務部門に加え、営業系・企画管理系などの職種につく人もいます。

公務員

公務員試験では、経済学や行政、法律などの知識が必要とされるため、経済学部出身者は有利です。法学部でも構いませんが、経済学部も有利な学部の1つです。経済学部の講義内容が試験に生かせるので、試験勉強に取っ付きやすいというメリットがあります。

特に公務員試験の中の専門試験では、経済学や法学、政治学といった出題が多いのです。また、実務の中でも、経済を学んでいることが役に立ちます。

職種では営業系と企画・管理系

望まれる職種としては、営業系や企画・管理系が多くなっています。経済学部の学生は、コミュニケーション力に定評があることや、実体経済を全体的かつ戦略的に考えられることが要因と考えられます。

入社してからの配属先として、こういった職種につく人の割合が高いようです。営業系や企画・管理系の部署は、必ずどこの会社でもありますので、経済学部出身者が重宝されるのです。経理部門や財務部門については、経済学部出身者のうち、公認会計士試験や税理士試験の受験経験者がよく配属されます。

その他、IT部門や金融系専門職、事務、販売サービス系の職種も多く、数字に強い文系各部である経済学部のオールラウンドプレーヤーぶりがよくわかります。

経済学部の主な就職先

経済学部の就職は、銀行、保険会社、証券会社、流通サービス業、商社、IT企業、環境関連ビジネス、福祉関連ビジネス、外資系企業、国家・地方公務員等、非常に多岐にわたっています。実学を中心に経済全般を幅広く学んだ経済学部の卒業生達は、幅広い分野で活躍しているのです。

銀行

経済学部の就職先には、メガバンク、地銀、信金、外資系金融などの銀行系があります。大学の就職企業でも上位に登場することが多く、大学生憧れの企業です。

大手の銀行は、年収も有数クラスであり、社会貢献度が高い企業として安定したがあり、地銀、信金も地域の信頼ある安定した就職先として確固たる地位を築いています。

経済学部では、経済学や金融論、財政学など、経済や財務に関することを学習するため、大学で学んだことを生かせる先でもあります。銀行の融資業務等において、企業の財務諸表等を読むこともありますでしょうし、経済学部で学んだことが役に立つこともあるでしょう。

その他金融機関

保険会社や証券会社または外資系金融機関に就職する例も多いです。保険会社は、損害保険と生命保険の会社に分かれているのですが、どちらの会社でもの就職先です。大手の保険会社には、就職の常連企業もあるのです。

経済学の中でも、保険の話は出てきますし、保険で大切なリスクの話も出てきます。また、保険会社の営業は、人と接することが多い職業ですので、バランスのとれた人が多い経済学部出身の方が向いている職種でもあります。

保険会社は、女性活躍を推進している企業や、福利厚生がよい安定した企業が多いようです。色々考えて、保険会社に就職する人も多いのです。また、証券会社もがあります。

計量ファイナンスや計量経済学などの分野で、株式や為替などが出てきますし、株価の動きは経済の動きとリンクしていますので、こういった知識や役に立ちます。大変そうなイメージがありますが、ブローカーやディーラーなど大きなお金を扱う業務もあります。

日々、国内外の経済のニュースに目を通して動向をウォッチしていかなければならないため、経済学部で学習したことに繋がる職業でもあります。最近は、ネット証券や外資系証券もあり、これらの会社に就職するひともいます。

一般に高収入ですが、ハードワークで実力主義という面もあるようです。海外の大手証券会社などは、驚くほど高収入ですが、ハードワークが加速します。

商社

商社に就職した人には、経済学部出身の方が多い傾向があります。国際経済学や国際金融学などに関するゼミがある大学もありますし、商社を指向する人もいます。商社では、TOEICで高得点を取る等、高い英語力が求められます。

海外赴任することも珍しくありませんので、そういったことを希望する方が入社した方がいいでしょう。

最近は、赴任する国によって英語以外にも、中国語やスペイン語などが必要になることもあります。どこの国に赴任になってもへこたれない強い精神力と高いコミュニケーション能力、体力が求められます。体育会出身者が多いという特徴もあります。

公務員

初回公開日:2017年08月16日

記載されている内容は2017年08月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests